シガーパーティ

テーマ:
お取引先主催のシガーパーティに招待された。


葉巻にも、用意されたお酒やおつまみにも大人の雰囲気が漂う。私が子供の頃には、立ち入ることのできない大人の世界があった。最近はその境界線がぼやけているが、子供の為にも、大人の世界をきちんと作り、守るべきだと思う。

さて、私にとっては初めてのシガーパーティで、少なからず興奮したが、煙草と違い、葉巻はじっくり時間を掛けて味わうものらしく、吹かしている内に肩の力が抜け、心に余裕が生まれ、口調までゆっくりになった。映画でマフィアの親分が葉巻をくゆらせたりしているが、そういう余裕を醸し出せるのが葉巻なのだろう。

そんなことを考えていたら、正にマフィアの親分みたいな人が出てきた。凄みのある迫力、サングラスで隠した深慮遠謀、お聞かせできないのが残念だがドスの効いた声、演歌を歌わせるとプロも舌を巻いて退散する実力派のF川さんだ。


私も真似てみたが、とてもとても太刀打ちできない。「わっぱり私の純情無垢が出ますよね。F川さんと私を足して2で割ると、絶妙のチョイ悪になるのでは?」と言ったら叱られた。怖かった(笑)