FLAT35の11月の金利

テーマ:

増税には関連する軽減税率が付きもの。消費税の増税贈与税非課税枠住宅ローン減税住まい給付金が拡充される事で、住宅購入のメリットが増えます。気になるのは住宅ローンの金利の動向です。申し込み時の金利では無く、融資実行時の金利が適用される事が多いので、金利の動向は常に気になります。借り換えを上手に活用して無駄なく返済していく様に心掛けましょう。

11月のFLAT35の最頻金利1.45%(最低1.45%から最高2.07%)※取り扱い金融機関により差が有ります。21年以上35年以下・自己資金1割・団信付きが条件。これを借入期間21年以下にすると最頻金利1.35%(最低1.35%から最高1.97%)になります。さらにそれぞれFLAT35S仕様にすることで-0.25%になりますので1.45%→1.2%/1.35%→1.1%にすることが可能です。

例)借り入れ金利1.45%・借入れ3000万円・自己資金1割用意・借入れ期間35年

毎月の返済92,000円・総支払3,828万円が目安になります。

家事動線と収納を考えた2世帯の家が羽田で完成しました。