レストランおいしんぼ  Petit Bon

レストランおいしんぼ  Petit Bon

秋田市八橋本町 けやき通り の
フレンチレストラン“おいしんぼ”のブログ形式のホームページです。

ワイン、食、秋田の日々を綴っています。

~ご案内~
おいしんぼのLINEアカウントができました!
是非登録をお願い致します

友だち追加


1985年創業


レストランおいしんぼ


地元産の旬の厳選食材をふんだんに・・・


"秋田流フレンチ"


「普段のご会食、お祝いのお食事、ご両家の顔合わせ、接待等、お客様のさまざまなシーンをお手伝させていただきます。お気軽にご相談ください。」






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
特別な日のお祝いには・・・

「アニバーサリーディナー」


入籍されたカップル、バースデー、ご結婚記念日 等、大変好評です。





お一人様 10,000(税別)  予約制(クリスマス期間は除く)



特典:乾杯のグラスシャンパーニュ、アニバーサリーフォト、お祝いされる方にスペシャルデザート、オリジナルメッセージカード(お好きなメッセージを入れてご用意いたします。)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



"顔合わせプラン"


ご結婚が決まったお二人、そしてご両家のための"顔合わせプラン"をご用意しました。



詳しくは2014年9月13日のブログをご覧ください。







・・・・・・・インターネット・店頭限定告知・・・・・・・



普段のお食事、送別会・歓迎会にも・・・



大好評!!



メインチョイス(いずれもおまかせ内容にて・・・お魚料理 または お肉料理



「プレミアム ランチ」



*ご予約の際に魚料理 または 肉料理のどちらかをお伝えください



¥3,000(税別)



◆ワンドリンク付き、さらに嬉しいスペシャルデザートも







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


個室でいただく "プレステージディナー"




お一人 ¥15,000(税別)

          *3日前までの予約要


フォワグラ、秋田錦牛、活オマール海老 など.......


厳選の極上素材を使用した特別なコース


*食材は仕入れの都合により変わる場合がございます


乾杯のグラスシャンパン付き


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






◆贈り物に最適なお食事券、ございます


ご希望の方はお問い合わせください



店舗情報・メニュー等につきましては、下の画像をクリックしてご覧ください。
















日頃はご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

  当店でも「秋田県プレミアム飲食券」をご利用いただくことが出来ます。(規約により、つり銭はお出しすることは出来ませんのでご容赦ください。)

 皆様のご来店をお待ちしております。

 

日頃はレストランおいしんぼをご利用下さり、誠にありがとうございます。

 この度テイクアウトにつきましては、食中毒防止などの観点から終了させていただくこととなりました。

たくさんのご注文、誠にありがとうございました。

 店内のご飲食は平常通り営業しておりますので、ご予約をお待ちしております。

日頃はレストランおいしんぼをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
皆様に支えられ、おいしんぼはもうすぐ"35周年"となります。
(2020年 11月15日)

35年分の感謝を形に・・・
「35周年感謝企画」第ニ弾は、
<プレミアム・オマール海老コース>をご用意いたします。

インターネット上のみの、限定告知でございます。

期間:6月12日(金)~終了未定(オマール海老の数に限りがございますのでご予約はお早めに…)


料金:お一人様 \6,000(税別)
対応時間帯:ディナータイム 17:30-22:00(Close)
*最終ご入店 20:00
*事前に御予約が必要です。


<プレミアム・オマール海老コース>

(ご予約の際は"オマール海老のコース"とお伝え下さい)

 

◇内容
・旬の食材を取り入れた前菜の盛り合わせ
・地元産の魚をふんだんに使用したスープ
 「スープ・ド・ポワソン」
・オマール海老を使用したメインディッシュ
・自家製ガトーの2点盛り
・エスプレッソコーヒー または 紅茶
*自家製フランスパン付き

※お肉料理を追加されたい方は、ご予約時にお伝えください。

秋田錦牛を使用したお料理ご用意いたします。追加料金は、お一人様プラス1500円(税別)とさせていただきます。

 

 

※第一弾、フォアグラのコースも継続させていただいております。

詳細はこちらにてご確認ください。

 

 

 

是非、皆様のご来店をお待ちしております流れ星


レストランおいしんぼ
秋田市八橋本町1-1-48

Tel:018-864-1072
*日曜定休日
店舗前駐車場有(最大8台)

6月19日・20日の2日間、おいしんぼでは

「父の日ディナーコース」をご用意いたしましたシャンパン

 

 

◆父の日ディナーコース◆

お1人様 \6000(税別) ご予約制

 

◇内容

・旬の食材を取り入れた前菜

・スープ(地元のお魚をふんだんに使用した当店自慢の"スープ・ド・ポワソン")

・魚料理

・肉料理(皆様に"フォアグラ"がつきます)

・デザート2点盛り

・エスプレッソコーヒー

・自家製フランスパン

 

◇特典

・乾杯ドリンクサービス(一組につき5名様分まで)

・メッセージカード

・写真撮影(その場で印刷し、お渡しします。)

 

 

お父さんに感謝の気持ちを込めて、ご家族皆様でいつもより豪華なお食事をいかがでしょうか?

是非レストランおいしんぼで、特別な父の日をお過ごしください赤薔薇

いつも好評いただいておりますワイン会ですが、次回はイタリアをテーマに6月18日(木)に開催致します。
皆様のご予約をお待ちしております。

開始時刻・・・19時
会費・・・¥10,800(税込み)
※1週間前(締切)までの完全ご予約制となっております。
※ご不明な点などはお気軽にお問い合わせください。
いつもご好評いただいておりますワイン会ですが、次回はイタリアをテーマに6月18日(木)に開催致します。
皆様のご予約をお待ちしております。

開始時刻・・・19時
会費・・・¥10,800(税込み)
※1週間前(締切)までの完全ご予約制となっております。
※ご不明な点などはお気軽にお問い合わせください。

2020年5月28日(水)、ワイン会「Bon Vin Club "Special"」の21回目となる例会が開催されました。

テーマ:シャトー・ラフィット・ロートシルト1982

 

 

Piper Heidsieck  パイパー・エドシック

パイパー・エドシックはフローレンス=ルイ・エドシックが1785年に創業した、歴史あるシャンパーニュ・メゾンのひとつです。
    フローレンス=ルイは「王妃にふさわしいシャンパーニュを」という強い思いをもっていました。
この言葉どおりに洗練を極めたエドシックのシャンパーニュは宮廷で人気を博すようになり、当時のフランス王妃マリー・アントワネットへ献上されました。
また、マリリン・モンローもこよなく愛したシャンパーニュであり、彼女はパイパー・エドシックを「毎朝欠かさない私の目覚めの1杯よ」という言葉を残しています。さらにカンヌ国際映画祭やアカデミー賞にも公式採用されるなど、確固とした地位を築きあげています。
 モンターニュ・ド・ランス地区からコート・デ・バール地区に至る広大なぶどう畑を所有しており、その中から厳選した100あまりの畑のぶどうを使用します。
 パイパー・エドシックの核とされるのはピノ・ノワールであり、ピノ・ノワールが持つベリー類や花梨、香ばしいパンのような香りが、洗練されたエレガントで緻密な味わいバランスを実現し、同時に骨格や力強さを与えています。

 

①Piper Heidsieck Essentiel Cuvee Brut 
パイパー・エドシック・エッセンシエル・キュヴェ・ブリュット

生産地:フランス>シャンパーニュ

ぶどう品種:ピノ・ノワール55~60%、ピノ・ムニエ、シャルドネ

 

「エッセンシエル」という名前のとおり、大切に造り上げられたシャンパーニュです。ゆっくりと熟成されたキュヴェと、若さみなぎるキュヴェをブレンドし、最低4年間辛抱強くセラーで寝かせます。
 美しい金色の外観で、繊細な泡が立ち上ります。洋ナシや柑橘類、リンゴなどの果実の香りに、熟成由来の香ばしいアーモンドや新鮮なヘーゼルナッツ、トーストのニュアンスも加わります。
 熟成により凝縮された味わいながら、フレッシュな一面も見られ、きれいな余韻を残します。

 

②Piper Heidsieck Vintage Brut 2008
パイパー・エドシック・ヴィンテージ・ブリュット

生産地:フランス>シャンパーニュ
ぶどう品種:シャルドネ51%、ピノ・ノワール49%

 

気候に恵まれた2008年は、とてもバランスの整ったぶどうが収穫されました。17のクリュから選別されたぶどうを使用し、最低7年間セラーで熟成させて造られます。白桃や洋梨のアロマにナッツやブリオッシュやトーストのヒントが加わり、複雑さを形成しています。洋ナシや熟したりんごを思わせる、蜜のような甘やかな果実味ときれいな酸、そしてミネラルのバランスがよく、熟成のポテンシャルも秘めています。

 

③Clos Nardian 2008

クロ・ナルディアン

生産地:フランス>ボルドー>サン・テミリオン
生産者:シャトー・テシエ
ぶどう品種:ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン、ミュスカデル

 

シャトー・テシエは、1714年から続く歴史あるシャトーであり、オーナーの英国人醸造家「ジョナサン・マルテュス」はル・ドームやシャトー・ラフォルジュ等も所有しています。
 クロ・ナルディアンは、テシエが唯一造る樽熟成させた白ワインであり、生産量は10樽分のみとごく少量です。
 サンテミリオン南部のサントーバン・ド・ブラヌ村にある小さな畑の、樹齢50年のセミヨンとソーヴィニヨン・ブラン、樹齢70年を超えるミュスカデルを使用し、新樽50%と一年使用樽50%で熟成されます。
 琥珀色の液体から立ち上るエキゾチックな香りは、グレープフルーツ、パイナップル、マンゴーを髣髴させるものがあり、さらにブリオッシュ、スパイシーなバニラの樽香が加わります。

熟成した味わいからは旨みが感じられ、ミネラリーな長い余韻を残します。

 

④Chateau La Garde Rouge 2005
シャトー・ラ・ガルド・ルージュ

生産地:フランス>ボルドー>グラーヴ>ペサック・レオニャン
生産者:シャトー・ラ・ガルド
ぶどう品種:メルロー61%、カベルネ・ソーヴィニヨン33%、カベルネ・フラン4%、プティ・ヴェルド2%

 

シャトー・ラ・ガルドの畑は、ぺサック・レオニャンのグラン・クリュ畑近隣、マルティヤック南部の丘の頂上にあり、上質の砂岩層に厚い粘土層が走るという、この地区でも恵まれたテロワールの場所に位置します。
 ラ・ガルドでは18世紀より良質なぶどうが栽培されており、このテロワールに着目した大手ネゴシアンの「ドゥルト社」が1990年頃にシャトーを買収すると同時に資本とスタッフを投入、さらにコンサルタントには世界的に著名なミシェル・ロラン氏を迎えて、安定した品質のワインを生み出しています。
  濃縮された色合いは美しい深みのある赤色で、赤~黒の果実、スパイス、バニラ、タバコのニュアンスを持ちます。まろやかで広がりのあるアタックであり、サンテ・ミリオンに近い土壌のメルローの豊かな果実味に、熟したタンニンが溶け込み、なめらかで優美なぶどう畑由来の上品さを表現しています。同時に長期熟成のポテンシャルも感じさせます。

 

⑤Chateau GRAND PUY LACOSTE 1996 
シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト

生産地:フランス>ボルドー>ポイヤック
生産者:シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト
ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロー25%、カベルネ・フラン5%

 

シャトー名は、ポイヤック村の南"グラン・ピュイ"の丘に位置している事と、それに昔の所有者の名"ラコスト"をつけたところからきています。今まで何度か所有者が変わっていますが、現在はシャトー・デュクリュ・ボーカイユ(サン・ジュリアンの2級格付け)のボリーファミリーの所有となっています。
 畑は1855年のメドック公式格付認定時から所有していたものであり、熟するのが遅いカベルネ・ソーヴィニヨンと大変相性が良く、収穫したぶどうからは、豊かで力強い、耐久力のあるワインが生産されます。
 カシスなどの黒い果実、ポイヤックらしいトリュフ香や腐葉土、スパイスやバニラのアロマが何層にも重なり合うかのようです。
しっかりとした骨格があり、熟した厚みのある果実味、力強く且つしなやかなタンニンが融和した、伝統的なポイヤックのスタイルと言えます。パーカーは「三級に格上げしてもよいのかもしれない」と評価しています。

 

⑥Chateau Duhart Milon 1990 
シャトー・デュアール・ミロン

生産地:フランス>ボルドー>ポイヤック
生産者:ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト
ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロー28%、カベルネ・フラン2%

 

シャトー・ラフィット・ロートシルトの所有するシャトー・デュアール・ミロンの畑は、ラフィット、ムートンの両方に隣接している、非常に恵まれた立地です。メドック格付け4級ながら、「3級に昇格させてもよいかもしれない」とパーカー氏は評価しています。
1855年の格付け以降、所有者が転々と代わり衰退の一途を辿っていましたが、1962年にロートシルト家がシャトーを買収し、ぶどうの植え替え、新しい醸造所と発酵タンクの設置など、徹底的な改修が行われ復興が始まり、40年にもおよぶ努力の結果、ようやく過去の栄光を取り戻してきています。
 1962年以降は、ずっとラフィットと同じ醸造チームが手がけ、醸造作業についても全く同じ行程で、伝統に則った厳格な収穫管理、手摘み収穫、多種多様な作業を年間通じて手作業で行われ、熟成に使用する樽は一度ラフィットで使用されたものが使われています。
畑の場所が異なるため、ラフィットと全く同じ味わいというわけにはいきませんが、スタイルはまさにラフィットそのもので、バランスが取れていて、力強さの中にもエレガンスとフィネスが重視されているスタイルです。 
  そのクオリティから、かつてはラフィットのセカンドワインとして扱われるされるほどでしたが、現在のラフィットのセカンドは、カリュアド・ド・ラフィットとなっています。
 わずかにエッジがオレンジ掛かったルビーカラーで、赤~黒系の果実、チョコレート、甘草、西洋杉、乾燥したハーブの香りに幾つかのスパイスが加わったような見事なアロマが感じられます。
豊かな果実味と酸が調和し、それらにこなれたタンニンが溶け込み、力強さと同時にエレガントな印象も与え、奇麗な余韻が長く持続します。

 

⑦Chateau Lafite Rothschild 1982 
シャトー・ラフィット・ロートシルト

生産地:フランス>ボルドー>ポイヤック
生産者:ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト
ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニヨン65%、メルロー25%、カベルネフラン10%

 

シャトー・ラフィット・ロートシルトは、1855年のパリ万国博覧会で行われた「メドック公式格付け」において、第1級格付けの筆頭として最高評価を受け、現在に至るまで世界中のワインラヴァーの垂涎の的となっています。他の1級シャトーに比べ圧倒的に流通量が少なく、更に近年中国での人気も高まったことから、価格、希少価値ともに急上昇し、入手が非常に困難となってしまいました。
 「小高い丘」を意味するLa Hite (ラ・イット)に由来するラフィットという名が歴史に登場するのは1234年、ポイヤック北部のヴェルトゥイユ修道院長を務めていたゴンボード・ド・ラフィットからですが、中世の領地名として使用されるようになるのは14世紀になってからです。
古くからこの地にはぶどう畑が存在していたと考えられていますが、銘醸ワインの造り手としての評価が高まるのは、17世紀、セギュール家(カロン・セギュール)のジャック・ド・セギュールがぶどう畑を広げ、ワインの生産を本格化させてからのことです。
 ジャックの相続人、セギュール侯爵ニコラ・アレキサンドルは1695年にシャトー・ラトゥールの女性相続人と結婚し、ラフィットとラトゥール、これらふたつの領地は統合されました。
 そして侯爵は、ワインの生産技術の改良に力を注ぐとともに、ヨーロッパ各国の上流階級へ販路を広げ、程無くして「ぶどう園の王子」と呼ばれるようになりました。しかし、セギュールの子には男がいなかったため、その後シャトーは4人の娘に分与され、ラフィットとラトゥールは再び分離します。
 幾多の変遷を経て競売にかかったラフィットを1868年にロスチャイルド家が落札し、同時にシャトー・ラフィットは、「シャトー・ラフィット・ロートシルト」と改名され、ロ―トシルト家に引き継がれました。
 第一次世界大戦の勃発や世界大恐慌の発生も重なり、市場は底値が続き、ラフィットも前代未聞の経営危機を招いてぶどう畑の縮小に踏み切らざるを得ませんでした。後の第二次世界大戦時には、メドック地区はドイツ軍に占領されるなど、苦難の時代が続きます。

1945年に一族はシャトーを取り戻し、1950年代になり、エリー男爵の指揮の元でようやくシャトーの再生が始まり、本来のラフィットとしての姿を取り戻す事となります。
 ぶどう畑の面積は約107ヘクタールであり、作付の割合はカベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロー25%、カベルネ・フラン3%、プティ・ヴェルド2%、平均樹齢は約40年となっています。土壌は、下層部に第三世紀の石灰質が存在し、上部は風積土と混じった深く細かい砂利で形成されています。
熟したぶどうは、約300人もの人手によって手摘みで収穫され、15人のシャトースタッフが選果を行っています。この選果の作業は最も重要な工程であるため、季節労働者などに任せることはせず、熟練したシャトーのスタッフだけで行っているそうです。
 また、ラフィットは外部から購入した樽は一切使用せず、自社製造の樽のみを使用するという徹底したこだわりようです。
他に自社で樽を造っているシャトーは、マルゴー、オー・ブリオン、スミス・オー・ラフィットなどが挙げられますが、使用する樽の100%を自社製造しているのはラフィットのみです。
 バロン・ド・ロートシルトはラフィット・ロートシルトの他に、デュアール・ミロン(ポイヤック)、リューセック(ソーテルヌ)、レヴァンジル(ポムロール)等の優良なシャトーを所有する他、南仏ラングドッグ(シャトー・ド・オーシエール)、チリ(ロス・ヴァスコス)、アルゼンチン(ボデガス・カロ・アマンカヤ)にもワイナリーを所有し、卓越したノウハウを駆使し、現地のテロワールを最大限に生かした高品質なワインも造っています。
 82年は、ラフィット・ロートシルト自身も20世紀の最高傑作と語り、世界で最も著名とされるワイン評論家「ロバート・パーカー」も100点のスコアを付けています。
 パーカー氏曰く、スケールの大きなワインで、1959年以降で最も偉大なラフィットと証明されるだろう。未だに感じられる格別に強烈な、人を引き付けるブーケはハーブ、ブラックカラント、バニラ、鉛筆の芯、西洋杉を思わせる。相当なタンニンを含み、ラフィットとしてはびっくりするほどの、特異な力強さや凝縮感もある。真骨頂と言えるエレガンスが危機に瀕することがなかったのは、このヴィンテージがパワフルでとろりとした舌触りの、厚みのある、ジューシーなワインを生産する傾向があったためだ。豊かでフルボディの、未だに若々しい、素晴らしいラフィット・ロートシルトであると語っています。



 

 




 

 


 

4月3日から4月末日までの限定コース、「プレミアム・ディナー」を、

ご好評につき期間を延長させていただくことなりましたので、お知らせいたします。

 

「プレミアム・ディナーコース」は、当店の35周年感謝企画の第一弾でございます。

メインのお肉料理にフォアグラを使用した、大変お得なコースとなっておりますキラキラ

この機会に是非ご来店ください。


期間:4月3日(金)~4月末日当面の間、延長させていただきます

<プレミアム・ディナーコース>

(ご予約の際は"フォアグラのコース"とお伝えください)

 

料金:お一人様 \6,000(税別)


対応時間帯:ディナータイム 17:30-22:00(Close)
*最終ご入店 20:00
*事前に御予約が必要です。

 

◇内容
・旬の食材を取り入れた前菜の盛り合わせ
・地元産の魚をふんだんに使用したスープ
 「スープ・ド・ポワソン」
 ・・・TV番組で紹介されました。〇〇さんも絶賛
・本日の鮮魚料理
・秋田錦牛とフォワグラを使用したメインディッシュ
・自家製ガトーの3点盛り
・エスプレッソコーヒー または 紅茶
*自家製フランスパン付き


皆様のご来店をお待ちしております流れ星

 

 

日頃はレストランおいしんぼをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
 新型コロナウイルス感染予防対策をより万全にし、5月7日(木)より通常営業を開始致します。
皆様のご予約をお待ちしております。
 
 ※当面、テイクアウトにも対応させていただきます。
 
ご注文(ご予約)はご来店の前日までに、誠に勝手ながらお支払いは現金のみとさせていただきます。
◇お渡し時間・・・17:30~19:30の間

*上記以外の時刻をご希望の方はご相談下さい。

テイクアウトメニュー

□メニューA
お一人様の料金:¥4,000税別(税込み¥4,320)
内容:前菜、魚料理、肉料理
*ご希望の数量を申し付けください。(○名分と)
・テイクアウトにつき税率は8%でございます。

□メニューB
お一人様の料金:¥5,000税別(税込み¥5,400)
内容:前菜、スープ、魚料理、肉料理、デザート
*ご希望の数量を申し付けください。(○名分と)
・テイクアウトにつき税率は8%でございます。

□メニューS
お一人様の料金:¥8,000税別(税込み¥8,640) 
内容:前菜、スープ、魚料理、肉料理、デザート
*ご希望の数量を申し付けください。(○名分と)
 ・テイクアウトにつき税率は8%でございます。

日頃はレストランおいしんぼをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
 新型コロナウイルス感染予防対策をより万全にし、5月7日(木)より通常営業を開始致します。
皆様のご予約をお待ちしております。