見学会のポスティングも営業の仕事。近隣の方への告知をしながら街散歩。1kmにわたり立会川https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E4%BC%9A%E5%B7%9Dの暗渠が近くにあります。暗渠とは簡単に言うと川に蓋をしてその上を利用する事(その逆は開渠と言います)昭和7年の様子から今も微かな面影が残ります。

 

 

 

 

 

昨日は1月のFLAT35の金利情報をお伝えしましたが、一方で消費税増税(軽減税率制度の実施に伴う税率引上げの経過措置)4月1日以降に請負契約を締結された際に適用される税制改正での優遇措置が国土交通省住宅局住宅企画官付で以下の内容が掲載されております。以下出典:国土交通省ホームページhttp://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/index.htmlより


1.住宅ローン減税
 控除期間が3年延長(建物購入価格の消費税2%分減税(最大))
  
○現行の住宅ローン減税について、控除期間を3年間延長(10年→13年)
適用年の11年目から13年目までの各年の控除限度額は、以下のいずれか小さい額。
 ・住宅借入金等の年末残高(4,000万円を限度)×1%
 ・建物購入価格(4,000万円を限度)×2/3%(2%÷3年)
   ※長期優良住宅や低炭素住宅の場合:借入金年末残高の上限:5,000万円、建物購入価格の上限:5,000万円
消費税率10%が適用される住宅の取得等をして、平成31年10月1日から平成32年12月31日までの間に入居した場合が対象

2.すまい給付金
 給付額が最大50万円に(収入に応じて10万~40万円の増額)・対象者も拡充

3.次世代住宅ポイント制度    2019.4~2020.3に請負契約・着工をしたもの
 新築最大35万円相当、リフォーム最大30万円相当を付与する新たなポイント制度創設
①エコ住宅 (断熱等級4又は一次エネ等級4を満たす住宅) 

②長持ち住宅 (劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2等を満たす住宅)

 ③耐震住宅 (耐震等級2を満たす住宅又は免震建築物) 

④バリアフリー住宅(高齢者等配慮対策等級3を満たす住宅)

4.住宅取得等のための資金に係る贈与税非課税措置
 贈与税非課税枠は最大3000万円に拡大(現行最大1200万円)