brownie                      









Too much facility doesn't always mean happy life.

Convenience does not come first.

Here is simple and natural life with your special favorites

that produced by Studio Brownie.



ご訪問ありがとうございます。
細々とトールペイントの自宅教室と出張講習を続ける傍ら

毎日何かしら作っています。

手作りのことなどを主に載せたいと思います


どうぞよろしくお願いいたします♪



ブログ上で紹介させて頂いたオリジナル作品を制作し無断でこれを販売する行為について

固くお断りさせていただきます。


現在オーダーはお受けしておりません。ご了承くださいo(_ _*)o


                   

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

18年かけてやっと決めたカーテンレール

カーテンレール探しの長い長い旅が終了しました


今の部屋に越して来てから18年経つのですが

引越し前のリフォーム工事中にカーテンレールを決めきれず

取り敢えずカーテンレール無しで、

要するにカーテン無しでスタートした我が家のリビング生活

色々なパターンを模索しましたが

しっくり来る物に出会えず

そのうち割と高層階なこともあり

カーテンって要る?

無しで良くない?


となり、

早くも18年、、、恐ろしいびっくり


途中一度、マンションの大規模修繕があり角部屋の我が家はグルリと足場で囲われ数ヶ月、という日々も有りましたが、

カーテン無しのリビングでどんな気持ちでその足場を眺めたか

全く覚えていません

一度くらいはベランダの向こうの足場を歩く作業員さんを見かけた様な見なかった様な

その程度の記憶

我ながら図太い神経やったことと、呆れますが

平気だった


近々また、大規模修繕が始まり

足場で取り囲まれる日々が始まるのですが

10年程前と何ら変わらない条件なはずが

『どうしましょう?カーテンが無い我が家はどうすりゃ良いの?』

と、家主の心境は大きく変わりましたので

大急ぎでカーテンレールを付ける事となったのです


拘りが強すぎて決めきれなかったカーテンレールですが

1週間くらいはネットサーフィンしまくったかな?

それでも結構あっさり決められた


割と好みのカーテンレールが

嫌やったら工事終われば取り外せばええやん

そう思える様な価格だったこと

と言うのも大きな決め手だった


ずっと前見てたアイアンのカーテンレールは簡単に諭吉超えしてた、それリビングに三箇所となると

慎重になるってもんです

普通カーテンレールやカーテンは一生モンでしょ?


そしてもしリビングにカーテンを付けることがあるなら

白いシンプルなレースのカーテン

と決めていたのですが

それもあっさり覆して、、、


今回

苦し紛れで付けたカーテンレールとカーテン

ですが

とっても気に入ってる











1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>