BLUEYARD PROSTAFF BON 第3戦 | 両軸愛者 ~引金派~

両軸愛者 ~引金派~

I am the bone of my bait casting reel .
――― 体は両軸で出来ている


テーマ:




どうも、ブルーヤードフィールドプロスタッフのBONです。


既にコチラで軽く触れましたが、詳細を書いていきたいと思います。


11月にソルトルアーフィッシングを始めたばかりのカルビーという後輩がいます。


新年会を兼ねたフィッシングガイドをお願いしたいということなので


2018年1月7日出撃して参りました。


ちなみに本日でガイドするのは二度目なのですが...


前回はガイドらしからぬ失態を犯してしまったので、今回はそのリベンジも兼ねてます!


しかし最近、港は釣れてないよという話しか耳にしません。


一応、カマスの群れは入っているという話もあります。


カマスが入ってるなら、カマス狙いで表層を意識した青物が居てもおかしくない気がしますけどね?


そんな疑問を抱きつつも、カルビーのビギナーズラックと私の勘を油津港にぶつけてみる事にしました。


10:00にカルビーと合流して港へと向かいました。


案の定、釣り人が皆無です。


取り敢えず時合までは、カルビーの指導をしながら様子を見る事にしました。


暫くすると、散歩しているおじいちゃんが話し掛けてきました。


「今日はどうですか?釣れますか...おぉ!それは一体何というリールですか!?」


まさかのおじいちゃんがヒットしました!


そして、私がベイトキャスティングリール良さをおじいちゃんに熱烈に布教していると


ギャギャギャギャギャッッッ!!!


ジィィィイイイッッッ!!!


ジィィィイイイッッッ!!!


突如けたたましいドラグ音が鳴り響きました。


私とおじいちゃんは、咄嗟にその音の方向に目を向けました。


視線の先にいるのはカルビーです!


彼のロッドが海面に吸い込まれそうな位にぶち曲がっていました!


「これ...魚ですよね?」


釣り開始から、根掛かりを繰り返していた彼にはにわかに信じられない手応えに合わせきらなかった様です。


フッ...


「あぁ~惜しい!」


周りからそんな声が漏れ


ほんの一瞬の出来事でしたが、インパクトはかなりのものでした。


そして、おじいちゃんは自分の釣り道具を取りに帰ると言って、その場を後にしました。


ちなみにそのおじいちゃんは、話を聞いてると日南市外の人の様でしたけどねw


そして数分後


ジジジジジジ...ジィィィイイイッッッ!!!


ジジジ...ジィィィイイイッッッ!!!


ジィィィィィィイイイイイイッッッッッッ!!!


今度はガッツリとフッキングしているようで


ロッドがぎゅぅぅぅっと絞り込まれ


海面に突き刺さる様にぐにゃりとぶち曲がり


ティップが何度も何度もガンガンと叩かれていました。


「これ重たいですね…(笑)」


間違いなく魚掛かってるから頑張れ!!!


とにかく巻け!死に物狂いで巻け!


負けんな!巻け巻け巻け巻け!


そして、何度も激しい抵抗を退けネットインした魚は




まさかのカンパチ!


この頃には周りにもアングラーが増えており、皆ダッシュで駆け寄ってきました。


もうそれはそれは、狂喜乱舞というに相応しい喜びようのカルビー




そりゃ...初めての海で釣った獲物がカンパチですからね。


これはきっと、釣りやめれないでしょうね。


と思っていたら、カルビーが一言


「もうオレ釣り辞めれそうにないです(笑)」


ま、そうですよねw


これは私も釣らなければとノンキーライト40グラムを投げますが、たまに当たりがあるだけで掛かりません。


暫くすると、先のおじいちゃんが奥さんも釣れて来ました。


何と驚く事に!


二人ともルアーマン(ウーマン)でした!


「私、ベイトリール買いますので、リールとロッドをよう見せて下さらんかね?」


両軸愛者BONは、また一人ソルトベイター生み出してしまった様ですw


すると、おじいちゃんすぐさまヒット!




上がってきたのは


73センチの腹パンパンのサワラでした!


大喜びのおじいちゃん


「もしさっき話してる時に兄ちゃんのあのアタリが無かったら、この魚は取れんかったわ!!!」


この二人やるな...


よし!次は私の番ですね!


カマスがベイトなのは間違いない!


表層をサゴシ・サワラが意識しているのも間違いない!


着水直後にガツンとくるも


掛からず...


フォール中にガツンとくるも


掛からず...


ジャカジャカ巻いて、手前まで数匹追いかけてきて食いつくも


掛からず...


ピックアップした瞬間にジャンプして食い付いてきたサゴシ


掛からず...


一番バイトを感じているのに...何故掛からないんだ...?


ルアーセレクトも誘い方間違ってないはずなのに...何故なんだ...?


一体、何が違うんだ...?


素直に釣り上げた二人の様子を観察する事にしました。


この二人の共通点は、ワンピッチのテンポが長い!


決してスローな訳ではなく、ワンピッチが長いのです。


これはもう、答えを貰った様なものです。


間違いなく釣れます...じゃなくて釣ります!w


グーーーン グーーーン グーーーン


ドンッ!


ググッ!グググッ!ググンッグンッ!



やっとこさサワラがきましたよ!




二人とも本当にありがとうございます!


これで全員安打達成です!


私は更に一匹追加しまして




おろしたてのノンキーライト40グラムが、サゴシ・サワラの猛攻でボロボロになりました。




これはルアーに取っては勲章みたいなものですから、とても嬉しいものですね!


帰り際にカルビーが





サゴシを一匹追加して終了となりました。


2018初フィッシュ、初ソルトフィッシュ、初ライトショアジギングフィッシュ、初青物、初カンパチ、初サゴシetc


何もかもが初づくしで終わったカルビー大満足です。


私も久々に気持ちの良いガイドが出来て大満足です。


腕が動かなくなるまで竿を奮ったのも久し振りでしたね。


投げる巻くしゃくる


本当に単純明快で誰でも楽しめるライトショアジギング




アナタもブルーヤードのノンキーライトをお供に楽しんでみませんか?


日南のブルーヤード取扱店はコチラ


ブルーヤードのショア用ジグもオフショア用ジグも


各種ウエイトバッチリ取り揃えておりますので


是非、お買い求め下さい!

BON@両軸愛者さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス