関西大学ラグビーAリーグ

テーマ:

ケーブルTVで同志社対天理のゲームを見ようとしたら、立命館対大体大のゲームを放映していた。シーズン開幕戦で同志社は立命館に敗れているが、そのゲームは見ていないから、初めて立命館の戦い振りを見ることになった。


立命館は優勝候補とのことだが、攻撃面で強く印象に残ったのは、①美しいダウンボール、②素早い寄り、③余裕の球出しで、実に安定感があった。立命館の選手がタックルされてダウンボールすると、ボールだけではなく真っ直ぐに伸びた腕までが見えた。ボールを持つ選手の見の処し方が上手いところに早い寄りがあり、余裕の球出しにつながっているのだろう。


ディフェンスで印象に残ったのは、①低い一人目、②速い二人目、③手堅い三人目、という低くて厚みのあるディフェンスだろうか。とにかく、一人目の選手が低くタックルに飛び込む。それにつられるように、二人目の選手が低い姿勢で自由の利かなくなった敵のプレーヤーに勢いを付けて飛び込む。味方の寄りが遅れると、この時点で押し返されて孤立する。三人目の選手はそういう状況を見て次のプレーを判断する。こちらも余裕が感じられた。


その立命館に比べると、大体大も天理も同志社もまだまだ荒削りでミスが多く、個々のパワーやセンスで勝負している感がある。天理の外人選手には抜きん出たパワーがあるように思うが、点と点で未だ線にもなっていない。同志社は線にはなっているが面にはならないという感じだろうか。


ここからは親の欲目、OBの贔屓目になるが、同志社はシーズンが深まるにつれて強くなる可能性がある。その理由だが、同志社のアタックを見ていると、ボールを持った選手に敵もポイントをずらされているが、その前に味方の選手も振られてしまい、寄りが遅くなっている。又、選手は行けるところまで行ってしまうから、無理な姿勢でダウンボールしていて余裕がない。結果として、生きたボールが出ていない。しかし、この「行けるところまで行ける」というのは才能でありセンスだ。そういう選手が多く、やがて各々の癖が分かって阿吽の呼吸で結ばれれば、縦横無尽のアタックが可能になるというものだろう。


一方のディフェンスも、出足がずいぶん良くなっていると思う。少なくとも敵の選択肢を狭める効果は出ているし、後は立命館のように一人目が低く飛び込めるかどうかだろう。ディフェンスだと思うから気持ちが守りに入ってしまうこともあるのだろうが、一人目はアタックのつもりで当りに行けば良いように思う。立命館のディフェンスが厚く見えるのは「速い二人目」のお陰だろうが、二人目は「低い一人目」がタックルの的を絞ってくれているから大いに助かっているように見える。どうだろう。


同志社は明日近大と対戦する。

楽しみだ。