ゲーム前の練習で、東海大学の選手5~6名が横一列に並び、それぞれの前でコンタクトバッグを抱えて待ち構える控えの選手目がけ、一斉にタックルに行くのを見た。なかなか迫力があり、ボールが誰に渡ろうが前で仕留めるという意思が伝わってきた。その練習の成果が前半、随所に見られたように思う。前半5分にはBKの選手が対面の選手に突き刺すようなタックル。11分にも自陣深くまで大東大に攻め込まれたが、好タックルでピンチを凌いでいる。

 

アタック面ではラインアウトが多少不安定だったが、スクラムとモールは安定しており、BKもトップスピードでボールを受けることを心掛け、しかも当たるときの身のこなしが上手く、着実にゲインしていたように思う。15分、ペナルティを得た東海はゴール前に蹴り出し、マイボール・ラインアウトからモール、ラックで前進し、No.8がトライ。ゴールも成功し7-0。20分には10M付近のラックからFWがつないで前進、二つ目のトライ(ゴール)、14-0。

 

27分には自陣10mのラインアウトから左オープンに展開するが、相手のマークを少しずつずらしながらボールを回し、敵陣22mラインまで大きくゲインした。トライには至らなかったが、ディフェンスラインとの距離を上手く使った攻撃だったと思う。30分には東海のゴロパンを自陣ゴール前でキャッチした大東大が前に持ち出してラック、その中でボールを奪った東海がそのまま前進してトライ(ゴール)。21-0。未だ前半のことなので、大東大としては無理をせずタッチに逃げておいて良かったのかなと思う。

 

受け身の多かった大東大だが、33分、マイボールラインアウトで先頭の選手にボールを投げ入れ、リターンパスを貰ったスローワーが東海ゴール前まで迫るが、これも東海の好タックルに潰される。37分には大東大スクラムから左オープンに展開し、左WTBが抜けたかに見えたが、これも東海のバッキングアップに潰されている。そういうゲーム展開から、後半も東海ペースで大差になるのかなと思っていたのだが・・・。

 

(続く)