ホルモンバランスのせいなのか、

はたまた、

 

 

この本に書かれているように、

負の感情に「逃げて」、

 

トラウマの恐怖を回避しているのか、

 

ここ2日ばかり、

焦燥感とイライラの波が来て、

 

なぜか

 

「早く衣替えをしなくては」

「早くシーツを洗濯しなくては」

 

と朝、バタバタしまくり、

 

そんな時に限って

姫様がずる休みされるものですから、

 

思うように動けず、

 

イライラし放題で姫とイオンに

お買い物に行き、

 

店員の態度に腹を立て

(世界は私の感情と思考で作っているので)

 

フードコートでは丸亀製麺の

うどんをひっくり返し

(世界は私の感情と思考で作っているので)

 

 

そんな中でも

店員さんが「あとはやっときますよ」と

ひっくり返ったおうどんの処理を

してくださり、

 

ただでもう一杯、

おうどんを作ってくださり、

 

親切が身に染みたのですが、

 

なんてったって

 

世界は自分で創っている

 

ので

 

姫様がデイサービスで

納得のいかない事をひきずったまま

帰ってきて、

 

そのイライラを私にぶつけまくり、

(イライラがイライラの現実をまた創った)

 

夜中、延々とその話を聞かされ

(自閉的なこだわり)

 

癇癪を起こしまくり、

 

こっちも疲れ果てて

癇癪で返してしまい、

 

お尻をバチコーン!と

はたいてしまい、

 

「これはいけない」

別室移動して寝たのですが

 

(癇癪には別室移動&無視、

がキホン)

 

こっちも頭にきてて、

 

「姫が悪い」ムキー

「姫が悪い」ムキー

「あんなに話を聞いて受け止めてやったのに何で私を蹴るんだ」ムキー

 

と自分を正当化していたのですが、

 

 

一晩、離れて寝て、

冷静になれて、

 

「私が謝らないといけない」

 

「何がどうあれ、叩いたのは悪いことだ」

 

と思え、

 

朝、起きてきた姫に

 

「昨日はごめんね」

 

と謝ることができたのでした。

 

 

人間だから、

間違いをおかすこともある。

 

カーっとなる事もある。

 

大事なのは、

そうなってしまった後、

 

子供に対して、ちゃんと

謝る事なんだよな、

 

 

そういえば私、

親にさんざん叩かれたけど

 

こうやって謝ってもらった事

なかったよな、

 

そんな親に育てられたのに

ちゃんと子供には謝る事が出来て

私、立派だよな、

 

と思えたのでした。

 

 

そして昨日は、

不思議と姫様、学校に

素直に行ったのでした。。。

 

休むと思ったのに。

 

昨日がんばって1日行ったから

今日は、お疲れ休み、かな~。

(まだ寝てるし)

 

 

 

 

コレがすごく興味深かったので、

個人セッションを受けてみたのですが、

 

私の根本原因は

「性的虐待」じゃないか、

 

という方向で今、

やってもらっています。

 

(男性とのトラブルが

あまりにも多い、っていうのが

判断材料っぽい)

 

 

うん。

思い当たるコト、あるある~。

 

家に出入りしてた庭師?かなんかが

そういう人だったって話を

昔、親に聞かされたことあって。

 

めっちゃ小さい頃(4~5歳ぐらい?)、

多分、やられてたんだろうねぇ。

 

で、あまりの恐ろしさに

解離してる、ってのも

 

なんか、納得いくし。

 

 

そういうのの被害者の皆さんが

堂々と生きていける世界で

あるべきだと思うので、

 

あえて書いてみた。

 

別にこっちが悪いわけじゃねーし。

 

 

お勉強専用サイト


日々の気づきをムダなく短くつぶやき中。
https://twitter.com/wbDdbuFzsoydGwp

アダルトチルドレン改善YouTubeラジオ。だいたい10分番組。 https://www.youtube.com/channel/UCz32vYrNMwsVH_PJvw7JeQQ

 

 

各種ショッピングカート


魔道具のショッピングカートはこちら。
http://hatakeyama112.cart.fc2.com/

小さい子供がいてもできる主婦ビジネス教材はこちら。
https://konapancho.base.shop/

 

 

 

お問合わせ


メールアドレス konapancho112(a)gmail.com (a)をアットマークに変換

個人セッションをご希望の方は、ご希望日をご連絡ください。
https://ameblo.jp/borntobehatakeyama/entry-12322844988.html