釜山日本語教師会(BUJA)

釜山日本語教師会(BUJA)

本教師会は釜山や大邱など韓国慶尚道の日本語教師の集いです。
1995年に発足し今年度で23年目を迎えました。日本人・韓国人を問わず、学院、高校、企業、大学と垣根を越えた教師の集まりで、情報・意見交換を通しよりよい授業と楽しい韓国生活を送るきっかけを提供します。

NEW !
テーマ:

釜山日本語教師会  会員の皆様

 


季節はずれな大型台風にハラハラした週末でしたが、釜山地域は幸い大きな被害はなかったようです。

慶北のほうでは商店街が浸水し、賞品が泥だらけになってしまった映像がニュースに流れていました。

台風の爪痕が痛々しい光景に胸を痛めましたが、会員の皆様は被害はありませんでしたでしょうか?

 

  

台風が去ってから急に朝晩の気温差が激しくなりました。

風邪を引きやすい季節でもありますので、どうか健康には十分ご留意ください。

   

  

さて、今月の教師会もお二人の先生に、興味深く、

ためになる発表をして頂くことになりましたのでお知らせします。

行楽の季節ですが、是非教師会に足をお運び頂けたら幸いです。

   

  

---------記----------

2018年度 釜山日本語教師会 10月度 例会

日時:1020() 午後3時~ (受付2時30分ごろから)

会場:釜山YMCA15階 韓日文化交流協会 
(地下鉄1号線釜山鎮駅または草梁駅下車徒歩5分)

地図  https://goo.gl/Xq33Ks

 

           

【例会の内容】

  
1. 発表1:「大学における反転授業の実例」

釜山外国語大学校 日本語創意融合学科 永野亜季先生

-日本就職の責任者として人一倍お忙しい先生が、ご自分の限られた時間と授業時間を効果的に使おうと思って辿り着いたのが「反転授業」だそうです。日本就職の履歴書作成の授業でやってみた実例をご紹介くださいます。

  

  

2. 発表2「日本就労のための異文化理解 ~見えない文化について考える~」

アスレプラス合同会社  管理本部・教育事業部  大森充部長
- 大学の講義室で学ぶ、比較的分かりやすい文化、“見える文化”ではなく、学生達が日本企業に就職し、日本人に囲まれて仕事をするにあたって、是非とも考えなければならない

“見えない文化”、信頼や時間についての考え方、パラ言語や正邪、そして清潔感やコミュニケーションの取り方についてお話くださいます。

  

  

3.各先生からのお知らせなど

※終了後、夕食を食べながらの懇親会も予定しております。

場所:고관해물탕 

(ブログ参照: https://dilbelau2.hamazo.tv/e7322255.html)

 昔からある、今でも人気の海産物鍋のお店です。

   

    

*会員の方で遠距離でスケジュールの都合がつかない場合、事前に申し込みがあれば、スカイプやラインなどを使ってオンライン参加も可能ですので、ご相談ください。

   

    

    

10月例会担当:東西大学校 藤原 祐子


テーマ:

2018年度 9月例会報告

  

  

2018年度釜山日本語教師会の9月例会は、9月15(土)午後3時より、いつものように釜山韓日文化交流協会(釜山YMCA15階)で行われました。

*今学期より教師会の定例会は、毎月第3土曜日の午後3時からになりました。 (「3土3」と覚えておいてください)

 

 

今回の参加人数は18名で、新しい先生も2名参加されました。

  

  

今回は、「日本語教育の様々な場面で役立てられるOPI(Oral Proficiency Interview)」と題して、最近、各分野で活用されている会話能力測定テストの一つであるOPI (外国語学習者の会話達成能力(Oral Proficiency)10段階のレベルで測る)について、培材大学の先生で、韓国OPI研究会副会長である小島賢嗣先生が詳しく説明してくださいました。 (アシスタント:釜山外大小林安那先生)

  

image

  

発表では、OPIとは何なのか? OPIの手順とレベル判定の方法など、詳しく説明された後、実際に音声を聞いてレベル判定をしてみて、体験してみました。

 

  

先生方は、「なるほど~」 とうなずきながら、各自の授業にどう活かすか考えていたようです。

  

  

その後、「OPIはどんな場面で役立てられるか?」、「OPI認定テスター資格を取得して、実際にOPIをどんな場面で役立てているか(発表者の実例をもとに)」について説明され、その場で質問も受けながらわかりやすく発表されました。

  

  

10分の休憩後、実際に学生に来てもらい、OPIのインタビューを20分間実演しました。

   

image

   

最後に、元々は「日本語教育Q&A」というタイトルで討論をする予定でしたが、OPIの内容が充実していたので、その内容について各グループでディスカッションを行い、印象に残ったことや、どのように授業に応用するか、など活発な意見交換が行われました。

 

  

以下は、グループディスカッションのおもな内容です。

  

・実際のインタビューの様子は公開されていないか。 →日本のOPI研究会のHPでサンプルを聞くことはできる。国立国語研究所のHPでも音声データ、文字化データが見られる。

  

・被験者の声の大きさや表情などは評価されないか。 →評価対象になっていない。あくまで音声のみ。

  

・質問されたことに答える能力しか評価されないのでは。コミュニケーションという意味では自分から質問をしたり会話を積み上げたりする努力が必要。 →現在のOPIではそうなっている。OPIの理念に基づいたコミュニケーション重視のテストの開発も試みられている。

  

・テスターの表情についての規定はあるか。 →マニュアルには「興味深い態度で」とある。被験者が話したいことを話せるような雰囲気作りが重要。ロールプレイの部分ではロールへの切り替えを明確に。

  

・個人授業を行う上で、会話能力の向上のためのヒントになった。

  

  

会の終了後には、発表してくださった小島先生を囲み、総勢11名で食事もしました。

メニューはポッサムだったのですが、写真を撮り忘れたため、イメージ写真です・・・。

 

    

   
(9月例会担当:柴田・佐藤)

 


テーマ:

釜山日本語教師会  会員の皆様

  
  

朝夕涼しくなり、秋の匂いを感じる今日この頃。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

  

新学期でバタバタしてらっしゃる先生も多いことと存じます。

今学期もファイトで頑張りましょう。

エンジンかかってない人は教師会に参加すれば、ほぼ元気でます。^^

  

  

  

さて、

釜山日本語教師会は役員会議の結果、今期より特別なことがない限りは毎月第三土曜日の3からということになりました。

  

したがって、9月の例会は、9月15()午後3時からになります。

いつものように韓日文化交流協会の教室にて開催いたします。

  

  

*これで、「今月の教師会いつだっけ?あ~~すぎちゃった!!行こうと思ったのに~」ということがなくなります。   

皆さん!インプットお願いします教師会は毎月第三土曜日の3から!

  
  

今回の定例会では、

  

  

最近、各分野で活用されている会話能力測定テストの一つであるOPI (外国語学習者の会話達成能力(Oral Proficiency)10段階のレベルで測る)について、培材大学の先生で、韓国OPI研究会副会長である小島賢嗣先生が詳しく説明してくださいます。(アシスタント:釜山外大小林安那先生)

  

  

タイトル:「日本語教育の様々な場面で役立てられるOPI(Oral Proficiency Interview)」

  

内容  :1)OPIとは何か?

      2)OPIの手順とレベル判定の方法

      3)音声を聞いてレベル判定をしてみよう! 

      4)OPIはどんな場面で役立てられるか?

      5)OPI認定テスター資格を取得して、実際にOPIをどんな場面で役立てているか(発表者の実例をもとに)

  

  

以上の1つ1つの項目それぞれについて、参加者の質問やコメントを随時受け付けながら

双方向的にすすめてくださるとのことです。

  

学習者の会話力向上に効果的な要素がたくさんある内容ですので日頃の教育現場で役に立つと思われます。

 

  

第一部

1時間目にOPIの説明と質疑を行います。

2時間目の前半にOPIのデモ実演(実際よりちょっと短く)していただきます。

  

その後、

第二部

自由にディスカッション

「日本語教育Q&A」と題して、みなさんが疑問に思っていることをいくつか挙げて、その解決策をグループで考えて提案するという形式でやりたいと思います。  

  

  

  

---------記----------

  
  

2018年度 釜山日本語教師会 9月度 例会

  
  

日時:9月15() 午後3時~ (受付2時30分ごろから)

  
  

会場:釜山YMCA15階 韓日文化交流協会 
(地下鉄1号線釜山鎮駅または草梁駅下車徒歩5分)

地図  https://goo.gl/Xq33Ks

  
    

  
          【例会の内容】
 

1. 発表: 「 日本語教育の様々な場面で役立てられるOPI(Oral Proficiency Interview)」   

小島賢嗣先生 (培材大学、韓国OPI研究会副会長)  

アシスタント:小林安那先生 (釜山外国語大学)

 

<10分間休憩>  

デモ実演:学生に実際にOPI をやってみる。      

  
  

2. グループディスカッション:「日本語教育Q&A」   柴田文武先生(釜山外国語大学)

  
  

3.各先生からのお知らせなど

  
  

※終了後、夕食懇親会でざっくばらんにお話しししましょう!(場所:会場近く、未定)

   

  

  

  

今後の予定です。

10月20日 (土)   午後3時(受付2時半から) 

      テーマ: 1反転授業    2日本就職事情  (予定)

11月17日 (土)   午後3時(受付2時半から)

      テーマ:  アクティブトランジション     (予定)

*テーマと内容につきましては、後日担当の先生からお知らせがあります。

  
  

*会場に来られて入会された会員の方で遠距離でスケジュールの都合がつかない場合、事前に申し込みがあればスカイプやラインなどを使ってオンライン参加も(たまには)可能ですので、ご相談ください。

  
  

お友達、お知り合いをお誘いの上、ご参加ください。 

では、会場でお待ちしております。

  

  

 

  

9月 例会担当

釜山外国語大学 柴田文武

 


テーマ:

2018年度6月例会報告

     

   

2018年度釜山日本語教師会の6月例会は、特別企画として在釜山日本国総領事館より道上尚史総領事をお迎えして、6月16日(土)午後3時より、いつものように釜山韓日文化交流協会(釜山YMCA15階)で行われました。37名という数年ぶりの多くの参加者と共に活気のある場となりました。

  

  

<1つ目の企画>は、東明大学の佐久間司郎先生による発表でクイズ形式の授業活動の紹介というテーマで参加された先生方が体験できるような方法でお話をしていただきました。

   

image

    

実際に授業で使っているスライド(以下写真例)を使用しながら、「価格あてクイズ」「職業あてクイズ」「誰のですかクイズ」「何をしていますかクイズ」「着用クイズ」「比較クイズ」と出し惜しみなくお話して下さいました。この場でも授業と同様に複数のグループに分け、グループごとにそれぞれ思っていることを答えさせる方法で発表が進行していきましたが、一気に我々受講者の心をつかむ授業にうなずきの連続でありました。

   

image

    

さらには第二言語習得理論の確かな裏付けも踏まえ、授業の意味合いをより理解しやすくお話して下さり、かつ、クイズの授業を考える上でのノウハウも教えて下さり、誰もが再現できるように導いて下さいました。その後、グループに分かれて「今回の発表の感想や疑問点」「類似の活動について」などを話し合い、交流の場、アウトプットの場も設けるようになりました。

   

image

   

最後に、佐久間先生が運営されているFBグループ(上記写真)についてのお知らせがありました。続きはこちらでも聞けそうです。

  

  

  

<2つ目の企画:特別企画>は、在釜山日本国総領事館の道上尚史総領事による発表で「各国での外交経験と日韓関係について」というテーマでお話をしていただきました。スイス、北京、ドバイ、ソウルと、とりわけアジアに長く携わってきた経験を中心に、「歴史認識」についてなどを含め、日韓が抱える問題にも深くつっこんだお話に皆、聞き入っていました。

  

「韓国の方たちに話す際に意識して伝えていることは、日本と韓国はだいぶ違う、という点です。」といった内容から始まり、質疑応答の際には、合計8名の方から出た多方面の質問にも丁寧にお答えしていただき、非常に有意義な時間となりました。

  

image

   

例会終了後は、「락엔웍(Rak'n wok)」という、中華料理のおいしいきれいなお店へ移動し、交流を深めていきました。例会ではなかなかできない個人的なお話ができる食事会はやはりいいものですね。

  

image       

   

後期は9月から始まります。またお会いしましょう。

  

  

  

(6月例会担当、文責:柴田・高橋)

 


テーマ:

釜山日本語教師会「特別企画」例会のご案内

  

  

会員の皆様、

  

  

長袖シャツが我慢しづらい初夏、いかがお過ごしでしょうか。

夏休みまで、あとひと踏ん張りというところでしょうか。

  

  

  

さて、6月の定例会は、6月16日(土) 午後3時より、いつもの韓日文化交流協会の教室にて開催いたします。

  

    

今回の定例会は特別企画として、在釜山日本国総領事館より道上尚史総領事をお迎えして、ドバイや中国など各国での外交経験談を中心に「トークセッション」を行う予定です。日本国を代表する総領事に直接質問できるまたとない機会です。

  

  

そして、授業のネタが欲しい~」という先生方のために東明大の佐久間先生がクイズ形式の授業を紹介してくださいます。

  

    

    

下記の内容を見ていただき、会員の皆様の周りにご興味のある方がいらっしゃれば、どうぞご一緒にご参加ください。

多くの方のご参加をお待ちしております。

    

    

  

---------- 記 -----------

    

2018年度 釜山日本語教師会 6月度 例会

    

日時:6月16日(土) 15時~ (受付14時30分から)

     

会場:釜山YMCA15階 韓日文化交流協会 (地下鉄1号線釜山鎮駅または草梁駅下車徒歩5分)

地図 → https://goo.gl/Xq33Ks

    

    

【内容】

★第一部 [15:00~15:50]

発表者:佐久間司郎先生(東明大学)

テーマ:「クイズ形式の授業活動の紹介

「学生たちを引き付けるには、どうすればいいか?」皆さんお悩みのテーマではないでしょうか。クイズ形式で一気に受講者の心をつかむ授業! いいですね。 その後の授業もやりやすくなること間違いなしです。お見逃しなく!

  

  

(休憩10分)

    

    

★★第二部 [16:00~17:00]

発表者:道上尚史総領事(在釜山日本国総領事館)

テーマ:「各国での外交経験と日韓関係について

  

講演後は質問会を行いますので、皆様メモをご用意の上、いろいろと質問していただければ結構です。

  

  

最後に、お知らせ…

  

    

※終了後、希望者で夕食懇親会

    

場所:各自負担にならない程度のお食事です。当日お知らせします。

    

      

                                           

6月度担当:高橋和樹(TIS留学院)、柴田文武(釜山外国語大学)

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス