パーソナルブランドコンサルタント 立石剛のブログ
卒業生400名突破!人気講師、著者が続々と誕生!
★セミナー講師養成コース(2017年度生募集中!)


詳細はこちら

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-07-17 09:38:52

理想の社会が、今のセミコン名古屋にある。

テーマ:ノウハウ

 

セミナーコンテスト名古屋
過去最高のオブザーバー人数、

130名突破。

おもてなしムード満載の、

受付チーム4名。

 

 

懇親会参加される方に渡される

地図とオリジナルステッカー。(笑)
 

 
場所がわかりにくいからと、
プレートを持って立ってくれている
セミコン浜松の藤村さん。

 
 
彼は、浜松のサポーター。

彼以外にもこの日は、
他エリアからサポーター参加する人が
何人もおられました。

理由を聞くと、
名古屋サポーターに

 

お世話になっているので
恩返しに来ましたと。

エリアを超えて応援しあう空気が
今のセミコンにはあります。

会場は、

はじまる前からすごい熱気でした。

 




いざはじまると、豪華ダブル司会の、
河尻光晴さん、池田博子さん。
 

いったいどれほど

練習したんだろうと思うほどに、
息がぴったりの司会ぶりでした。

コメンテーターは、

天才カードの斎藤直美さん。

彼女との出会いは、
DVD「パーソナルブランドセミナー」
を購入してくれたことがキッカケです。

その後、名古屋に
私を講師として呼んでくれました。

彼女が手伝ってくれたことで
セミコン名古屋がスタートしたのです。

もう1人のコメンテーターは、
セミナー講師養成コース卒業生であり、
セミコングランプリ2011で第3位、
弁理士の富沢正さん。

卒業生たちと一緒に
こうしてコメンテーターができる日が

くるとは、夢にも思ってませんでした。

何て幸せなことなのでしょう。

さて、今大会の出場者はというと、
発表内容のレベルが高いこと、高いこと。

練習会を8回されたそうです。

 



結果は、以下のとおりです。

・ 子どもがごはんをモリモリ食べられる方法
あったかい心を育てる保育アドバイザー 
岡山 明日香さん

・ガミガミ育児から解放される たった一つの魔法のスイッチ
~親も子も共に育つ~ 共育カウンセラー 
吉田 淑恵さん

・ 「親の介護を他人に任せたっていい」本当に幸せな家族になるための方法
高齢者と物語を紡ぐケアマネジャー 
前田 麗子さん



順位はつきましたが、
7名それぞれが個性際立つ、
素晴らしいセミナーばかりでした。

お1人おひとりの

コメントでもありましたが、

「苦しかったです。
でも、楽しかったー!」

「7人いたからこそ、
ここまでできたんです。」

勝っても、負けても、
同志を敬い感謝しあえる関係性、
なんて素敵なのでしょう。

早くも、次回は、
「私、サポーターをやります。」
と、何人かが言われてました。

恩返しではなく、

”恩贈り”が自然と行われていく、

セミコン名古屋


サポーターの数も

また増えることでしょう。

こんな人とのつながりを見て、
唯一セミコンに出ていない私は、
羨ましい気持ちになりましたよ。



懇親会では、食事をする暇がないほどに、
次々と色々な人が私のところに来て
熱い想いを語ってくれました。

 

 

 

こんなに素敵な人の輝き、

人とのつながりがいつまでも続くこと、

 

セミコン以外でも増えることを願っております。

 


 

 

【お知らせ】

★ミナー講師の甲子園「セミナーコンテスト」
只今、出場者&オブザーバー募集中!

全国8カ所の開催情報はこちら

 

★セミコンに出る前に、講師の基礎をしっかりと学びたい、

プロ講師として稼げるようになり方におすすめ!

『セミナー講師養成コース』大阪&東京校
詳細はこちらビックリマーク

 


★今年9月より、福岡3期がスタートします。
『セミナー講師養成コース』東京校

詳細はこちらビックリマーク

 

 

只今4刷!好評発売中!

★『決定版!セミナー講師の教科書』(かんき出版)

https://goo.gl/8udMnsビックリマーク

 

2018-07-11 19:09:16

英語でセミナーを作ることの意味

テーマ:ノウハウ

 

 

セミナーコンテスト、初の海外開催、

セミコンシンガポール日本予選を開催しました。

 

ホッとしたという気持ちと、

こんなレベルで終わってはいけないという気持ちが

半々、というのが感想です。

 

ホッとしたというのは、

無事、皆さんが英語で話せたということ。

 

今回は英語が得意な人ばかりではありませんでした。

 

英語を勉強するのは学生以来、

学生時代から英語はほとんど勉強してこなかったと

いう人が半数以上おられました。

 

日本後で10分セミナーを作って

話せるようになるのも大変なのに

 

英語が苦手な人が英語で10分セミナー作り、

大勢の前で話せるようになることはかなりの

プレッシャーだったと思います。

 

そんなプレッシャーの大きさからか、

当初14名出場者がいたのですが、

直前で辞退者が続出、9名による予選となりました。

 

私が英語ができたならもっとフォローできたのにと、

今後の課題です。

 

今回は合同練習会もなかったことから、

私自身が9名の発表を見るのが初めてでした。

 

当日を迎え、皆さんの英語セミナーを聞いて、

正直、驚きました。

 

英語が得意な人は、

こんなにも流暢に話されるとは。

 

英語が得意でない人も、

見事に英語を話されてました。

 

9名それぞれが一生懸命に

英語で伝えようとされる姿に

胸が熱くなりました。

 

会場では涙する人もいたほどです。

 

優勝された、石坂さん、準優勝の山岸さんは、

日本語での10分セミナーとほぼ同じ。

 

お2人のセミナーは何度も聞いているはずなのに、

なぜか英語のほうが心に響いたのは不思議でした。

 

同じことを何人かの方が言われてました。

英語のほうが伝わったと。

 

終わってから懇親会の席で出場者の感想をきいて、

その理由がわかったような気がしました。

 

英語が苦手な分、シンプルに伝えよう、

少ない言葉で伝えようとしました。

 

シンプルな言葉で、

数少ない言葉で伝えようとしたことで、

言葉に圧がかかったのだと思います。

 

セミナー講師養成コースでいつも

言ってることですが、

 

伝えるうえで、

圧をかけるとうのはとても大切なこと。

 

10分セミナーを作るのは、

まさに圧をかけるためでもあります。

 

あえて、制限を加えることで圧が高まり、

エネルギーが高まる。

 

何が大切かが見えてくる。

 

普段は、たくさんの時間、たくさんの言葉を

使いすぎるから、圧がかからない。

 

エネルギーが分散されて、

相手には響かないセミナーになってしまう。

 

相手に何も伝わらないので、

何が大切かもわからず、

平凡なセミナーを繰り返してしまう。

 

セミコンは日常では決して経験することがない

圧が幾方向からもかかるイベントです。

 

その圧の分だけ、10分セミナー発表時は

半端ないエネルギーが放出され、

 

そのエネルギーが出場後も残り、

その人の人生を加速させる。

 

今回のセミコンシンガポール予選、

英語セミコンを作ることの意味が1つ

わかった気がします。

 

苦手な言語だからこそ、

シンプルな言葉、少ない言葉で伝えようと努力する。

 

その分、伝えたいという想いに圧力がかかり、

これまで以上のエネルギーが放出される。

 

最近、エネルギー不足という方、

人に想いを伝えるのが苦手な方は、

 

英語セミコンにチャレンジしてみてはどうでしょうか。

 

【お知らせ】

 

セミコンシンガポール日本予選で優勝された

石坂さんが、第37回セミナーコンテスト大阪において、

英語セミコンを披露してくださることになりました。

 

セミナータイトルは、
「gardening to improve family ties」

 

誰でもオブザーバー参加できます。

お申込みはこちらから

 

2018-06-30 21:43:09

『パーソナルブランドコンサルタント認定講座』早期割引は6月30日まで

テーマ:ノウハウ

 

今日は、今後、益々注目されるであろう

「パーソナルブランド」という考え方を

教えられるようになる講座、

 

『パーソナルブランドコンサルタント

認定講座』のご案内です。

 

自分の体験したことをセミナー資料として

まとめるのが大変という理由から、

 

講師としての一歩がなかなか踏み出せない

という人も少なくないようです。

 

出来上がったものを覚えて話すことのほうが

得意という方もおられるでしょう。

 

そんな方におすすめなのが、

 

既に完成されセミナーカリキュラムを

教えることからはじめることです。

 

プロの歌手もはじめはみんな有名な歌を

コピーすることからはじめるわけです。

 

完成された歌をコピーして歌うことで、

歌い方の基本や曲作りに大切なことを学んでから、

自分で作曲作詞ができるようになるのです。

 

プロ講師を目指す人が1日でも早く結果を

出そうと思うのなら、

 

完成したカリキュラムを教えることから

はじめることは効果的な方法と言えます。

 

講師未経験者、新人講師が最速で結果を

出せるようにと企画しました。

 

「パーソナルブランドコンサルタント認定講座」

 

プロ講師として独立を考えている方、

セミナーづくりのコツを掴みたい方、

すでに講師として活動しているが、

魅力的なカリキュラムを探している方などに最適です。

 

★『パーソナルブランドコンサルタント認定講座』

早期割引は6月30日まで
 

東京2期の詳細はこちらビックリマーク

大阪5期の詳細はこちらビックリマーク

 

2018-06-29 19:35:10

価値観多様化時代において、選ばれる専門家に必要なビジネススキルとは?

テーマ:ノウハウ

 

私、立石剛は、講師育成の専門家として、

12年で1,500名以上の講師育成に関わってきました。

 

 

なぜこれほどまでに多くの講師を育成できたのか?

12年続けてきてわかったことがあります。

 

 

受講生1人ひとりの真のゴール、すなわち、クライアントの「ミッション」「ビジョン」を大切に教えてきたからです。

 

私は、受講生の「ミッション」「ビジョン」実現をゴールに、セミナーの作り方や話し方などを教えてきました。

 

 

意識してやってきたというより、

無意識でそうなっていたのだと思います。

 

 

それは、私自身がパーソナルブランドの専門家という、

もうひとつの顔を持っていたからに他なりません。

 

 

今から15年前、当時会社員だった私は、自らが主催する勉強会において、起業家、経営者の方を対象に「パーソナルブランドのつくり方」というセミナーをはじめました。

 

 

当時、パーソナルブランドという考え方が新鮮だったこと。

パーソナルブランド構築方法を語っている専門家が他にほとんどいなかったことから話題になり、雑誌の取材や講演の依頼が次々と訪れるようになりました。

 

 

その後、私のセミナーを受講される方の中から、パーソナルブランドを手に入れることでビジネスの成果を飛躍的に伸ばす方があらわれ、

 

私自身がパーソナルブランドを専門とする講師として独立をすることになりました。

 

 

独立後は、自らが講師として独立した経験をもとに、講師育成を専門とするようになる一方で、パーソナルブランドの専門家としても活動を続けてきました。

 

 

様々な分野の起業家、ビジネスパーソンを数多くサポートしてきて思うことがあります。

 

ビジネスというのはどんなジャンルではあろうが

顧客の問題解決をすることと言えます。

 

しかし、時代は変わりつつあります。

 

価値観が多様化する今日、人それぞれに目指すゴールが違います。

 

問題も多様化しているということです。

 

顕在化した問題にだけフォーカスして指導やサポートをしている限りは、顧客が望んでいるゴールへ導くことは難しい時代なのです。

 

 

これからの時代に求められる専門家とは、

顧客の”自己実現”をサポートできる専門家です。

 

そのためには、専門家であるあなたが、

顧客が望んでいる真のゴール、すなわち、

 

「ミッション」「ビジョン」を明確にしてあげる

技術を持つことです。

 

 

明確な自分の「ミッション」「ビジョン」を持っている顧客は多くはありません。

 

明確になっていない、顧客の「ミッション」「ビジョン」をあなたが明確にしてあげることができ、そのうえで、あなたの専門分野を指導、サポートできるとしたら、

 

その顧客にとって、あなたはどれだけ重要な存在となることでしょう。

 

 

当講座は、すでに専門分野をお持ちのあなたが、

パーソナルブランドというもう一つの専門分野を持つことにより、

あなたのブランド力を向上させ、選ばれ続ける存在になることを目指します。

 

さらに、あなたの顧客も、今以上の幸せや成功を手に入れることができるのです。

 

パーソナルブランドの専門家として活動してみたい方、

講師としてさらに価値ある存在になりたい方に自信を持っておすすめします。

 

★「パーソナルブランドコンサルタント認定講座」

東京&大阪校募集中!

 

価値観が多様化する時代において、
選ばれる専門家に必要なビジネススキルを手に入れる!

 

 

東京2期の詳細はこちらビックリマーク

 

大阪5期の詳細はこちらビックリマーク

 

※早期割引は6月30日まで

 

 

2018-06-26 17:28:55

本当の人脈とは、見返りを期待せずに応援しあえる関係

テーマ:ノウハウ

 

 

昨夜は、友人であり、

セミナーコンテスト広島の主催者である

板坂裕治郎さんの出版記念パーティーに参加しました。

※板坂さんの新刊についてこちらの記事を参考にしてください。


板坂さんのこだわり抜いた企画のおかげで、
心温まる楽しい時間を過ごさせていただきました。

思い起こせば、8年前、

友人から板坂さんを紹介をして
いただいたのが縁のはじまりです。

当時のセミナーコンテストは

知名度もまだ低く、
 

どんなイベントかも

よくわからなかったであろうに、
広島での開催を全力で応援してくれました。

初開催の翌日は1日かけて広島を観光案内

してくれたりもしました。

私の本が発売された時は、
こちらがお願いしていないにもかかわらず、
大量に買ってブログなどで紹介してくれます。

本当に義理堅い男です。

そんな彼を慕って昨日の出版記念パーティーには
全国各地から260名もの方が出席されてました。

お一人おひとりに家族のように接し

愛し愛されている姿を見て、

 

一冊目の著書で書いた自分の言葉を
ふと思い出しました。

”本当の人脈とは、一切の見返りを期待せずに
心から応援しあえる関係”

 

人に見返りを期待してしまうのが人です。

見返りを期待せずに応援できる人になるには、

 

人からの応援があって
今の自分があることを忘れないこと。

もっと人を応援できる人でありたいと思います。



写真(上)はセミコン広島、オフィシャルサポーターの皆さんと。

 

【お知らせ】
 

プロ講師として成功するための基本の型が学べる!

『セミナー講師養成コース』大阪&東京校
詳細はこちらビックリマーク

 

今年9月より、福岡3期がスタートします。
『セミナー講師養成コース』東京校

詳細はこちらビックリマーク

 

只今4刷!好評発売中!

★『決定版!セミナー講師の教科書』(かんき出版)

https://goo.gl/8udMnsビックリマーク

 

2018-06-24 22:05:35

セミナーの価値は、受講生に教えてもらう。

テーマ:ノウハウ

 

昨日は「セミナー講師養成コース大阪28期」第2講。

 

テーマは「セミナーシナリオのつくり方」でした。

みなさん、頭に汗しながらよくがんばりました。

 

その熱は懇親会まで続き、いつものように、

飲みながらの相談が続きます。

 

相談といっても私はひたすら聞くだけですが。

 

ところで、以前出版社の方が

「セミナー講師養成コース」を受けてくださった

ことがあり、

 

「このセミナー、新人著者の人にぜひ受けて欲しい。」

「本を書くうえで大切なことがたくさん学べる」

 

と言われてました。

 

そのことがきっかけで、

「セミナー講師養成コース」の中で、

「セミナー講師のための出版戦略」についても

教えるようになりました。

 

そのかいあってか、

出版する受講生が確実に増えています。

 

出版を目指してる方の受講が増えております。

 

受講生から教えてもらうことは本当に多いです。


1つ大切なことを教えるたびに、

新たな大切なことを受講生の数だけ気づけるのは

セミナー講師の魅力。

 

新人講師のみなさん、

もっともっと受講生の声に耳を傾けてみましょう。

 

セミナー終わったあとの懇親会では、

以下のように聞くことを習慣にしてみてください。

 

「どんな学びがありましたか?

 お仕事に使えそうなことはありますか?」と。

 

セミナーの価値は、受講生に教えてもらう。

 

価値が増える分、
集客も困らなくなりますから。

 

 

【お知らせ】
 

プロ講師として成功するための基本の型が学べる!

『セミナー講師養成コース』大阪&東京校
詳細はこちらビックリマーク

 

今年9月より、福岡3期がスタートします。
『セミナー講師養成コース』東京校

詳細はこちらビックリマーク

 

只今4刷!好評発売中!

★『決定版!セミナー講師の教科書』(かんき出版)

https://goo.gl/8udMnsビックリマーク

 

2018-06-20 15:38:45

1年目から圧倒的な成果を出す人の共通点

テーマ:講師のブランディング



先週は某企業さまで
「社内講師育成研修」を実施しました。

卒業発表では、
お一人10分のセミナー発表。

見応えのある内容ばかりでした。

ところで、新人講師の指導をして12年目。
指導してきた人数は1500名以上。

1年目から圧倒的な成果を出す人には
共通点があります。


まず、皆さん素直であるということ。

基本を素直にやってみることで、
すぐに合格点はとれるようになれます。



しかし、それだけでは選ばれ続ける講師
にはなれません。

一歩抜きん出た存在になろうと思うと、
自分流にアレンジできるかどうかが鍵と言えます。


これが簡単ではありません。

自分流にアレンジするというのは、
自分ブランドを確立することでもあります。

この10年、いかにして自分流を確立するかを
講師育成の現場から色々と学ばせていただきました。

その結果、自分流にいち早くたどりつく人には
さらなる共通点があることがわかりました。

彼らは、自分にあうお手本を見つけるのが上手い。

そして、そのお手本を

真似てみることで本質をつかみ、


自分の強みと組み合わせていち早く、
自分のスタイルを確立することができるのです


この共通点は、
私のところで学んだ講師だけの話ではありません。

すでに活躍されているプロ講師に、
講師になったきっかけ、デビューした頃のことを聞くと、

師と仰ぐ講師がいたり、
影響を受けた講師がいたことがほとんどです。

活躍してる講師のほとんどが
お手本となる師を見つけ、

真似ることからはじめているのです。

本人は真似ている意識はなくとも、

結果そうなっている。

以前、島田紳助さんが若手漫才師に講演を
されている動画を見たことがあります。

漫才ブームの時に彼はどうやって
自分のスタイルを確立したかを解説した動画です。

彼は若手の頃、売れている人の漫才を徹底して
研究したそうです。

そして、パクったと言われてました。

内容はパクってはいけないが、
型をパクったそうです。

彼がパクったのは、B&Bの漫才の型。

「そんなことは一般の人から見たら
 わからないから問題ない。

 もっと他の漫才を研究しないといけない。」

と力説されていました。


振り返ると、私も真似た講師が何人かいました。

講師デビューした頃、
ある有名講師のセミナーを何度も受けたことから、

彼のセミナー構成や話し方などを真似てました。

講師デビューの頃、友人から、
「立石さんの話し方は、○○さんが入ってるよね」

と言われたことがあるほどです。

真似をすることで本質をつかみ、
やがて自分流へとアレンジしていきました。

真似てうまくなったと言えば、
私はスポーツにおいても、
真似して結果につながったことがありました。

高校時代、野球部だった私は、
巨人の吉村禎章選手のバッテイングフォームを
真似してから、急激に飛距離が伸びたことがありました。

吉村選手のタイミングの取り方が自分にはあったのです。

大学時代はスキーにはまり、
渡辺一樹選手の滑りを真似ることで
スキーが上達しました。

切り返しのタイミングのとり方が
私にはしっくりきたのです。

どんなことにも応用できる、

新しいことを学び、
いち早く自分流を確立する方法、


1年目から圧倒的な成果を出す方法とは、


自分にあうお手本を見つけて

真似てみることです。

プロ講師を目指す皆さん、
新しいことをはじめる皆さん、

ぜひ実践してみてください。

まずは、自分にあった
お手本を見つけることからです。

 


【お知らせ】
 

プロ講師として成功するための基本の型が学べる!

『セミナー講師養成コース』大阪&東京校
詳細はこちらビックリマーク

 

今年9月より、福岡3期がスタートします。
『セミナー講師養成コース』東京校

詳細はこちらビックリマーク

 

只今4刷!好評発売中!

★『決定版!セミナー講師の教科書』(かんき出版)

https://goo.gl/8udMnsビックリマーク

2018-06-19 11:09:16

社員の幸せを願って社長自らが講師を目指す。

テーマ:ノウハウ

 

パーソナルブランドコンサルタント認定講座

全4講が無事終了しました。

 

この講座は、私が14年にわたり教えてきた

「パーソナルブランドセミナー」をベースに

認定講座制度として3年前にはじめたものです。
 

すでに2級認定講座の卒業生は1,000名を

超えており、2級認定講座を教えることができる

「協会認定パーソナルブランドコンサルタント」

においては、昨日で65名となりました。

 

回を重ねるごとにカリキュラム内容はシンプルに、

かつ、洗練されたものへと進化しております。

 

2級認定講座を受講すると、わずか1日で

誰でも自分クレドができてしまう(自分が

心から求めている生き方や働き方が明確に
なる)講座です。

 

 

ところで、今回受講されたある経営者の方が

受講後アンケートに次のようなことを書いて

くださいました。

 

「私は徳島から参加しました。

徳島から社員を参加させようと思うと

かなり費用がかかります。

 

私が受講し、私自身が「協会認定パーソナル

ブランドコンサルタント」になることにより、

社内で研修できることはありがたいことです。

 

社員ひとりひとりのクレドを作ることにより、

社員は自分の強みを活かしてイキイキと仕事

にも取り組めると思います。

 

社員全員で早くビジョンを作りたいです。

どんなビジョンができるかと想像するだけ

でもワクワクします。

 

協会認定パーソナルブランドコンサルタント

が社内に一人いることで結束力が強くなり、

強いブランドのある会社になれると確信し

ました。」

 

パーソナルブランドは幅広いニーズに対応

できるテーマなだけに、これまでも色々な

目的を持って参加される方がおられました。

 

しかし、社長自らが社員に研修をするために

受講されるケースははじめてかもしれません。

 

社員思いの素敵な社長だと思いました。

 

教える人が一番成長すると言われます。

 

今回受講された社長は、ご自分のブランド
をこれまで以上
に意識されることでしょう。

社員や顧客に対して約束をし、
自ら守り続けることになるでしょう。

 

このうような社長の姿勢を評価しない社員や
顧客
いないと思います。

 

この社長がパーソナルブランドを社員に教え

ることで、社長自らがさらに自分らしく輝き、

社員のみなさまもその姿に心を動かされ、

同じく自分らしく輝くことでしょう。

 

私、立石のミッションは、1人ひとりが自分

らしく輝く社会。自分らしさでつながる社会

を実現すること。

 

この講座の価値を、これまで以上に経営者に、

もっと伝えていきたいと思います。

 

 

[お知らせ]

 

★「パーソナルブランドコンサルタント認定講座」

社員の幸せを心から願う経営者のみなさまに

ぜひとも受けて欲しい講座!

 

東京2期の詳細はこちらビックリマーク
大阪5期の詳細はこちらビックリマーク

 

 

 

 

 

 

 

2018-06-15 18:30:31

コミュニティーはどうすれば大きくなるか?

テーマ:ノウハウ

 

先日、セミナー終了後、

受講生さんに聞かれました。

 

「どうやってコミュニティーを

大きくしたのですか? 」

 

「私の中では、大きくしようとしつもりは

まったくなくて、

自然に広がったという感じです。」

 

と答えました。 

 

もともと、はじまりは勉強会でした。

 

月に1回程度、私が講師をアテンド、

セミナーや講演会を企画したのがはじまりです。

 

講師を選ぶ基準は、

私が実際に会って、話を聞いてみて、

良かったと思うかどうか。

 

他の人にも聞かせてあげたいと思うかどうか。

 

勉強会はまたたくまに、

毎回80人ほど集まる活気のある会になりました。

 

その後、私がセミナー講師として登壇することになりました。

セミナーを作りながら考えました。

 

私が勉強会を通じて手に入れたものは何か?

いつも参加してくれる仲間に分かち合いたいことは何か?

 

このようにして生まれたのが、

「パーソナルブランドのつくり方」です。

 

初登壇にもかかわらず、

皆さんから高く評価していただき、

 

その後、講師の依頼が毎月のように

頂けるようになりました。

本業の業績まで伸びていきました。

 

講師はこんなに楽しいものか、

こんなにも自分を成長させてくれるのかと、

 

勉強会メンバーにも講師という体験をして

欲しくて考えた企画、それが、

「セミナー講師の甲子園、セミナーコンテスト」です。

 

この時、講師育成を仕事にしようとは

これぽっちも考えておりませんでした。

 

講師指導の経験などまったくなかった私ですから

自分が登壇までにやって良かったと思うことだけを

教えるようにしておりました。

 

毎回のコンテストは、

私にとっても評価される場であり

また新たな学びを手に入れる場となりました。

 

今もその感覚は変わらず、教える以上に、

学ばせていただいているのがセミナーコンテストです。

 

その学びをノウハウ化し、

対策講座カリキュラムや運営ノウハウとして

受講生やサポーターの皆さんに分かち合い続けて

今のセミコンがあります。

 

気がつけば日本最大級の講師コミュニティーと

言われるまでになりました。

 

大事なことは、

何かを得るために

相手に何かをするというのではなく、

 

自分が得たものを、

人に分かち合うという感覚です。

 

すでに自分にはあるものなので、

人からいただいたものなので、

惜しげなく人に提供できてしまいます。

 

 

手に入れたものに感謝し、

出し惜しみなく人に分かち合うという感覚、

 

 

コミュニティーをつくるうえでは

とても大切なことだと思います。

 

これこらも大切にしたいと思います。

 

 

[お知らせ]

 

★「パーソナルブランドコンサルタント認定講座」

私、立石剛が14年教え続けて、本当にいいノウハウ
だと思うものだけど集めてつくってみました。

 

一人でも多くの人に、講師としての喜びを味わって

欲しくて、たくさんの人が自分らしく輝くことを

願って認定講座にしてみました。

 

東京2期の詳細はこちらビックリマーク
大阪5期の詳細はこちらビックリマーク

 

 

 

2018-06-11 16:31:41

講師として何を実現したかったかを再確認した1日。

テーマ:ノウハウ

 

先週末は大阪で、

セミナー講師養成コース」大阪28期、

 

セミナー講師養成コース」東京23期

の開講日でした。

 

今期は、大阪、東京あわせて25名受講。

うち、保険会社の方が4名受講してくだ

さっております。

 

保険会社の方と話していると、

昔の自分を思いだしますね。

 

 

自分がなぜ講師になったのか?
講師として何を実現したかったか?


 

15年前の私は、努力すれども、

思うように結果が出ない営業マン。

 

結果を出している人ばかりに光があたり、

結果を出していないと自分の居場所がなく
なっていくようで辛かった。

 

努力が結果につながる人、
そうでない人の違いは何かと、
この頃から色々と考えはじめました。

(この時の経験が、

パーソナルブランド理論の原点)

 

 

一方で、同僚が次々とやめていく。

 

辞める人たちは皆、

会社や上司を批判して辞めていく。

 

入社したての頃は皆、

夢や希望を持っていたのに、

上司部下とも熱く語りあえた仲なのに、

お互い理解しあえなくなるのが悲しかった。

 

 

一部の側面だけで評価されるのではなく、
一人ひとりの強みや個性に光があたり、

一人ひとりが自分らしく働ける社会であって欲しい。

 

関わる者同士がお互いを理解し敬い、

お互いを活かしあえる社会であって欲しい。

 

そう、強く思うようになりました。

 

このような社会を実現したくて

15年前に作ったセミナーが、

「パーソナルブランドの作り方」です。

 

人それぞれの強みや個性に目を向け、

自分らしい働き方、自分らしい成功を
手にいれるためのオリジナルセミナー。

 

まさか15年も続くことになるとは思って

もいませんでした。

 

セミナーづくりを通して手に入れた

ミッションの力は大きかったように思います。

 

自分がなぜ講師になったのか?
講師として何を実現したかったか?


私のミッションは

一人ひとりが自分らしく輝く社会を創ること。

少しは社会にも貢献できたのではないかと

思っております。

 

しかし、まだまだこんなレベルでは終わ
りたくありません。

 

昨日、保険会社の人と話していて、

私のセミナーを必要としている人が

世の中にはまだたくさんいることを知り、

 

もっともっと伝えていきたいという想いが

沸き起こってきました。

 

というわけで、今後は講師活動を増やし
ていくことにします。

 


[お知らせ]

 

★「パーソナルブランドコンサルタント認定講座」

1人ひとりが輝く社会を目指して、

パーソナルブランの大切さを、
私、立石と一緒に伝えていきませんか?


大阪5期の詳細はこちら
ビックリマーク
 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス