vistaの失敗に見るMICROSOFTの諸行無情 | 本当の日本の歴史と、日本人を知って、自信を持つ日本人になるためのブログ

本当の日本の歴史と、日本人を知って、自信を持つ日本人になるためのブログ

日本の若者に、我々の先祖は、今を築いた立派な人達であることを理解してもらい、未来を切り開く自信を持ってもらうためのブログです。

閉塞した現代日本社会を打開するためにも、日本人としての自信を取り戻す必要があると考えており、そのための分析も試みています。


テーマ:
今にしてみるとvistaの失敗って、

MICROSOFTにとって、結構大きかったのが分かるね。

我が家は、現在

かみさんと娘がMACユーザー、

僕はfedra linuxユーザーで、

WINDOWSユーザーいなくなっちゃったよ。


MICROSOFTと言えば、

非力なコンピューターではあるけれども、

個人で手に入れられる価格帯にあるパソコンに、

当時のマシンの処理能力に見合った最低限のシンプルなOSを提供する

ことで、パソコン業界に君臨して来たんだけれども。

最後の最後で、これに失敗しちゃったんだ。


vistaのでた2006年頃って、

ノートブック型のパソコンが、

一般的な個人が使うコンピューターとしては、

ハードウェア的に十分な性能を持つにいたった、

ちょうどそのタイミングなんだ。


だから、以降のコンピューターのハードウェアは

性能的にも価格的にも、MACもWINDOWSも大差ない。

参考「現代の鶴田浩二 ー傷だらけの人生ー」


だから、勝負は純粋にソフトウェアの良し悪しになったんだ。

まさにそのタイミングで、

MICROSOFTはマシンパワーに頼りすぎた、

重すぎるどうしょうもないOSを出しちゃった。


だから、パソコンと言えば、

WINDOWSかMACしか選択肢がないと思っている一般のユーザーは、

この価格差ならMACが良いとして、

こぞって流れちゃつたということだ。


僕は、

WINDOWS7以降のMICROSOFTのOS使ったことない

から断定は出来ないけど

(もちろんMACもほとんど使ったことない)、

OSの出来としてはvistaが突出して悪かった

だけだったと思う。


だってvistaじゃ重くて使えないマシン

linuxなら 何も問題なく使えるもん。

また、このvista趣のあるOSで、

使い込めばこむほどどんどん重たくなる。

いままでなら、

より速いスペックのwindows最新OSのマシン

への買い替え需要になったはずが、

今回はそうはならなかった。


これで

「パソコンならMACの方が良い。」

が定着しちゃったんだ。


ユーザーにしてみれば、

倍半分の価格差あれば我慢もするけど、

「この差でこれでは。」

ってことになっちゃうよ。


あれほどの栄華を誇ったMICROSOFT

がこういう形で、衰退の気配を見せるなんて。。。


諸行無情を感じるなあ。

#####

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。

沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。

おごれる人も久しからず。ただ春の夜の夢のごとし。

たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ
にほんブログ村




<過去記事一覧
スカピッピパパの見解

                  =>トップページ

<日本愛国ブロガが使う1万5千円のパソコン



ブログの作り方を、パソコンの基礎から説明!

                  =>トップページ

<日本の本当の歴史を知って、未来を切り開く方法を考える
 ためのメールセミナー>

「このメルマガを読むと、将来に関して、漠たる不安を感じ
ているあなたは、自信がなくても、勇気を持って前に進むこ
との重要性を理解できるようになります。なぜなら、我々の
(つまり「あなたの」)先祖が、自立のために立ち上がった
勇気のある人々であったことが分かるからです。

それにより、まずは、自分の先祖に関して自信が持てるよう
になる。自信がなくても、勇気を持って前に進むことの重要
性を理解できるようになります。」

教科書に書かれていない、「日本の本当の歴史」を知るため
にも、ぜひこのメールセミナーを読んでみてください。

1日目 信教の自由の日に関するネット上の文章への反論
2日目 私が考える日本教とは?
3日目 信教の不自由な宗教と信教の自由な宗教
4日目 先の戦争の悲惨な体験を語り継ぐな
5日目 現代の鶴田浩二 ー傷だらけの人生ー
6日目 今までの社会人生活の中で、現在が一番満足度が高い
7日目 顧客満足第二

※必要がなければいつでも配信解除できます。
※迷惑メールを送りつけたりなんてことは当然ありません。
※ご登録いただいたメールアドレスがどこかに流出することなどは一切ありません。責任を持って管理いたしますので、どうぞご安心ください。

          ⇒登録はこちら(リンク

スカピッピパパさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス