「ママ解放区」気持ち・時間・場所からの解放しませんか?

「ママ解放区」気持ち・時間・場所からの解放しませんか?

北新宿を中心に、親子英語コミュニケーション教室を主宰しています。
子育て英語で、ママも英語を学びなおしませんか? お子様とのコミュニケーションも更に楽しくなる♪ 自然と英語を喋っている!とママ達が驚くハッピーレッスンです。

*ブルーミングマムへようこそ*


私たちは、戸塚地域センター(高田馬場)、四谷地域センター(四谷三丁目)、こども写真館アトリーチェ(新宿御苑)等で活動をしている団体です。

新宿を中心に育児をしているママ約800名が登録。

ママの気持ち・時間・場所からの解放がもってあってもいいよね。ということで「ママ解放区」と名付けてママのライフスタイルの応援をしています。。





ブルーミングマムではツキイチ交流会のほか、ママが学べて楽しめる様々なイベント•コンテンツが目白押し!


情報は LINE@やインスタで配信しています♪


よかったら友達追加してチェックしてみてくださいね(^^)



【ブルーミング・マム LINE@ 公式アカウント】


友だち追加


【ママ解放区*ツキイチ交流会】


0~3歳の乳幼児連れママ
@戸塚地域センター(高田馬場)
乳幼児のママを中心に、何か刺激が欲しいなーというママを対象に
毎月1回、ママ交流会を開催しています。




【新宿ママサロン*Bloom *(ブルーム)】



毎週木曜日@こども写真館アトリーチェ(新宿御苑前)
親子英語レッスン、ヨガ、フラワーアレンジメントなど
専門スキルをもつママたちによるママ向けのお教室を随時開催しています。








この投稿をInstagramで見る

フリーマガジン Blooming Mom Vol 2 発行です! 発行準備をしていた中で、コロナが蔓延しまして。 なかなか作業に集中できなかったのですが。 ようやくーーーー 完成いたしました。 2冊目。 私の文章はちょっとクセがあるので。 校正がものすごかったです。 というか、こだわりだったり伝えることの大切さを。 ただひたすらに想いを届けるだけでなく。 共有したい。 共感したい。 受け止めたい。 相互尊重のある社会になるよう。 それがたとえ微力だとしても。 ブルーミング・マムでの発信は、重要であるし そうでなくてはならないと信じています。 今年は、新宿子育てメッセが延期という形で。 来年になってしまうので。 来場者様全員にお渡しできないことが残念ですが。 児童館や保健センターなどで受け取ってもらえるかと思います。 対面での交流会は控えていますが。 ブルーミング・マムのみなさま、会員のみなさま、支えてくださるみなさまに感謝して。 ウェブでも読めるようにしますので、少々お待ちくださいね。 「ママだからこそ、花開く人生を。」 新宿区発のママコミュニティ ブルーミング・マム Vol.2 <全国8箇所の支部が活動中> 新宿・八王子・長野・松本・上尾・長崎・福島・江戸川 一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事 前田カオリコ #ママ #新宿ママ #育児 #育児支援 #ママ支援 #ママ向け #フリーマガジン #読み物 #ママ解放区 #コロナに負けるな #発行

ママコミュニティ「ブルーミング・マム」(@shinjukumama)がシェアした投稿 -

こんにちは。

ブルーミング・マム 代表理事の前田カオリコです。

 

新学期が始まっても、学校は休校のまま。

私達の拠点である新宿区は、都庁がありいろいろな意味で区政も注目が集まっていたような気がします。

 

我が子は、区立の小学校・中学校に通っているので。

その対応に従っていました。

 

いい悪いと評価するのは、それぞれの感覚で違うと思いますが。

まずは、正しく知ることや、どうあって欲しいのかという自分の感覚を大切にしておきたいと感じています。

 

同じ状況にありながら、マイナスに捉えると、そのように作用するように。

一緒に過ごせた時間を愛おしく感じられるか。

 

なんて書きながら。

我が子の乳幼児期に、ずっと一緒に過ごしたことの閉塞感から。

どうにか打破しようともがいて、苦しんだので。

 

乳幼児を抱えるママ達が、いかに大変だっただろうかと想像をします。

 

働いていても。いなくても。

夫がテレワークになったり、家にいる状態が当たり前になった時に。

新しい生活様式になるのだからと、夫婦で話し合ったり、家族と会話するようになりました。

 

話し合う以前に、ストレスで一度ブチギレしまして。

それから、変わりました。

 

多分、私は忍耐力が足りないので。

協力してもらうしか、手立てはなくて。

 

まだ、どこかに母親がやることが基本に組み込まれていたのだろうと気付かされました。

 

家族のあり方。

家庭教育のあり方を、随分と考えさせられた3ヶ月。

 

また動き出します。

元のライフスタイルには戻りません。

それを踏まえて、私たちは未来に向けて、行動することになるのですから。

 

一緒に、笑顔でいられる社会に。

そんなことを願っています。

 

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役


1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

*女性の生き方を変える*ブルマムアカデミー
https://bmacademy.net

ブルーミング・マム 代表理事のカオリコです。

 

本格的に緊急事態宣言が出された今。

ママたちはどうしているのか。

 

仕事をしていても、していなくても。

毎日の生活は営まれていく。

 

在宅で仕事してみて。

改めて感じるのは。

 

やっぱり子どもがいると集中できないという事実。

それは、仕事量にもよるのだけれど。

 

あれほどまでに、我が子が乳幼児の頃は隙間時間を縫ってでも、社会と繋がっていたいと渇望し。

 

どうにかこうにかと、その時を過ごしていた。

今は。

ある程度大きくなり。

理解できる年齢だけれど。

 

在宅でする仕事の難しさを改めて感じる。

 

ママをやることと、気持ちを切り替えることの難しさに。

頭では理解していても、感情が追いつかなかったりする。

 

あぁ、虐待は増えているのではないだろうか。

身近な人のDVは起きていないだろうか。

モラハラを受けていないだろうか。

 

大丈夫だろうか。

ママ達の息抜きをする場所はあるのだろうか。

 

そんなことを日々思いながら。

今できることは何かを考える。

 

コロナ離婚という言葉を耳にして。

いろいろな選択肢はあるだろうけれど。

 

夫婦間のコミュニケーションや、親子間のコミュニケーションが。

ストレスのぶつかり合いや、弱者にだけ向くことのないように。

 

もし、行き詰まっていたり、煮詰まっていたら。

遠慮せずに、LINEで相談してもらえたら。

 

個別LINEで。

本音を言葉にすることで。

少しでも寄り添えたらと思っています。

 

 

 

 

 

 

LINEの友達追加で、LINE限定情報もお届けしています!

 

 

ママ支援コミュニティ ブルーミング・マム 代表理事をしております、前田カオリコです。

この度、プロモーション用に動画を作成していただきましたので
どのような活動をしているのかご覧いただけると嬉しいです。

こちらは、私が母親になってから直面した産後ウツ・第一子を出産した際にコミュニティの必要性を感じたことから立ち上げた団体です。

 

 

 

 

 

 

LINEの友達追加で、LINE限定情報もお届けしています!