勇々自適。

勇々自適。

役者、鈴木洋平君が日々のよしなしごとを語っている様ですよ。

☆2018年度出演情報☆





チケットご予約はお気軽にご連絡くださいませ♪


ツイッターDMかfacebookメッセージでも!






劇団レトルト内閣 第28回本公演
カーニバル音楽劇
『まつりGORIN』


【脚本/演出/音楽】
三名刺繍


【日程】
2018年10月19日(金)~21日(日)
10月19日(金) 19:30
10月20日(土) 15:00/19:00
10月21日(日) 13:00/17:00


【会場】
近鉄アート館
http://kintetsuartkan.jp/map/index.html


【出演】
福田恵
川内信弥
たはらもえ
佐藤みか
伊藤卯咲

久野麻子(スイス銀行)
久家順平(舞夢プロ)
鈴木洋平
田中之尚(カンセイの法則)
さぶりな(IsLand☆12)
樹璃
宮本リュウジ
森陽平
安東利香
片山直樹

【楽団】
sax 武井努 
guitar 菱沼カンタ 
bass 井上歩 
drums 原口裕司


【チケット】
前売り3,500円 全席指定/税込


【ご予約】
下記のフォームから鈴木洋平扱いで承ります♪
http://ticket.corich.jp/apply/93539/009/


【公演特設サイト】
http://retoruto.com/matsuri/


よろしくお願い致します!


テーマ:

12月はこちらにお世話になります◎
まだ少し先ですが、2週目のご予定、是非空けておいて下さいませ(*^^*)

また初めましての方々も多く、刺激たくさん頂けることと思います♪

以下、公演詳細です!

ツンとドラ vol.1 クリスマス公演
 『S』
脚本・演出:片岡百萬両(片岡自動車工業)/Sarah(ムーンビームマシン)

《あらすじ》
ひとつの家族の物語を中心に交錯する、現実世界と非現実世界 
現実世界でひとりの少女が戦う 
非現実世界でひとりの戦士が戦う 
共通の敵、そいつの名は《S》

日程:
12 月 7(金)19:00
12 月 8 日(土)15:00/19:00
12 月 9 日(日)12:00/16:00

会場:
HEP HALL
〒530-0017 大阪市北区角田町 5-15 HEP FIVE 8F 
TEL:06-6366-3636

チケット(全席指定席):
▪️チケット発売日
10/6(土)午前10時〜
※選べる座席指定席(事前精算)
11/1(木)午前10時〜
※お任せ座席指定席(当日受付精算)

一般前売:3,800円 一般当日:4,000円 
ペア割:7,000円 
※同ステージに2名様で同時ご予約の場合に限る 
学割:2,500円
 ※専門学校生・大学生含む

《CAST》
太田伊純
林遊眠(劇団ショウダウン)
小野村優
有元はるか(カヨコの大発明)
川添公二(テノヒラサイズ) 
真壁愛
鈴木洋平
河口仁 (シアターシンクタンク万化)
一明一人(株式会社プランニングエッグ)
田代圭佑

《AUDITION PASSED》
井口朋生(大阪アニメーションスクール専門学校)
稲田紗恵
飯伏裕理
川野楓
下野佑樹
白井創
髙島理(mannequineko)
たかはしまこ(オムライス project)
堂床真奈美(劇団ひまわり)
乃緑(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
森田鯉寧(ザ・ドクターイエロー)

《DANCER》
亜由子
斉藤千秋
瀧谷愛
中西由伽子

《TUN & DRA》
片岡百萬両(片岡自動車工業)
Sarah(ムーンビームマシン)

公式サイト
https://tuntodra.wixsite.com/official


よろしくお願い致しますm(_ _)m


テーマ:
演劇以外の趣味をあまり持たない僕ですが、敢えて答えると、旅行・グルメとなります。
特に旅行に関しては、公演の合間に必ず差し込むイベントの一つでもあります。

余暇以外にも、旅公演や現場などで地方に参った時、必ず見知らぬ土地を散策します。

そうした自分の白地図を塗り広げていくのも、人生の醍醐味の一つだったりしますよね。

お盆法要の時、名神高速の信楽付近から見た空模様。
夏らしい雲の分厚さから垣間見る太陽の力強さが印象的でした◎

先週の大阪市の空模様。
我が家のベランダから見えた空は、既に秋の顔色を覗かせていました◎

台風が来る前の淀川河川敷。
素早い雲の動き、時折差し込む太陽と鬼雨の合間にかかる虹は格別でしたね◎

先日の福井、勝山公演の合間に訪れた九頭竜川の景観。
山、川、空、雲、たくさんの自然を目の前に、リハ前にも関わらず、ずっと感じていたい空間でした◎


あー、まだまだたくさんの景観に出会いたい。

一眼レフ、買おうかな。

テーマ:

劇団レトルト内閣 第28回本公演
カーニバル音楽劇
『まつりGORIN』
稽古が始まりました!!

そして、チケットも発売開始されました♪

前回はほめ育音楽劇でしたが、今回はカーニバル音楽劇ですと。
さて、どのようなお話になりますやら◎
また初めましてのキャストさんにたくさん囲まれ、刺激を頂いております。
もちろん、音楽劇ですから、僕も歌ったり、踊ったりするやも?

なんしか楽しい作品になりそうです♪

ご予約、お待ちしておりまーす(*^^*)

◇ご予約
→http://ticket.corich.jp/apply/93539/009/

◇詳細
→http://retoruto.com/matsuri/



テーマ:

マドンナ歌劇団『ピアジュリアンライブ』にお邪魔して参りました◎

今回は沖縄や南の島国がテーマでもありましたので、たくさんの島唄や海唄を堪能させて頂きました。
いつもは優子さんのピアノ伴奏のみですが、今夜は三線、篠笛、サックスまで。

魂に染み入る楽曲の数々でした。


73年目の終戦記念日を迎えたこの日。
僕らもそれにちなんだ楽曲で少しだけ参戦させて頂きました。
お客様からも良い感想を頂けた様で、本当に感謝です。
今日という日くらい、終戦と言う言葉を大切に生きてみてもよい。
日本と言う国に生まれ育ったのならなおさら。

平和であることが当たり前である時代。
それには過去の多くの犠牲が礎となっています。
改めて、今の平和に感謝を。
これからも。ずっと。
過ちが繰り返されません様に。

テーマ:
『百物語2018』無事終演致しました!!

お忙しい中、たくさんのご来場、そして長時間のお付き合い、誠にありがとうございます!!

今年も無事、お盆の恒例行事を終えることが出来ました。
今回ももれなく死んでしまう側でしたが。。
養井家として少しの間だけ幸せな時を過ごさせて頂きましたよ♪
打ち上げは終電を逃してしまいましたが、夜遅くまで楽しい時間を過ごすことができました。

もれなくバタンQのよへさんでしたが。。
また次に向けてがんばりたいと思います。
ありがとうございました!!
また次の物語でお会いしましょう♪

テーマ:

『百物語2018』無事二日目も終了致しました!!

連日、たくさんのご来場、誠にありがとうございます◎
明日もより良い物語を目指してがんばりますね。

百物語の千穐楽を迎える頃は、いつも日差しが穏やかになり、夜には鈴虫の音が聞こえたりします。
少しずつ秋の到来を感じさせる素敵な時期ですね。

この物語を終えますと、僕もいろいろな秋作品の準備です。
晩夏の僕もお見逃しなく!

テーマ:

至極、個人的な話です。

例えばチケット窓口が各役者毎に設けられたとしたら、それは必ず推しの役者窓口から購入するが吉です。
それが、各役者の金銭的な糧ともなりますし、集客力を示す箔にもなります。

だから、見知った役者がいるにも関わらず、役者窓口から買わず、一般窓口から買うお客様に関しては、
「一般で買いました!楽しみにしてます!」
「ありがとうございます!ご来場お待ちしておりますね!」
等と言う会話がなされていたとしても、内心は
「いや、俺(私)から買って~!!!」
と言うのが現状なのです。

そして、差し入れのお話。

基本的に頂き物は、座組の制作さんから楽屋に届けられます。
見知ったお客様なら、楽屋見舞いと共に受け取れますし、見知った仲なので、好みを分かった上での差し入れが多いです。

しかして、それ以外となりますと。
最も多い差し入れは、劇場近くで購入されたお菓子類になります。
これはどの役者さんでも同じかと思われます。

で、そういったお菓子類はどうなるかと言いますと。
9割方、ケータリングに回ります。

いや、流用とかではないんです。

公演毎、たくさんの差し入れを頂きますので、単純に個人では処理仕切れなくなるのです。
そして、お世話になったカンパニーへのお返しの気持ちもありますし。

ですから大抵の役者さんが、
「これ、頂いたんで、皆で召し上がって下さい~」
と、各差し入れをケータリングに差し出すのです。

こんな感じで座組の胃袋は満たされてゆきます。


もし、貴方の差し入れが、推しの役者以外には触れさせたくない!と考えるならば、
小分けの難しい品物やお花、お酒、個人的なアイテムを。
推しの役者を通じて座組の皆様へも!と考えるならば、
皆で分かち合える物、作品にちなんだアイテム等、をお薦め致します。

ちなみに、作品に対する感想等も、同じくらい価値あるものだったりします。


あまり公言しない役者が多いですがね。

テーマ:
言わずもがな、食べることが好きだ。

他に金のかかる趣味を持たず、車も乗らない、煙草も吸わないとなると、食費にある程度バイアスが行くことも仕方がないのかもしれない。
肉の話をしよう。
古くは我が家の外食傾向に遡る。
鈴木家では親父の生前、外食といえば焼き肉か寿司屋かの二択であった。
それは単純に好みと言うこともあるのだろうが、今ならその真意が分かる。
我が家のご飯は、うちの母親が毎日作っており、そのクオリティはそこらの店を容易に凌いでいた。
つまり、わざわざ外食しなくても、家でもっと美味いものが食べれてしまうのだ。
これでは外食する意味合いは薄れる。
時は経ち、自分もいい大人になった。
食べるのが好き故に、家でもよく自分で調理をする様になった。
そして、考える。
この味、そこらの店より美味いよなぁ、と。
つまり、若かりし日の実家で思っていたことが、今も現実となっているのである。
そして、はたと気付く。
では何故、寿司と焼き肉だけが外食の目的になるのであろうと。
答えはシンプルだった。
この二つを選択する瞬間、思考に現れるのは只空腹を満たしたいと言うことではない。
今、自分の脳内には、寿司、か、肉、の事しか考えられなくなった瞬間なのだ。
その思考に陥ったが最期、もはや冷静な状態ではない。
スーパーに行って食材をこさえ、仕込みして調理などという段取りなどに体内の衝動が持ちこたえる訳がない。
只、今、この瞬間、心と身体がみたされるまで、ただ食らうのみ。
その思考故の外食であったのだ。
恐らく、料理好きだった母も数少ない外食を許していたのが寿司と焼き肉であった。
なるほど納得。
と、言う訳で、今宵は肉のお話。
肉の衝動に身を任せ、かっ食らってきました。
今夏の土用の丑の日、二の丑ともに、牛の恩恵を頂きまして、今後に備えたいと思います。
ご馳走様でした!

テーマ:

今日の予定の終わりに、何とか滑り込みました。
関西を代表する花火大会の一つ。
PL花火大会。



まぁ、予想した通りの人混みでしたよ。

ですがね。
内容としては、、
え?もう終わり?こんなんで?早!
と言う感じでした。

約10年前に初めてPL見た時は壮観でした。
あの時の思い出が過大評価させていたのかもしれません。

わざわざ、1日の最後に無理やり遠出してまで観る価値は無くなったなぁというのが、正直な感想です。

また新たな花火大会を開拓したいと思います◎

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス