新潟で働く表具屋のブログ

新潟で働く表具屋のブログ

日々の出来事を淡々と・・家族のこと。。仕事のこと。。赤裸々に・・・

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:





弥彦神社平成22年4月17日 読売新聞から

 新潟県 神社の数日本一 信仰心あつい県民性

「神社の数が最も多い県はどこ?」と聞かれ、「新潟」だと即座に回答できる人は少ないのではないでしょうか。
宗教法人・神社本庁が包括する法人としての神社の数は、約7万9000。そのうち、新潟には4755もの神社がある。2位は兵庫県の3836、3位は福岡県の3322。(4位愛知、5位岐阜)
ちなみに、最も少ないのは沖縄の11、和歌山の418、大阪の571だ。
新潟に神社が多い理由を新潟県神社庁に聞いた。

1 明治後期に政府が出した神社の統廃合を要請する合祀政策に、県が消極的だったこと

2 明治時代に新潟の人口が日本で最も多く、集落ごとに神社ができたのではないか。

3 1888年(明治21年)の人口調査で、新潟の人口は166万人で、2位の兵庫県の151万 人、3位の愛知県144万人を抑えてトップ。東京はこの年、135万人で第4位。続く1893年(明治26年)の調査でも、新潟が171万人で1位だった。

4京都などと比較して、小さな氏子が数軒の神社でも地元に密着し、昔ながらの祭りがある


テーマ:
いま、岩手県に来ています。
Facebookでご存じの方も多いと思いますが、文化財のレスキューに来ています。
レスキューの現場は宿から少し離れているのでメンバーの車に乗り合わせて向かいます。
バスがほとんどといっていいほど無いので、タクシーと言う手もありますが毎日の往復となると
なかなか難しい面が出てきます。
レスキュー作業の内容を紹介する予定でしたが、なにかと「大人の事情」がありまして・・・

ごめんなさい m(__)m

そこで調査の段階ででてきたこぼれ話をひとつしたいと思います。

岩手県には、縄文時代の遺跡が多く発掘させています。現在でも発掘作業が続いております。
今回の災害で、このような発掘途中の遺跡の多くは跡形もなく消えたと思われていました。
しかし、古の先人たちの生活の場であった発掘現場は何一つ被害を受けていなかったそうです。

何故か・・・「知っていたんです!」1000年に一度と言われる災害を。
どうやって?・・・「言い伝え」を守っていたのです!
「旧街道」と言われる道などは、まるで津波が来たところとに線を引いたように続いていたそうです。

我々は何かをわすれてしまっているではないでしょうか?

そろそろ気づくかないと取り返しの付かないつかないことが本当に起きるのではないでしょうか?

とりあえず、私は地元に貢献すべく、毎晩、ネオン街を調査している次第です。




新潟で働く表具屋のブログ

テーマ:
「古糊とは」  接着剤
1月ころから、2月始にかけて行われる作業である。新糊を大量に作り、甕に蓄えて木と紙でふたをする。それを風通しのよい冷暗所で保管する。

最初、赤カビが発生し、その後青カビが発生し、最後に黒カビが発生するまで5年から10年掛かる。(その環境や新糊の成分などによって違う)
この黒カビの下に出来た糊はカビの生えにくい接着力の弱い糊を得ることが出来る。これを古糊という。
増し裏、中裏、総裏、または切り継ぎに用いる工房もある。
弟子に入ったばかりの人が一人前の職人として育つのもこのころで、独立するものは、弟子のころ自分で作った糊を分けてもらう事もある。
糊も人も年月をかけて熟成していくのである。

テーマ:
「膠とは」  接着剤
三千本膠
(牛や馬の皮や骨から制するといわれている。最近ではウサギから採取された膠のほうが粒子が細かいことから、作品になじみやすいという理由で使われだしている)
これを適度に薄めて絵の具止めなどに用いる。膠水に明礬を加えたものを礬水(ドーサ)といい、絵画の滲み止めに使うこともあったが、明礬の酸性が本紙を劣化させる危険性があるため、現在ではあまり使われていないようだ。

テーマ:
「布海苔とは」  接着剤
布海苔
ふのり科の海草から作られる。板状の布海苔をちぎって水の入った容器の中に一晩放置してもどしたのち煮て溶かし、布で不要部分を漉しとって布海苔液を作る。
膠水に混ぜて絵の具止めやにじみ止め用いたり、また表具に用いる裂や布がよれている場合、洗張りのように板に張ってしわを伸ばしを行うのに用いたりする。
紙本の折損部(虫食い)に別の紙で補修するとき、糊に布海苔をを混ぜて用いる工房もある。
海草なので塩分の抜けきった黄色っぽいものが良いとされている。

テーマ:
「裏打ち紙とは」  紙
掛け軸に使われる紙は、大きく分けて3種類ある。

まくり(作品)に対して直接裏打ちをされる紙である。

おもに、石州、美濃と呼ばれる紙で、原料は楮を用いる。

薄く引き締まったパリッとした性質の紙で、画面が簡単にゆがんだりしないように守る役割もある。
絹本の肌裏には比較的中厚のものが選ばれる。紙本よりも絹本は湿度に対して収縮が大きく、比較的厚めの物を使ったほうが成績が良いからである

絹本には棒継ぎにし、紙本は食い裂きとする。

絹本を食い裂きにすると、継ぎ目が黒く見えるため

紙本を棒継ぎにすると、倍の厚さになりそこから折れてしまうため

紙本は食い裂きにすることで、二枚の重なりがちょうど一枚分の厚みになり、折れない。

絹本は倍の厚みになることで黒く見えず、絹本の織がその厚さを巻き込むときに吸収してしまうので折れない。

昔の人の経験と知恵である


$新潟で働く表具屋のブログ

テーマ:
「滲み止めとは」  
「滲み止め」・・接着剤ではありませんが、定着剤として。

書道作品における宿墨(すり下ろしてから数日経過した墨)、絵画における染料系色料(臙脂、雌黄)は表具の工程で用いられる水に溶けて滲み出す危険がある。これを防止するために礬水などを画面の表裏から筆や噴霧器などを用いて注意深く少量づつ塗布する。
にじみ止めの材料としては、従来、膠・礬水などが用いられていたが、近年は合成樹脂も使われ始めている。礬水などは明礬の酸性が絹本や紙本を傷める可能性があるため、現在ではあまり使わないようにしており、おもに膠が用いられている。

テーマ:
絵画に用いられる絵の具(おもに顔料)が、水を用い撫刷毛や打刷毛によって紙背を圧するなどの表具工程中に、浮き上がったり剥離したりする危険を防止するため、必要に応じて絵の表裏から礬水や合成樹脂を染み込ませて、顔料層を本紙に固定する作業を行う。
これを絵の具止めという。


テーマ:
「水引きとは」  表具技法
絹本の絵画は木枠に張った状態で描かれる。
描き終わり、枠から取り外して直ちに裏打ちを行うと、絹は収縮し裏打ち紙は縮緬状に剥離していまう。
特に絹の経糸方向への収縮が多い。したがって、裏打ちを行う前に、絹本の裏面に刷毛で水を引き、あらかじめ縮ませておく必要がある。
これを水引きという(縮みいれ)。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス