□京都造形芸術大教授 竹村真一さん

 ■ボルネオの山奥でサッカー観戦 世界中の人と感動を共有する時代へ。

 --青年時代に訪れた海外の秘境では、貴重な体験をされたようですね

 竹村 ある時不思議な体験があったんですよ。そろそろサッカーのワールドカップが始まりますけど、有名なマラドーナの5人抜きでの伝説のゴール(1986年メキシコ大会)、あれを僕はボルネオ島の山奥で見たんですね。

 --またすごいところで

 竹村 電気も来ていない村で、一日にほんの1~2時間、発動機を回して白黒テレビを見るんです。そのときに子供たちが「マラドーナ、マラドーナ」と騒いでいた。僕は「マラドーナって誰」って聞いたら「お前、マラドーナを知らないのか」って。電気もきていない村で、子供たちがみんなマラドーナを知っていたんですよ。

 「知らないんなら見ろ」と言われて、見ていると5人抜きでのゴールがあった。僕はそれまでサッカーには興味なかったけれど、さすがにびっくりしまして。それ以来サッカーを見るようになったんですが、初体験はボルネオ島の山奥でした。

 --すごい体験でしたね

 竹村 こんな山奥の子供たちがマラドーナを知っていて、リアルタイムに5人抜きゴールの感動を分かち合っている、ある意味、ワールドカップは地球サイズの宗教儀礼のようなものではないかと。「地球の何十億という人々がリアルタイムで感動を分かち合えるような時代が始まっているな」ということを、24年前に感じたんですね。

 --なるほど

 竹村 でも一方で、今はこれだけグローバルに電波でも貿易でもつながり合って、毎日「地球を食べている」わりに、僕たちの意識はついていっていない。グローバリズムの内実と、われわれの意識のギャップが、いろいろな問題を引き起こしていると思います。

 生きた地球の姿が丸ごと見える、地球温暖化の様子も丸ごと見える、食べ物を通じた地球と自分とのつながりも見える、何よりこんなに美しい宇宙の中のオアシスのような星に暮らしているという実感をみんなが持つ-。万巻の書よりも感動を持って、こういう星に暮らしているんだということをみんなが共有することが(グローバリズムを実感する)解決の早道だと思って…。まあ本も書いたり講演もしますけど、美しい地球のモデルとして、デジタル地球儀「触れる地球」を小学校に置くことに力を入れているわけです。

 --根源的に地球を見つめ直す取り組みですね

 竹村 地球って本当に美しい星で、われわれはこんなに美しい星に生まれたことの幸運を感じられる世代なんですよ。

 例えば、30年くらい前までは(SFの世界で)「火星人襲来」が言われたり、「ET」という映画もあった。地球のほかにも、地球のような星がたくさんあるはずだと考えていたわけですね。ところが最近、「ET」のような映画はあまりないですよね。

 --確かに…

 竹村 それはなぜかというと、はっきりと「宇宙人なんてそうそういない」ということがわかったからです。これは最近20~30年のことです。この間、急に宇宙の情報が増えて、宇宙がクリアに、高解像度で見ることができるようになった。そして何を発見したかというと、人類は地球を発見したと思うんです。

 われわれは何で宇宙開発をしたか、宇宙へ出ていったかというと、地球を発見するために宇宙へ出ていったと、僕はそう思っています。(聞き手 溝上健良)

地域支援ベースにしたアウトリーチが重要―厚労省検討チーム(医療介護CBニュース)
水難 兄弟死亡 ゴムボートから転落 福岡・遠賀川(毎日新聞)
菅首相提案の財政健全化協議、野党は否定的(産経新聞)
<岩手・宮城内陸地震>発生2年 地元の大工が復興に全力(毎日新聞)
古市百舌鳥古墳群、世界遺産暫定リスト入り 倭の五王が眠る巨大古墳群(産経新聞)
【菅首相会見詳報】(3)

 --人事で「ノーサイド」という話があったが、代表選をともに戦った樽床伸二衆院議員の処遇についてどう考えるか。政策だが、郵政法案について、選挙を伸ばしてでも今国会で成立させる考えはあるか。消費税を増税する考えはあるか。鳩山政権の時には「国民に信を問う」という方針があったが引き継ぐのか

 「まず、樽床議員について、私も大変有望な、ま、既に若手というよりは中堅の大変有望な素晴らしい人材だと前々から思っておりましたし、今もその見方は変わっておりません。何度も申し上げますように、選挙のときはある程度、それぞれの立場をより主張しあうことは当然でありますけれども、選挙が終わればノーサイドということで、その能力や経験、そういうものを考えた中で、どういった役割を担っていただくのがふさわしいか。今申し上げたように、色んな方の意見を合わせて聞きながら、検討していきたいと考えております」

 「郵政の法律については、これも今日、代表選が終わった後、首相指名の前の段階で、国民新党、亀井(静香)党首と私との間で、改めて合意を確認し、署名をしたことは皆さんご承知の通りであります。1項目目に9月の3党合意。残念ながら、社民党は連立から離脱をされておりますが、そこで合意したことについては、しっかり継続していこうということも、この民主党と国民新党の改めての合意に入っております。それに加えて特に、今国会で郵政改革法について、郵政法について、成立を期す形で合意をいたしております。その合意に沿って全力をあげていきたい。このように考えております」

 「消費税については、これまでも、私なりに、色々な表現をしてまいりました。これまでは、財務大臣とかある程度、私の役割のなかで、あるいは私の個人的な判断も含めて、表現をしてきましたが、今後、やはり、党の代表、あるいは(総理の)信任を受ければ、内閣総理大臣ということになりますので、表現の仕方も含めて、新たな内閣、新たな党の執行部を形成した中で、この問題についての方向性も、示していきたい。今この場で、過去に言ったことを特に変えるつもりはありませんけれども、今、この場で改めて党の代表、あるいは指名を受けた立場で、どうしていくかというのは、そうしたそれぞれの役割なり、それぞれの皆さんの意見を聞くことも含めて、改めて必要なときに申し上げたいと思います」

 --昨年の総選挙では、政権交代をキーワードに大勝した。この夏の参院選は何をキーワード、争点にして戦うか。関連だが、今は7月11日が投票日と想定されているが、国会の会期延長のからみで25日にずらすことはあるか

 「争点について、どういう表現にしていくかということについては、これも先程来申し上げているように、新しい、しっかりした役割分担や体制ができたなかで、議論をいただきたいと思っております。私なりのイメージで申し上げれば、昨年の政権交代に、ある意味で託していただいた国民の皆さんの思いは、今の日本が大変、何と言いましょうか、活力があって、どんどん、この元気良くなっているというよりは、どんどん経済も低迷し、あるいは自殺の数も減らない。こういう閉塞(へいそく)感を打ち破ってくれないかと」

 「ある時期、それを小泉(純一郎元首相)さんに託するという結果も、2005年の選挙ではあったわけですけれども、それが、ある意味、国民の期待にかなわなかったなかで、昨年、民主党に政権を託すことによって、そうした閉塞感、閉塞した状況を打ち破ってもらいたい。私はそこが一番の思いだと思っております。もちろん、その中には、マニフェストという党として掲げた政権公約も、合わせてありますけれども、そういった形での期待であったと思っております」

 「そういった意味では、まさに、政権がスタートして8カ月余り。最初の予算はやはり、9月の政権成立という、かなり時間的にも制約があるなかで、あるいはリーマンブラザーズの破綻(はたん)といったなかで、予想を超えた税収落ち込みといった制約のなかで作り上げた予算でありますから」

 「来年度の予算は、基本的な考え方も含めてですね、これから20年。これまでの20年間の間違った政策を改める。ある意味では、本格的な第一歩がここから始まると。こう思っております。表現をどうするかは、これからの議論でありますが、私の参議院選挙での、国民の皆さんに訴えたいのは、まさにこれから、本格的な改革が具体的な段階に入ってくるんだ。これまで着手はしたけれども、いよいよ具体的な段階に入ってくるんだ。そして、その方向性を示すことによって、民主党に対する、政権交代の時にもたれた期待が、決して夢に終わったのではなくて、実現に向かって、確実に一歩一歩進んでいるんだということをですね、理解をいただけるような、そういう選挙にしていきたい。そういう選挙にすることによって、国民の皆さんの理解を得たいと。こう考えております」

 「ま、これは、いくつかの関連する問題がありますので、やはり、あまり私がまだ、色んなこれまでの経緯とかですね、与野党の法案の進め方の議論とか、詳細には把握をしておりませんので、そういう関係者、あるいはそういう体制を作ったなかで、今までの形でいけるかいけないかもありますけれども、基本的には、そういう体制ができたなかで判断することになる。基本は、いわゆる会期というもののなかで終わるのが普通でありますけれど、いずれにしても、新しい体制ができたなかでの議論が必要だと思っております」 

【関連記事】
新首相の「脱小沢」に警戒 自民
民主党代表選 拙速で政策論争に欠ける
菅氏「小沢氏は静かにしていて」
民主など3党の参院幹部、郵政改革法案の今国会成立へ協力確認
「一刻も早く郵政法案成立を」JP労組が廃案阻止へ働きかけ

<荒砥沢ダム>岩手・宮城内陸地震後、初公開(毎日新聞)
岩手、宮城で震度3(時事通信)
<訃報>伊藤久雄さん85歳=小沢一郎後援会連合会長(毎日新聞)
辞任でも移設拒否変わらず=訪問先の札幌で名護市長(時事通信)
民主と連携ありきでない=公明代表(時事通信)
 鳩山首相は23日昼、名護市内で稲嶺進・同市長ら沖縄北部市町村長と会談した。

 稲嶺市長は、首相が米軍普天間飛行場を名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブに移設する方針を正式表明したことについて、「『ようこそ』という気持ちにはとてもなれない。これまでの思いを裏切ることで怒りを覚える。断固反対する」と述べ、受け入れを拒否する考えを表明した。

 これに対し、首相は「私もかつては『辺野古の海を汚してはいけない』という思いで頑張ってきた。『できれば最低でも県外』といったのは事実だ。みなさんの気持ちにそえない結果になっていることをお詫びしたい」と陳謝した。その上で、「稲嶺市長が『認められない』と言われたのも理解している。訓練移転を含め、負担軽減を考えていきたい」と述べ、改めて名護市への移設への協力を要請した。

円高、株急落で対応協議=鳩山首相と菅財務相(時事通信)
<連合>日本人材派遣協会と待遇改善で合意文書(毎日新聞)
普天間合意文書で岡田外相とルース大使会談(産経新聞)
<タクシー火災>男性の死因は焼死 神奈川県警が発表(毎日新聞)
母親を起訴猶予処分=同居男が男児暴行―津地検(時事通信)