大和市・藤沢市実戦空手道場 KENSEIKAN館長BLOG



       国際福祉空手道連盟 拳成館



拳成館空手とは・・・


あくまで、“強く成る為の空手”の本分を貫きつつ、健常者のみならず、障がい者も子供から壮年まで


老若男女問わず誰でも出来る空手の普及を志し今日まで参りました。殺伐とした時代に、白い道着に


身を包み無心になって汗をかく、そこには実戦武道空手のみぞ持つ言い訳やごまかしの効かない「真実」


が有ります、心技体、極めんとする道の中で本当の優しさを持てる本当に強い人間形成の一端を担えれ


ばと考えます。さあ、明日とは言わず今日からあなたも一緒に一歩を踏み出しましょう。


             無料体験入門、常時受け付け中!!


 $大和市実戦空手道場 KENSEIKAN館長BLOG


    

 

       


 $大和市実戦空手道場 KENSEIKAN館長BLOG


 


     INTERNATIONAL WELFARE KARATE FEDERATION KENSEIKAN


            TELお問い合わせ 電話 045-715-9096
 

     心 技 体




★拳成館NEW公式ホームページ!見学、入門のお問い合わせは

    こちらから下記URをクリックして下さい。 http://www.kenseikankarate.jp/


    ★拳成館、動画をまとめて見ることが出来ます。目


         http://www.youtube.com/user/bosskurosawa3851?feature=mhum

      

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

児童養護施設について・・・

先日、公開させて頂いた横浜キワニスクラブ講演会の動画に補足

させて頂く形になりますが、以下は、『神奈川県児童福祉施設協議会 書記会』

のHP序文の抜粋となります。まさに当事者レベルで考える、出来る事から始める、

その意味では、少なくとも先ずは知ることからだと考え掲載させて頂きました。

このブログは政治的な事、宗教的な事他、偏った考えを押し付ける場だとは

考えておりませんが、社会問題を提議し一人でも多くの方が考えるきっかけに

して下さることを願います。

児童養護施設とは!
児童養護施設は、日本中の全ての子どもたちが、家庭の事情で入所するかも知れない場所です。「自分たちとは関係のない場所だ」と考えている方がいたら、認識を見直すべきでしょう。
あなたは、今の幸せが、いつまでも続くと未来を予測することが出来ますか。
もしかしたら、交通事故や災害で、命を落とすかも知れません。経済的に破綻するかも知れません。離婚の危機に見舞われるかも知れません。重い病気を患うかも知れません。虐待をするかも知れません。
未来は、何が起こるか分かりません。何かの事情で、どうしても子育てが出来なくなったとき、あなたの代わりに子育てを担ってくれるのが児童養護施設です。
児童養護施設は、あなたと全く関係のない福祉施設ではないのです。母子家庭や父子家庭の子どもたちもいます。経済的な理由、病気による入院、刑事事件等による収監、保護者の死亡や行方不明等の子どもたちもいます。DVや虐待が日常的に行われていた家庭の子どもたちもいます。あなたの未来に、このような事情が絶対起きることはないと確信できるでしょうか。
児童養護施設は、子育てを家庭だけではなく、社会として担っていこうとの「社会的養護」の働きを実践している場所なのです。つまり、児童養護施設だけに子育てを任せるのではなく、社会として、子どもたちを愛していくことが大切な事なのです。
児童養護施設は、税金により運営されています。つまり、経済的に他人事ではないのです。あなたが納めた税金が関わっています。同じ、児童福祉施設として保育所がありますが、多分、こちらは利用する人も多く、身近な存在でしょう。利用するためには、利用料も必要です。児童養護施設も、児童入所施設徴収金が所得税額に応じて保護者から徴収されています。つまり、児童養護施設も保育所も児童福祉施設であることに変わりありません。ただ、圧倒的に保育所の利用者が多いだけなのです。
究極の状況を思い浮かべてみましょう。それは、あなたが子育て中に何かの事故で夫婦とも亡くなってしまったと想像してください。あなたのお子さんは、どうなりますか?育ててくれる親がいなくなり餓死してしまいますか。あなたの身内や親戚で、自分亡き後、我が子を育ててくれる方はいますか。核家族化が進んでいる現在、更に自分の家族が生きていくのに精一杯の中で、それでも、我が子を育ててくれる身内や親戚が確実に存在すると確信が持てますか。反対のことを考えてみましょう。あなたの身内や親戚でご不幸があったとき、あなたは、そのご家庭のお子さんを我が子同然に子育てをすることが出来ますか。
現在の日本社会では、そのような状況のお子さんが、路頭に迷ったり、餓死したりすることはありません。義務教育なども確実に受けることが出来ます。それは、何故か、福祉施策があるからです。身内や親戚の方など、どうしても引き取り先が見つからなければ、児童養護施設等の福祉施設が、あなたに変わって、子育てを担ってくれる。それが福祉なのです。

児童養護施設の子どもたちは!
日常的に起こるDV、我が身に降りかかる虐待などで、ごく稀に自分で希望して児童養護施設に入所してくる子どもたちもいますが、殆どの子どもたちは、望まずして入所してきます。いわゆる大人の都合で、いつのまにか、児童養護施設での生活を余儀なくされているのです。
児童養護施設において子どもたちは、日本国憲法第二十五条「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」を根拠に、児童福祉法の規定に基づき定められた児童福祉施設最低基準第2条「最低基準は、児童福祉施設に入所している者が、明るくて、衛生的な環境において、素養があり、かつ、適切な訓練を受けた職員(児童福祉施設の長を含む。以下同じ。)の指導により、心身ともに健やかにして、社会に適応するように育成されることを保障するものとする。」により、衣食住は勿論のこと、育成されることを保障されています。
そのため、児童養護施設に入所したことで、不幸な生活を強いられることはありません。食生活は、栄養士によって立てられた献立により、年齢に応じたバランスの取れた栄養を吸収し身体的成長を促しています。栄養士は、食育に工夫を凝らすと共に、楽しい食事時間を過ごせるように献立にも工夫を凝らしています。また、食材についても、入手経路を明確にし安全安心な食材を選択しています。子どもたちの子育てを担う職員は、常に子どもたちと食事を共にします。要するに子どもが冷めた食事を一人寂しく食べる瞬間は、殆どありません。食生活については、一般家庭より豊かな状況と言えるのかもしれません。
衣類については、昭和時代は、寄贈品としていただいた中古衣料を子どもたちに提供することもありましたが、平成の世では、衣類購入の予算を割当て、新品の衣類を子どもたちに提供しています。幼い子どもたちは、職員が単独で購入することもありますが、ある程度の年齢の子どもたちについては、一緒に買い物に行ったり、高学齢の子どもたちは、自分で買い物に行くこともあります。高級な衣服を買いそろえることは出来ませんが、必要最低限の衣類は、新品により揃えられるのです。もちろん、洗濯も、洗濯機が毎日4回5回も稼働し、常に衛生面にも気を配っています。高学齢の子どもは、下着など自分で洗濯機をまわすなど日常的な光景です。
住環境は、昭和50年代以前に建てられた児童養護施設が建て替えを進めており、国は、小規模ユニットケアを推奨しています。いわゆる、5LDK程度の間取りの一戸建てまたは、マンション型の住まいに6名~8名程度の子どもたちが生活する形式です。兄弟姉妹の多い戦前の日本の家庭を思わせる家庭環境と言えます。それでも、寮生活のような集団的な生活環境ではなく、より一般家庭に近似した生活環境と言えます。昨今の児童養護施設の住環境は、機能面より、QOL(生活の質)を念頭に置き、一般的な生活機器を導入し、同年代同世代の子どもたちの生活環境と同じようにしているところが増えています。
では、子育て能力のある素晴らしいまた、献身的な職員に恵まれ、生活環境がある程度満たされていれば子どもたちは満足するのか。否です。幼稚園に行けば、他のお友達は、母親が迎えに来て我が家に帰っていく。学校に行けば、クラスメート達は、家族の待つ我が家に帰宅していく。そんな光景を毎日目にしている児童養護施設の子どもたちの心境はいかなるものでしょう。
社会の基本は家庭と言われています。つまり、人が最初に所属意識を持つのは、家庭です。それは、児童養護施設の子どもたちも同じです。それが例え、どんなに過酷な環境の家庭であっても、所属意識は家庭にあるのです。児童養護施設は、自分の本当の居場所と認識できない。認識したくないのが当然の結果と言えます。本当の居場所に存在していない自分について劣等感を抱き、早くこの場から脱したいとの心境に陥ることに対して、誰が、それを否定や肯定ができるでしょうか。高学齢になるにつれて、その子どもたちの心境が生活面に表出されてきます。そして、その心境が子どもたちの心の中で、やっと消化されるのが、高校卒業後に社会に旅立っていく、その時なのです。もちろん、結局消化できずに、劣等感や嫌悪感を抱いたまま社会に旅立っていく子どもたちもいます。
日本社会では、殆ど認識されていませんが、児童養護施設の子どもたちも、いわゆるマイノリティ(社会的少数者)問題に関連していると言えます。私たちは、マジョリティ(社会的多数)としての優越感をマイノリティ(社会的少数者)に対して、心の片隅に抱いていないでしょうか。児童養護施設の子どもたちは、精神的にも知識的にも未熟が故に、どうしてもマイノリティ(社会的少数者)の意識を抱きがちです。これを解決しない限り、子どもたちの真の満足感は得られないでしょう。
社会的養護とは、社会が子どもたちを支え合い、社会に受け入れていくプロセスが求められます。そこに、少数派や多数派的な考えが介在してはいけないのです。児童養護施設で生活することは、日本社会の中で特異なことなのか普通のことなのか、「普通のことだ」と思ったあなたは、何を成すべきなのか、考えてみては如何でしょうか。

おめでとうございます!



卒園おめでとう!卒業おめでとう!入学おめでとう!進級おめでとう!

就職おめでとう!…皆さん新しい生活が始まりますね、

新型コロナウィルス感染症が再拡大し先の見えない状況が続きますが

空手の修業を通じ養った心と身体の強さは、こんな時代だからこそ

自分を必ず支えてくれるはずです。苦しい時、越えて来た厳しい稽古を

思い出して下さい、志を持って生きればきっと道は開ける!

皆さんの新たな旅立ち新たな生活を応援しています。そして

成功を心より願っております。

                   先生より~押忍!

出会い、別れ・・・そして巣立ち

保育園で行っている出張空手教室、年少、年中、年長と3学年を

園によって2クラスに分けて行うか、合同で稽古を行います。

各自とは3年間のお付き合いになる訳ですが、年長さんは3月一杯で

卒園、繰り上がって新たな新入年少さんが毎年入園してくる。

別れと出会いを毎年繰り返すことになる。元気に保育園を巣立ち

小学校へ進学することは本当におめでたい事ではあるが、3年間

心と身体で触れ合って来た子供達との別れは何とも寂しくせつない

ものだ・・・そしてその寂しさを拭ってくれるのが、また新たな

年少さん達との出会い、子供達からは多くを学ぶが、正に人生の

縮図を見るような思いです。




























ありがとう!せんせいも、みんなのこと、だいすきだよ!おす











2021.3.18『横浜キワニスクラブ講演会』~虐待・いじめ・差別根絶に向けて~



3月18日横浜キワニスクラブの会合にお招き頂き、僭越ながら講演

を行って参りました。横浜キワニスクラブでは広く福祉活動に取り組む中

特に児童虐待根絶に向けて様々な取り組みを行っております。

横浜キワニスクラブ平田克男会長とのご縁で今回この席に立たせて

頂きましたが、多くの諸先輩方を前に現在コロナ下という事もあり

来場なされた役員の方々以外の会員の皆様はZOOMによるリモートで

ご視聴なされるハイブリット形式の講演会という事で私も初めての

経験で流石に緊張致しましたが、自身が数十年に渡り空手の修行を

通じ培って来た武道教育の在り方、現場レベルで子供達と触れ合う中で

感じて来たことを率直にお話しさせて頂きました。

拙いお話ではありましたが、今後の皆様の活動に何か一つでも

役立てて頂ければ幸いです。

http://www.yokohama-kiwanis.com/about/index.html

保育園空手教室

2020年、本当に激動の一年でした、

来年はこの子達が安心して暮らせる社会が

戻って来てくれることを心から願います。





新型コロナウィルス感染対策強化稽古

拳成館オリジナル手作りフェイスシールド付きヘッドガード!







入館前の検温、除菌、うがい、休憩時、終了時更に

手洗いうがいを徹底して行いました。









今回の稽古のテーマは新型コロナウイルス感染症対策

安全に稽古を行う体制作り!愚痴や不満ばかりを言って

言い訳をするのでは無く「どうしたら出来るのか?」を

前向きに考えることを空手の稽古を通じて学んでもらう事を

一としました、正に足を挫けば膝で這い指を挫けば肘で這う

出来る稽古はいくらでも有ると言うことです!












手首のストレッチを兼ねて「裏小手」を鍛える、本来

空手という武術は突いたり蹴ったりするだけの技術体系

だけでは無い、受けるから掛ける、掛けるから崩す、

崩すから極めると発展して行く。掛け手、裏小手の使い方

についての解説。













誰が何と言おうと基本が大事!基本を疎かにして絶対に

強くなる事は出来ない。。自分の何処で相手の何処を攻撃して

いるのか?意識を持って稽古することが重要です。





















手、足の除菌消毒と同時に拳サポーター、レッグガード等

武具も全て除菌消毒!













足技移動、軸足の使い方,背足、中足、踵、部位の使い方





























































新型コロナウィルス対策リスクとの闘い!

ここ最近のニュースを見る限り新型コロナウィルス感染症の拡大は終息はおろか

ヨーロッパ等、危機的状況にあり日本でも対岸の火事では無い。

今更私ごときが言う事では無いが、人類の危機と言っても過言では無い!間違いなく

コロナウィルス感染症拡大以前とは社会環境は大きく変貌し従来の固定概念は捨て新た

な生活様式を受け入れて行かなくては成らないことは明確である。

『温故知新と吐故納新』の両立の重要性については、新型コロナウィルス感染症拡大以

前から何度と無く提議して来た事ですが、今正にそのことが問われている。

大手企業はテレワークを導入し働く環境も大きく様変わりしたようですが、忘れてなら

ないのは、そういった環境が成り立つ陰には、医療従事者を始めとする現場で働く、

宅配員、作業員他、テレワークなど出来ない現場作業従事者の労働の上に成り立

っていると言うことです。

私の仕事も例にもれずエッセンシャルワーカーだと言う自負は持っているが、衣食住

を最優先とした危機的状況下になれば真っ先に切られる業種であることも事実です。

これは職業として考えた場合の話ですが、しかしITやAIがどんなに進化しようとも、

人類が生身である以上、危機的な環境に成れば成るほど精神や肉体を鍛えることが最も

重要であることを伝えて行かなくてはならない。リスクについてはコロナ以前から

常々話して来ている事だが、直接打撃制の実戦空手を提唱する以上、鍛えた者同士

が、蹴ったり突いたりする体系上、怪我のリスクは他の競技以上に高い。

日々の稽古は勿論の事、それが大会や合宿となれば他のリスクも発生する、合宿等は

幼児も含め大勢の生徒を引率し海やプールに入れる水難事故のリスク、夏場となれば

熱中症のリスク、サービスエリア等での交通事故のリスク等々言い出したらきりが無い

五体満足でお預かりした生徒を五体満足でお返しするのは当然の事であり、それが

指導者として最も重要な責任で有ることも十分承知している。

然しリスクの回避が100%では決して無いことも厳然たる事実であり、これは空手

に限ったことでは無く、野球をしていて折れたバットが飛んで来て顔に突き刺さる

リスクは0%では無い、サッカーの練習中にゴールポストにぶら下がり下敷きになって

死亡した事例も実際に起きている、体操の練習中に鉄棒から落下して頸椎骨折で下半身

不随になることも、スケートで転倒し脳挫傷に成ることも決して0%では無いのだ!

更に言えば人間が生きている以上常にリスクは付いて回るというこであり、交差点に

立っていて車が突っ込んでくることも0%では無い。もし100%のリスク回避を求めるなら

それは何もしないしか無い、合宿なら行かない、大会なら参加しない、競技なら行わない

海に最初から入らなければ溺れることは決して無いと言う事です。極論と言う人が居るが

これが厳然たる事実なのです。

だからこそ我々指導をする者は、そのリスクを限りなく0%に近付ける為の努力を常に

怠っては成らない!それが指導をする者の最も大切な責任なのだと思います。

今回の相手は手強い目に見えない人類にとっての強敵ウィルスだ、私の場合、自身の

所帯とは別に訪問して指導を行う認可保育園、障がい者施設等の特殊な環境下,施設側

のガイドライン、方針も考慮した上で指導を行わなくてはならない、元々、空手と言う

武術の精神性や技術と言った先人の残した文化を伝承して行くと言う事は大変難しい作業

であり、これを条件の限定された環境下で指導して行く事は更に難しい作業となる、

そこへ新型コロナウィルス感染症対策が乗っかって来る訳ですから正に三重苦、一長一短

には行かず日々模索している。与えられた環境を否定的に言い訳をするのではなく、

その中で何が出来るのか?更には今だからこそ今何をするべきなのか?生徒達に

実戦空手を提唱する以上、強く成ることは大事!しかし何の為に強く成るのか?強く成った

力を何の為に使うべきなのかが更に重要だ!と説いてきた分、その問い掛けは己自身に

に対する問い掛けでもあり、勝負師として見えない敵との戦いリスクとの戦いはこれからも

続く・・・

以下は指導を行っている施設とのメール



新型コロナウィルス感染予防対策に付いて…
2020/08/22(土) 12:38
〇〇先生へ

新型コロナウィルス感染予防対策について…

これは飽くまで現場を任されている者の一つの意見としてお聞き下さい。
御承知の通りコロナウィルスの感染拡大状況は全国的にも第2波を迎えかなり厳しい状況にあります。特に東京都の中でも狛江市と隣接した世田谷区は都内でも感染状況が厳しい状況にあります。御承知の通り私は〇〇以外にも認可保育園・インターナショナルスクールと多くの施設を回る訳ですが、ニュースにもなっている様に保育園でもクラスターが発生し特に最近は学校の部活他スポーツ系のサークルなどでのクラスター発生が目立っています。先日は他府県になりますが放課後等ディサービスでもクラスター発生のニュースが流れました。元々空手に限った事ではありませんが濃厚接触を避けると言っても行う以上は限界があります。私も施設組織を主催する側の人間の一人として対応策予防策と言っても経営上の資金面も含め限界がある事は十分承知しておりますが、現状の〇〇の状況を見る限り、いつ感染やクラスターが発生してもおかしくないと大変危惧しております。出来る事には限度があると思いますが今一度気を引き締め直し取り決め事を強化するべきと考えます。
①換気について…最低限のことは緊急事態宣言解除後再開時打ち合わせをさせて頂きましたので理解しておりますが、本日も上の窓はオープンしておりましたが、下の窓はキッチン内他安全ストッパーまでも閉じており、私が開けて回ったのが実状です。限られた空間で濃厚接触を避けられないが故に特に換気には細心の注意をはらうべきと考えます。一つ提案ですが、エレベーターホールから室内に入る縦で鍵のかかった状態の扉はオープンし、その分下駄箱と室内の木の引戸のロックを強化する様な形で少しでも空気が抜ける様に対応を検討する余地はないか?
②消毒手洗いうがいについて…
現在私のクラスでは一旦整列し礼が済んだら準備体操を始める前に1人ずつ手洗いうがいをさせてから稽古開始、夏場という事もあり稽古途中での水分補給時に改めて手洗いうがい更に稽古終了時手洗いうがいを促すよう心掛け、また握手やタッチも(エアータッチ)という形で対応しておりますが、アルコール消毒液なども設置されてない訳ではありませんが正直あまり意味を成してない部分もあり、先ず出来れば設置数を増やして頂き各トイレなどにも設置して頂きたいのとエレベーターホールと室内の境目に設置し、入室前と帰宅時は必ず消毒する様に指導して頂きたい。(当然私もご協力致します)
③これも他の施設では行なっておりますが、手間や時間を省くため瞬間に検温出来る体温計だけはご用意頂き予め保護者には通知を行なった上で規定体温を設定し規定の体温を超えた場合は帰って頂く様なシステムを構築する。
④子ども達にも手伝わせて室内の備品設備の頻繁な除菌拭き掃除等を行う。
⑤支援員スタッフの、皆様にコロナウィルス感染予防対策の意識を高める為の定期的なミーティングを行う。
以上、相手はウィルスと言う見えない敵、出来ることは限られていると思います。また言うは易し成すは難しで私も組織を主催する者として元々障がいを持った子供達を、対象に施設を管理運営して行く事の難しさは十分理解しているつもりでおります。上記した内容はすでに行っている、あるいはやりたいのは山々だが、他の理由も考慮した上で中々難しい…色々有るとは思います。しかしながら
クラスター、感染の発生する可能性リスクは大変高い状況にあり、
病気そのもののリスクもそうですが、もし〇〇で陽性者やクラスターが出た場合、経営上にも大きな支障を来す事と考えます。
私の立場でここまで言う事は大変差し出がましいとは思いましたが、敢えてでも苦言を呈させて頂いた真意をご理解頂き失礼をお許し下さい。何にしてもスタッフがコロナウィルス感染対策に慣れず
改めて気を引き締める事は重要と考えます。〇〇理事長とも良くお打ち合わせ下さい。

国際福祉空手道連盟 拳成館
館長 黒澤貫太郎





緊急事態宣言解除後、保育園、障がい者施設、インターナショナルスクール各施設出張空手教室稽古再開!

緊急事態宣言解除後、保育園、障がい者施設、インターナショナルスクール各施設出張空手教室稽古再開!


45年以上空手を続けて来たが、この様な状況は流石に先生も初めての経験、空手の稽古で


濃厚接触を避けると言っても、従来の固定概念から言えば非常に難しい。しかし社会全体が、


固定概念を一度切り捨て『無から有を生む』挑戦が必要だと考える。何歳になっても常にチャレンジ!




















自主稽古参考動画PART15『円形逆突き』解説

下記掲載写真は半世紀以上昔になりますが極真空手創始者、故大山倍達総裁が世界に向けて 出版し高い評価を受けた名著『WHAT IS KARATE』のワンカットです。 空手と言う武術をインターネットも皆無の時代に世界に紹介したものですが、正に 実戦空手!競技化した現在の空手では無く、GANやナイフ等の武器を持った相手を 想定した技術、複数の相手と対峙することを想定した真の実戦空手の技術が紹介されています。 何度も繰り返し言う様に大会や競技の空手を決して否定する訳では有りません。しかし こう言った技術こそが空手と言う武術の本質であり、競技で使う技じゃ無いから・・・ と言って軽視することなく、これからも継承していきたいと思います。

自主稽古参考動画PART14組手テクニック『ワンツーをカットして掛けて膝』解説

本来は動画の様にコンビを組んで稽古することが理想では有りますが、現状下 自宅での自主トレでは、シャドウでイメージすることも重要であり、相手が居なくとも 唯シャドウを行うのでは無く、相手を想定しイメージをしながら稽古すると良いでしょう。 この技術は組手と言っても競技(空手の試合)を前提とした動きでは無く、顔面有りの 実戦を想定した動きとなります。拳成館の空手は競技空手では無く『実戦空手』試合で 使う使わないでは無く、こう言った動きを身体に染み込ませることも重要な稽古となります。 掌低掛け、又、相手の反撃をブロックするさばき方を意識して稽古してみて下さい。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>