2017-06-19

父の日プレート

テーマ:おうちごはん

夫婦ふたりの「父の日プレート」オットの好きなもので。買い物に行ったのは彼ですが。(どうもろこしとバジルとなすのみ、あとは冷凍ストックでなんとかしました
18時半に調理スタート、「小さな巨人」最終話を落ち着いて観たかったのでなんとか1時間半で作り上げました!
*簡単海老チリ
*とうもろこしと雑穀の炊き込みご飯
*炙りサーモン...
*かに玉の射込み油揚げ
*トマトとなすのチーズ焼き
*バジル入り帆立のフライ
*きゅうりとしらすとあさりの酢の物

 
現在のレッスンでチャージャーに使っている磁器のフラットなプレートは、こんなふうにワンプレートの盛り付けにも活用できます。
 
 
「本日のミスワンプレートグランプリは?」と尋ねるとオットは迷わず「ホタテ!」
私は脱水シートで下処理さえすればバーナーで炙るだけのサーモン。 
ちょっとしたコツはもちろんあるのですが。
 
 
柴田真希先生プロデュースの「雑穀小町」と白米1:1で。トウモロコシは皮もヒゲも除かずに一緒に炊き込みます。もちろん、「幸せをよぶおだし」で。
 
 
OXOのコーンカッター。優れものです。
 
 
蒸しいためしてからきれいな焼き色がつくまで炒めたなすの下には、三浦のフルーツトマト。その下にはレッスンで余るのでいつも作り置きしてあるパプリカのソース。ここにグリュイエールをかけてオーブンに。大き目のココットの分は明日にと思っていましたが、案の定なくなりました
 
 
簡単エビチリの作り方、ケチャップと小浜の柑なんばとレッスンで作っているねぎペースト(なければAの素社のK味ペーストでも)をよく炒め、海老をいため、ねぎを加えて葛粉を振り込み、鶏スープを注いでとろみがついたら出来上がり。これだけで完璧な味です。ただ、海老をぷりぷりに仕上げるには必ず脱水シートの下処理を!
 
 
帆立貝柱は卵白と葛粉と少量のカレー粉をよく混ぜたものをくぐらせてから、バジルと一緒にBOSCHのカッターにかけたパン粉をつけて高温で揚げるとミキュイの仕上がりに。手前の貝柱、うっかりそのままパン粉にまみれています
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-06-19

三浦野菜を使って ~甘辛唐辛子のつくね揚げ~

テーマ:おうちごはん

本日の夕食です、三浦野菜を届けていただいたので、

甘長唐辛子のつくね揚げ、ビーチかぶと生麩の蒸しいため、四葉きゅうりとわかめのポン酢がけ。

 

あっさり系、実際にはこの盛り付けの倍食べちゃいました

 
 
四葉きゅうり、そのまま齧っても美味しいです。
きゅうりの嫌な水臭さがまったくなく、「瑞々しい」という形容がぴったり! 
ピーチかぶ、どうしてこんなに甘いのか不思議なかぶ。
甘長唐辛子はどういうDNAなのか、甘味というよりも滋味がたっぷり。素揚げがいちばんおいしいと思います。
 
 
レッスンで余った鶏半身のムネとモモを、玉ねぎ、葛粉、塩、みりん、薄口しょうゆと一緒にBOSCHのカッターにかけます。ひき肉で作るよりも雑味がなくて歯ざわりもよく、断然美味しいのでこのひと手間は省けません。
 
 
 
掌に太白ごま油をつけて小さくまとめたつくねだねを甘長唐辛子に巻き付けます。
 
 
ピーチかぶの蒸しいためと味付けに「幸せをよぶおだし」
 
 
生でいただいても美味しいピーチかぶですが、蒸しいためすると甘味がぐっとアップします。
 
 
簡単なひとしな、切っただけの四葉きゅうり(普通のきゅうりを使うときは必ずタネの部分を除きます)と玉ねぎ、戻しただけのわかめ、ポン酢と粉しょうゆで。
 
 
シャスールコクエルで揚げると全体の火通りが均一です。
 
 
冷凍してあった高知からのお土産でいただいたすだちをマイクロブレインで削って。
 
 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-06-17

サルティンボッカ風 くるくるバージョン 雑穀リゾットとともに

テーマ:おうちごはん

本日の夕食、例によってあるものだけで

デーツ入りサルティンボッカ風 黒米ベースの雑穀リゾット、カチョカバロとともに。

サラダはセルバチコ、紅くるり、レッスンの余り物の鶏胸肉。

 

この盛り付けはインスタ用(笑  実際はサルティンボッカもリゾットも、それぞれ三倍量を平らげました

 
 
料理家仲間の柴田真希先生プロデュースの「雑穀小町」白米と1:1でブレンドします。 
この「すっきりブレンド」はレッスンでも過去二回使わせていただいていますが、うちの定番。必需品です。
 
 
「鮮度おちま鮮」業務用の脱水シート(年内には若林三弥子モデル新登場!)
これに包んで冷凍ストックし、包んだまま解凍した豚ももスライス。
 
 

生ハムをのせ、料理家仲間の中村まりこ先生がインポートされているレバノン産の極上デーツをのせ、くるくる。

 
 
リゾットはスープがなくなったら足し、を繰り返します。
黒米の色できれいなピンクに。シャスールコクエルで炊くとかき混ぜなくても全体が絶妙のアルデンテに。
 
 
サルティンボッカが焼きあがる直前にカチョカバロを空いたスペースに入れます。
 
 
 
 

 

 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-06-16

スピルリナ入りパスタ 今日のランチに冷製で

テーマ:おうちごはん

本日はレッスンお休み、久しぶりのおうちランチ。

先日のお夕飯に使ったスピルリナのパスタを冷製に。

レッスンで余ってしまうパプリカのカポナータをストックしてあったものをソースに、生ハムとあわせて。

 

現在のレッスンで使っている、加藤幸兵衛窯の「インディゴ」プレートに、パプリカのソースの色がぴったりです。

 
 
爽やかな風、本年初の冷製パスタにぴったりの日。
 
 
先日、夜中に煮込んだカポナータ、甘みが強いので氷と一緒にバイタミックスを回すとちょうどいい粘度と濃度のソースに。
 
 
パスタの水分を切るには、最優秀キッチンペーパー「仁淀川のみずかみ」とサラダスピナーで完璧。
 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-06-15

スピルリナ入りパスタ、トマトとブルーベリーのスープ

テーマ:おうちごはん

instagram奨められて始めてみましたが、若葉マーク、いや、もみじマークです


本日の夕食、あらためてプロセスはこちらに。

 

スガハラさんの名作「スポーラ」はうちのパスタの器の定番です

 
 
トマトとブルーベリーのスープはこちらもスガハラの名作「コーズィー」に。
 
 
料理家仲間の利佳ちゃんにご紹介いただいたスピルリナが練りこまれたパスタ。
コシがあって歯ざわりもよく、アーリオオーリオなどのシンプルな調理にも、重めのソースにも合います。
 
 
 
ざく切りにしただけのトマトとブルーベリー、ミレユンヌのフランボワーズビネガー、塩。
これをバイタミックスで回すだけ。
 
 
 
 
ソースは鶏のスープを温めて葛粉をふり
 
 
レッスンでご紹介している丸鶏のスープの胸肉の余りをほぐして
 
 
スープに加え
 
 
リコッタをそのまま投入
 
 
ヨーグルトも加えて塩こしょう
 
 
パスタは必ず圧力鍋で茹でます、コシがあってつるりとしたアルデンテに必ず仕上がります。
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。