3月のFLAT35の金利は、1.27%(S仕様で1.02%)となっています。仮に3,000万円を35年で借りた場合を単純に計算すると毎月の返済額は88,512円(総支払額37,175,280円)金利が0.1%の上昇すると返済額が37,781,766円となり、60万円の差が!たかが0.1%でもこんなに変わります。変動金利のトップはじぶん銀行0.457%、そしてSBI・新生銀行と続きます。(注意として、金融機関によってはこれ以外に保証料が掛かったり、繰り上げ返済手数料事務手数料が、また審査基準が厳しかったりと、色々特徴が有りますので金利を簡単には考えない様にしましょう)更に、注意が必要なのは、適用金利が「住宅ローン申込時点の金利」の場合と「融資実行時の金利」に分かれる事です。今は金利が低くても、契約後数ヶ月先の融資実行時の金利が適用となるFLAT35は注意が必要です。また、金融機関の商品で申込時点の金利適用の商品もありますので、金融機関で事前に確認しましょう

阿佐ヶ谷のT様、嬉しいメール有難う御座います。
営業・設計/林 タカヒロ (木造建築士・2級建築士・住宅ローンアドバイザー他)