不完全燃焼という表現がピッタリかと思う。力を出し切れなかったと感じる選手が多かったのではないか。観戦する側からすると、一週間前の釜石戦で見せた前に出る意識にムラがあり、攻撃面では慶應の強いタックルにリズムを崩され、ボールを持つ選手の孤立やミスが目立った。一方のディフェンス面では目で相手を追う選手が続出し、結果としてど真ん中を抜かれるシーンが何度かあった。

同慶ラグビー定期戦

前半2分、同志社は早々にトライを奪われるが、慶應に特別なサインプレーがあった訳ではなく、観客席からは「ラインアウトから出たボールを慶應が右オープンに回し、カットインして対面を振り切ったCTBがそのままゴールまで突進」したようにしか見えなかった。慶應ファンには嬉しい先制トライだったと思うが、同志社側からすれば、悔しいというより何とも気の抜けた失点で、足が止まっていたとしか考えられない振り切られ方を見せてしまった。

その後、直ぐに同志社の反撃が始まるが、慶應FWのバッキングアップが早く、その厚いディフェンス網を突き破れない。又、一人ひとりのタックルが強く、無駄に多くの選手がラックやモールに入らずに済むので、ディフェンスラインに穴が開かない。そういうかぶり気味で、オフサイドぎりぎりのディフェンスはなかなか関西では経験できないと思うが、これに対する攻め方も準備しておくべきだろう。同志社は後半終了間際にキックパスを試み、そこからトライを奪うが、もっと早い段階で試してみてもよかったのかなと思う。

前半28分、慶應ゴール前のラインアウトから同志社はモールで押し込んでトライを奪い、ゴールも成功させて7-7の同点に追い付くが、32分には自陣22Mでパスミスを慶應に拾われ、トライを奪われている。隣で同級生のN村が「何を急いでいるんや」とボヤいていたが、確かに、無理をしてボールを回すほどのチャンスがあったようには思えない。

35分にはラインアウトからモールを作り、SHが逆サイドを突いて左WTBに回し、大きくゲインするが、惜しくも慶應のタックルを受けてノックオン。その直後の37分には右オープン攻撃から右WTBにボールが渡るが、やはりタックルされてボールを落としている。ミスには違いないが、味方のフォローが遅く、孤立していたように見えたのが気になる。39分、先程書いた同志社のキックパスが決まり、そこからつないでトライを奪う。ゴールは不成功で12-14。前半終了。