1864年。美しい鳥のさえずりが響くバージニア州の森には、遠くから絶え間なく大砲の音が聞こえ、3年目に突入した南北戦争が暗い影を落としていた。 キノコ狩りをしていた女子寄宿学園に通うエイミー(ウーナ・ローレンス)は、傷を負った北軍兵士マクバニー(コリン・ファレル)を発見。手当をするため学園へ連れ帰ることに。 
マーサ・ファーンズワース女子学園は、園長のマーサ(ニコール・キッドマン)、教師のエドウィナ(キルスティン・ダンスト)、そして家に帰ることができない事情を抱えたエイミーをはじめ、アリシア(エル・ファニング)、ジェーン(アンガーリー・ライス)、エミリー(エマ・ハワード)、マリー(アディソン・リーケ)の5人の生徒が暮らしていた。 招かざる敵兵の出現にはじめこそ戸惑うものの、キリスト教の教えに従い回復するまで面倒を見ることに。 男子禁制の学園で暮らしていた乙女たちはマクバニーに興味津々。早熟なアリシアは思わせぶりな視線を投げかけ、エドウィナはブローチをつけて秘かにおしゃれをし、まだ幼いマリーも負けじとエドウィナの真珠のイヤリングをつけて着飾る始末。 
園長のマーサはそんな彼女たちをたしなめるものの、手当をするために久しぶりに触れた生身の男性の身体に、彼女自身も胸の高鳴りを抑えきれずにいた。 手厚い看病を受けるマクバニーは、誠実な態度で信頼を勝ち取り、7人全員から好意的に受け入れられるまでに。ただし、誰にでも愛想を振りまき、女性たちが自分に虜になることを楽しむかのような態度は、秩序を保ってきた集団の歯車を次第に狂わせていく。 脚の傷が回復したマクバニーを囲み夕食会を開いた7人は、目一杯のおしゃれをして音楽やダンスを楽しみ、戦時中とは思えないほど優雅で幸せなひとときを過ごす。 ただし、うわべでは美しい言葉使いを貫きながらも、周囲を出し抜こうと会話にチクリと棘を忍ばせ、競うようにマクバニーを求める嫉妬と欲情は最高潮に。 その晩起きたある出来事によって、危うい均衡を保ってきた愛憎劇は予想もつかない展開に。秩序を守るのか、欲望を取るのか、果たして7人の下す決断とは。そして、女性たちの獰猛な本能を誘発してしまったマクバニーの運命とは……。 
以前クリント・イーストウッド主演で映画化されたトーマス・カリナンの同名小説を映画化。
自分を救ってくれたエイミーには「君は一番の友達だ」と言い、純粋で男に騙され易いエドウィナには「初めて話した時から愛している」と甘い言葉を囁き、学園長のマーサには敬意を持って接し、学園の女たちに如才なく取り入るマクバニー。マクバニーに対する欲望を甲斐甲斐しく世話する優しい態度の裏で募らせる学園長のマーサ、マクバニーの甘い言葉に愛欲を募らせていくエドウィナ、お兄さんのようなマクバニーと親しく出来るのが単純に楽しいエイミー、年上のマクバニーに憧れ周囲を出し抜き誘惑するアリシアたち女子寄宿学園の女子。マクバニーが庭仕事しているとカラフルなドレスで通りかかったり、マクバニーの部屋に来て甲斐甲斐しく世話したり、周囲を出し抜き関心を持ってもらおうと話をしたりなど、マクバニーの心を奪おうとする女子寄宿学園の女子と如才なく取り入ることで早く故郷に帰ろうとするマクバニーの駆け引きは、マクバニーを招いた晩餐会での、マクバニーの関心を得るため美味しいアップルパイを作ったり美しい歌声を聞かせたりの女子同士のマクバニーに対するアピール合戦、お互いに出し抜かないよう牽制し合う女子同士のラブバトルはさながら合コンでイケメンを目の前にした女子同士のラブバトルのようで、美しいサテンやフリルのついたドレスの裏側にある女子の嫉妬や欲望が、女性監督ならではのリアリティーで描かれ、女性には共感出来て男性には女性の嫉妬や独占欲の怖さに戦慄すること間違いない前半のラブサスペンスがリアルで怖い。
ある出来事から急展開するオチは、女子同士の連帯感の固さに男性は勝てないんだなと、ゾクッとさせる凄惨な結末で、カンヌ映画祭で監督賞受賞も納得のサスペンススリラー映画。

孤狼の血

昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島・呉原。いまだに暴力団が割拠するこの土地では、新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の加古村組と地場の暴力団・尾谷組との抗争の火種が燻り始めていた。そんな中、加古村組関連企業の金融会社社員・上早が失踪。これを殺人事件と睨んだマル暴のベテラン刑事・大上(役所広司)と新人刑事・日岡(松坂桃李)は、事件解決に奔走する。だが、ヤクザ同士の抗争が、正義も愛も金も、全てを呑みこんでゆく……。警察組織の目論み、大上自身に向けられた黒い疑惑、様々な欲望を剥き出しにして、暴力団と警察を巻き込んだ血で血を洗う報復合戦が幕を開けようとしていた……。
柚木裕子の同名小説を映画化。
東映が、久しぶりにぶちかますヤクザ映画は、「仁義なき戦い」風「トレーニング・デイ」。
呉広市でのヤクザ同士の抗争の中で起きた加古村組系金融会社の社員の失踪事件を、大上刑事が新人刑事日岡を連れ捜査していく中で、ヤクザ同士の仁義なき抗争、ヤクザを取り締まる側の警察の違法捜査上等な食うか食われるかの生き残りが優先されるコンクリートジャングルを目の当たりにする。
チンピラから情報を引き出すために、部下にいちゃもんつけさせ殺そうとチンピラがしたところを脅す。容疑者が潜伏している場所を捜索するために、ボヤ騒ぎを起こす。敵対組織のチンピラを殺したヤクザ幹部や共犯者のチンピラを拷問して、証言を取る。またヤクザから情報を取るために深く入り込み、ヤクザの勢力を強くするために敵対組織を摘発する画策していくヤクザ撲滅のために、ヤクザと警察の間を傾き過ぎず綱渡りしながら捜査していく警察の壮絶な捜査。
大上がヤクザを拷問するシーン、ヤクザが敵対組織の金融会社の社員の指を豚に食わせるなど、往年の実録ヤクザ映画を彷彿とさせる凄惨なバイオレンス。加古村組と尾谷組の壮絶な争い。警察の内偵をくぐり抜けながら、ヤクザを捜査していく大上と日岡刑事の生き残りと自分なりの正義を懸けた壮絶な戦い。一見ヤクザとズブズブの関係のように見えて市民を守るために手段を選ばないダーティヒーロー大上刑事を演じる役所広司のエネルギッシュさ、大上を内偵しながら自分なりの正義に目覚めていく日岡刑事を演じる松坂桃李の真っ直ぐさゆえの狂気と純粋さ、ヤクザ社会に近い存在でありながら飲み込まれない強い女梨子を演じる真木よう子の強さ、他にもイケイケヤクザ一ノ瀬を演じる江口洋介やピエール瀧や文字通りの外道・五十子を演じる石橋蓮司など昭和の実録ヤクザ映画が復活したような熱いキャラクター、「正義とは何じゃ?法律が極道シバいてくれるんか?奴らヤクザを生かさず殺さず手懐けるんがワシの仕事じゃ」「極道は顔で飯食うとるんで。顔にクソ塗りたくられて、そのままいうわけにいくか?」など「仁義なき戦い」での名セリフに負けない名セリフの数々、ナレーションや躍動感のあるカメラワークなど「仁義なき戦い」オマージュも熱い、新しい実録ヤクザ映画のスタートを切る傑作バイオレンス映画。
「警察じゃけぇ、何をしてもいいんじゃ」


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
三世代が同居する平田家。主婦の史枝(夏川結衣)は、育ち盛りの息子ふたりと夫・幸之助(西村まさ彦)、その両親と暮らしている。ある日、家事の合間にうとうとしていた昼下がり、家に泥棒が入り、冷蔵庫に隠しておいたへそくりを盗まれてしまう。「俺の稼いだ金でへそくりをしていたのか」と夫から嫌味を言われ、余りに気遣いの無い言葉にそれまで溜まっていた不満が爆発した史枝は、家を飛び出してしまう。一家の主婦が不在となった平田家は大混乱。身体の具合の悪い幸之助の母・富子(吉行和子)に代わり、夫の周造(橋爪功)が掃除や洗濯、食事の準備と慣れない家事に挑戦するが、長くは続かない。家族揃って史枝の存在のありがたみをつくづく実感するも、史枝が戻ってくる気配は一向になく、緊急の家族会議が始まるが……。
山田洋次監督の「家族はつらいよ」シリーズ第3作。
発端は、幸之助の奥さん史枝のへそくりが見つかったこと。妻史枝の1年365日家事を切り盛りする努力、妻のささやかな願いをないがしろにする夫幸之助の無神経な態度に、堪忍袋の尾をついに史枝は切る。
慣れない家事に、ボヤ騒ぎを起こしたり、大奥さん富子が腰痛で動けなくなったり、四苦八苦する幸之助や周造ら夫たちの奮闘が、笑える。
「妻が家事を切り盛りするおかげで、夫は外で思い切り働ける。妻の努力がどれだけ価値があるか分かっているのか?」というセリフは、奥さんの努力を当たり前のことと奥さんへ感謝を忘れがちな夫への痛烈なメッセージ。
ダメ夫を持つ女性への応援歌という感じの家族映画。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村