パーソナルブランドコンサルタント 立石剛のブログ
卒業生600名突破!人気講師、著者が続々と誕生!
★セミナー講師養成コース(2019年度生募集中!)


詳細はこちら

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-12-11 21:34:08

卒業発表に向けて練習会

テーマ:セミナー実績

  

先週末はセミナー講師養成コース10月校、
卒業発表に向けて練習会が行われました。
 
いよいよ、学んだことの集大成。
 
卒業発表があるかないかで、
学びの濃さが大きく変わります。
 
練習会終わってのビールが最高。
ビール飲みながら熱く語りあいます。
 
最終講は、どんな卒業発表が見れるのか!!
 

 
2018-12-06 17:06:24

恐るべし服飾戦略

テーマ:ノウハウ

 

先日、服飾戦略家、しぎはらひろ子先生のセミナーを

主催させていただきました。

 

しぎはら先生といえば、書籍『朝5秒の鏡の魔法 その無難な服では稼げません! 』講談社の著者であり、ベストドレッサー賞の選考員をされている方。

 

元々理系出身であり、著書も数冊出されているだけあって解説が論理的、かつ、言葉ひとつひとつが洗練されていて鋭すぎます。

 

「似合うとは他人の主観でしかない。」

「他人の主観にあわせて服を選ぶ必要はない。」

 

「私は似合う似合わないで洋服を買わない。」

「基準は、しぎはらひろ子に見えるかどうか。」

 

この日受講された方は、
目から鱗が何枚も落ちたようです。

私自身も4年前に、
しぎはら先生のセミナーを聞かせていただき、

ファッションに関する概念が
根底から覆えさせられたことを思い出します。

「立石さん、
3年後どうなっていたいの?」

「それが叶ったとしたら、
どんな服を着てる?」

「その服を、今着るのよ。
 そしたら1年で叶うから。」


即、しぎはら先生にコーディネートをしてもらい、
私の服装が大きく変わりました。

服装が変わると内面が変わり、
印象が変わると周りに集まる人も変わりはじめ、
実現したかったことが本当に1年で叶ってしまったのです。

 

恐るべし、服飾戦略です。

 

プロ講師、人前に立つ人には、

しぎはら先生の「服飾戦略理論」一度は聞いてみてください。

 

本ではなく、直接、セミナーなどで聞いていただくのがおすすめです。

 

今週金曜日、東京で、弊社主催で開催します。

あと数席空きがありますので、よかったらいらしてください。

 

★しぎはらひろ子氏「服飾戦略セミナー」

詳細はこちら

 

2018-12-04 16:29:54

プロレスの聖地、後楽園ホールへ。

テーマ:尊敬するブランド人

 


講師仲間である和仁達也さんが主催される日本キャッシュフローコーチ協会のイベント「MVPコンテスト」にゲストとして招待していただきました。
 

 

 

 

コーチングの平本あきおさんも一緒でした。

 

 

 

 

会場はプロレスの聖地、後楽園ホールです。司会は新日本プロレスの元リングアナ、田中ケロさん。優勝者には何とチャンピオンベルトが贈られます。プロレス好き和仁さんらしい演出がいくつもあり、プロレス好きの私も興奮しました。

 

 

 

 

3年目にして560名が参加というのもお見事です。

和仁さん、スタッフの皆さん、エントリーされた皆さん、本当にお疲れさまでした。

私も、12年前から、セミナーコンテストという講師向けのイベントを企画開催してきました。人をたくさん集めること、続けることの難しさを幾度も経験してきました。

 

今となれば、この経験があったからこそ、講師を続けるうえで必要な力が養われたと感じております。

 

セミナー企画、セミナー集客、コミュニティーのつくり方、運営方法など、プロ講師として大切なことのほとんどをセミナーコンテストから学びました。

 

そんな私が12年継続開催してきたセミナーコンテスト全国大会を、来年1月14日にロームシアター京都で開催します。

プロ講師として の活動を考えている方は、イベントのつくり方、コミュニティーのつくり方の参考になるはず。一度、ライブでご覧になってみてください。

 

 

[お知らせ]

全国各地の予選を勝ち抜いた7名によるNO.1新人講師決定戦!
「セミコングランプリ2019」

平成30年1月14日(祝)京都で開催!!
誰でも参加できるイベントです!!


詳細&お申し込みはこちらビックリマークビックリマーク
 

 

 

2018-11-30 22:42:54

【早期割引は本日まで】最短でプロ講師として稼げるようになりたい人の講座。

テーマ:ノウハウ

こんにちは。

 

『決定版!セミナー講師の教科書』著者、

立石剛です。

 

私、立石が講師をつとめる、

セミナー講師養成コース

 

 

早いもので、大阪は30期。

東京は、25期になります。

 

 

年に3回開催しているので、

ちょうど10年になります。

 

 

受講生は東京、東京、福岡をあわせると、

述べ600名以上。

 

 

人気講師、ベストセラー作家などを

数多く輩出してきたセミナーです。

 

 

なぜ10年も続いたのか?

この講座の魅力は何なのか?

 

 

あらためて、簡単にまとめてみたいと思います。

 

 

10続いている理由は、

成果にこだわっているからだと思います。

 

 

私が企画するセミナーは、

 

 

受講してくださる方に、

目に見えた成果を必ず持ち帰っていただく

という固い決意のもと開催しております。

 

 

今なお、そのスタンスは変わりません。

 

 

「セミナーコンテスト」の場合だと、

 

講師未経験者がオリジナルセミナーを完成させて、

大勢の前で発表できるようになることですが、

 

 

「セミナー講師養成コース」の場合だと、

 

オリジナルセミナーが自らつくれるようになり、

プロ講師として稼げるようになること。

 

 

セミナー講師養成コースは、

プロ講師を目指す人が対象ということです。

 

 

なので、受講生は目的を持って参加される方が多い。

 

 

・士業・コンサルタントの方が顧客獲得の手段として

・独立を目指す専門家が自身をブランド化するため

・企業が自社商品のPRの手段として

・経営者、マネージャーが社員教育の手段として

・自分の経験をセミナーに変えて次世代の人に残したいから

 

 

このような1人ひとり違った目的に対して、

目的から逆算したセミナーづくりや話し方、ブランド構築、

ビジネスモデル構築、出版戦略まで指導いたします。

 

 

様々な業界のセミナーに精通している私だからこそ

提供できるノウハウの数々、指導方法だと思っております。

 

 

セミナー講師になる目的が明確な方、

1日でも早く結果を出したい方、

稼げるようになりたい方におすすめします。

 

 

★12年1,500人以上の講師指導経験に基づいて

開発されたプロ講師ノウハウを2ヶ月で身につける!

「セミナー講師養成コース」2019年2月校(大阪&東京)

 

詳細はこちらから↓ ↓

http://personal-brand.jp/seminar-info/sky/

 

※早期割引は11月30日まで。

2018-11-28 22:42:01

自分にふさわしいセミナーテーマを見つけるとっておきの方法

テーマ:ノウハウ

 

こんにちは。

 

『決定版!セミナー講師の教科書』

著者、立石剛です。

セミナー講師をやってみたいものの、

「自分に話せることなどあるのだろうか?」

と、思い悩む人は多いと思います。


これまで1500人以上の講師未経験者を

指導してきた私だからこそ、はっきりと断言できます。

人生30年、40年生きていれば、
話すことがない人などいないということ。

正しい考え方、適切なやり方を知ることで、
誰でも話すべきテーマは見つかります。

誰でも講師になれるのです。

しかしながら、自分にふさわしいテーマを見つけるのは簡単なことではありません。


多くの人が難しく思ってしまうのには理由があります。


自分にふさわしいテーマとは、

自分にはつまらない、
物足らないと思うことが多く、

「こんなことセミナーで話して、
人は喜ぶのだろうか?」

と、感じるのです。


できる人にとっては、

難なくできてしまうがゆえに、
特別、嬉しい、面白いという感覚もなく、

「こんなことセミナーで話して、
喜んでくれるのだろうか?」

と思ってしまうのだと思います。


あなたが話したいことと、
相手があなたに求めていることは、

大きくな隔たりがあるということに、
まず、気づくことが大切です。


そのために、あなたに
是非やってほしいことがあります。

他人に聞いてみる、ということです。


「私からセミナーを受けるとしたら、
どんなテーマのセミナーを受けたい?」

「私からお金を払ってまで、
教えて欲しいことは何?」


と、あなたのことをよく知っている人に、
聞いてみるのです。

今後、教えたい受講対象者がベストです。

最低5人は聞いてみてください。

あなたが思ってもいなかった
意外なテーマが見つかるはずです。



私が12年続けている
「セミナー講師養成コース」も、

人のリクエストからはじまりました。

私がセミナーコンテストを開催するようになり、
オブザーバー参加者の人の中に、
10年以上プロ講師をされている人がおられました。

「立石さんは、講師をやったことがない人を
なぜこんなに上手く話せるように指導できるのですか?」

「我々、プロ講師はみんな自己流でやっているので、
残念な講師は多い。」

「私たちみたいなプロ講師が学べるセミナーを立石さんが
作ってくれたら、私は学びたい。」

と、言ってくださいました。

あまり気がのらなかったのですが、
大先輩の言葉なので、
とりあえずやってみることにしました。

このリクエストがきっかけとなり生まれたのが「セミナー講師養成コース」です。
今では、私の看板セミナーとなっております。

自分にふさわしいセミナーテーマを見つけるとっておきの方法は、”他人に聞いてみる”

ぜひ、やってみてください!!

 

 

[お知らせ]

立石剛から直接学べる全5回コース!
「セミナー講師養成コース、2019年2月校」

 

受講生募集スタート!(早期割引は11月30日まで)
http://personal-brand.jp/seminar-info/sky/

 

2018-11-26 10:51:17

講師はどんなテーマで本を書けばいいのか?

テーマ:講師のブランディング

 

先週末は東京、大阪で「セミナー講師養成コース」でした。午前中は、恒例の練習会を実施しました。
 
受講生に実際、セミナーを発表してもらい、私からフィードバックしていきます。
 
受講生の皆さん、ここで大きな気づきを得られるようで、自分の課題が何かが明確になったとまた一歩前進していかれます。
 
解決すべき課題が何かを明確にしてあげることは大切なことですね。
 
ところで、昨日のセミナーの中でも少し話しましたが、プロ講師を目指すなら出版は必ず目指すべきです。
 
本を出すことで、講師フィーがあがります。
集客できるようになります。
 
受講生にとっては、
本がサブテキスト代わりになります。
 
講師が本を出すと、
いいことづくめなのです。
 
しかし、テーマ選びをあやまってしまったり、内容が薄い本だと上記のような効果は得られません。
 
テーマは慎重に選びたいものです。
書く限りはいい本を書きたいものです。
 
では、講師が本を書く場合、
どんなテーマで書くのがいいのでしょう?
 
講師の場合は、特に1冊目の場合は、自分がこれまで実際に教えてきたセミナーを本にすべきです。
 
実際に教えてきて、受講生の成果を出してきたノウハウを本にすることをおすすめします。
 
普段教えていることだけに、洗練された言葉、勢いのある言葉で書くことができるでしょう。
 
このようなことを言うと、
 
「セミナーで教えていることを本で書いてしまったら、セミナーに参加する意味がなくなるのでは?」
 
と心配される方もおられるようですが、そんな心配は全くしなくて大丈夫です。
 
私が書いた「決定版!セミナー講師の教科書」は、「セミナー講師養成コース」で実際に教えていることを、かなり忠実に書いてあります。
 
受講される方の中には、2回3回と読んで来られる方もおられます。
 
本で読んで受講したからといって、「そんなこと知ってるよ」「本に書いてあった」とはなりません。
 
「読んだけど、ほとんど覚えてない」
と言われる方も多いです。
 
「読んでわかったつもりでしたが、実際にやってみると、難しいですね。」
 
「やってみてはじめてこの本に書かれていたノウハウのすごさを実感しました。」 
と言われる方がほとんどです。
 
同じ情報を本で読むのと、セミナーで実際に講師の口から聞くのでは雲泥の差があります。
 
さらに、本は、知ることが目的。セミナーは、できるようになることが目的です。だから、値段に大きな差があるのです。
 
講師がはじめて本を書くときは、実際に教えてきたこと、教えて成果の出たことを中心に書くことをオススメします。
 

[お知らせ]

「セミナー講師養成コース、2019年2月校」

受講生募集スタート!(早期割引は11月30日まで)
http://personal-brand.jp/seminar-info/sky/

 

 

2018-11-21 09:34:07

社長自らが講師になって社内研修を実施する意味

テーマ:ノウハウ

 


昨日は、新企画「連続講座のつくり方」を開催してきました。


安い受講料ではないだけに、
それなりに本業でもしっかり稼いでいる方が受講されていました。

受講目的も、それぞれに違いましたが、
お一人の方は、社員150名の会社の社長です。

自社の幹部社員候補の社員に、
自分がやってきたことを教えたいとのこと。

素晴らしい目的ですね。

自社の仕事について誰よりも知りつくした
経営者や現場リーダーが、

社員の幸せを願って作ったノウハウは、
 

外部の研修講師とはまた違った視点で
自社の抱える問題を解決へと導くことでしょう。

さらに、社長が講師をすることは、

もっと素晴らしい副産物を企業にもたらすことを
私はこれまでの講師育成の現場を通してみてきました。

社長自らが実施する研修を通して、

企業理念を社内やパートナー企業に浸透させることが
できるということです。


最近、自分のことを振り返っても、
自社の組織づくりにセミナーが役立っていると感じることが多いのです。

私自身が、全国各地に強い絆で結ばれた講師コミュニティーを築けたのは、セミナーコンテスト、及び、セミナー講師養成コースを受講してくださった方たちだけでスタッフを組織していること、
彼らに同じセミナーを繰り返し受講してもらってることが大きいと感じます。


というわけで、強い組織を作りたいと思っている経営者やリーダーの皆さん、
ぜひ講師に挑戦してみてはどうでしょうか?
自らが講師になって社内、社外に対して研修を実施するのです。

 

[お知らせ]

「セミナー講師養成コース、2019年2月校」

受講生募集スタート!(早期割引は11月30日まで)
http://personal-brand.jp/seminar-info/sky/

 

2018-11-15 17:13:56

成功し続ける講師に共通していることは?

テーマ:ノウハウ

 

 

 

セミナー講師の甲子園、全国大会、

「セミコングランプリ2019」予選が各地で

スタートしました。

 

※セミコングランプリとは何?

という方はこちらをご覧ください。

 

セミコングランプリ2019予選、

2大会が終わり、

2名の本戦出場者が決まりました。

 

 

Aブロック(東京、長野地区)からは、

 

家族をつなぐダイニングコンサルタント

黒羽雄二さん。

 

Dブロック(広島、福岡地区)からは、

 

小さなエステサロンの経営アドバイザー

峯 敏絵さん。

 

おめでとうございます!!

 

毎年、予選を見ていて思うことですが、

人の感情はコントロールするのが難しいということ。

 

代表決定戦ともなると、

経験や実績がある方ばかりです。

 

にも関わらず、

地方大会以上の力を発揮できない方が多い。

 

地方大会で順調に勝った人ほど守りに入る。

守りがいつしか恐れに変わる。

 

恐れから生まれた言葉が、

人の心を動かすことはありません。

 

先日の予選においても、

代表に選ばれた人に共通していたことは、

ブレない目的を持っていたこと。

 

事前に提出していただくことになっている

エントリーシートからも

強い目的意識が感じられました。

 

講師を目指す目的、

生きる目的が明確なのです。

 

特に、生きる目的が明確な人は、

目先の勝ち負けに動じません。

 

感情に支配されない

強さ、しなやかさがあるのです。

 

人は感情の生き物、

勝てば欲が出る。

 

勝ち続ければ守りに入る。

 

守る気持ちが、

やがて恐れへと変わる。

 

感情に支配されないためには、

目的を明確にすること。

 

講師として成功したい人、

成功し続けたい人は、

 

講師を目指す目的、生きる目的、

ミッションを持つことをおすすめします。

 

自分のミッションがわからない方、

言葉にできない方に、

おすすめの講座があります。

 

★『パーソナルブランド2級認定講座』

今週土曜日、場所はPBAセミナールームです。

 

詳細はこちら↓

http://personal-brand.jp/seminar-info/pb-2nd/ohsaka/

 

2018-11-09 12:37:38

セミナーコンテスト参加者数が過去最高となりました。

テーマ:セミナーコンテスト

 

先週土曜日は、
セミナーコンテスト大阪、


※セミナーコンテストとは何?

と思われた方はこちらをどうぞ

 
 
日曜日は、
セミナーコンテスト名古屋

どちらも超満員です。

今年は満席になるエリアが多く、
オブザーバー参加人数は過去最高を記録しました。


 
結果のほうは、
以下2人が優勝でした。

 
セミコン大阪優勝は、

「親子の会話をふくらませる魔法の言葉」
 子どもの本音を引き出す専門家 
 野村 徳子さん(右から3人目)


 
セミコン名古屋優勝は、

「午後からも疲れ知らず
仕事パフォーマンスをアップさせる身体の整え方」
痛みと動きのナビゲーター 理学療法士 
水谷 亮介さん(右から3人目)


入賞できなかった方も、
それぞれの想いが詰まった
魅力的なオリジナルセミナーばかりでした。


この日、特に嬉しかったのは、
サポーターの皆さんがそれぞれに、
自分の役割を楽しんでいたこと。

 
名古屋の司会はダブル司会、
消防士の大井聖也さんと、
元ひきこもり講演家、塚本こず恵さん。

大阪の司会は、
来年の全国大会で司会をすることが決定した、

似顔絵師、河尻光晴さんと、
ヨガインストラクターら永尾千里さん。


 
名古屋の書籍販売がすごかった!
 
フリーアナウンサー、
林ゆりかさんが休憩時間にマイクを
使って書籍をPR。

書籍が飛ぶように売れてていました。


このようなサポーターの
がんばりに刺激を受けたようで、
オブザーバー参加された方から、

「どうやったらサポーターになれますか?」
「私もサポーターになりたいです。」
と言ってくださる方までおられました。

嬉しいですね!!

サポーターの皆さんのこうしたがんばりを
讃えるために今回から新しい試みを2つ実施しました。
 
一つは「応援メッセージカード」

セミコンルール説明の時に、
私から次のような説明を加えました。

セミコンの運営はすべてセミコン卒業生が
ボランティアで行なっております。

印象に残ってるサポーターがおりましたら、
応援メッセージを送ってあげて下さい。

セミナーコンテスト大阪終了後に、
集まったメッセージカードは、
なんと21枚もありました。



もう一つの試みは、
「ベストサポーター賞」。

自分の強みを活かして、
今年のセミコン運営に最も貢献して
くれた人を表彰させていただくというもの。

セミコン大阪からは、
コピーライター、しもねうようこさん。

セミコン名古屋からは、
行政書士、冷泉潮美さん。

お二人には事前に知らされていなかった
こともあり、びっくりされてました。

 

感激のあまり涙を流されるのではと思ったら、

そんなことはなく、ちょっと肩透かし。(笑)

 

人は、あまりに突然すぎると

感激できないのかもしれません。


セミコンはこのように、
出場者以外の人が輝く機会が

たくさんあります。

だから、これだけたくさんの人が

集まり続けるのかもしれません。

講師の皆さんから

よく聞かれます。

どうやって集客しているのですか?

フェイスブックですか?
メルマガですか?
ブログですか?

ツールの使い方に
目がいく人は多いようですが、

ツールを使う前に、
人が輝ける場をつくることが大切と、

セミコン大阪、名古屋を見て、

あらためて気づかされました。

 

 

そもそも、セミコンサポーター制度は、

セミコンで敗れた人たちに、

「もう一度活躍の場を作ってあげたい」

からスタートしました。

 

イベントを大きくするため、

大きなイベントを運営するために
手伝ってもらう人が必要、

 

そのためにサポーターを

集めているのではないということ。

 

セミコンは毎年120名もの方が出場されます。

その中で、優勝できるのは20名だけです。

敗れた人、卒業生が輝き続けるための

サポーター制度であり続けたい。

 

私のミッションは、

1人ひとりが自分らしく輝く社会を創ること。

 

セミナーコンテストは、
これからも、人を輝かせる講師を輩出すると同時に、

 

出場者、サポーター、コメンテーター、オブザーバー、

関わるすべての人が自分らしく輝ける場であり続けたいと思います。

 

 

 

[お知らせ]

 

セミナー講師の甲子園、全国大会

「セミコングランプリ2019」のオブザーバー募集、

いよいよスタート!!

 

11月12日(月)まで、早期申込割引実施中!

詳細はこちら

2018-10-30 21:50:03

セミナー講師の仕事は、教えるだけではありません。

テーマ:セミナー実績

先週末から、セミナー講師養成コース10月校スタートです。

image
土曜日は、セミナー講師養成コース東京24期、
セミナーが始まる前にスタッフ3人と、
会場前にある下谷神社へお参り、
受講される方の成功を祈願しました。



image
ここは寄席発祥の地だそうです。


image
東京24期、満員御礼でスタート!


image
翌日は大阪に移動し、

セミナー講師養成コース大阪29期。
こちらも満員御礼。


東京大阪とも、様々な業界から魅力的な方が集まり
最高のスタートが切れました。


セミナー終了後の懇親会も盛り上がりました。


image
東京24期の皆さんと、お店は「東京豚バザール」さん。


image
大阪29期の皆さんと、お店は「焼き鳥いちおく」さん。


 

私が主催するセミナーでは、
セミナー終了後の懇親会のお店選びも手を抜きません。

味よし、接客よし、雰囲気よしの、
いいお店を選ぶようにしております。  

皆さんに楽しんで欲しいというのもありますが、
それ以外にもう一つ大切な理由があります。

私の経験上、価値あるアイデアは

懇親会の席で思いつくことが多いのです。

セミナー中、うんうんうなっていた受講生が、
懇親会の席でふとした瞬間に
いいアイデア思いつく場面を私は幾度となく見てきました。

私自身もそうでした。「セミナー講師養成コース」は、
セミコンを始めて1年くらいたった時に、
オブザーバー参加されていた方との会話からひらめきました。

「セミナーコンテスト」も同じく懇親会の席で、
飲んだ勢いで「こんなのやったら面白いのでは?」から誕生しました。

以前、ある講師の方から面白いことを聞きました。

地球上には、成仏(実現)できていない
アイデアがさまよっており、

いい気が充満している場、
実現してくれそうな人のところに降りてくるのだとか。

セミナー講師の皆さん、受講生の皆さん、
懇親会の時間は大切にしましょう。


[お知らせ]

「セミナー講師養成コース、2019年2月校」

受講生募集スタート!
http://personal-brand.jp/seminar-info/sky/

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス