ブルブルシェンコのブルブリズム

ブルブルシェンコのブルブリズム

語彙とノリの引き出しを増やしたいこの頃。



今年本格的に好きになったアイドルについて書くシリーズ。

最終回は、つりビットです。

 

 

つりビットは2012年結成の5人組アイドル。

メンバーは結成当時から変わらず、聞間彩さん、安藤咲桜さん、長谷川瑞さん、竹内夏紀さん、小西杏優さん。

自己紹介の「いつか世界を釣り上げます!」がお馴染みです。

 

釣りというレジャー&スポーツに打ち込むことを誓うというぶっ飛んだ活動コンセプトと、小・中学生という若さ(結成当時)のインパクト。

結成して間もない頃、NHKラジオか何か(たぶん例によってNegicco(ネギッコ)も出演していた番組だと思う)のゲストで喋っている声が幼かったのを何となく覚えていますが、RYUTist(リューティスト)の回でも書いたように若いアイドルさんとは距離を置いていたので、ハマることは無いだろうなと思っていました。

 

2014年夏、つりビットは山下達郎さんの「踊ろよ、フィッシュ」をカバーしたことで話題になりました。

私も聴いてみたところ、想像以上にかなり良くて驚きました。

 

「踊ろよ、フィッシュ」

 

カバーする必然性というか、グループのコンセプトと選曲がまずハマっているし、ユニゾンも綺麗で、とても上手にアイドルソングに落とし込んでいて。

このチームはできるチームだと、好感を持ちました。

確か当時、山下達郎さんのラジオ『サンデー・ソングブック』でもかかったんですよね。

 

 

 

それから3年ほどが経ち、つりビットは2ndアルバム『Blue Ocean Fishing Cruise』をリリース。

その評判の良さを何度となく目にして気になり、久々に楽曲をチェックしてみたら、とんでもなく進化していて驚きました。

 

「Get ready Get a chance」

 

まず音楽の質がものすごく高い。

メロディーが綺麗だし、アーバンでお洒落なアレンジが心地良いんですよね。

しかも彼女達の年齢やキャラクターと離れすぎたような“やり過ぎた”表現ではなく、お洒落でありながらアイドルソングとしてバランスが絶妙な所が素晴らしい。

MVも愛情とセンスの良さを感じて好きです。

 

 

「Blue Ocean Fishing Cruise」

 

つりビットは海や夏をテーマにした楽曲がとても似合います。

さりげなく釣りに関するワードを入れたり、コンセプトを楽曲に上手に活かしていて。

生歌のパフォーマンスも想像以上に質が高いです。

 

 

「不思議な旅はつづくのさ」

 

さらに今年リリースした「不思議な旅はつづくのさ」ではもう一段階表現が進化していて。

アレンジ、アートワークもさらに素敵になっています。

そしてやっぱり、つりビットはユニゾンが綺麗。

声質が皆どちらかと言うとさっぱり系だからでしょうか。

聴きやすいんですよね。

 

「つりビットの歌って踊って釣りました!」

https://www.daily.co.jp/gossip/tsuribit/

 

つりビットは釣りアイドルというぶっ飛んだコンセプトながら正統派であり、そのコンセプトだからこそ他のアイドルさんは関わらないような釣りや魚関係のお仕事を任される、そんな所に格好良さを感じます。

メンバーは実際に釣りもガチでされているみたいですし、竹内さんは船舶免許も取得されているとか。

メンバー不変で6年続けていることも素晴らしいです。

 

 

それと、ライブ後に手書きのセットリストをメンバーが持った写真をTwitterに載せてくれているんですよね。

セットリストを知りたいご新規さんに親切ですし、しかもライブ後のメンバーの写真も観れるので、ダブルで美味しい的な素晴らしいアイデアだと思います。

 

いやほんと、失礼ながらナーメテーターでした。

年齢的にも成長されてハマりやすくなったのもありますが、音楽にしても活動そのものにしても完全に私が好きなアイドルでした。

 

好きなつりビットの楽曲を上記以外で挙げますと…

 

 

「渚でラテアート」

 

まずはこの曲でしょう。

アーバンかつキュートで、超爽やかなミドルチューン。

今年の夏は何回この曲を聴いたことか。

リズム隊がすごく良い仕事をしていて気持ち良いし、ボーカルも柔らかさとキュートさがあって素敵です。

 

 

「潮風日記」

 

つりビットのバラード、とても素晴らしいんです。

「潮風日記」はメロディーやコードがグッとくるし、ユニゾンが綺麗で、美しいバラードという言葉がぴったり。

特にCメロがめちゃ素敵なんですよね。

つりビットチームが音楽に真摯なのが伝わってきます。

 

 

「妄想フィッシング学園」

 

つりビットならではのコミカルな釣りソングなのですが、フュージョンな曲調だしスラップベースが踊りまくりで格好良いです。

<起立!礼!さぁ釣り糸だけ垂らすのさ>の語感の気持ち良さ。

 

 

「カモメペリカンストーリー」

[Apple Music]

https://itunes.apple.com/jp/album/%E3%82%AB%E3%83%A2%E3%83%A1%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC/1217745237?i=1217745673

 

シンセの音色に懐かしさを感じる極上バラード。

優しい歌唱がすごく素敵です。

 

 

「'Cause you make me happy」

 

今一番好きな曲です。タイトルがまず素敵。

凝った作りなんだけど爽やかで、とてもキャッチーでピースフル。

流れが鮮やかで、メロディーラインも最高。

何でもっと話題にならないんだろうというくらい、パーフェクトなアイドルソングだと思います。

 

 

「Piece of Cake」

[Apple Music]

https://itunes.apple.com/jp/album/piece-of-cake/1345837158?i=1345837396

 

ファンク調でめっちゃクールで格好良い曲です。

これがカップリング!?っていう。

この曲を聴いてつりビットのイメージが変わる人は多いんじゃないかと思います。

歌い回しが独特で変拍子もあって難易度が高そう。

 

 

「ムーンライトキッス」

 

初期の楽曲ではこれが好きですね。

キュートだし展開が素敵。

 

 

「TOKYO WONDER GIRL」

 

東京湾大感謝祭の親善大使「東京湾ダーガール」就任を記念して作られた最新曲。

アーバンなディスコチューンで、進化を感じるボーカルとMVも含めて大人度が増した仕上がりになっているんですけど、その塩梅が絶妙なんですよね。

紫色の衣裳もめちゃ素敵です。

 

 

 

そんな素敵な曲ばかりのつりビットですが…

 

来年の3月末をもって解散することが発表されました。

悲しい。。

 

「つりビットより大切なお知らせ」

https://tsuribit.com/news/?id=114

「メンバーから解散発表に際してのコメント」

https://ameblo.jp/tsuribit-blog/entry-12420874625.html

 

素晴らしい活動をされているし、今年リリースされた楽曲はすべて質が高くてネクストフェーズを感じさせるもので。

つりビットの将来にワクワクしていたので、とてもショックでした。

こんな良心的なアイドルさんが解散しなければならないなんて。

それでも、発表して即解散というアイドルさんも多い中で、来年3月まで期間を設けてくれている所に誠実さを感じます。

 

ラストシングルは『プリマステラ』というタイトルだそうです。

「プリマステラ」はイタリア語で「一番星」という意味。

つりビットチームがどんな作品にするのか楽しみですし、個人的にはまだ生でライブを観たことがないので、何とかして一度は観たいです。

願わくば、まだ来たことがないらしい札幌に一度来てくださらないかな…なんて。

 

 

 

=====

 

①RYUTist編

https://ameblo.jp/buruwo/entry-12426594410.html

②フィロソフィーのダンス編

https://ameblo.jp/buruwo/entry-12426594733.html