ロンドンでも

仕事ではしょっちゅう一緒に演奏をしていたのですが、東京公演で自分たちのライブと言う意味では私とGuiは初めての競演でした。こちらに戻ってからも、なんとなく「この形式の音楽活動(ライブ)をやってみようか」という話をしている。


Guiは東京のお客さんのスタイルをえらく気に入っている。

ジョアン・ジルベルトの気持ちがよくわかると言っていた。


来年早々にはロンドンで「Gui Tavares e Yukiko」のライブをやる予定です。

どうぞお楽しみに。



Singing Brazil

なかなか部ログを更新できませんでしたが、ロンドンのサウスケンジントンにある「バーデンパウエルハウス」で行われた、ブラジリアンクワイア「Nossa Voz」のコンサートが終わりました。ほっと一息。

問題の演出「イパネマの娘」も大好評で、最後はアンコールにリクエストまで頂きました。

来ているお客さんのほとんどはブラジル人もしくはポルトガル語圏の人だったようですが

「あのイパネマの娘を歌った日本人は誰?」

とクワイアのメンバーはいろいろな人に聞かれたそうです・・・・恥ずかしい。


終了後ロビーに出てからもいろいろな人に

「Garota De Ipanemaだー!」

といわれましたよ・・・(汗)

舞台監督のブラジル人・アンドレも

「ユキコちゃん、おつかれ!良かったよ。」

と日本語で言ってくれた。


とりあえず、大きい仕事を終えてほっとしています。


昨日はロンドンの某ジャズ系レストランで、ロンドンへ帰ってきてから初のお仕事。
今回はGuiがピアノ。サックスのブラジル人ミュージシャン、そして私と言う構成。
昨晩は自分でも驚くほど絶好調。
東京公演のおかげなのか、それともロンドンのという慣れた場所のせいなのか。
それがお客さんに伝わって、私はたくさんのお客さんに興味を持って頂いてたくさん話しかけられました。
中でもオランダから出張で来ていた、オランダ人の団体さん。
とってもブラジル音楽に詳しくて
「僕らは君の声に魅了された。もう1曲ジョビンを歌ってほしい。」
と懇願され、彼らのためにコルコバードを歌いました。
「オランダにも歌いにきてね」
と言われました。そのうち・・・ね?

この日のサックスプレイヤーのブラジル人とは初対面。
私がCarinhosoを歌ったとき、彼はなぜかサックスが吹けなくなってしまったといって、奥に隠れてしまった。
演奏のあとで彼はGuiにこう話したそう。
「あの日本人のシンガーは誰なの?あんなに美しい声でボサノバを歌う子は聞いたことが無いよ。
僕は感動してサックスが吹けなくなった。こんなのことも初めてだよ。」
とえらく感動したと興奮気味だった。
私のところにも来て
「さっきからいろいろなお客さんにリクエストをもらっているみたいだね」
といったので
「私の声を気に入ったからもっと聞きたいって言われてうれしかった」
と言うと
「君の声を愛するのなんて簡単だ。僕もすっかり魅了されたよ。ピッチも良いし、発音もきれいだし、君の声は本当にスムーズで、たとえて言うなら「シルク」のような声だ。」
とすごくほめてもらって、めちゃめちゃ照れました・・・


それにしても戻ってきてからGuiとは良く話しますが、東京のお客さんの音楽の楽しみ方はロンドンとまるで違う!

ロンドンでは毎回こんな風なんですよ。

Guiは東京風の音楽の楽しみ方がえらく気に入ったようです。



Singing Brazil

テーマ:

ロンドンへ戻って最初のミッション(笑)私の所属するブラジリアンクワイアNossa Vozの公演があります。

12月4日(月)夜8時から

サウスケンジントン「バーデンパウエルハウス」

http://www.nossavoz.org/

詳細はサイトをご覧ください。


ミュージカル形式でブラジルの歴史を音楽で表現します。

舞台監督はブラジル人のアンドレ・ピンク。

クワイアの指揮をとるのは、我が師Gui Tavaresです。


私はかねてからお伝えしているとおり、大抜擢と思われるイパネマの娘をソロで歌います。

なぜ大抜擢かって?

それはイパネマの娘といえば、ブラジル人で金髪で美女だからですよ。

いつもGuiは私が歌う前に「イパネマの娘を、うちのクワイアのカリオカが歌いますから」と言うんだけど、受け狙いだよな・・・

舞台監督は着物を着て歌えとか言うし。


どうなることやら。

今日は帰英後、初めての舞台稽古です。

もう時間がない!!!!


東京滞在中はお世話になりました。

昨日、スカンジナビア航空でロンドンへ無事に戻りました。

成田からコペンハーゲンまではほぼ熟睡・・・

コペンハーゲンからロンドンまではメモの整理などをして、あっというまの空のたびでした。


成田から一緒だったお隣の席の人が、機内でアメブロを読んでいました。

思わず、私のブログも見てねと言いそうになりました(笑)


取り急ぎ、ご報告と御礼まで。