今までの服に違和感を感じてきた
アラサー、アラフォーの女性へ

あなたの本当の魅力が伝わる
ファッションで大変身!


パーソナルスタイリスト 藤原ゆかです

 

 


緊急事態宣言が発令されてから、おうち時間が増え、手軽に調理できるパスタなど品薄になっていましたよね
 

そんななかダントツでなかったのが、ゼラチンと小麦粉
 
 
あなたも買い求めに走ってたけど、手に入れられなかったかもしれませんね  ^ ^;
 


私もそのうちのひとり
 
 
 
何度チャレンジしてもありつけないので、序盤に諦めましたが…
 

ですが、最近はあのころが嘘のように手に入ります
 
 
 
久々にコーヒーゼリーを作りたくて、ゼラチンを入手しました


 
ない!ない!と思っていると見つからなくて、諦めたころに見つかるというのは世の常でしょうか
 
 
今回の場合は解除されたことが大きかったと思いますが ^ ^;
 
 


さて、先日転職したばかりの友人と話していたときのこと
 

転職した会社が実に静かで、コミュニケーションを積極的にとれるような社風ではないことに驚いていました
 
 
 
 
 
ほかにもカルチャーショックを毎日のように受けているそうで、話を聞く限りたしかに過酷な環境…
 
 

 
たとえば女性の場合、ステキなお洋服を着ている人と社内ですれ違ったら、
 


「その色、とってもお似合いですね」
 
 
とか
 
 
「かわいいワンピですね」
 
 
とか
 
 
「珍しい形のピアスですね」
 
 
 
 
など、ファッションなどビジュアルから話の糸口はいくらでも引き出せると思うんですよね

 
  
 
 
あなたもそんなふうに社内の人やご近所さんに話しかけた経験がおありではないでしょうか
 
 

ポイントはポジティブな言葉であること
 
 

褒められて心をフワッとほぐけていくと感覚を味わったことがあなたにもありませんか
 
 

で、彼女に聞きました
 

「廊下やお手洗いで会ったとき、そんなふうに話かけてみた?」
 


「・・・そういえば、そんな話、したことないかな」
 
 

もちろん無理やり褒める必要はありませんが
 
 
女性ならではの会話の糸口として
 
 
ファッションをトピックスにあげ、プラス褒めることを意識的にしてみると距離がグッと縮まりますよ
 



カルチャーショックを受け、萎縮してしまい積極的なアクションがとれなかった彼女
 

 
いつもは明るい彼女はある特徴があります



それは自身に似合うものがどういうものか知っているオシャレさん
 
 

そんなオシャレ女性を前にしてもだれも無関心ないんだとか
 
 
 
もちろんオシャレには好みや感性がありますから、褒められないことだってあるでしょう
 
 

でもきっと今は彼女の一歩が必要なとき
 
 
そしてその一歩が革命を起こす大きな一歩になるかもしれません
 
 

あなたも身近にステキ女性がいたら、あなたから一歩を踏み出してみませんか??
 
 
 
褒めて褒められ女性はキレイになっていくんですもの
 
 

そして人を素直に褒められる女性って余裕があってステキですよね