お問い合わせご予約キャンペーンアクセス

ベルWEBにてお得なキャンペーン配信中ベル

 

5000年物歴史がある東洋医学では

私たちの身体に

大きく分けて3つの

ドーシャ(潜在体質)があります。

 

そして、生活習慣によって

左右されるものがあります。

 

 

 

アーユルベーダでは

ピッタ

カパ

ヴァータ

3種類のドーシャのバランスが

代表的なものがあり、

どれかが良くて

どれが悪いではなく

3つのバランスが、整っている

状態が良いとされています。

 

 

 

このドーシャが乱れた時

体の警告サインが少しづつ出てきます。

 

 

体のサインに気づき

病気が発症する前の

未病を防ぐことが

体と心のバランスを整えるのに

とても大切な事です

 

 

 

「気滞ピッタ」

ピッタは火のエネルギーメラメラ

image

 

 

ピッタ体質の時は

何事も”やりすぎ”になりやすく

セルフコントロール(セーブ力)が

もっとも、必要な時です。

 

 

 

効率的に物事を運び

無駄を最小限にする

特に経営陣に多いタイプです

 

 

 

行動の傾向

無駄なく効率よく動く

チャレンジ精神旺盛

完璧主義

分析能力に長けている

人前で話すのが上手

理論的に話す

仕事が好き

過労吟味になりやすい

新しもの、キラキラしたものが好き

ブランド志向

 

 

気を付けたい病気

消化器系(特に胃)逆流性食道炎、胃潰瘍

心疾患

過労

視力障碍

肝臓・胆嚢疾患

 

 

 

ピッタのバランスが崩れる時

過度の暑さに弱いピッタは

夏にバランスを崩しやすいです。

「熱」とは、エネルギーもさします。

過労 集中 熱中しすぎた時も

同じような状態になります。

 

タイムスケジュールに

「休む」を入れ

それも仕事の一つとして

捉え、バランスをとることが大切です。

 

集中と休息のメリハリ

 

 

 

ピッタ体質の人が心掛けたい食事

働き者のピッタの方は食事を抜きやすいです

けれど集中力がプツリと切れた時

ご飯を食べていない事実に気づき

イライラします。

熱をため込みやすい為

体を覚ます食品をとることがおすすめです。

 

 

消化力が高く、その力は正午が

ピークになるため

ランチは逃さないことが大切です。

 

 

ピッタの人が控えたい食品

カフェイン

ニコチン

タウリン系の興奮剤

赤身肉 卵の黄身

揚げ物

乳製品

レトルト食品

辛味 酸味 塩辛い

ごま油 アーモンド油 コーン油

 

 

食べたらNGというわけではなく

味付けなど濃いめの食事に

偏りやすいので

薄めの味付けや

生の野菜を摂取するのを

心がけてバランスが重要です。

 

 


 

 

 

 

 

♯ラジオ波♯痩身エステ♯二の腕痩せ♯脚痩せ

♯セルライトなくす♯ダイエット♯脂肪燃焼

♯短期ダイエット♯小顔♯たるみ♯大阪

 

 

 

♯心斎橋エステ♯南船場エステ

♯アーユルヴェーダ♯体質改善

♯肩こり改善♯リンパマッサージ

♯血行促進♯肝臓ケア♯眼精疲労改善

♯脳疲労改善