Akiraの英会話ブログ(勉強法、留学支援、ワンフレーズなど)

Akiraの英会話ブログ(勉強法、留学支援、ワンフレーズなど)

Akiraの英会話ブログです。
ワンフレーズ講座を始め、その日の出来事、留学情報など書いていきます。 East-Westカナダ留学センター, Dream Harvest Pty Ltd(オーストラリア),Q international school(アメリカ)、(フィリピン )



マンツーマンレッスンin 相模原エリア、町田エリア


カナダ、オーストラリアへワーキングホリデーに行きたい方。ご紹介します!


カナダ(East-Westカナダ留学センター)


オーストラリア(Dream harvest Pty Ltd)


フィリピン、アメリカ 語学留学



 
FOLLOW ME→INSTAGRAM←FOLLOW ME
 フォローしてねフォローしてね…
 

サポート料「0円」グローバル留学センター

日本受付窓口はコチラTHE EDUCATION TEAM JAPANのAKIRAが担当です

 
ブログをご覧の皆さんこんにちはニコニコ
 
お久しぶりです、AKIRAですグラサン
 
今回は初歩的な初歩、基礎中の基礎ともいわれる[現在形present tense]について説明していきます!
 
 
動名詞, 不定詞, 動詞, 語, 分詞, 文法, 言語, 英語
 
皆さん[現在形present tense]いくつくらい思い浮かびますか?
 
READY.......GO!!!
 
 
 
 
言語, 学ぶ, 文法単語のクラウド, 動詞, 冠詞、前置詞, 形容詞, 緑学習
 
 
 
go,eat,take,make,bring,watch,use,drink,see,look,watch,know,have,get,wake,give,take,,,is,am,are,,,
 
 
 
 
 
 
どのくらい思いつきましたか??
一般動詞はたくさん知っていると思うので沢山出てきますよね!
 
 
さてそれを文章にするときにいったいどうやって使っているでしょうか
 
 
早速例文を使ってみていきましょう!
 
ご飯, 丼鉢, 箸, 食物, お食事, 健康, アジア人, 料理, 皿
I eat rice.
 
 
すごく簡単な文章が出てきました!皆さん意味は分かりますか?
 
 
「私はご飯を食べます」
 
 
日本語にするとこんなところでしょうか
 
 
さてここでポイントなのが[現在形present tense]という言葉です。
 
 
[現在形present tense]とは厳密にどのようなことを表しているでしょうか
 
 
[現在進行形present continuous]と似たようなものもありますよね
 
 
[現在形present tense]だから現在のことだけに焦点がおかれていると思ったら大間違い。
 
 
まさに今行われていることについては[現在進行形present continuous]で表します。
 
 
現在形で表すことは主にこのようなことです
 
 
【習慣、事実、法則】
単調, 社会人, 日, どんなに, ルーティーン, 実業家, 時計, 時間
 
 
つまりここからわかる通り、[現在形present tense]では現在のことだけでなく、未來・過去のことも含みます。
 
 
現在のことを現在形を使ってもおかしくならず表現できるのは知覚動詞や状態などについてとなってきます。
 
 
過去とも現在とも未来とも言えないこと、過去現在未來で安定していつも起こること
 
 
先ほど挙げた例文の、I eat rice.などは習慣ですね。
 
もう少し自然な文章にするとI eat rice everyday.とするとより習慣のことを言っているんだとわかると思います。
 
I know him. は「彼を知っている」という状態のことで過去でも現在でも未来でも「知っている」ということが言える。
 
 
現在形という言葉だけに惑わされないように、【例文】を理解したうえで使い方を覚えていきましょう!
 
 
英語≠日本語
 
 
脳, マインド, マインドフルネス, 意識的, 目を覚まし, 気がついて, 瞑想
 
 

考える力、養っていきましょう

"It all depends on how you look at it."
 
 

それでは今回はこの辺でパー

 

”IT ALL DEPENDS ON HOW YOU LOOK AT IT”

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 いつもありがとうございますニコニコ

 

THE EDUCATION TEAM JAPAN 相模原

 日々勉強、日々成長、日々変化 

 

 

サポート料「0円」グローバル留学センター

日本受付窓口はコチラTHE EDUCATION TEAM JAPANのAKIRAが担当です

 

East-Westカナダ留学センター バンクーバーやトロントへの留学をお考えの方はこちら

 

 

【THE EDUCATION TEAM JAPAN とは】 

 教育サービスを中心として運営しております。

 

 

メモ英語日記添削メモ

テレビオンライン英会話テレビ

会員募集中

教科書を使わない超実践型英会話!!

 

 

 

【楽しく、続く、そして身につく】

「苦手なところ」「得意なところ」「自宅での勉強方法」

1.レッスン前の確認

2.レッスン(ENGLISH ONLY)

3.レッスン内容の確認(できた場所できなかった場所、新語/新フレーズの確認)

4.レッスン後のFEEDBACK(LINEにて文章でレッスンノート送信)

 

などおスムーズに英会話を習得していくために「英会話力を伸ばす」ことに重点をおき、一緒に身につけていきましょう。

 THE EDUCATION TEAM JAPAN

代表AKIRA

☎080-4920-1991 

LINE: @dli5066d   ⇔クイック返信

✉akirabox1013@yahoo.co.jp 

ホームページ https://www.the-education-team-japan.com

インスタグラム https://www.instagram.com/the_education_team/?hl=ja

ツイッター https://twitter.com/TETJAPAN

フェイスブック https://www.facebook.com/the.education.team/キラキラキラキラキラキラ

 
FOLLOW ME→INSTAGRAM←FOLLOW ME
 フォローしてねフォローしてね…
 
ブログをご覧の皆さんこんにちはニコニコ
 
お久しぶりです、AKIRAですグラサン




 
このブログをご覧になっている皆さんはおそらく英語を学んでいる方が多いと思います
 
今回は英会話(英語)学習の基盤である【言語習得】について触れていきたいと思います。
 
 
【言語習得】
人間が生後比較的短い時間のうちに自分の母語を操れるようになる過程。能力や環境によって個人差があるが,普通1歳半ぐらいまでに一語文を発し,その後二語文,三語文の時期を経て,6歳ころまでにはほぼ完全な文法を習得する。言語習得の研究には経験論と理性論の2つの立場がある。経験論的な立場では,子供は周囲の人々の話す言葉を聞いて模倣する刺激-反応の経験を積み重ね,その習慣化と類推を通じて後天的に言語を習得していくものと考える。しかし子供が接する言葉はすべての文法規則を網羅した完全なものではありえない。それにもかかわらずきわめて複雑な文法をごく短期間で習得できることから,理性論的な立場に立つ人々は,生まれながらに人間が持つ言語習得能力の存在を仮定する。すなわち言語にはすべてに共通する普遍的な言語特性が存在し,人間はそれを組み込んだ言語習得装置を生得的に所有している。それが生後周囲の言葉に接することで活性化され,それぞれの個別言語の文法が得られることになるとする立場である。                      ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典より
 
以上のように「自分の母語を操れるようになる過程」とされるように不自由なくその言語を使うことを指します
 
では今このブログを読んでいる皆さんも母国語の言語習得の過程を一通り終えられているわけです。
 
 
「喋れて、読めて、書けて、聞けて」
 
言語習得の仕方は実はみんな分かっているわけです。しかしみんなどうやって習得してきたかには目を向けません。
 
そこが一番の第二言語習得においてネックになってきます。
 
第二言語を習得するための勉強はもちろん母国語以外でコミュニケーション取る上では欠かせません
 
しかし勉強以前に、「どうやって母国語をみにつけたかここに着目する必要があります。
赤ちゃん, 男の子, 電話, 子供, コミュニケーション, 可愛い, 式, 顔
ここに気づけて初めて効率よくスムーズに「第二言語習得」が行えます。
 
ただ勉強するだけでは、「文法、発音、文字」などいろいろな壁にぶち当たることでしょう
 
さて、では私たちが多くやってきている「英語」についてみていきましょう
勉強, 言語, 英語, 文章, 書き込み, 国旗, アメリカ, 米国
日本に住んでいる人の多くが第二言語として「英語」を学んでいきます。
 
最近は小学生からも導入されていますが、以前は中学生からでした。(小学生から導入されているもののそこまで効果は変わりません)
 
しっかり「勉強科目」として導入はいずれにしても中学生からです。
 
中学校, トレーニング, 学校, 研究, 建物, キャンパス, 建築, 大学
 
中学生の時に私たちは何から学びましたか?文法、My name is ~ I like~
英語に最初に触れたのはいつですか?➡小学生の頃のパソコンでタイピングの
時に必要なアルファベット(ローマ字)を覚えたところがスタートかと

では、私たちが赤ん坊のころから今に至るまでで最初に何を行ってきたでしょうか

発達, 進化, デザイン, 男, 階段, クライマックス, 天頂, 逆, 物語
  • 【0〜1歳】喃語
  • 【1歳〜1歳6ヶ月頃】一語文
  • 【1歳6ヶ月〜2歳頃】二語文
  • 【2歳〜2歳6ヶ月頃頃】三語文
  • 【2歳6ヶ月〜3歳頃】模倣
  • 【3歳〜4歳頃】複文
  • 【4歳〜5歳頃】コミュニケーション
  • 【5歳〜6歳頃】物語
おおよそ以上のような流れで覚えていくのが一般的だと思います。
 
私たちは大人(赤ちゃんではないので)なので喃語はおいといて、1語文―3語文などになっていく上で【文法】はいつ覚えていますか?
 
1語で発話して、2語の流れがわかってきて、さらにプラスアルファで3語と詳しく話すことができるようになってきます。
 
想像力, 創造性, お絵かき, ペインティング, 黒と白, 男の子, 草原
 
興味のあるものや親や周りにいる人たちの発してる言葉などを真似することから始まり、ニュアンスで理解していきます。
 
言語はニュアンスで理解していくのに、日本の英語教育のように文法から学び始めていくと
 
「文法を考えながら言葉や意味を選んで、テストのための勉強(として覚えている)だから間違えてはいけない、完璧な文を作ろう」
Session, Science, Pictogram, Fatigue
 
となり中々発話にはハードルが高くなってきますし、工程が多すぎます。
 
 
まずは最低限の単語(名詞、動詞)を知ること、そしてそれをとにかく使ってみる
 
参考にする文章があればそれを繰り返し使ってみる
 
言語習得の上で不可欠なのが「使用する」ことです
 
重要です, ゴム印, インプリント, エクスクラメーション・マーク
 
学校の勉強のように、読み書きや聞くことだけでは中々習得をすることはできません。覚える(暗記)ことはできるとは思いますが使えません
 
ここで言う「使う」は「話す」です。よく英語の技能としてあげられる4パートがありますが
 
SPEAKING(話す)
READING(読む)
WRITING(書く)
LISTENING(聞く)
 
このうち学校で取り組んでいるのは
Children, Bench, Sunset, Village
SPEAKING(話す)
READING(読む)
WRITING(書く)
LISTENING(聞く)
実はこの3つだけなのです。
 
皆さんご存知でしたか?いわゆる「英会話」というものがほとんどありません。
 
私の記憶上も覚えているのは暗記したものを交互に言っていくみたいなマニュアル化されたようなものだけです。
 
ノート, メモ帳, パッド, 論文, 覚えて, リマインダー, 文章, タイプ
 
強いて言うならば自己紹介の文章くらいでしょうか、自分で考えて話したものは。
 
しかしその自己紹介すらもある程度のテンプレートがあり、そこに自分の必要な単語を当てはめるだけです。
 
「話す」ことは「読む」などとは違い、「自ら考えて声に出して言う、互いに言葉を交わす、会話をする」です。
 
Logos, Brain, Smart, Thought, Profile

【自分のことを表現すること】、これがいくら勉強して頭に入っていても(インプットしても)、話すこと
(アウトプットする)がほとんどないため多くの人が苦手なわけです。
 
アウトプット沢山してるけど話せないという人も良くいますが、アウトプットはしているがその方法が「書き出し」であることが原因です。
 
アウトプットを「話す」という方法で行っていれば確実に話せるようになっているでしょう。(笑)
 
Susan M. Gass(1997~2013)が提唱した認知モデルがとても有名で、「言語習得」には以下の4
つのプロセスがあると捉えています。
見る, 目, 洞察, 女性, フレーム, 手, 指, 切り取る, 視点

 

  1. 気づき(noticing)
  2. 理解(comprehension)
  3. 内在化(intake)
  4. 統合(integration)
1.気づき:意識的に見たり聞いたりするもので、短期記憶に落とされる。
2.理解:2種類あり、単語の意味の理解(浅い) 、文の構造上どうやって使われているか
3.内在化とは理解した内容を自分の「中間言語」へ落とし込むというステップ
4.統合: 言語の知識が長期記憶に保持され、瞬間的にアウトプットする
 
これら4つの気づきを得ていくためには、日常から英語に対しての意識を上げてくることが必須になってきます。
 
集中, インスパイヤ, インスピレーション, 瞑想, ポジティブ, 聞く
 
人それぞれ意識のあげ方があると思います。無理のない範囲で、自分ができることから始めてみましょう。
 
身の回りのものを英語で考えるようにしてみたり、日記を書いてみたり、スケジュール帳を英語で書いてみたり。
 
少しレベルアップですと、実際に英語を話す場を作ってみたりですね。
 
オンライン英会話を使うもよし、自分だけでやる場合には独り言もよし
 
いかに英語に触れておくか。私たちが普段母国語を忘れないのは日々「これでもかっ」というほど使用し、母国語で考えているからです。
 
「母国語だから忘れないでしょう~、当たり前」と思われる方もいるかもしれませんが、今していることをずっとやめたらどうでしょうか。
 
 
当たり前にできていることが実は奥深く大切なものだと気付けるはずです。
 
モノゴト全てにおいて言えることですが、教わるより慣れろ、いや「気づき」だと私は思っています。
 
「気づき」で多くのことが理解でき自ら選択していくことができます。「教わる」ことは人さえいれば誰でもできます。
 
「気づき」は真摯に向き合ってのみ出てきます。当たり前を疑ってみると新しいことが見えてくるかもしれませんね。
 
考える力、養っていきましょう
"It all depends on how you look at it."
 
 

それでは今回はこの辺でパー

 

”IT ALL DEPENDS ON HOW YOU LOOK AT IT”

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 いつもありがとうございますニコニコ

 

THE EDUCATION TEAM JAPAN 相模原

 日々勉強、日々成長、日々変化 

 

 

サポート料「0円」グローバル留学センター

日本受付窓口はコチラTHE EDUCATION TEAM JAPANのAKIRAが担当です

 

East-Westカナダ留学センター バンクーバーやトロントへの留学をお考えの方はこちら

 

 

【THE EDUCATION TEAM JAPAN とは】 

 教育サービスを中心として運営しております。

 

 

メモ英語日記添削メモ

テレビオンライン英会話テレビ

会員募集中

 

 

【楽しく、続く、そして身につく】

「苦手なところ」「得意なところ」「自宅での勉強方法」

1.レッスン前の確認

2.レッスン(ENGLISH ONLY)

3.レッスン内容の確認(できた場所できなかった場所、新語/新フレーズの確認)

4.レッスン後のFEEDBACK(LINEにて文章でレッスンノート送信)

 

などおスムーズに英会話を習得していくために「英会話力を伸ばす」ことに重点をおき、一緒に身につけていきましょう。

 THE EDUCATION TEAM JAPAN

代表AKIRA

☎080-4920-1991 

LINE: @dli5066d   ⇔クイック返信

✉akirabox1013@yahoo.co.jp 

ホームページ https://www.the-education-team-japan.com

インスタグラム https://www.instagram.com/the_education_team/?hl=ja

ツイッター https://twitter.com/TETJAPAN

フェイスブック https://www.facebook.com/the.education.team/キラキラキラキラキラキラ

 
FOLLOW ME→INSTAGRAM←FOLLOW ME
 フォローしてねフォローしてね…
 
ブログをご覧の皆さんこんにちはニコニコ
 
お久しぶりです、AKIRAですグラサン
 
 
2020年9月から開講しました
 
 
カラーパレット【こどもアート英会話教室ARTish】カラーパレット
 
 
 
おかげさまで1周年を迎えることができました乙女のトキメキ


 
 
コロナ禍での開講でいろいろと不安はありましたが、子どもたちも楽しく通ってくれていますおねがい
 
 
状況も状況なので無理なくスローに進めていますが、現状と合わせて徐々に広げていけるように準備も様々しております照れ

 
最近ではコロナ禍の状況で中々子どもたちも”PARTY”というものに触れることができていないので、人数を限定したりクラス内で”MINI PARTY”を開くようにしましたニコニコ
 
 
アート英会話ということで、グローバルな視野を養うためにも海外や海外の文化を知ることはとても重要なことです。
 
 
クラス内でも毎月、海外の文化に触れたアート作品や英語のフレーズなどを使って自然と海外の情報に触れていきますビックリマーク
 
 
今回は少し写真などで様子をご紹介したいと思いますグラサン

🎃“Halloween party”🎃
↓是非フォローも↓
よろしくお願い致します😊

 



※縮小版コチラにも貼っておきました🤲
















 
 
 

 

 

それでは本日のワンフレーズに移りましょう!
 
 
NEWHAPPY HALLOWEEN.NEW
🎃ハッピーハロウィン🎃
 

日本にハロウィンが浸透してもまだ浅いので特にこれといった訳はありませんが、その名の通り「ハッピーなハロウィンだーー!」みたいな感じですね✨


誕生日の時も”happy birthday”と言いますよね🤲
似たような使い方と覚えておきましょう‼️
 
 
 

それでは今回はこの辺でパー

 

”IT ALL DEPENDS ON HOW YOU LOOK AT IT”

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 いつもありがとうございますニコニコ

 

THE EDUCATION TEAM JAPAN 相模原

 日々勉強、日々成長、日々変化 

提携先:

East-Westカナダ留学センター バンクーバーやトロントへの留学をお考えの方はこちら

Qinternationalschool(語学学校,海外ボランティア等)

アメリカのサンディエゴに位置する語学学校です。

日本人の割合も他校に比べ圧倒的に少なく、英語漬けの日々を送り語学の習得に集中できる環境が整っています。

治安も問題なく、送迎サポートなどもあるのでお子様の留学にも最適です。

 

【THE EDUCATION TEAM JAPAN とは】 

 教育サービスを中心として運営しております。

 

【楽しく、続く、そして身につく】

「苦手なところ」「得意なところ」「自宅での勉強方法」

1.レッスン前の確認

2.レッスン(ENGLISH ONLY)

3.レッスン内容の確認(できた場所できなかった場所、新語/新フレーズの確認)

4.レッスン後のFEEDBACK(LINEにて文章でレッスンノート送信)

 

などおスムーズに英会話を習得していくために「英会話力を伸ばす」ことに重点をおき、一緒に身につけていきましょう。

 THE EDUCATION TEAM JAPAN

代表AKIRA

☎080-4920-1991 

LINE: @dli5066d   ⇔クイック返信

✉akirabox1013@yahoo.co.jp 

ホームページ https://www.the-education-team-japan.com

インスタグラム https://www.instagram.com/the_education_team/?hl=ja

ツイッター https://twitter.com/TETJAPAN

フェイスブック https://www.facebook.com/the.education.team/キラキラキラキラキラキラ

 
FOLLOW ME→INSTAGRAM←FOLLOW ME
 フォローしてねフォローしてね…
 
ブログをご覧の皆さんこんにちはニコニコ

 

 

8月からOPENした[こどもアート英会話教室ARTish】]もあっという間に半年を迎えました!
 
 
コロナ禍でのOPENとなり、不安要素はもちろんありましたが感染対策に注意して徐々に進めていくことができました。
 
 
コロナ禍だからこそ少人数でのクラスに集中的に取り組めています。
 
 
 
初めての【英会話】【アート】のクラスのコラボレーションNEWキラキラ
 
 
 
取り組む内容などは決まっているものの【英会話教室】として【アート教室】としてはお互いの分野に関しては無知なので、協力しながら試行錯誤をしていき段々と形になっていきました。
 
 
 
一番の目的として【楽しんで参加してもらう】というのがどちらの教室にもあり、元々の目的が一致していたので共通の目的の為に自然とクラス内容を考えていくことができました。
 
 
お互いが素人目線で意見を言い合うことができるので、毎日がいい刺激になっています。
 
 
 
英会話だけでは得られないもの、アートだけでは得られないものが二つをミックスさせて行うことで同時に学ぶことができます。
 
 
 
そのため子ども達も楽しんで通うことができますし、親御さんにとっても【楽しく英会話を学べる】という点に非常に興味を持っていただいています。
 
 
 
親御さん達からの声をいくつか紹介致します。
 
拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手
 
Aさん(3年生)
こんなに楽しんで通っている習い事は初めてです。家に帰ってくると「今日はねこれを作ってね、こんな英語覚えたよ」などたくさん説明してくれます。毎回わくわくして家を出かけていきます!これからもよろしくお願いします。
 
拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手
 
Bさん(5歳)
家で英語に触れさせても中々やる気になってくれず困っていましたが、こちらに通うようになってからは家でも自分から英語に触れるようになり、覚えたことなどを自慢げに言うようになってるくらいです(笑)
 
拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手
 
Cさん(1年生)
英語を習わせたいというのは前から思っていたのですが、行こうといっても中々行ってくれなかったのですがモノづくりが好きなので始めは【アート教室】に遊びに行こうと言っていました(笑)そして体験を受けてみると私が思っている以上に楽しんでくれて、「来週も行こう!」と言ってくれたので即入会しました!
 
拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手
 
Dさん(6歳)
子どもは全然絵を描くのとか苦手だと思っていたし、英語にも関心がなく全然わからないと思っていましたが全くの勘違いだったことが気づけました。私のいないところではこんなことをしているんだ。こんなことができるようになっているんだ。など驚きの連億です。クラスでの様子を毎回プリントでいただけますし、お迎えに行ったときに様子をお話ししていただけるので安心して預けることができます.
 
拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手
 
上記のように様々な角度から嬉しいお言葉をいただいていますウインクチョキ
 
一番に求めている「子どもたちが楽しむこと」に対する声がたくさんあるので、非常に遣り甲斐がありますし同時に「もっと楽しみ続けてもらおう」と向上心も芽生えます!
 
 
 
 
 
いま、日本でも徐々に話題になってきている【STEAM教育】
 
 
かつてはSTEM教育でしたが、近年Aのアートが加わってきたのも今回のコラボレーション企画のきっかけです。
 
 
知識だけでなく、よりクリエイティブな子どもたちの【知る】と【作る】探求と創造を繰り返し、分野横断的な学びが得られます!
 
 
・物事を様々な面から捉えたり、解決する力
・新しいモノ(価値)を創造する力
・自ら課題を見つける力、考える力
 
 
 
今までは習い事では知識を身につけるものが多かったことと思います。(スポーツなどは別)
 
 
そんな中で
 
英語」ではなく「英会話」
美術」ではなく「アート」
 
一見、従来と変わらないと思うかもしれませんが、
 
 
「英会話」では英語を身につけるのはもちろん、それよりも重要なのは
 
 
【コミュニケーション】能力
 
 
「アート」ではただのモノづくりや絵画を上手に作るのではなく
 
【想像力、創造力、思考力】
 
これらに力を入れております!!
 
 
現代人に不足しがちな
 
【コミュニケーション能力や自ら考える力】
 
 
を養える習い事とも言えるでしょう!
 
 
その2つの習い事が一つになった
 
【🎨アート英会話🎨】
 
 
少し気になってきたのではないでしょうかウインク
 
 
体験は随時受け付けていますし、各地方でのワークショップなども受け付けておりますのでお気軽にお声掛けくださいグラサン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ARTish-こどもアート英会話教室-


Artwork COLORS×THE EDUCATION TEAM JAPAN


【目的】
 
アートでクリエイティブな創造性豊かに育つと同時に、世界共通語と言われている英語(必修にもなってきた)を楽しく、勉強という枠を飛び越えた一つの【コミュニケーションの手段】として社交性や協調性を養っていく。
大人でも続けるのが難しい(英会話)英語を楽しく続けられるアート英会話☆彡


「アートだけ習わせるのが不安な方」
「英会話だけ習わせるのが不安な方」


同時に学び楽しく続く!!
 

・アートは「楽しみ」で継続的にというより都度で満足していく方が大多数。
・英会話は「勉強」ということで継続していけば身につくものの、続けることが難しい。
➡両方を合わせることで相互の不安点を補えるとともに、効率よく且つ楽しんで身につけられるアクティビティ。
 
キラキラチョキ楽しく、身につくチョキキラキラ


【ARTishだからこそ得られるもの】
 
 『話す、伝えるという力』個性豊かなコミュニケーション力を養うことができます。

今までの学校教育での英会話(現段階でも多くは)では、【話す】という練習を学校の授業で行わないため、長い人では10年間(中学校3年間、高校3年間、大学4年間)勉強しているのにも関わらず不自由なく話せる人はほとんどいません。
アート作りを行いながら英会話をすることで、『話す、伝える』に特化したアクティビティを【アート】と共に行っていくことで学校では身につかない活きた英語力と独創性をを身につけていくことができます。
コミュニケーションが増えることで考える幅が増える。STEAM教育により活きる。

自然な英語フレーズなどを交えて、英語に触れてコミュニケーションを図り、同時にクリエイティブなモノづくりを行います!!


ご参加お待ちしております!

 

 

それでは今回はこの辺でパー

 

”IT ALL DEPENDS ON HOW YOU LOOK AT IT”

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 いつもありがとうございますニコニコ

 

THE EDUCATION TEAM JAPAN 相模原

 日々勉強、日々成長、日々変化 

提携先:

East-Westカナダ留学センター バンクーバーやトロントへの留学をお考えの方はこちら

Qinternationalschool(語学学校,海外ボランティア等)

アメリカのサンディエゴに位置する語学学校です。

日本人の割合も他校に比べ圧倒的に少なく、英語漬けの日々を送り語学の習得に集中できる環境が整っています。

治安も問題なく、送迎サポートなどもあるのでお子様の留学にも最適です。

 

【THE EDUCATION TEAM JAPAN とは】 

 教育サービスを中心として運営しております。

 

【楽しく、続く、そして身につく】

「苦手なところ」「得意なところ」「自宅での勉強方法」

1.レッスン前の確認

2.レッスン(ENGLISH ONLY)

3.レッスン内容の確認(できた場所できなかった場所、新語/新フレーズの確認)

4.レッスン後のFEEDBACK(LINEにて文章でレッスンノート送信)

 

などおスムーズに英会話を習得していくために「英会話力を伸ばす」ことに重点をおき、一緒に身につけていきましょう。

 THE EDUCATION TEAM JAPAN

代表AKIRA

☎080-4920-1991 

LINE: @dli5066d   ⇔クイック返信

✉akirabox1013@yahoo.co.jp 

ホームページ https://www.the-education-team-japan.com

インスタグラム https://www.instagram.com/the_education_team/?hl=ja

ツイッター https://twitter.com/TETJAPAN

フェイスブック https://www.facebook.com/the.education.team/

 

 
FOLLOW ME→INSTAGRAM←FOLLOW ME
 フォローしてねフォローしてね…
 
ブログをご覧の皆さんこんにちはニコニコ

 

 

8月から[こどもアート英会話教室ARTish】]をオープンしました!
 
 
ARTish-こどもアート英会話教室-

Artwork COLORS×THE EDUCATION TEAM JAPAN


【目的】
 
アートでクリエイティブな創造性豊かに育つと同時に、世界共通語と言われている英語(必修にもなってきた)を楽しく、勉強という枠を飛び越えた一つの【コミュニケーションの手段】として社交性や協調性を養っていく。
大人でも続けるのが難しい(英会話)英語を楽しく続けられるアート英会話☆彡


「アートだけ習わせるのが不安な方」
「英会話だけ習わせるのが不安な方」


同時に学び楽しく続く!!
 

・アートは「楽しみ」で継続的にというより都度で満足していく方が大多数。
・英会話は「勉強」ということで継続していけば身につくものの、続けることが難しい。
➡両方を合わせることで相互の不安点を補えるとともに、効率よく且つ楽しんで身につけられるアクティビティ。
 
キラキラチョキ楽しく、身につくチョキキラキラ


【ARTishだからこそ得られるもの】
 
 『話す、伝えるという力』個性豊かなコミュニケーション力を養うことができます。

今までの学校教育での英会話(現段階でも多くは)では、【話す】という練習を学校の授業で行わないため、長い人では10年間(中学校3年間、高校3年間、大学4年間)勉強しているのにも関わらず不自由なく話せる人はほとんどいません。
アート作りを行いながら英会話をすることで、『話す、伝える』に特化したアクティビティを【アート】と共に行っていくことで学校では身につかない活きた英語力と独創性をを身につけていくことができます。
コミュニケーションが増えることで考える幅が増える。STEAM教育により活きる。

【ARTishで使っていくフレーズの例】
形: Shapes(circle/square/triangle/rectangle/star/heart)
挨拶:(Hello/How are you/See you)適当に状況に応じて自然に使える
質問:(What is this?/What is next?/Do you have~?)疑問に思った時にはすぐに聞けるよう
発言:(I’m done/I want~/I think~/It’s cool/It’s cute)現在の状態をシンプルに伝える

自然な英語フレーズなどを交えて、英語に触れてコミュニケーションを図り、同時にクリエイティブなモノづくりを行います!!


ご参加お待ちしております!

以下の日程で『体験&説明会』を実施致します。

こちら8月から淵野辺のオフィスにてオープン決定いたしました!

8月は体験会を含め、後半から通常レッスンを行っていきますので

体験会への参加申し込みお早めに!

※予約状況

8/12(水)

13:00-14:00  ☆ 0人☆

15:00-16:00枠 ☆ 2人 ☆



8/13(木)

10:00-11:00 ☆ 2名 ☆

15:00-16:00 ☆ 3名 ☆


8/19(水)

13:00-14:00 ☆ 2名 ☆

15:00-16:00 ☆ 2名 ☆

8/22(土)

10:00-11:00 ☆ 2名 ☆

11:10-12:10 ☆ 0名 ☆

8/23(日)

10:00-11:00 ☆ 0名 ☆

11:10-12:10 ☆ 1名 ☆

※8/1現在​




 

それでは今回はこの辺でパー

 

”IT ALL DEPENDS ON HOW YOU LOOK AT IT”

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 いつもありがとうございますニコニコ

 

THE EDUCATION TEAM JAPAN 相模原

 日々勉強、日々成長、日々変化 

提携先:

East-Westカナダ留学センター バンクーバーやトロントへの留学をお考えの方はこちら

Qinternationalschool(語学学校,海外ボランティア等)

アメリカのサンディエゴに位置する語学学校です。

日本人の割合も他校に比べ圧倒的に少なく、英語漬けの日々を送り語学の習得に集中できる環境が整っています。

治安も問題なく、送迎サポートなどもあるのでお子様の留学にも最適です。

 

【THE EDUCATION TEAM JAPAN とは】 

 教育サービスを中心として運営しております。

 

【楽しく、続く、そして身につく】

「苦手なところ」「得意なところ」「自宅での勉強方法」

1.レッスン前の確認

2.レッスン(ENGLISH ONLY)

3.レッスン内容の確認(できた場所できなかった場所、新語/新フレーズの確認)

4.レッスン後のFEEDBACK(LINEにて文章でレッスンノート送信)

 

などおスムーズに英会話を習得していくために「英会話力を伸ばす」ことに重点をおき、一緒に身につけていきましょう。

 THE EDUCATION TEAM JAPAN

代表AKIRA

☎080-4920-1991 

LINE: @dli5066d   ⇔クイック返信

✉akirabox1013@yahoo.co.jp 

ホームページ https://www.the-education-team-japan.com

インスタグラム https://www.instagram.com/the_education_team/?hl=ja

ツイッター https://twitter.com/TETJAPAN

フェイスブック https://www.facebook.com/the.education.team/