人材業界で働くサラリーマンのなにげない日々 -2ページ目

人材業界で働くサラリーマンのなにげない日々

日々精進、日々格闘、日々ひび割れ・・・語りブログ


テーマ:

他人は意外に自分のことを知らない。

他人は意外に自分のことに興味がない。


この前提に立たないと、不安や不満ばかりが出る。


結果で示す。

発言し、行動する。

考えや想いを伝える。


こういう目に見えるものでしか、なかなか理解して

もらえないもの。


目立つこと。

注目してもらって、自分にプレッシャーをかけること。

これも、評価されるポイントになる。


自分の評価はあくまでも他人が決めること。


でも、地道にやってる人が日の目を見るようにする

こともスゴク大事だと思う。


評価って、なかなか難しい。


テーマ:
連休を利用して帰省。
志賀原発の周辺に社会見学。

photo:01

photo:02

photo:03



まあ、志賀が原発の街になっていて、
それはそれは、観光地のような感じ。

家族連れがたくさん訪れ、遊んでいく。

もう立派な産業です。
賛否両論あるかもしれないが、一番
複雑な想いをしているのは、地元の人
なんだな。

そこに住んでない人からすれば、反対の
意見しか出なさそう…

テーマ:

今年の連休は、色んな影響であまり浮いた話を

聞かないような気がする。


自粛とか、なんとかとか。

旅行会社、ホテル、外食などが大打撃。


なんとかできないものか。


最近、調べてわかったこと。

高速道路は、1000円であること。

旅行会社も直前になって予約が入ってきていること。

連休が長い(しかも飛び休み)ため、分散する。


折角の連休なので、羽を伸ばす。

時間とお金を有意義に使おう。


テーマ:

派閥とか、誰についていくとか、ハズレくじとか、

誰かをこき下ろして結束するとか、表向きの一体感とか。


なんかそういうの気持ち悪い。

でも、どんな組織にも必ず存在するもの。


実力だけでは、上には行けない。

でも、実力がないと上に行っても仕事はできない。

もし、そんな人が上に行く組織があれば、危険。


組織のあり方に、会社の風土が色濃く出る。

それは、人のあり方であり、その組織における評価の

あり方。


テーマ:
忘れかけてるんちゃうかな。
必死になって、達成目指してやってたこと。

どこか、うまくやろうとか、うまく見せようとか、
やり過ごそうとか、まいっかとか。

うちわの話ばっかり。
あいつがどう、あの組織がどう、あのやり方がどうとか。

そんなん、関係ない。
お客さんへ目を向けなきゃ。
謙虚にコツコツと。
感謝の気持ちで。

正しいこと、絶対に見られてる。
間違ってること、絶対に見られてる。

まだまだ中小企業なんだから、勘違いしたら、
すぐに足元すくわれる。

Ameba人気のブログ