弊社が耐震リフォームではなく、建て替えを薦めるには理由が有ります。

・耐震工事は古い材料(柱や土台)を残して新しい材料を付ける(添え木や筋違・金物設置)ので、決して完全な物にはならない

・古い基礎に鉄筋を差し込み、新しいコンクリートを流し込むので、建物が以前に比べ重くなる(※屋根を軽量化させる工事を併用しなければ)

・実際の現場での木組みの特性が耐震診断や壁量計算では見えない(横架材の継ぎ目が何処にあるかに関わらず工事をされる、目視では見えない構造材内部のシロアリ状況等・・・)

そして何より地盤部分の工事が出来ないため、建物は頑丈になってもそれを支える地盤が下がってしまっては元も子もないのです!

 

今住んでる家や購入しようとしている土地の地盤リスクが分かるサイトはこちら※住所を入力すれば様々な事が分かります

https://www.j-shield.co.jp/ジャパンホームシールド

https://www.j-shield.co.jp/jiban-portal/