Akiraの英会話ブログ(勉強法、留学支援、ワンフレーズなど)

Akiraの英会話ブログ(勉強法、留学支援、ワンフレーズなど)

Akiraの英会話ブログです。
ワンフレーズ講座を始め、その日の出来事、留学情報など書いていきます。 East-Westカナダ留学センター, Dream Harvest Pty Ltd(オーストラリア),Q international school(アメリカ)、(フィリピン )



マンツーマンレッスンin 相模原エリア、町田エリア


カナダ、オーストラリアへワーキングホリデーに行きたい方。ご紹介します!


カナダ(East-Westカナダ留学センター)


オーストラリア(Dream harvest Pty Ltd)


フィリピン、アメリカ 語学留学



 
FOLLOW ME→INSTAGRAM←FOLLOW ME
 フォローしてねフォローしてね…
 
ブログをご覧の皆さんこんにちはニコニコ

 

 

8月からOPENした[こどもアート英会話教室ARTish】]もあっという間に半年を迎えました!
 
 
コロナ禍でのOPENとなり、不安要素はもちろんありましたが感染対策に注意して徐々に進めていくことができました。
 
 
コロナ禍だからこそ少人数でのクラスに集中的に取り組めています。
 
 
 
初めての【英会話】【アート】のクラスのコラボレーションNEWキラキラ
 
 
 
取り組む内容などは決まっているものの【英会話教室】として【アート教室】としてはお互いの分野に関しては無知なので、協力しながら試行錯誤をしていき段々と形になっていきました。
 
 
 
一番の目的として【楽しんで参加してもらう】というのがどちらの教室にもあり、元々の目的が一致していたので共通の目的の為に自然とクラス内容を考えていくことができました。
 
 
お互いが素人目線で意見を言い合うことができるので、毎日がいい刺激になっています。
 
 
 
英会話だけでは得られないもの、アートだけでは得られないものが二つをミックスさせて行うことで同時に学ぶことができます。
 
 
 
そのため子ども達も楽しんで通うことができますし、親御さんにとっても【楽しく英会話を学べる】という点に非常に興味を持っていただいています。
 
 
 
親御さん達からの声をいくつか紹介致します。
 
拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手
 
Aさん(3年生)
こんなに楽しんで通っている習い事は初めてです。家に帰ってくると「今日はねこれを作ってね、こんな英語覚えたよ」などたくさん説明してくれます。毎回わくわくして家を出かけていきます!これからもよろしくお願いします。
 
拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手
 
Bさん(5歳)
家で英語に触れさせても中々やる気になってくれず困っていましたが、こちらに通うようになってからは家でも自分から英語に触れるようになり、覚えたことなどを自慢げに言うようになってるくらいです(笑)
 
拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手
 
Cさん(1年生)
英語を習わせたいというのは前から思っていたのですが、行こうといっても中々行ってくれなかったのですがモノづくりが好きなので始めは【アート教室】に遊びに行こうと言っていました(笑)そして体験を受けてみると私が思っている以上に楽しんでくれて、「来週も行こう!」と言ってくれたので即入会しました!
 
拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手
 
Dさん(6歳)
子どもは全然絵を描くのとか苦手だと思っていたし、英語にも関心がなく全然わからないと思っていましたが全くの勘違いだったことが気づけました。私のいないところではこんなことをしているんだ。こんなことができるようになっているんだ。など驚きの連億です。クラスでの様子を毎回プリントでいただけますし、お迎えに行ったときに様子をお話ししていただけるので安心して預けることができます.
 
拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手
 
上記のように様々な角度から嬉しいお言葉をいただいていますウインクチョキ
 
一番に求めている「子どもたちが楽しむこと」に対する声がたくさんあるので、非常に遣り甲斐がありますし同時に「もっと楽しみ続けてもらおう」と向上心も芽生えます!
 
 
 
 
 
いま、日本でも徐々に話題になってきている【STEAM教育】
 
 
かつてはSTEM教育でしたが、近年Aのアートが加わってきたのも今回のコラボレーション企画のきっかけです。
 
 
知識だけでなく、よりクリエイティブな子どもたちの【知る】と【作る】探求と創造を繰り返し、分野横断的な学びが得られます!
 
 
・物事を様々な面から捉えたり、解決する力
・新しいモノ(価値)を創造する力
・自ら課題を見つける力、考える力
 
 
 
今までは習い事では知識を身につけるものが多かったことと思います。(スポーツなどは別)
 
 
そんな中で
 
英語」ではなく「英会話」
美術」ではなく「アート」
 
一見、従来と変わらないと思うかもしれませんが、
 
 
「英会話」では英語を身につけるのはもちろん、それよりも重要なのは
 
 
【コミュニケーション】能力
 
 
「アート」ではただのモノづくりや絵画を上手に作るのではなく
 
【想像力、創造力、思考力】
 
これらに力を入れております!!
 
 
現代人に不足しがちな
 
【コミュニケーション能力や自ら考える力】
 
 
を養える習い事とも言えるでしょう!
 
 
その2つの習い事が一つになった
 
【🎨アート英会話🎨】
 
 
少し気になってきたのではないでしょうかウインク
 
 
体験は随時受け付けていますし、各地方でのワークショップなども受け付けておりますのでお気軽にお声掛けくださいグラサン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ARTish-こどもアート英会話教室-


Artwork COLORS×THE EDUCATION TEAM JAPAN


【目的】
 
アートでクリエイティブな創造性豊かに育つと同時に、世界共通語と言われている英語(必修にもなってきた)を楽しく、勉強という枠を飛び越えた一つの【コミュニケーションの手段】として社交性や協調性を養っていく。
大人でも続けるのが難しい(英会話)英語を楽しく続けられるアート英会話☆彡


「アートだけ習わせるのが不安な方」
「英会話だけ習わせるのが不安な方」


同時に学び楽しく続く!!
 

・アートは「楽しみ」で継続的にというより都度で満足していく方が大多数。
・英会話は「勉強」ということで継続していけば身につくものの、続けることが難しい。
➡両方を合わせることで相互の不安点を補えるとともに、効率よく且つ楽しんで身につけられるアクティビティ。
 
キラキラチョキ楽しく、身につくチョキキラキラ


【ARTishだからこそ得られるもの】
 
 『話す、伝えるという力』個性豊かなコミュニケーション力を養うことができます。

今までの学校教育での英会話(現段階でも多くは)では、【話す】という練習を学校の授業で行わないため、長い人では10年間(中学校3年間、高校3年間、大学4年間)勉強しているのにも関わらず不自由なく話せる人はほとんどいません。
アート作りを行いながら英会話をすることで、『話す、伝える』に特化したアクティビティを【アート】と共に行っていくことで学校では身につかない活きた英語力と独創性をを身につけていくことができます。
コミュニケーションが増えることで考える幅が増える。STEAM教育により活きる。

自然な英語フレーズなどを交えて、英語に触れてコミュニケーションを図り、同時にクリエイティブなモノづくりを行います!!


ご参加お待ちしております!

 

 

それでは今回はこの辺でパー

 

”IT ALL DEPENDS ON HOW YOU LOOK AT IT”

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 いつもありがとうございますニコニコ

 

THE EDUCATION TEAM JAPAN 相模原

 日々勉強、日々成長、日々変化 

提携先:

East-Westカナダ留学センター バンクーバーやトロントへの留学をお考えの方はこちら

Qinternationalschool(語学学校,海外ボランティア等)

アメリカのサンディエゴに位置する語学学校です。

日本人の割合も他校に比べ圧倒的に少なく、英語漬けの日々を送り語学の習得に集中できる環境が整っています。

治安も問題なく、送迎サポートなどもあるのでお子様の留学にも最適です。

 

【THE EDUCATION TEAM JAPAN とは】 

 教育サービスを中心として運営しております。

 

【楽しく、続く、そして身につく】

「苦手なところ」「得意なところ」「自宅での勉強方法」

1.レッスン前の確認

2.レッスン(ENGLISH ONLY)

3.レッスン内容の確認(できた場所できなかった場所、新語/新フレーズの確認)

4.レッスン後のFEEDBACK(LINEにて文章でレッスンノート送信)

 

などおスムーズに英会話を習得していくために「英会話力を伸ばす」ことに重点をおき、一緒に身につけていきましょう。

 THE EDUCATION TEAM JAPAN

代表AKIRA

☎080-4920-1991 

LINE: @dli5066d   ⇔クイック返信

✉akirabox1013@yahoo.co.jp 

ホームページ https://www.the-education-team-japan.com

インスタグラム https://www.instagram.com/the_education_team/?hl=ja

ツイッター https://twitter.com/TETJAPAN

フェイスブック https://www.facebook.com/the.education.team/

 

 
FOLLOW ME→INSTAGRAM←FOLLOW ME
 フォローしてねフォローしてね…
 
ブログをご覧の皆さんこんにちはニコニコ

 

 

8月から[こどもアート英会話教室ARTish】]をオープンしました!
 
 
ARTish-こどもアート英会話教室-

Artwork COLORS×THE EDUCATION TEAM JAPAN


【目的】
 
アートでクリエイティブな創造性豊かに育つと同時に、世界共通語と言われている英語(必修にもなってきた)を楽しく、勉強という枠を飛び越えた一つの【コミュニケーションの手段】として社交性や協調性を養っていく。
大人でも続けるのが難しい(英会話)英語を楽しく続けられるアート英会話☆彡


「アートだけ習わせるのが不安な方」
「英会話だけ習わせるのが不安な方」


同時に学び楽しく続く!!
 

・アートは「楽しみ」で継続的にというより都度で満足していく方が大多数。
・英会話は「勉強」ということで継続していけば身につくものの、続けることが難しい。
➡両方を合わせることで相互の不安点を補えるとともに、効率よく且つ楽しんで身につけられるアクティビティ。
 
キラキラチョキ楽しく、身につくチョキキラキラ


【ARTishだからこそ得られるもの】
 
 『話す、伝えるという力』個性豊かなコミュニケーション力を養うことができます。

今までの学校教育での英会話(現段階でも多くは)では、【話す】という練習を学校の授業で行わないため、長い人では10年間(中学校3年間、高校3年間、大学4年間)勉強しているのにも関わらず不自由なく話せる人はほとんどいません。
アート作りを行いながら英会話をすることで、『話す、伝える』に特化したアクティビティを【アート】と共に行っていくことで学校では身につかない活きた英語力と独創性をを身につけていくことができます。
コミュニケーションが増えることで考える幅が増える。STEAM教育により活きる。

【ARTishで使っていくフレーズの例】
形: Shapes(circle/square/triangle/rectangle/star/heart)
挨拶:(Hello/How are you/See you)適当に状況に応じて自然に使える
質問:(What is this?/What is next?/Do you have~?)疑問に思った時にはすぐに聞けるよう
発言:(I’m done/I want~/I think~/It’s cool/It’s cute)現在の状態をシンプルに伝える

自然な英語フレーズなどを交えて、英語に触れてコミュニケーションを図り、同時にクリエイティブなモノづくりを行います!!


ご参加お待ちしております!

以下の日程で『体験&説明会』を実施致します。

こちら8月から淵野辺のオフィスにてオープン決定いたしました!

8月は体験会を含め、後半から通常レッスンを行っていきますので

体験会への参加申し込みお早めに!

※予約状況

8/12(水)

13:00-14:00  ☆ 0人☆

15:00-16:00枠 ☆ 2人 ☆



8/13(木)

10:00-11:00 ☆ 2名 ☆

15:00-16:00 ☆ 3名 ☆


8/19(水)

13:00-14:00 ☆ 2名 ☆

15:00-16:00 ☆ 2名 ☆

8/22(土)

10:00-11:00 ☆ 2名 ☆

11:10-12:10 ☆ 0名 ☆

8/23(日)

10:00-11:00 ☆ 0名 ☆

11:10-12:10 ☆ 1名 ☆

※8/1現在​




 

それでは今回はこの辺でパー

 

”IT ALL DEPENDS ON HOW YOU LOOK AT IT”

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 いつもありがとうございますニコニコ

 

THE EDUCATION TEAM JAPAN 相模原

 日々勉強、日々成長、日々変化 

提携先:

East-Westカナダ留学センター バンクーバーやトロントへの留学をお考えの方はこちら

Qinternationalschool(語学学校,海外ボランティア等)

アメリカのサンディエゴに位置する語学学校です。

日本人の割合も他校に比べ圧倒的に少なく、英語漬けの日々を送り語学の習得に集中できる環境が整っています。

治安も問題なく、送迎サポートなどもあるのでお子様の留学にも最適です。

 

【THE EDUCATION TEAM JAPAN とは】 

 教育サービスを中心として運営しております。

 

【楽しく、続く、そして身につく】

「苦手なところ」「得意なところ」「自宅での勉強方法」

1.レッスン前の確認

2.レッスン(ENGLISH ONLY)

3.レッスン内容の確認(できた場所できなかった場所、新語/新フレーズの確認)

4.レッスン後のFEEDBACK(LINEにて文章でレッスンノート送信)

 

などおスムーズに英会話を習得していくために「英会話力を伸ばす」ことに重点をおき、一緒に身につけていきましょう。

 THE EDUCATION TEAM JAPAN

代表AKIRA

☎080-4920-1991 

LINE: @dli5066d   ⇔クイック返信

✉akirabox1013@yahoo.co.jp 

ホームページ https://www.the-education-team-japan.com

インスタグラム https://www.instagram.com/the_education_team/?hl=ja

ツイッター https://twitter.com/TETJAPAN

フェイスブック https://www.facebook.com/the.education.team/


 
FOLLOW ME→INSTAGRAM←FOLLOW ME
 フォローしてねフォローしてね…
 
ブログをご覧の皆さんこんにちはニコニコ

 

 

緊急事態宣言が解除されて数日たちましたが、
 
皆さんいかがお過ごしでしょうか?
 
 
 
宣言が解除された瞬間に再び感染者が増えましたね。。。
 
GW頃に感染したであろう人たちが多いのではないでしょうか。
 
GWの時期も例年に比べてほとんどの人が自粛をしていたものの
 
まだまだ出かけていた人もいたことでしょう。
 
自粛と連休の影響で、
 
「久々の休み」
「自粛疲れ」
「コロナは大したことない」
 
なども、一つの息抜きとして出かけたのではないでしょうか。
 
コロナへ対する危機感があるようでない日本人。
 
確かに私の周りでも、同じ市内で感染者が出たといっても
 
知り合いの中では感染した例を未だ聞いていません。
 
それだけでも危機感を持ちつつもどこかかからないのではないか(発症しないのでは)
 
という気持ちがあるのは否めません。
 
しかし一番問題なのがこの「かかったとしても発症しないのでは」というところが非常に大切だと思います。
 
まず第一に気にするのが
 
「自分の健康」
 
自ずと次に
 
「身の回りの人の健康」
 
になりますよね。
 
どうしても自分の健康のことだけを考えがちになり、
 
「コロナは別に大したことない」
 
「発症しないでしょ」
 
などと思い、ついつい外出して人と接触しがちです。
 
その際に発症していなくても、保菌状態で感染源になる可能性がありますからね。
 
この点が疎かになっているせいで、感染は拡大し続けていることでしょう。
 
【緊急事態宣言】といってもあくまで「政府からのお願い」であり
 
これは要請、強制ではないので特に何をしても罰則はありませんので強制力はありません。
 
外出などすると世間体はよくありませんが、できてしまいます。
 
日本人は良くも悪くも真面目なので、「緊急事態宣言」で非常に多くの人が自粛をして
 
街から人の姿が無くなっていましたね。しかしその反面
 
解除されたら解除されたで、すぐに皆が解禁し
 
満員電車となり【3密】が日常として舞い戻ってきてしまいました。
 
そんなに一瞬でウイルスが無くなり、昨日まで「ソーシャルディスタンス」と
 
言っていたのが嘘のようですね(笑)

 

 

 
それでは本日のワンフレーズに移りましょう!
 
NEWYou cannot be too careful.NEW
用心に越したことはないよ
 
用心しすぎなくていいよといった直訳にもなるように、そのままでも意味は通じますね。
 
意訳すると上記のような「用心に越したことはないよ」という風になります。
 
しないよりはしたほうがいいよ。という少し回りくどい表現でもあるので、日本人の表現っぽいですね!
 
”can't・・・ too~” という今回の表現はいろんな場合で使えるので、ぜひ覚えておきましょう。
 
「いくら~してもし過ぎではない」となります。
 
後半に"when"などの関係詞や接続詞などを入れてみてもより詳しく説明することができます。
 

 

それでは今回はこの辺でパー

 

”IT ALL DEPENDS ON HOW YOU LOOK AT IT”

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 いつもありがとうございますニコニコ

 

THE EDUCATION TEAM JAPAN 相模原

 日々勉強、日々成長、日々変化 

提携先:

East-Westカナダ留学センター バンクーバーやトロントへの留学をお考えの方はこちら

Qinternationalschool(語学学校,海外ボランティア等)

アメリカのサンディエゴに位置する語学学校です。

日本人の割合も他校に比べ圧倒的に少なく、英語漬けの日々を送り語学の習得に集中できる環境が整っています。

治安も問題なく、送迎サポートなどもあるのでお子様の留学にも最適です。

 

【THE EDUCATION TEAM JAPAN とは】 

 教育サービスを中心として運営しております。

 

【楽しく、続く、そして身につく】

「苦手なところ」「得意なところ」「自宅での勉強方法」

1.レッスン前の確認

2.レッスン(ENGLISH ONLY)

3.レッスン内容の確認(できた場所できなかった場所、新語/新フレーズの確認)

4.レッスン後のFEEDBACK(LINEにて文章でレッスンノート送信)

 

などおスムーズに英会話を習得していくために「英会話力を伸ばす」ことに重点をおき、一緒に身につけていきましょう。

 THE EDUCATION TEAM JAPAN

代表AKIRA

☎080-4920-1991 

LINE: @dli5066d   ⇔クイック返信

✉akirabox1013@yahoo.co.jp 

ホームページ https://www.the-education-team-japan.com

インスタグラム https://www.instagram.com/the_education_team/?hl=ja

ツイッター https://twitter.com/TETJAPAN

フェイスブック https://www.facebook.com/the.education.team/

 
FOLLOW ME→INSTAGRAM←FOLLOW ME
 フォローしてねフォローしてね…
 
ブログをご覧の皆さんこんにちはニコニコ
 
自粛が続いていますが皆さんいかがお過ごしでしょうか。
 
皆さんは一日どのように過ごしていますか?
 
私は今できる仕事は継続し、体力健康維持のために
 
できる限りトレーニングを行っています。

 
ジムなどに行かなくても、目標や目安を設定することでいくらでも
 
トレーニングを行うことは可能です!!
人の居ないところを見つけてトレーニング🏃‍♂️

 
運動も、勉強も、もちろん仕事も全ては
 
IT ALL DEPAENDS ON HOW YOU LOOK AT IT !!
 
器具がなくても代用してできますし、自重でも数えられないほど種類があります^^
 
仕事でも在宅になったからこそできること、現状だからこそ考えられるアイディア。
 
今だからこそできることを今やりましょう。
 
備えあれば憂いなし。台風や地震でもしていたつもりが中々面を食らってしまった方も少なくないと思います。
 
いつでも最悪の状況に備え、想像できることは起こりうるということを胸にこの先も切り抜けていきましょう。
 
さて、おうち時間が続いていることですしまた一つワンフレーズを学んでいきましょう!
 
 
 
 
NEWStay home if it's not essential/urgent.NEW
不要(不急)の外出は控えましょう
 
Refrain from- などで「控える」は表現することが多いと思います。
 
単純に直訳すれば上記refrain fromで「控える」を表現できると思いますが、昨今の状況を考えると
 
「外出せずに家にいること」を意味するので、こちらの表現の方が伝わりやすいかなと思います。
 
stay home 以外にも、stay inside/stay indoorsなどもいいですね!
 
またそのあとのif it's not essentialは不要の、不急の場合だと緊急のというurgentを代わりに使えます。
 
おうち時間を使って使えるフレーズを増やしましょう^_^


オンライン英会話も行っているので、メッセージお待ちしておりますグラサン
Zoom/LINE/SKYPEで!!


それでは今回はこの辺でパー

 

”IT ALL DEPENDS ON HOW YOU LOOK AT IT”

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 いつもありがとうございますニコニコ

 

THE EDUCATION TEAM JAPAN 相模原

 日々勉強、日々成長、日々変化 

提携先:

East-Westカナダ留学センター バンクーバーやトロントへの留学をお考えの方はこちら

Qinternationalschool(語学学校,海外ボランティア等)

アメリカのサンディエゴに位置する語学学校です。

日本人の割合も他校に比べ圧倒的に少なく、英語漬けの日々を送り語学の習得に集中できる環境が整っています。

治安も問題なく、送迎サポートなどもあるのでお子様の留学にも最適です。

 

【THE EDUCATION TEAM JAPAN とは】 

 教育サービスを中心として運営しております。

 

【楽しく、続く、そして身につく】

「苦手なところ」「得意なところ」「自宅での勉強方法」

1.レッスン前の確認

2.レッスン(ENGLISH ONLY)

3.レッスン内容の確認(できた場所できなかった場所、新語/新フレーズの確認)

4.レッスン後のFEEDBACK(LINEにて文章でレッスンノート送信)

 

などおスムーズに英会話を習得していくために「英会話力を伸ばす」ことに重点をおき、一緒に身につけていきましょう。

 THE EDUCATION TEAM JAPAN

代表AKIRA

☎080-4920-1991 

LINE: @dli5066d   ⇔クイック返信

✉akirabox1013@yahoo.co.jp 

ホームページ https://www.the-education-team-japan.com

インスタグラム https://www.instagram.com/the_education_team/?hl=ja

ツイッター https://twitter.com/TETJAPAN

フェイスブック https://www.facebook.com/the.education.team/

 
FOLLOW ME→INSTAGRAM←FOLLOW ME
 フォローしてねフォローしてね…
 
ブログをご覧の皆さんこんにちはニコニコ
 
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染が中々止みませんね。
 
 
日本でも発表されている中ではもう約5000人となってきました。
 
 
しかしあくまでも発表されている中なので、おそらくこの数字の10倍は少なくともいるのではないでしょうか。
 
 
こんな事例2つ(以下)もあるので、メディアで発表されている情報が全てではないことを少しでも理解していただければ。
 
『1つ目』
ある人(子持ちの方)が疑いのある症状が自分にあると思い、病院に行きました。
 
 
友人:「数日前に怪しい症状が出て、昨夜から子供も似たような症状が出てしまったのでコロナ検査してもらえますか」
医者:「2週間以内での海外渡航歴はありますか?」
友人:「ありません」
医者:「では検査することができませんお帰りください」
 
こんな事例も実際にあり、検査してもらえる人も今まではかなり限られていたようです。
 
 
ニュースで「○○県で新たな感染者が出ました」など発表されたり、「〇〇県で感染者数○○人」などの報道もありますが、
 
『2つ目』
実際に現地の医療関係者(親戚)が既に数十人出てると言っていても、ニュース上では全く数に反映されていなかったり。
 
 
とにかくメディアで流れている通りの情報だとイマイチ危機感を覚えないのかもしれません。
 
 
なので、あちこち(海外)にアンテナを張っていないと、そして自分で判断しないといけませんね。
 
 
また、日本でも【緊急事態宣言】が発令されましたが、飲食店やパチンコ店など営業停止にするところがいくつか出ましたが、それ以外は特に今までと変わりがありません。
 
買い出しに行くときの車の交通量の多さ、ニュースで拝見した品川駅の様子。
 
 
危機感の危の字もないほどでした。強制力のない【自粛】、実際には出ようと思えばいつでも出れてしまうわけです。
 
 
他国でお店に入るときも人数制限を設けたり、外出の際に確かな理由がなければ外出してはいけなかったり。
 
 
この強制力があり、早い段階で感染の拡大を広めないように防ぐことができます。
 
 
ただでさえ日本は遅れているというのに、他国で大変な事態を見ているだけで同じような政策を中々実行しません。
 
 
各国で給付金が出ていた一方で日本は「1世帯マスク2枚」だけという話もありましたが、結果給付金も少しは出るようです。
 
しかし!給付金をもらえる人もごく一部で、いろいろな制限を設けて配るようで全国民のことを考えて行っているとは思えません。
 
 
保障がなければ自粛しておくこともできず働きにいかなければならない人も多くいます。
 
 
公務員や大手の正社員は大打撃はあまりないとは思いますが、一般企業の社員やフリーランス、フリーターなどは非常に厳しい日々を送ることとなります。
 
 
先日も、友人が熱などの症状でコロナウイルスの検査を受けることができ(海外渡航歴無し)、徐々に受け入れ数も増えてきたため
制限は減ってきたのでしょう。
 
 
ウイルス感染が全世界で早く収束しますように。政府早く動いて!!
 
 
それでは本日のワンフレーズに移りたいと思います。
 
NEWTake that with a grain of salt.NEW
それを真に受けないで
 
 
一粒の塩??直訳するとそうなりますので、いったい何のことなのか一見難しいですよね。
 
このフレーズは古代ローマについての博物誌での一文が由来ともいわれています。
 
「あるものと、[塩粒]を混ぜてその混交物を口にすればどんな毒でも解毒できると。
 
そこから派生していき、「塩を入れることで受け入れる」→「疑ったうえで物事を考える」となったそうです。
 
よくワンフレーズでは口語表現を紹介していますが、今回のフレーズはどちらかというと文語表現でよく使われています。
 
”Take that with a grain of salt.”の"that"には自分の当てはまる言葉を入れれば表現できるでしょう。
 
 
 
最近はネットが主流になり、偏った情報のみのテレビとは違い色々な情報が自由に流れます。
 
 
自由に発信できるのはいいことですが、誤った情報も沢山あるのが現実です。
 
 
一つの情報を鵜呑みにせずに精査したうえで考えていきましょう。
 
一つの参考にグッ
 
出かけなければいけないときは人との距離をしっかり保ちましょう。お互いのためです!!
 
 
それでは今回はこの辺でパー

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 いつもありがとうございますニコニコ

 

THE EDUCATION TEAM JAPAN 相模原

 日々勉強、日々成長、日々変化 

提携先:

East-Westカナダ留学センター バンクーバーやトロントへの留学をお考えの方はこちら

Qinternationalschool(語学学校,海外ボランティア等)

アメリカのサンディエゴに位置する語学学校です。

日本人の割合も他校に比べ圧倒的に少なく、英語漬けの日々を送り語学の習得に集中できる環境が整っています。

治安も問題なく、送迎サポートなどもあるのでお子様の留学にも最適です。

 

【THE EDUCATION TEAM JAPAN とは】 

 教育サービスを中心として運営しております。

 

【楽しく、続く、そして身につく】

「苦手なところ」「得意なところ」「自宅での勉強方法」

1.レッスン前の確認

2.レッスン(ENGLISH ONLY)

3.レッスン内容の確認(できた場所できなかった場所、新語/新フレーズの確認)

4.レッスン後のFEEDBACK(LINEにて文章でレッスンノート送信)

 

などおスムーズに英会話を習得していくために「英会話力を伸ばす」ことに重点をおき、一緒に身につけていきましょう。

 THE EDUCATION TEAM JAPAN

代表AKIRA

☎080-4920-1991 

LINE: @dli5066d   ⇔クイック返信

✉akirabox1013@yahoo.co.jp 

ホームページ https://www.the-education-team-japan.com

インスタグラム https://www.instagram.com/the_education_team/?hl=ja

ツイッター https://twitter.com/TETJAPAN

フェイスブック https://www.facebook.com/the.education.team/