配偶者への贈与は、婚姻期間が20年以上になると控除が利用できます。

居住用の不動産やそれを取得する為の金銭の贈与で、贈与をした翌年の3月15日までに入居、または見込みが有る事で、同じ配偶者間で1回、2000万円まで(基礎控除110万円を併せ)2110万円まで贈与税が課税されません

これから先の財産についての夫婦間の話合いは、お子様への贈与も含め、非課税枠を最大限利用する方法から考えていきましょう。