金太郎アメ化

昨年の今日のブログを見ると

 

2017年の仲秋の計画に触れています。

 

しかし、

 

今年の旅行予算を前倒しで

 

使い果たしてしまったばかりか、

 

無理してでも日本に行こうと思って、

 

フライトを調べてみると、

 

都合のつくフライトが全然見つかりませんでした。

 

仲秋の予定は仕事だけになりそうです。

 

その仲秋の時期に、ソウルで見掛ける外国人観光客は少ないのですが、今、この時期はけっこう見掛けます。

 

しょっちゅう、道を聞かれます。

 

日本人、中国人、台湾人、フィリピン人、ベトナム人、ネパール人、

 

Excuse meの発音の違いだけで何人であるか、

 

だいたいの見当がつきます。

 

そして、ベトナムも旅行者を見掛けるほど

 

豊かな国になって来たのだなあ。

 

と思う一方、

 

旅行者のファッションセンスやお化粧も均一化が進み、

 

どこの国のヒトだか全然判りません。

 

しゃべらないと、何国人であるかわからないことも多いです。

 

 

かつては、こういう靴の履き方をしていれば、

 

すぐに中国系とわかったものですが、

 

彼らは 「冷え」 を気にしなくなったのか

 

近年さっぱり見掛けなくなりました。

 

東アジア人の見掛けも均一化しているのですね。

 

一旦特色が消えて、そのうちまた特性が出てくる現象もあるのでしょうけど、このところファッションも経済も均一化の時代なのかなあ、という気がします。

 

もちろん、格差があるから貧困問題や出稼ぎもあるのでしょうけど、各国の中では均一化は当てはまらないのでしょう。

 

ソウルや日本への旅行者が平均(皆同じ)化しているということだけであって、平等(差別がないこと)や公正(偏りがないこと)な社会とはかなり違うことだなあ、と明洞を歩きながら考えていました。

 

「え?ナンタ劇場。 はいはい」

 

一票頂ければ幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へこちらにも一票下さると尚幸甚です。
にほんブログ

 

 

 

 

 

AD

7年ぶりの硬式ソフトボール。

 

ソウルにはアメリカ系のリーグがあり、

 

今日から秋のシーズンが始まりました。

 

でも、韓国では今日が当方のデビュー。

 

試合時間は1時間だけ。

 

短い時間だけど、しっかり4打数2安打。

 

以下、備忘録代わり。

 

第一打席:技ありのライト前ヒット

 

第二打席:レフトフライ

 

第三打席:レフト前ヒット

 

第四打席:ショートライナー

 

球が重たく感じて、打ち上がりませんのだ。

 

アメリカ人はパワーあるなあ。

 

軍関係者も多いから、ターミネーター張りの肉体もチラホラ。

 

当方は7年ぶりの硬式ソフトの重さに老いを感じました。

 

両翼は310フィートだから、95mくらい。

 

硬式ソフトでこれを超えるパワーは・・・もはや無いかも。

 

 

我がチームも対戦チームもほとんどがアメリカ人。

 

9月のソウルの天候は最高ですね。

 

どんなに仕事が忙しくても、

 

こんなに条件がゆるいのなら毎週やれそうです。

 

因みに、日本の学校体育で使うゴム製のソフトボールとは異なります。五輪で使われる硬式ソフトボールの球は固い皮製です。重さも200gほどあります。

 

若い頃はこの球を100mほど遠投出来ましたが、今はせいぜい50m。でも、打つ方は100mに挑戦していきたいと思います。

 

一票頂ければ幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へこちらにも一票下さると尚幸甚です。
にほんブログ

 

 

 

 

AD

静かなソウル

テーマ:

今朝のソウルはいつも通り静かです。

 

今朝、北朝鮮が発射したミサイルにも大きな反応はありません。

 

しかし、当方は被っています。

 

北朝鮮関連のニュースが続くので、

 

朝の連ドラが観られません。

 

8時16分以降に撃っていれば、

 

などと言うと、「不謹慎だ」と、

 

皆さまからお叱りを受けそうですが、

 

もちろん、撃たないことがベストであります。

 

トランプ大統領の動向が気になります。

 

戦後のことまでしっかり考えれば、

 

戦争は起きないと思いますけどねえ。

 

それにしても、

 

Jアラートの機能って何?

 

「死ぬ覚悟を」って意味ですか?

 

テロが起きる直前に心構えをしたところで、

 

何になるんでしょうか?

 

一票頂ければ幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へこちらにも一票下さると尚幸甚です。
にほんブログ

 

 

 

 

 

 

 

AD

空港から空港へ

テーマ:

どこの国でも空港に近づくと、

 

電車やバスの中には頭にお団子付けた人が増えて来ます。

 

化粧の仕方もくっきり系はっきり系で、

 

何の仕事をしているかが判っちゃいます。

 

なぜかショートの人を見掛けないので、

 

韓国人かな~と見まごう人もちらほら。

 

でも、唇の色で区別がつきます。

 

やがて、真夜中の金浦空港に着いたのですが、

 

ちょうど最終バスが行っちゃった。

 

普通のタクシー乗り場は長蛇の列。

 

電車で帰ろうかなと思っていたら、

 

「先生様、どちらへ?」(韓国語)

 

タクシーの乗り場じゃなくて、降り場から声が掛かる。

 

行き先を言うと、値段を言って来ました。

 

あれ?意外に安いじゃん。

 

思い切り半額にして交渉開始。

 

互いの最初の言い値の中間値で合意。

 

でも、トランクにスーツケースを入れた途端に気付きました。

 

「あ、その料金は仁川からの値段だ。金浦からならもっと安い筈。これじゃ交渉負けになる」

 

で、再交渉しようとすると、

 

アンデヨ(駄目)の一点張り。

 

コノヤロー。 なめんなよ~。

 

と思ったものの、それでも安いからまあいいか。

 

荷物を下ろしても、次のタクシーはいつここに来るか分からないし、早く帰りたいし・・・。

 

日本人の皆様、すみません。

 

気前の好い日本人を演じてしまう羽目になりました。

 

日本人なんてチョロイと思われてしまったかも。

 

交渉は各自しっかりやって下さい。

 

あるいは、ちゃんとメーターを使えと主張して下さい。

 

一票頂ければ幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へこちらにも一票下さると尚幸甚です。
にほんブログ

 

 

今までに当方がここに書いて来たことを

 

まとめてくれたような記事です。

 

「漢字を廃止した韓国が失ったもの」

http://news.livedoor.com/article/detail/13559494/

 

でも、この記事のタイトルはどうなんでしょうね?

 

韓国人ご本人たちは喪失感を持ってないと思います。

 

日帝の残滓を消すために、漢字を使わないということでしたが、韓国人は皆そんなことも忘れているような気がします。

 

「日帝残滓」 ご参考

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E5%B8%9D%E6%AE%8B%E6%BB%93

 

漢字など読めないし、書けないのは、

 

自分だけじゃないから気にならない、というところでしょうか。

 

20代で読める人と言えば、

 

日本語や中国語が話せる人たち。

 

英語を話せる韓国人ですと、

 

漢字は高校卒業から使ってない。

 

という始末。

 

漢字を勉強するのは受験生に負担なのだそうですが、

 

それって、韓国式ゆとり教育?

 

個人差こそあれ、40歳代後半以上の人たちは

 

漢字の読み書きは出来ますけど、

 

かなりご苦労されてますね。

 

ざっくりと文字を分類すると、以下のようになります。

 

表音文字  phonogram   アルファベット、仮名、ハングル

表意文字  ideogram      アラビア文字

表語文字   logogram      漢字、(象形文字)

 

もっと細かく分類できるのですが、

 

当方が記事を書く場合には、

 

「見れば意味が判る文字」という理由で、

 

漢字も表意文字に含んで説明することがあります。

 

カタカナや平仮名は読んで、発音して、漢字を当てないと意味が判らないわけです。

 

ハングルも仮名と同じです。

 

日本語は漢字仮名混じり文が普通ですけど、

 

ハングルも漢字ハングル混じり文での筆記が可能です。

 

でも、前世紀までの遺物になりつつあります。

 

テレビニュースでも、北朝鮮を「北」と表記したり、ムン大統領を「文」と表記していますが、もはや小2レベルの漢字。

 

英語でも英語漢字混じり文をやろうと思えば可能だけど、

 

需要がなさそうです。

 

また、表意文字や表語文字がもたらしていた、東アジア独特の思考法があるのではないか、という研究もあるそうです。

 

なんだか、分かるような判らないような・・・?

 

漢字と表音文字を混ぜて書く言語なんて、日朝(日本文化と朝鮮半島文化)しかないんだ。

 

と思うと、互いの共通性を認めあえるのですね。

 

至って、喜ばしいことだと思います。

 

仲良しの材料になれば幸いです。

 

一票頂ければ幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へこちらにも一票下さると尚幸甚です。
にほんブログ