It is what is,accept it and move on.

テーマ:

今日は名古屋で勉強会だった。

2ヶ月に1回、全国でやっている勉強会。

今日は、名古屋で儒学の「大学」をテキストに社員教育をやっている経営者の方の話を聞いた。

その中で出てきた言葉が、タイトルの言葉だ。

 

日本語にすると、

「世の中そんなもん、全てを受け容れ、そこからどうすかを考え、動く」

共感する言葉だ。

特に、最後に「動く」というところが。

 

これは、「中庸」の境地を示した言葉なんだと思う。

世の中は自分の想い通りにならない。

ならないものを自分の想い通りにしようと考えると、ストレスが溜まるし、疲れる。

 

世の中は、自分の思い通りにはならず、叶わないこともある。

そんなものだと思っておく。

この時、大切なのは、自分の心に聞いてみるということだ。

そうすると、叶うことが全く想像できないものと、かすかでも、想像できるものがある。

 

全く想像できないものは、その時、スパッと諦める。

でも、これは一生諦めるのではない。

その時点において、「今の自分には叶わないんだなぁ」と思って、そっと横に置いておく。

「いつか、これが叶うと思える時がくるだろう」そんな感じで。

でも、これは自分の人生を諦めたり、投げやりになったりするのとは違う。

今の時点ではそういうものなんだと思うだけでいい。

それが受け容れるということだと思う。

 

そして、想像がつくものは、その実現を前向きに考える。

ここでのポイントは前向きに考えると言っても、力まない。

自然体で、天に導かれるように心が進みたい方向に進むという感じだ。

 

こんな風にして生きていくと、毎日ワクワクのご機嫌で生きていけるような気がするのだ。

 

さて、50回までは毎日書こうと思ったブログ、ここでひと区切り。これからは思いついた時に、思いついたことを書いていこうと思う。


{68CB24B6-98C3-4240-AE7C-1F47BC775218}


 

AD