『 BIKE SHOP TRY の日記 』 岐阜県 各務原市 のバイク屋さん

 『 BIKE SHOP TRY の日記 』 岐阜県 各務原市 のバイク屋さん

 バイクやアウトドアについてのブログです。

東海地方で早くも梅雨明けが発表されましたね。

これだけ暑いと店内はもちろんサービス工場でもエアコンフル稼働です。みなさんも熱中症にはくれぐれも気を付けてお過ごしください。

 

今年の梅雨は雨が少ないのでピットはタイヤ交換や車検で大盛況です(^^)

 

先ずはタイヤ交換のご紹介。

グロムはミシュランの「CITY GRIP2」

PCXの現行モデルで採用されているタイヤで耐久性やウェット性能が優れていると思います。


250DUKEはピレリの「ROSSOⅢ」

国内メーカーよりコスパがいいのでオススメ。


990SUPER DUKE Rはメッツラーの「M7RR」


このモデルはマルケジーニのホイールとコーティングされたインナーチューブが標準装備されています。豪華ですね〜♪


1190ADVENTUREはピレリの「スコーピオン トレイル2」

こちらの車両はついに走行距離が12万kmを越えました!今までに大きなトラブルは無く絶好調です。


ここからは車検でお預かりした車両のご紹介でーす。

2013MY 690SMCRは車検のついでにタイヤやLLCやスパークプラグの交換とバルブクリアランスの調整も行いました。

タイヤはブリヂストンの「S22」

シリンダーヘッドの中はかなり綺麗ですね。

LLCはこの年式くらいからシリケートフリーのMOTOREX M3.0を使っています。


ウォーターポンプシールを痛め難いタイプなので自分でメンテする人は気をつけてください。


2015MY 690SMCR

690DNDURO

790DUKE

990SUPER DUKE R

HONDAはCB400SF

CBR1100XX


KTMとHONDAの車検なら当店にお任せください!


<定休日変更のお知らせ>

7月から現在の定休日(月曜日)に加え、第3/第4火曜日もお休みとさせていただきます。

皆さまにはご迷惑とご不便をおかけすることになると思いますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

※今まで休業していた冬季の第3日曜日は通常営業となります。

愛知県の『池の平ワンダーランド』でゆる〜いオフロードイベントが開催されます!

過去にJNCCやCGCを開催している由緒正しいEDコースですが、現在は一般解放していないため、走ることが出来る数少ない機会です。予約制になりますが誰でも自由にお申込みできますのでご興味のある方は是非ご参加ください♪

9月にも同じ内容でイベントが開催される予定なので、その時はお手伝いや参加させていただきます(^^)

 

オフロード繋がりで、「CRF250RALLY」中古車入荷のお知らせでーす!

image

走行距離はたったの2,880km、ETCやフォグランプ、リアキャリアなど総額約12万円分のパーツが付いたお得な車両になります。
詳しくは店頭もしくは下記中古車情報サイトでご確認ください。

 

 

 

そしてKTMの2022MY 『890ADVENTURE R』の新車も入荷しました!

スタンダードの『890ADVENTURE』はいかにもアドベンチャーバイクってデザインですが、こちらは完全にオフ車っぽい雰囲気です。

長い足とお洒落な色使いでカッコいいですね♪

シート高はスタンダードより50mm髙い880mm。
身長が170cm後半なら両足の指の付け根が地面に届くと思います。

image

image

2021年モデル以降はクルーズコントロール標準装備。

前後サスペンションはオフロード用のXPLORを搭載。

フルアジャスタブルで一般道での動きにも定評があります。

 

最後は、試乗車の250ADVENTUREのヘッドバルブをDAYTONAのドライバー一体型 LEDバルブに交換しました。

image

ポジションランプは元々LEDなのでヘッドライトをLED化したほうが統一感がありますね。

image
ロービーム↓
 
グレアなどは無く見やすいです。
ハイビーム↓
ちょっと上向き過ぎるかも?

 バルブ交換は少し面倒です画慣れれば10分くらいで出来るでしょう。

一度DAYTONAの「PRECIOUS RAY X」やスフィアライトの「RIZING α」も試してみたいですね。

 

<定休日変更のお知らせ>

7月から現在の定休日(月曜日)に加え、第3/第4火曜日もお休みとさせていただきます。

皆さまにはご迷惑とご不便をおかけすることになると思いますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

※今まで休業していた冬季の第3日曜日は通常営業となります。

最近はKTMネタが続いていたので今回はHONDAネタ。それもPCXづくしなのでスクーターが苦手な人は閲覧注意です(笑)

 

先ずはPCXの新車納車整備から。

image

「マットコスモシルバーメタリック」はノーマル。

 

image

「ポセイドンブラックメタリック」はHONDA純正オプションの「ボディーマウントシールド」と「トップボックス 35L スマートキーシステムタイプ」を装着しました。

image

このトップボックスはちょっとお高いですが、車両のスマートキーで蓋のロック解除ができるのでとても便利ですよ〜。

image

あと、エンデュランスのハンドルクロスバー&アジャスタブルブレーキレバー&バーエンドも付けさせていただきました。

image

image

image
同じメーカーのパーツなのでブルーアルマイトの色合いが統一されていて綺麗ですね♪


image

「パールジャスミンホワイト」は純正スポーツグリップヒーター&ナックルバイザー&KIJIMA製リアキャリア&SHAD製トップケース34Lの取り付け。

image

image

image

image

image

image

image

 

こちらは少し前に納車したPCXにSHAD製トップケース40Lを同じメーカーの車種専用フィッティングキットを使って取り付けました。

image

image

通常のキャリアと比べるとボックスがしっかり固定されますが、汎用性が低いのでどっちが良いかは使い方次第ってとこですね。image

image

image

image

image


また別の車両にはヨシムラの「機械曲 R-77S サイクロン カーボンエンド EXPORT SPEC 政府認証」装着しました!

純正マフラーから1.4kgの軽量化。

近接排気騒音90dB 加速走行騒音79dB

チタンブルーカバーがカッコいいです!

(特注でエンブレムを内側と外側に付けてもらってます。)


PCXハイブリッド(JF84)は24ヶ月点検。

走行距離が約1.7万kmなのでスパークプラグとエアフィルターの交換、そして足回りと駆動系の掃除も行いました。



ドライブベルトやウエイトローラーはまだまだ大丈夫そう。PCXに限らず最近のスクーターは駆動系の耐久性が格段に上がってますね!


CB250Rは12ヶ月点検。

image

こちらも走行距離が約1.7万kmなのでスパークプラグとエアクリーナーを交換しました。

image

image

車検の無いバイクを点検でお預かりするとグリスが切れていたり、消耗品の交換が必要なケースが意外と多いので、通勤や通学で乗りっぱなしの人は定期的に点検を受けてくださいね。


元祖SS(スーパースポーツ)のCBR900RR FireBladeは車検でお預かり。

しかも同時2台はかなり珍しいと思います!

image

1998年式と1999年式でどちらもヨーロッパ仕様。

発売当時は物凄く人気がありました(^^)

image

image

image



現在、HONDA車は全体的に車両不足で入荷もままならない状態が続いています。

納車を心待ちにされているお客さまにはご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、入荷した車両は最優先で作業させていただいておりますので、どうかお待ちくださいますようお願い申し上げますm(_ _)m

《カスタム編》

2018MY 500EXC SIX DAYS モタード仕様完成!

image

image

ウインカーはパワーパーツのLEDタイプ。

image

image

image

17インチのモタードホイールはパワーパーツのチューブレスでリアはハブダンパー付き。

image

image

160mm幅のタイヤも問題なく履けます(^^)

image

同時にパワーパーツの50mmローダウンキットも組み込みました。

image

 

続いてこちらは全身黒ずくめの2022MY 250EXC-F

image

image

image

バーエンドミラーってことはオフロードは走行しないのねー。

image

純正のカラーリングもいいですが、ブラックの外装も清潭なイメージでカッコイイです♪


《整備編》

2019MY 250XC-Fはバルブクリアランスのチェック。

image

レースで使っていて派手に転んだりもしていますが全然問題ありませんでした!

耐久性はかなり高そうです。

image

 

2010MY 250EXC-Fと2015MY 350EXC-は、ほぼ同時期に燃料ポンプの不具合でお預かり。

image

年式的には仕方ない気もしますが燃費ポンプ交換は費用がかさみます...。

 

2020MY 250EXC TPIは腰上オーバーホールと足回りのメンテ。



走行距離7,827km、稼働時間226.4Hの状態↑
想像よりは綺麗でした。



現在、KTMではパーツの出荷遅延が発生しております。メーカー本社に在庫がある場合でも入荷に1ヶ月以上かかるケースがあります。

皆さまにはご迷惑ご不便をおかけして大変申し訳ございませんが、どうか気長にお待ちくださいますようお願い申し上げますm(_ _)m

試乗車の慣らしをしなければ...と思いつつだいぶ日にちが経ってしまいましたが、5月の爽やかな晴天の中、長野県下條村までツーリングに行って来ました!

 

コースは国道19号~国道257号阿木山ダム~国道418号~国道153号~村道243号~極楽峠パノラマパーク~県道64号~国道256号~国道19号~帰宅 総走行距離309キロ

 

今回の目的地は『極楽峠』

下條方面からは入り口が分かりづらいので、初めての人はナビを使うといいでしょう。

山頂に向かう道は凸凹という表現がぴったり!雪の積もる地域なので道路の痛み具合もなかなかのもの。

亀裂、陥没多数、小石や枝が沢山落ちていましたが、そこは流石アドベンチャーバイク!どんな路面でも走りやすく、小さくて軽い車体はUターンも楽勝でした。

image

そして、いきなり現れるのがこの絶景♪

途中に案内は無かったと思いますが、展望台へ向かう急坂を登ると一気に視界が開けます。

image

image

で、展望台に到着すると、すかっりくつろいでランチ中の人影が...

image

とても立派な東屋にテーブルとベンチがあるのに、その人はチェアとテーブル持参で雰囲気作りしていました。

image

image

この写真でお気づきでしょうが、今回のツーリングは妻と現地集合。そしてその怪しい先客の正体も妻です。

知らない人だったら怪しくてとても近寄れません(笑)

 

帰りは『極楽峠』から北の阿智村方面に下りてみましたが、そちらは下條村から上がって来る路面よりかなり状態は良かったので、ロードバイクなら阿智村側からのアプローチがオススメです。

image

 ここでリード125とはお別れ。

慣らし運転中の250アドベンチャーは大人しく国道、リード125は行きと同じくひたすら山の中を探索しながら帰路へ。

image

image

リード125は中野方七宗線408号を走って、途中、坂折棚田を眺めつつ、

image

午後4時を過ぎて売り切れていないか心配だった『久田見』のあげを無事ゲットして帰ってきました(^^)


最短距離(山道ルート)のリード125の総走行距離は279キロで、何度も道を間違えて右往左往した250アドベンチャーの総走行距離は309キロ。

給油していないので燃費は分かりませんが、メーターの表示は41km/lでした。



試乗車【KTM 250ADVENTURE】の考察。


250ccのヘッドライトはハロゲンバルブであまり明るく無いので、LEDバルブに交換してさらにオプションの補助ランプを付けたいところ。


ナビやスマホは390/790/890ADVENTUREと同様、ココ↑に取り付けることができます。

シガーソケットは標準装備。スマホの充電等に使用できます。

ブレーキレバー&クラッチレバーは390ADVENTUREとは異なる調整出来ないタイプ。


フロントサスペンションも390ADVENTUREとは異なりダンピング調整は出来ません。

リアショックも調整出来るのはプリロードのみ。

ラジエターは冷却効果の高いラウンドタイプ。

ラジエターファンは左右2個。

オフロードなど野激しい乗り方でも安心ですね。


チェンジペダルの先端は可倒式で転倒によるトラブルを軽減します。

オフロード走行で必須となるチェーンガイドは後付け可能。

シートは座面が広く比較的疲れ難いかな?


あと個人的にはスクリーンをもっと大きくしたいですね。


こちらのモデルは日中で晴れていれば試乗することが出来ますので、気になる方は是非ご試乗ください(^^)

SHOEIのKTMオリジナルヘルメットの 日本仕様(PSC認証、SG規格)が入荷しました!


 『X-Fourteen(X-14)』メーカー希望小売102,850円(税込)







『HORNET-ADV』メーカー希望小売価格80,300円(税込)







どちらもマット調でとってもカッコイイです♪ 
※数量には限りがありますので気になる方はお早目にお越しください。


昨日今日の二日間は東京でKTMの「ADVトレーニング」を受けてきました。

一日目はライバル車との乗り比べで、講師はなんとモーターサイクルジャーナリストの松井勉さんと佐川健太郎さん。

貴重なお話もたくさん聞くことができました。

競合他社と比較が気になる方は店頭でお気軽にお尋ねください(^^)


二日目は接客についてのトレーニングで、お客様に合わせたアプローチの仕方などを具体的に学びました。接客は奥が深くて難しいですね。


日本各他のディーラーと交流することもできて色々得るものがありました!


この週末はレベルアップ?したBIKE SHOP TRYご期待ください笑

KTMの子供向け電動モトクロッサー「SX-E5」のチェーン&スプロケット交換!image

image

image

image

ドライブスプロケットはかなり摩耗してますねー。

image

ドリブンスプロケットはそれほど減ってないけどついでに交換します。

image

チェーンはDIDの「415ERZ」

image

 

同じお客さんんのKTM 「50SX」はエンジンと車体のフルメンテ!

2021年モデルでエンジンの稼働時間は62.9H。
まだまだ現役で戦えそうです!

納車整備のグリスがかろうじて?残ってました。

image

前後のサスは「サスペンションエッジ」さんでしっかりオーバーホールしてもらいました(^^)

 

KTM 「250EXC TPI」の純正チャンバー。

image

image

凹んで穴が空いてしまったのでWANEE'Sさんで修理してもらいました。

image

綺麗に直りました!さすがですねー(^^)

 

また別の「250EXC TPI」はフォークシール交換。

ここまでバラさなくてもシール交換は出来ますが、当店では基本的にカートリッジの分解洗浄も行います。

砂が入り込んでますね・・・。
 

こちらはHONDAのCRF250Rのフォークシール交換とバルブクリアランスの調整。

久しぶりにKTM以外のフロントフォークを分解しましたが、クローズドカートリッジは部品点数が多いですね。

 

5月17日(火)~18日(水)はKTMの講習でメカニックが不在となります。

皆さまにはご迷惑とご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

現在、KTMでは2つのキャンペーンと1つのフェアを同時開催中です。

車種など条件が色々ありますので詳しくは店頭にてご確認ください(^^)

 

【免許サポートキャンペーン】

 

 

【KTM 特別低金利】

 

 

 

【MY2022 ストリートモデルフェビューフェア】

 

それにしても「春の大感謝祭」が終わったばかりなのにKTMさん太っ腹ですね。

是非このお得な機会をお見逃しなくご利用くださいませ。

今年は昨年にも増してアドベンチャー系の問い合わせや商談が多いです!

昨今の事情で旅に出たくなる人が増えたのでしょうかね?

 

「2021MY 390ADVENTURE」と「2020MY 1290SUPER ADVENTURE S」はご成約

「2021MY 1290SUPER ADVENTURE S」は商談中

「2018MY 1290SUPE ADVENTURE R」は昨日納車しました!

パニアステーが付くと、よりアドベンチャー感が増してカッコいいです♪

ETCのアンテナはスクリーンとメーターの間

インジケーターはメータの左下

ETC本体はタンデムシートの下。チャコールキャニスターにちょっと移動してもらいました。

パワーパーツ(純正オプション)のグリップヒーター。

スロットル側は配線がスロットルホルダーの中を通っているのですっきりします。

 

こちら1290SUPER ADVENTUREは車検でお預かり。

3万kmほど走っているのでスパークプラグやエアクリーナー、駆動系をリフレッシュしました。

 

 

この車両のスパークプラグはメーカー(KTM)からしか購入できない特殊なタイプで、ツインプラグ(1つの燃焼室にスパークプラグが2本)エンジンなので合計で4本交換する必要があります。

エアフィルターは濾紙の折り目が縦向きに変更されてゴミが詰まりづらくなりました。
image
プラグ交換についでにリアバンクのバルブクリアランスの点検も行いましたが、カムシャフトも綺麗な状態でまったく問題ありませんでした。image
チェーンはRKのGV525X-XW、スプロケットはパワーパーツのステルスタイプ。
中心がアルミ製で歯の部分が鉄製なので、純正のスプロケットより軽くて耐久性は同じ、見た目が超かっこいい商品です。
足元が綺麗になると気持ちいいですね♪

急なお知らせとなりますが、2月22日(火)は店舗工事のため臨時休業とさせていただきます。

冬季休業日の20日(第3日曜日)と通常の定休日(月曜)と合わせて3連休となります。

皆さまにはご迷惑とご不便をおかけしますが、どうかご理解くださいますようお願い申し上げます。


寒い日が続きますがピットは相変わらず納車整備や修理で賑やかです。


2010年式530EXCはオイル下がり修理と50ミリローダウン。

12年前のモデルですが、純正ロアリングキット在庫ありました(^^)


シールの状態は良好で問題無かったので交換はせずに掃除して組み立てます。

今回、リアショックの作業は北名古屋市の「サスペンション エッヂ」さんにオーバーホールと合わせてお願いしました!

代表の鈴木友也くんはモトクロス繋がりで、かれこれ30年以上前から交流があります。

お互い気持ちはまだまだ若いけど、見た目はすっかりおじさんになりました(笑)


Suspension Edge サスペンションエッヂ | Facebook

https://m.facebook.com/SuspensionEdge


125DUKEはパワーパーツのアクラポヴィッチスリップオンサイレンサーの装着。
細部までとっても綺麗な仕上りですね!

eマーク付きですが排気音は太く上品な感じです♪

 

2日連続でスモールDUKEのフォークシール交換を行いました。

2018MY 125DUKE

2018MY 250DUKE

構造は2台とも倒立のオープンカートリッジで減衰力は左右独立タイプ。
しっかり分解して隅々まで綺麗にさせていただきました(^^)
このフォークは右側が伸側で左側が圧側のダンパーになっています。
フォークシールインサート↑
シールを組む時に使う便利なアイテムですが、僕が子供のころはビニールテープをぐるぐる巻いてましたねー。

こちらは最近購入したNEWアイテムの「フォークスタンド」

今までは適当に立て掛けていたので、これで倒れたり傷つく心配が無くなりました。

 

1290SUPERDUKE GTは前後タイヤ交換。

前回履いたピレリの「ANGEL GT2」の耐久性があまりよくなかったので、今回は純正装着タイヤの「ANGEL GT」に戻しました。
走行距離約6千kmでこんな状態です...


どこかにバイクをたくさん売って整備もバリバリこなせる人いないかなー(笑)

でも本当にアルバイト・正社員を募集していますので、興味のある人はお気軽にご連絡くださいm(_ _)m