【大学選手権開幕、筑波に完敗】

前半25分から32分にかけ、同志社が連続攻撃を仕掛けますが、攻める度に筑波ディフェンス網に押し戻されて行くのを見ました。同志社からすれば厚くて重い壁に押し返される圧迫感があったかと思いますが、これこそが対抗戦グループ上位校のディフェンスなのだと思いました。ただ、同志社は前半35分、CTB林が作ったポイントから出たボールをSO長井が真横に走り込んできたNo.8西林にパスし、一瞬、西林がノーマークになっています。スローフォワードの反則を取られましたが、すれ違いざまのシャープな攻撃でした。又、38分には筑波ゴール前左のスクラムから右ラインに回し、逆サイドWTBの宮島がライン参加して均衡を崩し、最後は右WTB松井がトライを決めています。これはセットプレーからのトライで、前にスペースさえあれば切れ味を増す同志社の攻撃力を見せつけたように思います。惜しむらくはディフェンス力の不足でしょうか。筑波の攻撃はオーソドックだったように思いますが、ボールをもらう選手にスピードがあり、しかもフォローが厚いことから実に重そうに見えました。同志社も真面目にタックルには行くのですが、筑波の勢いを殺すほどのシャープさや重さがなく、受け止めながら後退するという感じでした。これは今後、日本一を目指す上で克服しなければならない課題だと思います。


【敗因は一服病?流通経済戦】

明らかに同志社ペースで始まり、同志社が優勢に進めていたゲームです。ところが、6-0で迎えた前半12分、同志社は呆気なくトライを奪われます。その起点となったのは流経No.8の突進でしたが、一番近くにいた同志社の選手が見送ってしまったことで、ディフェンスの足が止まりました。その直後の14分にはフランカーの田淵が敵の大型フランカー、リサレの足元に強烈なタックルを見舞っていますので、もし彼が一番近くにいた選手だったら、トライを奪われることもなく、その後のゲーム展開も変わったろうと思います。後半に入っても優勢にゲームを進める同志社は4分、ラインアウトからの攻撃でSH大越がトライを決め、ゴール不成功ながら21-12と9点差をつけます。しかし、その直後の8分、同志社はやはりタックルの甘さからボールをつながれ、トライを奪われます。この辺りの簡単に反撃を許す人の良さ・・・一服病とでも呼ぶべきでしょうか・・・が同志社の甘さではないかと思います。


関東勢の戦い振りと比較すると、同志社が劣るものは、①チャンスに畳み掛ける集中力、②たとえトライを奪われようとも敵にタックルでダメージを与えようとする戦闘意欲、③セットプレーの成功率、かなと思います。逆に、関東勢よりも優れているものは、個々のセンスや能力を活用しようという合理性で、「自由奔放」とも表現されますが、同志社のプレーヤーが一番生き生きと見えるのは、その個性を大事にされているからだと思います。松井、末永、大越、山田という一年生が伸び伸びと活躍できたのも、そういう精神が根付いたラグビー部だからでしょう。

弱点を補強し、長所は更に伸ばし、来シーズンも同志社にしか出来ないラグビーを見せてくれると思います。引続き応援の程お願い申し上げます。