バタートーストコレクション~日本でただ一人!?のバタートースト評論家~

パン【TOPICS!】
 ●トースト協会会員募集中です!(無料・有料どちらでもOK)
  バタートーストが「大好き!」「好き!」「食べる♪」「興味はある♪」「食パン、好き!」な方はぜひ!
  こちらからご登録いただけます

 ●LINEでもおともだちになっていただければ嬉しいです。
     
   
 ●【メディア情報】
  ・【TV】2020/10/22木18:45
       テレビ朝日「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」に出演させていただきます。
  ・【雑誌】2020/7/28 福井新聞発行「fu」に掲載していただきました。
  ・【雑誌】2020/7/20 ハイセンス女子向け雑誌「mina」に掲載していただきました。
  ・【雑誌】2020/7/17 パンニュース社出版「パンと菓子の専門誌B&C」に掲載していただきました。

  • 05Jan
  • 22Dec
    • 絶妙な味の組み合わせ!クリスマスツリートーストの作り方の画像

      絶妙な味の組み合わせ!クリスマスツリートーストの作り方

      もうすぐクリスマス!そこで。純粋なバタートーストではない、スペシャルなトーストの作り方をご紹介します。ポイントは、食パンの味を大事にし、そこにそれぞれの材料の味を活かしあう、絶妙な味の組み合わせです。素敵なクリスマスをお楽しみください♪食パン1枚から、お子様向きの甘い味:スウィートツリートーストおつまみにピッタリの大人向きの味:アンティパストツリートーストの2タイプを作れます。作り方も簡単!親子やカップルで一緒に作るのもok。もちろん、お一人様は、一人で両方食べても食パンたった1枚分なので、"独り占め"を楽しんじゃってくださいね!【材料】食パン6枚切り 1枚分(ツリー2本分) ※この味を再現していただく際、”このメーカーのこの味がキモ”と、味の組み合わせの決め手となる材料には☆印がつけてあります。☆食パン6枚切り1枚<☆今回はパスコの「超熟」>小枝(お菓子)2本<スウィートツリートースト>☆ピスタチオクリーム(砂糖が入った甘いタイプ)<☆今回は「成城石井」のもの>マスカルポーネチーズラズベリージャムホワイトチョコペン<アンティパストツリートースト>☆ピスタチオペースト(糖類が入っていない、できるだけ素材のみ、に近いもの) <☆今回は「軽井沢きなり」のもの>☆バター(有塩) <☆今回は「カルピスバター(有塩)> ブラックオリーブスライスピンクペッパー(ホールタイプ)ブラックペッパー【作り方(下準備)】1.食パンに、横に2本、切り込みを入れる。  深さはパンの厚みの半分ほど。2.食パンを、半分に切り、さらにそれぞれを対角線で切り、縦長三角を4つ作る。3.真ん中の白い三角2つは、右と左を入れ替える。  (斜めの切り口同士がくっつくように並べるとツリーの形になる。)  これで<スウィートツリートースト>を作っていく。4.外側の三角(2辺にミミが付いている三角)2つはそのまま斜めの切り口をくっつけるように並べるとツリーの形にする。  これで<アンティパストツリートースト>を作っていく。<スウィートツリートースト>1.お皿に、パンを置くスペースは開けて、マスカルポーネチーズを雪のように見立て、所々に置く。2.三角の食パン2枚ともにピスタチオクリームを塗る。3.ホワイトチョコペンでデコレーションする。4.ラズベリージャムを所々に載せる。5.1のお皿に載せて小枝を木の幹の位置に置いて完成。※ トーストしたい場合は、2の後にうっすら焼き色がつくまでトーストし、3のデコレーションへ。表面がメロンパンの皮のようなクッキー風になり、これまたものすご~く美味しくなります!!<アンティパストツリートースト>1.パンにピスタチオペーストを塗る。  この時、パンの耳からははみ出ないように注意。2.ブラックオリーブスライスを所々に置く。3.トーストする。ピスタチオペーストにこんがり焼き色がつくくらいまで。4.焼けたらパンのミミ近くにバターを塗る。5.ピンクペッパーを散らす。6.ブラックペッパーを振る。7.お皿に載せて、小枝を木の幹の位置に置いて完成。※お好みでトーストしないで食べてもOK。 その場合は、バターやブラックペッパーはお好みの量を付けながらどうぞ。【おまけ情報】・食パンは、今回はパスコの「超熟」を使用。・ピスタチオクリームは、今回は「成城石井」のものを使用。・ピスタチオペーストは、今回は「軽井沢きなり」のものを使用。・ピスタチオクリーム、ペーストともに常温でやわらかくした方がぬりやすいです。・マスカルポーネチーズは早めに冷蔵庫から出してやわらかくしてからがGOOD。 絞りだし袋かビニールに入れて小さな丸にしてお皿に出すとかわいくなります。・ラズベリージャムは、意外と黒っぽい物もあるため赤色が鮮やかな方が見た目がきれいです。 ただし、食べるときは色が濃いほうが美味しいので悩ましい~(笑)。・有塩バターは、今回は「カルピスバター(有塩)」を使用。☆なぜ食パンはなぜ超熟なのか☆なぜ6枚切りなのか☆なぜマスカルポーネチーズなのか☆なぜマスカルポーネチーズはトーストに載せないのか☆なぜスイートタイプはトーストと生と2タイプなのか☆なぜカルピスバターなのか☆なぜミミにはピスタチオペーストを塗らないのか☆なぜピンクペッパーなのか☆なぜアンティパストタイプはトーストするのかなどなどなどなど・・・み~んな理由があります!!ありすぎるので後日動画でご説明させていただきますね。(動画発信時は、LINE等でご案内します。まだご登録いただいていないかたはぜひこちらをクリックしてお友達になってくださいね♪)【梶田香織のこだわり】・食パンを使っていろいろ複雑な手を加えてケーキのようにするなら、ケーキを食べた方がおいしいと思う。・食パンをできるだけ美味しく食べてあげたい。食べ物だからそれが最も大事! なので基本的には、デコレーション等に時間がかかりパンが乾燥したり、 見た目優先で最終的にパンの味なんてどうでも良くなっちゃったりするものは 私としてはあまり手を出したくないな~。・ゴージャスなサンドイッチやトーストサンドなど、 食パンよりも、具材の豪華さや華やかさ、美味しさが優先されるものは、 お料理の先生の方がきっと、具材をグンと美味しく、見た目も美しく作ってくださると思います。 私はパンが大事なので、あえてパンをつぶした方が食感やパンの味が美味しく感じる効果が出る、 と考える場合を除き、パンがつぶれてもかまわないメニュー、というのは私が作らなくても良いかな と思っています。なので、そのパンの味や食感をできる限り活かし、そのパン(の味)を使うなら!と、常にパンの味とのバランスや、パンと一緒に味わうからこその楽しさ、を考えたレシピをご提案することを原則としています。まずはとにかくパンが大事なのです(笑)。

  • 06Dec
    • 美味しいバタートーストの作り方。特に冬はこれ!の画像

      美味しいバタートーストの作り方。特に冬はこれ!

      寒くなってきましたね~。週末ということもあり、昨夜は土鍋登場。そう、冬はお鍋やおでんなどを食べるために土鍋をよく使いますよね。でもそれだけではなく、トーストがめっちゃおいしく焼ける!って皆さん、ご存知ですか?以前、youtubeでひっそりと↓、食パンを蒸して食べるその感動的おいしさをお伝えしていましたが、(クリックすると音声が出ますのでお気をつけ下さい。)土鍋が食卓にある冬こそ、土鍋で楽しむのが一番です。なぜか。それは。サクッとなる。ザクッと。ふっわふわになる。もっちもちになる。しっとりする。いつまでもあたたかい。と、状態だけでもこれだけの種類が楽しめます。そして味も!うー。。。。文字だけで伝えるのは無理じゃ!!(笑)そんなわけで近々動画で作り方他のコツなども含め、感動をお伝えしたいと思います。動画UP予告はLINEなどでまたお伝えさせていただきますね!(まだご登録いただいていない方は、ぜひ、ご登録くださいませ♪こちらをクリックしていただくか、またはこのブログの上の方の、四角いオレンジ色のメニューボタンの「LINE」をおしえていただくとQRコードが出てきます。)魚焼きグリルで焼いたりフライパンで焼いたり、炭で焼いたり、と、トーストを美味しく食べる方法はいろいろな方法がありますよね~。今はトーストするときの「水分や蒸気」がちょっとしたブーム。水を入れるバルミューダさんのトースターや、ピッチリ密閉空間の中で焼く三菱さんのトースター。その他、トースターに湿らせた陶器を入れて焼く、などがそうですね。その点、蒸す、と、土鍋、についてはまさにドンピシャ!ほら、なんだかおいしそうな気持になってきませんか?(笑)でもいつも私が大切にしているポイントは、「この食パンだったら・・・、かつ、こういうバタートーストが食べたい場合には・・・」と、この食パンのおいしさを最大限味わうには、どの調理器具でどんなふうに焼くと良くて、バターはいつ塗る?とか。また、最も自分好み、あるいは、今自分が食べたいトーストの感じ、に仕上げるにはどの調理器具でどんなふうに焼いて、バターはどのタイミングでどんなバターを併せて焼いた後どうする?という点です。食パンと言ってもスーパーの1斤100円以下の食パンから高級食パンまであります。でも、高いからおいしくて安いからマズい、要らない、じゃなく、あくまでも食べ物って、自分の好みに合うかどうか、で、美味しいか美味しくないか、って感じるはずですよね。なので、一つの食パンでも、焼き方やバターの塗り方で、ぜ~んぜん違う美味しさが出るのでその”おいしさ探しの楽しさ”を、皆さんにお伝えしたいのです♪♪そうだ!以前ハナタカさんでの放送時に、収録はしていただいたのですが、残念ながらカットされて放送されなかったパン好きの人にはホント、声を大にしてお伝えしたい、食パンのミミがまた一層、大好きになってしまいそうな美味しい焼き方!!これもお伝えしなくては!!!毎月12日に何かしらイベントや配信を行ってきましたが、年末年始はそれに限らず動画発信していこうと思います!巣ごもりクリスマスや巣ごもり年越し時にお楽しみいただければ嬉しいです♪♪ではでは。また~♪♪

  • 02Dec
    • 偶然会っちゃいました!「ロバのパン」の画像

      偶然会っちゃいました!「ロバのパン」

      偶然会ってしまいました!感動です!!!この販売者、日本に5台しかないそうです。FACEBOOKに書いたら、「懐かし~」「音楽が耳から離れない」「昔は馬が引いてた」(昔は本当にロバが引いていたそうなのですが、馬は初めて聞いた!!)などなど、懐かしむ声がたくさん。そうですよね。「ロバのパン」と聞いただけで、なんだか気持ちが、ワクッふわっ♪ となります。

  • 26Oct
    • 1斤750円!のプレミアムデニッシュ食パン(東京マリオットホテル)の味♪の画像

      1斤750円!のプレミアムデニッシュ食パン(東京マリオットホテル)の味♪

      先の日記で、東京マリオットホテルさんのプレミアム食パンの感想を書いてみました。そして続いては、東京マリオットホテルさんのさらにお高い食パン。10月5日に発売されたばかりの「プレミアムデニッシュ食パン」です。詳しい解説はこちらのプレスリリースをご参考に。前回は長くなりすぎたので今回はできるだけ短めに・・・できるかしら。プレミアムデニッシュ食パン ¥750。一応念のためですが、1本、ではなく、1斤750円です。お間違いなく(笑)もうとにかくこの食パンは、見た目が美しすぎて、袋から出してから写真もいったい何枚撮ったことでしょう。だって、よーく見てください、この生地の層。この美しい生地の層を眺められる面が、6面もあるんですよ!?しかも全面模様が違う!(当たり前ですが) ここでは3面くらいの写真しか載せませんがもう、写真保存フォルダーがこの層の写真だらけになりました(笑)見てください、このリーゼント(最近、この言葉、聞かないなぁ。。。)のような前髪が立ち上がっているような層。このフォルム、波の打ち方、イケメンの前髪と同じ感じですよね、竹野内豊さんとか。ジーっと、ずーっと眺めていたくなり、そしてそのあと、そ~っと指を近づけて、この層を、一枚~二枚~と、ぺろろ~ん、ぺろろ~ん、とめくりたくなりませんか?(実はこのあともちろんそうやって食べましたが(笑))いやいやいやいや、これはちょっともう、ダメでしょう、こんなに美しすぎては。袋から取り出してその全景を見た瞬間に私の頭に浮かんだ言葉。「お願い!どうか一斤無くなりませんように!!全部食べちゃいませんように(私)!!!」でした。食べ始めたら絶対美味しすぎて止まらなくなると思ったのです。止められる自信、無いわ。。。と。 ということもあり、食べ始める勇気もなく、とにかくいろいろな面から眺め、写真を撮り、角度を変えてはまた写真を撮り。。。↓の写真は、真上から見たところです。まだ透明袋に入った状態。袋の口を開けて上から写真を撮りました。ということは、そう!袋の中に詰まりに詰まっていたこのパンの香りがドッカ~ンと私の顔に押し寄せたわけです。ひゃ~~~!!目に見えないけどパンの香りを浴びてる~!!!!!と実感。目を閉じたらパンの中に私が入ってしまったようにさえ感じました。とっても濃い香りです。バターふんだん!!!というのが香りからよくわかります。きっと中のパン生地はもう白くなくて黄色いはずだ!と思いました(のちにカットして、やっぱり)。プレミアム食パンと違ってこちらは深みのある甘い香りもします。そして、それぞれの層もしっかり焼けている部分もありますよね(実際パリパリしています)。その、香ばしさも相まって、とても濃厚な香り。単なるクロワッサンよりもちょっとよく焼けているからか、それよりも、より奥深い香りがしました。そしてようやくスライス。本当にやっと。今までで最も長く外見を楽しんでいたと思います。黄色い~!しかも、また一層黄色い層も。そりゃそうですよね層だから。うん、そう。(というわかりやす笑い・・・)さて、こういった生地の場合、特に食パンになった場合の中心部はしっとりしていることが多いです。ただ、こちらも焼成翌日、ということもあり、意外と渇いて感じます。台所用スポンジや軽石のような、少しだけ乾いたざらつきを感じるような。これ、恐らく焼成当日だったら感じられないものだと思います。この時点のこの食感によって、この白い(黄色い?)部分だけ生で食べる楽しみを味わうのが良いか、少しバターを塗って水分を補ってあげながら食べると良いか、のジャッジが分かれます。大きな一口で食べるか小さめにするか。大きな一口にすると、特にミミのあたりも一緒に口に入れると、ミミのほうがもっと感想でしているでしょうから、口の中に当たって結構痛いかも!?なのでそういった場合は、とても細かいことですが、口に入れる際、一口大のパンの向きをちょっと変えてみたり、ということも私はほぼ無意識でしています。ごく自然にそうしていますが、なんだかやはりこうしてそれを文字に書くと、細かく過ぎて変な人、という自覚がうまれてきました(笑)さて、食感はさておき、味は、超ウルトラスーパー美味しくて、どうしましょ!という感じです。とにかく「お・い・し・い!!」の4文字を全身で叫びたくなりそう。わざとらしくありません。よく、なんだか、ほらどうだ美味しいだろう!!! というパンってありませんか?なんかわざとらしく香りがつけてあったり、以上に甘かったり、しつこい味の濃さだったり。プレミアム食パンよりも、バターをふんだんに使って濃厚な味や風味のはずなのに、甘味もちゃんとありつつ強すぎず、開封時にドカンと来たバターの香りとのバランスがちょうどよく、とっても美味しく食べられます。こ~れ~は。。。焼いた当日食べたら気絶しちゃいそう。。。と笑ってしまいました。それくらい美味しくて。そしてトーストしてみました。わ~、層が見える見える!パンの幕が見える見える!リーゼント部分は生地の状態や気泡、気泡の奥の幕の輝きまで見ることができて、もううっとりです。歯を入れる勇気がなくなります。それでも勇気出して、食べてみると、ミミはやはりサクッとしておいしい!そして、発見が一つ。プレミアム食パンの時もそうでしたが、やはりこの食パンも薄めにしてこんがり焼くのがお勧め。分厚いと、くちどけがやはり重く、ちょっとこのパンの魅力の味わい率が減ってしまうように感じます。1cmくらいの厚さが良さそうです。または、いっそ、分厚く焼いて、層をめくりながら一層一層食べる、というのもそれはそれで、噛んだ時のくちどけもあまり気にならず、パンの甘味やうまみを存分に感じられます。トーストにすると、香りの濃さも良い具合に飛び、食べやすくなります。バターは塩味の利いたバターのほうが、良いですが、やはり、たくさんつけるとバターの味に持っていかれてしまうので、あくまでも少しにして、この食パンならではの味を味わった方が良いでしょう。バターを塗っていつもの美味しさに寄せていって満足するのではなく、せっかくのこの食パンのバターの香りをできるだけ味わうのも一つの手かと。少しきつめにトーストすると、これからの季節は特に空気が乾燥するので20分近く、ミミのあたりのサクサク、カリカリ感を楽しめますよ。日が経つほどバターの気になる香りの強さは弱まっていきます。そこで、良く焼くと、バターの”味”を強く楽しめます。カリッとした食感も楽しみやすくなります。厚み1cmくらいだと、あっという間にトースターの中で焦げてしまって危なっかしいので、1.5cmくらいがきっとお勧めですよ。あ~、高原の真ん中で、この食パンを食べたいな~。

    • 東京マリオットホテルのプレミアム食パンを食べた感想♪の画像

      東京マリオットホテルのプレミアム食パンを食べた感想♪

      東京マリオットホテルさんの食パンです!10月5日に発売されたばかり。真っ白な、一見、和紙にも見える高級感のあるパッケージ。神秘的だわ~。詳しい解説はこちらのプレスリリースにもあるのでご参考に。せっかくだから私は、食べた感じをお伝えしようと思います。2種類ありまして。(長くなりそうだからブログは別々にしましょうっと(笑))まずは、プレミアム 食パン ¥550ちなみにいただいたのは、焼いた翌日です。残念ながらそれは今回は致し方なかったので、いつか当日、食べるわよ!!(笑) さてさて。袋の中にはまた袋。その封を空けたら、来ました!いかにも高級食パンですわよ!という香り!!中でも、小麦や発酵の香りではなく、バターなどがふんだんに使われている様子の香り。その香りから、あ、生地の色はきっとこんな感じの色だろうな~、と推測できます。そう、高級食パンって、味がものすごくしっかりつけてあるタイプと、味付けは控えめにして、本来の小麦の香りと発酵の力を前面に出した、パン生地勝負!みたいなタイプと分かれますよね。ご覧の通り、色つやからも前者のタイプなのは見て感じられます。とにかくバターの香りも、ほらほらほらほら~~~!!と迫りくるものがあります(笑)写真は色のご覧いただいているモニターなどにもよると思いますが、やはり白よりはほんのり黄色。想像していた色とドンピシャでした。気泡もやっぱり丸いわね。な~んてことを思いながら・・・こうして細かいところを見るのが好きなんですよね、パン好きって。見ながら、きっとこんな食感で、こんな味で、こんな舌触りで、と想像するのがまた楽しくて、それが当たると、やっぱりね~、とクイズに正解したような喜びを感じる♪食べてもし違ったら、おぉ~~~~~!と、宝探しのお宝を見つけたかのようにそれはそれで感動。こんなふうにできるんだ!!等。というわけで、ハハハ、口に入るまでの時間、長いな~(^^;)そして生で一口パクリ。このパンは恐らく、小さな一口のほうが良いに違いない。と思い、少なめにパク。濃い~~~~~!味、濃厚っ!甘味は少ないですが、生クリーム系の、とにかく濃い乳製品のコクコクしさがすごい!!いわゆる生食パン系が大好きな人にとってはきっとたまらない幸せ感を味わえると思います。シンプルなパンが好き、という人には、ちょっと激しいかも、というくらいにコクがあります。生クリーム系のコク。でも、これ、高級な感じのクリーム系のコクだ・・・ケーキでも、生クリームの味に、乳脂肪分の高い感じと、植物性脂肪分の多いお値打ちな生クリームがあって、味の薄さや雑味で違いがわかりますよね。それとよく似て、薄っぺらくない、高級感があるのはとてもよくわかります。あと、これくらいの味だと、だいたい食感がネチャネチャ粘るような感じが強烈に出る場合もあるなるのに、さらり、とまでは言い難いけど激しいほどの粘りはなくて、口の中で溶けていくときは均一に溶けていく感じは食べやすい。それに、飲み込んだ後、クリーム系のコクが舌の裏に残るという、珍しい名残惜しさを演出しているけど(笑)甘味が弱く、質もいいから、甘味は後に引っ張らない。この辺りはすごく考えられていそう。これで甘かったら大変大変。このあたりがきっと職人さんの計算ですね。さて。やっとトーストの話に入ります。(もう、ここまでで長いね。。。)さて。写真はバターを塗った後ですが、その前に当然、トーストしただけの状態でもいただきました。そう、トーストすると、生クリーム系のコクは弱まるのでまた違った味になります。トーストの香ばしさがトップに出てくるので、おいしそうな香りが増します。そして噛むと!意外とこれだけ焼いても、サクッカリッとはなりません。パン全体がもっちりしすぎるわけでもなく、ふんわり感も残っているためです。どちらかというとトーストしてもミミなどもやわらかい。思うのですが、このパンはまさに、東京マリオットホテルを普段利用される、少~し年代の高い方に照準を合わせてありますね、きっと。甘すぎず、硬いからとミミを残すことも無い。生でもトーストしても、常に高級感を感じられて、のどの奥からのコクと香りは長く続いてずっと優雅な気分を味わえる。絶対に忙しいガチャガチャした朝にはもったいない、”優雅さ”を味わう食パンです。ただし、きっと気をつけていただくと良いことが1点。トーストして召し上がるなら、厚さは2cmが限界かと。1cmでも良いのではないかと思います。トーストすると、生地が口の中で、ふんわりしっとりするのだけれど、くちどけはちょっと悪くなる。もちもちする感じも増して、お餅を噛んでいるような状態と似た感じになるから。表面のトーストされた部分はそうでもない。むしろその部分は歯切れも良くなるためくちどけが良く食感も軽やかに食べられる。飲み込むのも楽。スライスしていない食パンを買ってくると、ついいつもの厚さにスライスしてしまいがちですが、普段厚目を食べている方はぜひお気を付けくださいませ。ちなみに、日にちが立ってくると、最初にも書いたクリーム系のコクコクした味は落ち着いてくるので、私みたいなタイプには食べやすくなってくる。3日くらいたっても古びた味にならないところがまたいい。この1斤サイズなら、冷凍しなくてもこれからの時期ならこのまま常温に置いておいて味の変化を楽しむ方がかえって良さそう。(通常は風味が落ちないようにすぐ冷凍したりするけれど)。3日目くらいになったらいよいよバターのお出まし、でも良いくらい。その時、これはありがちですが、いつもの有塩バター、をたくさんつけると、すっかりいつものチープ(ではないかもしれませんがこの食パンよりは!?)な食べなれた味に近づいてしまいます。かといって無塩バターにすると、バターメーカーやバターの種類にもよると思いますが、パンと合わせたときに、お互いの味を帳消しにして、あれ?何食べてる?私。という現象が起きる。実際にこの食パンもそうなり、あ~、食パンがもったいないもったいない。となった。有塩バターをすこしだけ、がおススメです。え、さっきの写真、バター全面に結構塗ってあったよね。。。って思った方もいらっしゃるはず。いえいえ、これはそう見えますが、塗り方を工夫したので実はそんなにたくさん塗っていません。そして、もしたくさん塗ってしまっても、その、マイナスな影響をできるだけ回避しながら食べる、という”食べ方の工夫”というのもまたあるのです。それはもうずいぶん長くなってしまったのでまた今度。ん~♪優雅な時間でした。ごちそうさまでした。

  • 23Oct
    • zoomでのコメント出演後に…の画像

      zoomでのコメント出演後に…

      zoomでテレビコメント出演のご依頼をいただき、(こんな感じで。)終わったので…バタートーストを食べようと。(^∇^)

    • 番組をご覧いただいた皆様へ(お礼と感想)

      昨日、「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」(撮影風景)をご覧くださった皆様、ありがとうございました。たくさんの方から、見たよ~!やってみる~!おもしろかった~!などのコメントなどをいただきました。ありがとうございました。上田さんの「地震、雷、家事、梶田」という名言には私も、感動しました(笑)収録はしたけど放送されなかった部分でご紹介させていただいた食べ方のほか、バタートーストや食パンの楽しみ方はまだまだたくさんあります!放送を見てくださって、やってみる~!という方が増えるということは、どこかのパン屋さんで、新たにパンを買ってきて召し上がっていただく機会が増えたり、それを食べる楽しみや、「いままでと変わるね」などの食卓での会話が一つでも増えるなど、何かしらどこかに、誰かに、ちょっとでも楽しさや笑顔、会話が増える、などにつながるのではないかと思っています。まさに今後も、バタートースト(トースト)で、笑顔や幸せを世に増やす、ということにつながるよう、活動してまいりたいと思います。これからもどうぞよろしくお願いします。そうそう、クイズの中で食パンの、底、はどこ?という4択問題。あら?と思った方も多かったのではないでしょうか。パンを知る方であればあるほどきっとそうでしたよね。私も昨夜テレビを見ていて正解と解説映像が流れたとき、え!? と驚きました。いちばんシワクチャ(細かいしわがたくさん)だったり、見るからに触ったらザラザラしていそ~!な面が、底、です。これも食べる前に皆さんで、「ここ?」「こっち?」「そこじゃない?底だから」「わ!おやじギャグ~~~♪」などとおしゃべりネタの一つにしていただければ、楽しい会話も増えますね!判別が難しい場合はパン屋さんでパンを作っている方に聞いていただくのも良いかもしれませんね。(スーパーマーケットの店員さんではちょっとわからない方もいらっしゃると思いますが)パン屋さんは買いに行っても、作っている方とおしゃべりすることは少ないのではないでしょうか。パン屋さんも重労働ながらがんばってつくっていらっしゃいますが、店頭に立たれる方以外は、あまりお客様と直接話すこと、無いんですよね~とよくおっしゃいます。なのでついでに、いつも食べてます!とか、このパンが好き!とか、このパンのここが好きなの!な~んてことまでお伝えするときっと喜んでくださり、頑張って美味しいの作らなきゃ!と 一層パンに愛情込めて作られることにつながると思います♪それでは。お会いしたことのある方もそうでない方も、トーストライフを一層楽しんでいただけますように♪♪

  • 21Oct
    • 去年(2019年)の今頃はアメリカでバタートーストを焼いていたの画像

      去年(2019年)の今頃はアメリカでバタートーストを焼いていた

      「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」に出演させていただきます~と、FACEBOOKで発信していたら、「去年のこの時期はアメリカでしたね~」というコメントをいただきました。そうでした!!3日間、時々映画の舞台にもなったニューポートビーチ近くの、オレンジカウンティーというエリアで行われたイベントで、バタートーストをひたすら焼いていたのでした!金曜は17時くらいから22時くらい(だったかな)土曜は12時から21時くらい(だったかな)日曜は12時から20時くらい(だったかな)なぜそんなうろ覚えかというと、開場、となって、まだもう少しこちらは開店準備を整えたい、と思っているハナからご注文をいただき、そのうちの行列ができ、はっと気づいたら何時かわからないけど閉場時間。と、3日間、途中、食事どころかほんっとに数分も場を離れることなく、ひたすら焼き続けて過ぎたからです。(暑かったからなんとか水分だけは飲んでいた気がする) という時間を過ごしていたから。途中、番号札を作って、注文だけ受けて出来上がったらお呼び出し、なんてことになっていましたっけ。唯一、最終日の30分くらい前に、もう人が帰り始めて周りも閉店準備開始、というときにやっと外に出てざっとイベントの雰囲気を味わった、という感じでした。 せっかくはるな愛さんとか、伊藤由奈さん(映画「海猿」のテーマ曲歌った方)、MISONOさん(倖田來未さんの妹さん)がゲストに来られていたのに、ステージを見るどころか、聞くことにも意識が働かず、だったのでした。だから、全然イベントの写真が無くて、ブースをお手伝いくださった方にときどき撮影をお願いするくらいしか術がなく・・・。なんだか、ホントに行ってたっけ?夢だったかな?という後味(笑)本当は2週間滞在の予定が、あの関空への橋が壊れたり、千葉のゴルフ場の鉄塔が倒れたり、羽田空港が停電するなどのものすごく大変だった台風のせいで滞在時間はわずか4日となった・・・(;;)だからトースト食べ歩きができなくなってしまったけど、それでも近くに行きたいお店をピックアップしてUberとLyft(Uberと同業)で材料買い出しに行きがてら、朝早くでかけてパンを食べに行く、というのが楽しかったな~。今となっては、ちょっと迷ったけど、昨年行っておいて本当に良かった!!!今年はこんなコロナの影響があり、ましてロサンゼルスやカリフォルニアは、日本のニュースでも流れるほどコロナで町が荒れてしまい、危険エリアとなってしまっている。それもまた夢、というより嘘のよう。そうだ!そうでした!そして、1度目のハナタカ出演ご依頼をいただいた当初、アメリカに行く前にお話をいただき、テレビ朝日に収録に向かったのは、本当に帰国して2~3日後くらいだった気がします。なんて良い時代だったのでしょう。(といっても今年がイレギュラーなだけかと思いますが)久しぶりに去年のこのイベント時の写真を見ていたら、そーだそーだこうだった!とその時のワクワク感を思い出しました!楽しかったな~。ひたすら焼いていただけだったけど、皆さんのバタートーストを見る目や感想が楽しかったり嬉しかったり。また行きたいな。

  • 16Oct
    • 「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」で美味しいトーストの食べ方をご紹介させていただきますの画像

      「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」で美味しいトーストの食べ方をご紹介させていただきます

      なんと、3度目の出演!お声がけいただき大変光栄です。ありがとうございます!!(写真はすべて収録中やリハーサル中の映像です)ヘアメイクさんが化けさせてくださって、本当にありがたい!!!3度のうち2度目は、コロナ禍で過去放送分を再編集してそれを流しながらレギュラーメンバーの皆さんがトーク、といったスタイルだったので私は過去放送分のところでの出演でしたが。1度目は、ちょうど一年前。そうそう、アメリカにバタートーストを焼きに行って、返ってきてすぐくらいでした。これまで、様々な番組や雑誌に取り上げていただき、一度も自分から売り込んだりしたことがないのに2度目や3度目のお声がけをたくさんいただけるとは、本当にうれしいです。心からお礼申し上げますとともに、とにかく見てくださる方が、ちょっとでも、あ、やってみよう! とか、自分でもそうしてみたらすごくおいしくなった、とか日々の生活の中に嬉しさや笑顔が増えますように。そして、一生懸命パンを作っていらっしゃるパン屋さんに足を運ぶ方も増え、パン屋さんにもその幸せが届きますように。そんな気持ちで取り組ませていただきます。なので、どこどこの何々が美味しい、というのがなかなか苦手です。よく聞かれますが。ここのパンなら、こうして食べるともっと美味しくなる。ここに気をつけながら焼くと、そのパンのおいしさをもっと引き出してあげられる。この喫茶店のバタートーストは、こういう味が好みの方にピッタリ、などいかに、ご自身にとっての最高のバタートーストに巡り合えるようなお手伝いができるか、を大事にしていきたいと思います。そんな思いで、一般社団法人日本トースト協会も立ち上げています。ご賛同いただける方はぜひ、一緒に楽しみましょう!ご興味をお持ちいただけるようでしたらこちらからぜひお願いいたします。(一社)日本トースト協会会員登録申込フォーム(一社)日本トースト協会の会員として登録ご希望の方(個人様)は、こちらのフォームからご入力ください。 後日改めてご登録確認情報を送らせていただきます。 店舗・法人・団体様としてご登録ご希望の場合は、後半の法人様情報をご記入ください。docs.google.com