後半2分、慶應義塾陣22m付近の同志社ボールラインアウトからの攻撃で同志社⑥がトライ、ゴールも成功し、14-0とする。これで同志社ペースの展開になるかと楽観したのだが、慶應義塾は決して慌てず諦めない。9分、ペナルティを得た慶應は同志社ゴール前に蹴り出し、ラインアウトから固いパックのモールで前進、同志社のゴールを割って慶應義塾②がトライ、ゴールも成って14-7。

 

続く18分には同志社ゴール前のラックから最後は慶應義塾⑧がボールを持ち込んでトライ、ゴール成功し、14-14の同点とした。この辺りの慶應義塾には全く迷いがなく、低い姿勢で当たり、素早い味方の寄りから連続攻撃を続け、必ず50cmでも1mでも前進するという手堅さ、しつこさを感じさせられる。これを止めるには慶應義塾以上に低く力のあるタックルで押し返すしかないが、同志社にはそのパワーがまだないから後退を余儀なくされたように見えた。

 

同志社ファンには少し嫌な雰囲気になったと思うが、22分、実に同志社らしいプレーが出る。慶應義塾ゴール前のラックから出たボールを同志社SHが外に展開すると見せかけて大きく離れ、くるりと反転したところにFBの安田がタテに入って来たのだ。慶應義塾からすれば全く予想していなかったコースを安田に走られ、逆を突かれた形になった。ゴールも成功し21-14。



34分には慶應義塾陣10m付近で同志社が上げたハイパントのこぼれ球を⑬山口が拾い上げ、そのまま独走してトライを上げる。これはボールの奪い合いで慶應義塾のディフェンス網が薄くなってしまい、山口がボールを持った時点でほぼノーマーク状態だったように見えた。ディフェンスの陣形を崩すという意味では有効なハイパントだったと思う。

 

39分には慶應義塾が同志社ゴール前のラックからトライを奪い、意地を見せるが、ここでノーサイドの笛。28-19で同志社が勝利した。同志社ファンにとりスクラムの安定は朗報、しかし、関東勢の速くて低く重いタックルで勢いを削がれたり、ボールを出すタイミングが遅れるようではBKのスピードが生きない。又、ディフェンスで関東勢を止めるには更に強い身体と瞬発力が求められるのかなと思う。