最近、PCの自作というものに興味がわいてきた。


キッカケは今使ってるPCのDVDドライブが壊れた

ので、知り合いのPCに詳しい人に色々と話を聞いている

と、「自作なら簡単に交換できるのになぁ~」と・・・


で、その「自作」というものは、どういうものなのか?

そして自作のメリットは?


約2時間程、ありがたいお話を聞き、話が終わる頃には

なんか自分でも組めそうだなぁ~なんて思ってる自分が

おりました(笑


先ずは情報収集から始めようと思うので(先立つものも

無いので、とりあえずお勉強から)自作関連の本でも

買ってこようと思いますっ!



おっと!これも買わなきゃね



ギター・マガジン 2008年 3月号 [雑誌]/ギター・マガジン編集部
¥700
Amazon.co.jp

民生の新しいアルバムの中の曲のTABが載っているらしい。。。








CAP





先日、ギターのPUを注文した時に一緒に注文したパーツ。


PUの方は納期がかかるらしく、一月待ちらしいのですが、

こちらの方は在庫があったみたいで、かなり早く届いてしまった。


ちなみに、パーツ類の購入は


サウンドハウス が最近のお気に入り♪


理由は、ずばり!・・・安いから(笑




で、上記のパーツ。。。コンデンサーと言うもので、ギターの

ボリュームポットとトーンポットの間に繋ぎます。

(コンデンサーは最初から付いているのですが、非常に安っぽい

チャチなものが付いています。)


それを、グレードが良い物に替えて、ギターのトーンを変えてやろう

という目論見ですね。

(特にボリュームを絞った時の効果は良いらしいです)


で、色々と調べていましたが、かなりの種類があってどれを選べば

いいやら迷いましたが、定番的な「オレンジドロップ」というのに決定!

0.022uFの耐圧600Vです。


PU交換と一緒に取り替えるので、はっきりとした効果は分からないかも

しれませんが、現レスポールは、国産の訳の分からないコンデンサー

に一度交換してあります。

その時は、多少は効果があったので、今回も大丈夫でしょう。



その前に・・・久しぶりの半田付けが出来るか心配(笑





lespaul



久しぶりに機材の紹介です。


写真のレスポールが現在メインで弾いているレスポール。

1994年製で正式名称は「Les Paul classic」というモデルです。


(実はレスポールはもう一本持っていて、同じ「Les Paul classic」

というモデルの上位バージョンのPLUSというモデルで(1992年製)

blogのプロフのトコに貼ってあるギターがそれになります。

こちらの方はトラ目が入っていたり、色んな細かい部分がメインの

レスポールと違うので、後日メインとの比較紹介しようと思います。)




先に1992年製のレスポールの方を入手したのですが、なんせ憧れの

レスポールだったもんで(昔は写真でしか見ることが出来なかった代物

だったので)かなり丁寧に扱っていました。

そんな時、ある知り合いから、「lespaul買ったけど、重いから買わない?」

との悪の声が(笑


内容を聞くと、自分の持ってたlespaulとの違いはトラ目の有無だけ・・・

自分のギターがかなり弾き易かったので、「買う!」と即返事。

と言うのが入手の経緯です。


が、実際に受け取ってみると、ネックの太さは自分のレスポールより

太い。で、かなり重い。しかも作りも幾分か雑な感じが。。。

まぁ、アメリカんなギターであるので、まぁいいかって感じで(安かったし)

気軽に弾けるレスポールが入手できた訳だし、と納得。



後々に分かった事ですが、某大型掲示板の書き込みを見ていると

1990~92年頃迄のclassicはヒスコレが出る前で、かなり作りが良かったらしい。

重さも非常に軽いし(ただ・・スイスチーズ加工がしてある可能性もあるが)




じゃぁ、このメインギターが悪いか・・・と言えば、そうでもなく、やはりちゃんと

レスポールの音を出してくれています(当たり前ですが)

数年前に組んだバンドでもメインで活躍していましたし、知り合いの結婚式な

どでのステージもこなしてきたギターです。


今じゃ傷だらけですが(表面には塗装のクラックも入ってきています)ずっと

弾き続けていこうと思ってます。



ただ・・・このLesPaulについているPU(496R,500T)が、あまりにもハイ

パワーな為、現在PUの交換をもくろんでいます。

実は、もう注文しちゃったりしているので、後日レビューします。



では、また!

(長くなったなぁ~笑)








END



やっと(仕事の)嵐が過ぎたようです。

真っ白に燃え尽きました(笑)



さてと・・・ギター弾くぞ~~!!











毎年恒例で、この時期は(冬場)は仕事が暇な筈なのだが

何故か今年は忙しい・・


年明けから結構なハードスケジュールで、家にも仕事を

持って帰ってくる始末。




何が言いたいかと言いますと・・・



ギター弾けないやん ・・・(泣


この暇な時期を利用して、色々とやりたい事もあった

のですが、(あんな曲や、こんな曲のコピーや理論

のステップアップやらレスポールの改造やら・・)

妄想だけが膨らんでいく日々が続いております。





早いトコ仕事切りつけてギターを弾く時間を作らなければ!




※ プロフィールの画像をストラトからレスポールに変えました。


きっとこの人のせいだと思う・・・




jimmi2


世界一レスポールが似合う男・・・




馴染みの楽器屋さんで、再結成のDVD(ブートですが)を見せてもらった

のが原因かな?



あと・・・



TAMIO


奥田のアニキ♪

このお方もレスポーラー(最近は使ってないみたいだけど・・・)


コンサートのチケットが手に入ったからなのかなぁ~?




まぁ理由はともあれ、結論です。


やはり、これは気分でしょう♪

ZEPやるならレスポール、SRVならストラト!って感じで



きゃみ~♪さんの宿題 をやってて、最初はレスポール弾いてたけど、

結局はストラト弾いてたし・・・




結局、どちらも好きなんですよね~♪

憧れのギタリスト達は、皆、ストラトかレスポールを持ってたしね!








++本日のギター練習++


SCUTTLE BUTTIN (SRV) のイントロフレーズのコピー


※きゃみ~♪さんのトコに出てたyoutubeのインストラクターの

  おっちゃん(?)のリズム取りが怪しかったので、CDの原曲を

  ヘビーリピート

何とかリズムは分かったのですが、原曲はめちゃ早い

(BPM=160くらいです・・・とりあえず今の段階でBPM=140で

弾ききるのが精一杯な感じです)

なんとか、少しずつでもギターを弾ける平穏な日々を過せています。


で・・本日もPCにギター繋いで、いざ「弾くぞ~」と弾き始めた所


「ぶちっ・・・・」


と、ストラト君の弦が切れちゃいました~~

(張り替えたばかりなのに・・泣)


ある程度の時間、弾いていれば諦めもついたのですが、なんせ弾き

始めたばかりだったので、仕方なく押入れから封印されていたレスポ

ール君を。。。


久しぶりに弾いてやったので、最初はちょっと戸惑いましたが、しばらく

弾いていると



あれ・・・レスポールってこんなに弾き易かったっけ?



あと、音も太いし良い音するなぁ~ 



それから1時間ほど弾き続けました。。。



で・・・結論



もしかしたら、またレスポーラーに戻っちゃいそうな予感です(笑



でも、座って弾くのにはストラトの方が弾き易いんだけど、それを

差し引いてもレスポールの方が弾き易いかも。。。

(ストラトに慣れてたせいもあって、そう感じたのかもしれませんね)



とりあえず、昨日コピーしたLET IT BEのソロのパートをレスポール

で弾いてUPしてみました。


SOLのインサートエフェクトにロータリースピーカーのシュミレート

エフェクターがあったので、ジョージ・ハリスン風にかけてみました。



音源置き場



相変わらずのダメダメ演奏です・・・(-"-;A

リズムも鍛えなくては!!



Cメジャースケールのポジションは大体把握してきました。



※ Cメジャースケール参照ページへGO!




しかし・・・地味な練習なので、飽きが来るのも早い!


そこで、Cメジャースケールに合わせて弾ける曲を探す事に。


身近にありました・・・beatlesの「LET IT BE」 です。


で、ネットでMIDIデーターを拾ってきて、早々にSOLに読み込

ませて、先ずはカラオケ作成~♪


スケールポジション練習が飽きてきた頃に、カラオケに合わせて

適当に弾いて飽きを解消しています。


そこで一つ発見が!


まぁ、当然といえば当然なのですが、今までペンタで弾いていた

ソロとの景色が全く違う!

良く言えばちょっとお洒落になった感じ・・・(言いすぎかな?)


ただ、スケールの羅列なのであまりやり過ぎると、逆に面白みに

欠ける。。。で、ペンタと併用すると




良いじゃないですかぁ~♪



スケールって、こういう使い方していけば良いのですね
(今頃気が付いたんかぃ!笑)



「LET IT BE」のオケを作ったついでに、シングルバージョンのソロ

もコピーする事にしました。

アルバム・バージョンの方は高校生の頃にコピーしたので、今回は

シングルバージョン


(ちなみに、余談ですが、公式で出ているLET IT BEのギターソロは

3種類あって、通常のアルバムバージョン、シングルカットバージョン、

あとNakedのバージョンがあります。

個人的には、あまりNakedのバージョンは好きじゃないかなぁ~)



で・・・ようやく耳コピ終了  

Purple_Hazeさん のコメントに刺激を受けて耳コピしました。。

耳も鍛えないとね!)



コピーしてみた感想は、この頃のジョージ・ハリスンってギターの

歌わせ方が上手いなぁ~

基本的なメジャー・ペンタトニックスケールでの音使いなのですが、

スライドを上手く利用して、ポジションを変えながらペンタにありがち

なワンパターンのソロに成らない様に構成してあるように思いました。




いやぁ~コピーも勉強になりますね!



基本練習と併せて、色んな曲のコピーも練習課題に加えていくことにしました!







(うん?・・・このPVのソロはNakedに入っているソロと同じかな)

年末・年始は結構と忙しかったので、ギターの調整の方をする事が

出来なかったのですが、ようやく調整の方が終わりました。


さて、昨年立てた目標 が中途半端な状態になっていたので、今年は

その続きから練習を始めようかな・・・と思っています。


とりあえず、基本テクニックの方は一通りやったので、あとは曲の

コピーなどでホローするとして、今年はスケール編に入ります!


で・・・とりあえず、メジャースケールw


現段階では、当然知っているのですが、意外にも使っていない。

(まぁ、ほとんどペンタトニックで弾いちゃっているので・・・)

逆に言えば、ペンタのソロしか弾けない。。。という事になりますね(-"-;A


スケール編に入るにあたって、大量に持っている教則本の数々に目を

通すと、このメジャースケールは非常に大切なスケールだと言う事に

気が付きました。(今頃かいっ!w)


メジャースケールを覚えるとナチュラルマイナースケールも覚えた事に

なるし、あとモード系への発展やら色々・・・


まぁ、ペンタだけでいいや・・・と、以前は思っていた訳で、疎かにしていた

スケールではありますが、壁を越えていくには、もう一度最初からやりなお

さないとね。



あ、そうそう・・スケール練習用にPC上で作動するアート・メトロノーム という

モノをDLしました。(フリーソフトです)

これ、結構良いですよ~♪








明けましておめでとうございます。


本年もよろしくお願いいたします♪





年明け一発目はコレで!!