こんにちは!伴です。

最近メディアに多く出ていたり、自動販売機にもある「昆虫食」ですが、どんな印象をおもちでしょうか?

多くの方が、「気持ち悪い」「食べたくない」などとマイナスな印象をもっていると思います。

実は、昆虫食には身体に驚くべき影響があるので紹介していきたいと思います。





 豊富な栄養素


⚫︎たんぱく質

昆虫食にはたんぱく質が豊富に含まれており、昆虫にもよりますが、その数字はなんとお肉や魚の2〜3倍以上といわれています。


たんぱく質が多い昆虫として

•カブトムシ→ (100 gあたりたんぱく質70g)

•バッタ→   (100 gあたりたんぱく質40〜50g)

•タランチュラ→(100 gあたりたんぱく質70g)

などと、他の昆虫も30g以上のたんぱく質を含む事が多いです。


⚫︎脂質

昆虫によっても異なるのですが、(コオロギ)(トノサマバッタ)(カイコ)には不飽和脂肪酸が多く含まれています。

カロリー摂取効率の良い脂質が豊富なのは嬉しいですね☺️


そして、不飽和脂肪酸なので、中性脂肪を減らしたり、

昆虫食は「新規脂質供給源」になる可能性があるといわれています。


⚫︎ミネラル

「亜鉛」や「カルシウム」「鉄」などのミネラルが昆虫には含まれています。

ミネラルは「美容や生体機能」において大事な栄養素です。

不足してしまうと

•貧血

•鬱

•免疫力の減少

•ストレスの増加

などに繋がります。


この通り、昆虫食は栄養価がとても高い事が分かります。


 昆虫食の注意点


⚫︎見た目•食感が悪い

昆虫はたくさんの人が好むような見た目はしておらず、嫌われやすいです。

触る事さえ、苦手な人が多いため、食べるのはとてもハードルが高いです。


また、「ぶにっ」とした食感や足や羽根は硬く食べにくいです。

目を瞑ったり、見た目が分からないくらいの料理にすればいけるかもしれません、、、


⚫︎アレルギーのリスク

代表的なものでいうと、「コオロギパウダー」によって、甲殻類によるアレルギー反応と似たような症状が出る事があります。

また、昆虫食はアレルギー表示が義務化されていないため、注意が必要です。


まとめ

昆虫食がメインになる日も遠くないかもしれません、、、

今のうちに昆虫食に慣れておくのも良いかもしれませんね😏

ネット通販でもあるのでぜひチェックしてみてください!!


綺麗なダイエットをご希望の方

ぜひボックスインフィールドへお越し下さい

22,000円から通えます。

(注意)ローン価格ではありません。

 

【綺麗なダイエット】

ボックスインフィールドHPはコチラ

 

 

 

HP

ビフォーアフターが凄いパーソナルジム。

 

月額22,000円から通えます。

プチパーソナル、有酸素運動、ミット打ち、マッサージ、ストレッチ、受け放題!

60分のパーソナルトレーニングは

4,632円〜5,500円(22,000円の中に含まれています)」

別途パーソナルトレーニング代金を頂くことは

ございませんので、ご安心下さい。

 

値段よりも、技術と結果が凄いパーソナルトレーニング

「凄い!」と、ほとんどの方が呟きます(^O^)

ぜひ一度、ご体験下さいませ

 

堺市北区長曽根町町1207-2 2

ボックスインフィールド堺本店

☎︎080 8107 1069

営業時間     1000分〜2400

 

堺市東区南野田202-2

ボックスインフィールド北野田・狭山店

☎︎080 8107 1069

営業時間     1000分〜2200

 

定休日         日祝

無料駐車場  完備

その他、深井、藤井寺市にもございます。