台座で遊ぼう! その① ~ねんどろいど台座編~ | グッスマらぼ

グッスマらぼ

グッドスマイルカンパニー新入社員によるブログです。フィギュアやグッズ、プラモデルなどの商品紹介はもちろん、イベントレポートや社内の様子など様々な情報をお届けします!


テーマ:

皆さん、こんにちは!

営業部のハルです!!

 

900体を超えるシリーズに成長した「ねんどろいど」

 

 

今日はその「ねんどろいど」に欠かせない、アレについてのお話です。

 

 

さてさて、「ねんどろいど」と言えば、各キャラクターに合わせた付属パーツが豊富なのが魅力の1つ!

 

劇中で登場する小物であったり、愛用している武器であったり、必殺技を再現するためのエフェクトパーツであったりと、実に多岐にわたります。

 

 

それこそ数えきれない量のパーツが生み出されてきたはず!

 

 

そんな中、姿形を変え、ほぼ全てに「ねんどろいど」に付属している(と思う)パーツがこちら!

 

 

台座!

上の写真はねんどろいどの120番から愛されている現役台座!

 

と、支柱とか色々あるけど、今回は台座にフォーカスを当てていきたいと思います!

 

 

■そもそも台座とは?

 

「ねんどろいど」で遊んだ経験がある方はご存知かと思いますが、「ねんどろいど」は基本的に自立しません。

 

そんな「ねんどろいど」を助けるべく、存在しているのが台座です。

 

まぁ、フィギュアはそもそも自立しないものが多いので、ねんどろいどに限らず、台座が付くものは多いです。

 

スケールフィギュアの台座も様々な種類があって面白いですが、それはまた別の機会に。

 

 

■ねんどろいど台座のよさとは?

 

寸分たがわぬ正方形、滑らかな肌触り、左右対称に開けられた13個の穴。

 

それは長い間親しまれた、様式美と言ってもいい。

 

しかし、

 

それは決して派手ではない。

通常台座には色もついていなければ、さして特徴があるわけでもない。

 

オンライン特典で付く特製丸台座に比べると、個性は乏しい。

 

 

だが、彼らはそれに異を唱えることはない。

 

目立つべきは自分たちではなく、自分たちが支えるねんどろいどだと分かっているからである。

 

決して目立たず、ただ支える。

 

 

 

それは例えば体が凍える冬の日も。

 

 

一切の自然が存在しない、荒涼たる砂の海の中でも。

 

 

日の光が届くことはない、海の奥底でも。

 

 

 

彼らは自身の職務を全うする。

 

目立たない、けれどなくてはならない仕事をただひたすらに全うする。

 

 

このプロ意識が台座の良さだと、私は思います。

 

 

 

台座には人生の大切な全てのことが詰まっているんだよ。

                                 ポロロン♪

 

 

■ねんどろいど台座で遊ぼう

 

そんなプロ意識が高いねんどろいど台座。

 

普段はあまりスポットの当たらない彼らだが、今回は彼らを使った遊び方をいくつかご紹介したいと思います!

 

 

①積む

 

 

なんかそれっぽく積んだやつ

計28枚の台座を使用した『台座要塞ダイザリオン』

 

とりあえず高く積んでみた。

 

例え1枚1枚の力は小さくとも、28枚重なれば、

それは1人のスクールアイドルの運命を変えることが出来たり、出来ななかったり。

 

 

 

うん……童心に帰りたいときにオススメ!

 

 

 

②ドミノ

 

板状、ということでドミノかな、と思ったけれど、そうは問屋が卸さないのがねんどろいど台座。

 

実はねんどろいど台座、横には立ちません。

 

台座を横に立てよう、なんてことを思ったことがなかったので、今まで知りませんでした。

 

 

若干斜めになっているのです。

お手元の台座で試してみてください。

 

 

ちなみにねんどろいどの力を借りれば立たせることが可能

 

 

一見、機能美に満ち満ちているように見えるねんどろいど台座。

 

そんな台座でも、思い通りにならないときもあるのが、これもまた人生。

 

 

③最先端アクセサリー

 

先程も少し触れましたが、ねんどろいど台座といえば、あの最適化されたフォルムが最強。

 

 

見るもの全てをどこか郷愁に浸らせるあのフォルムは他の追随を許しません。

※個人の感想です。

 

 

あれ、これファッションに活かせるんじゃ……と思って生まれたのがコレ!

 

 

台座の角の穴を貫通させて、ネックストラップを通せばあら不思議。

 

おしゃれなアクセサリーに大変身!

 

そしてそして、発想次第で何にでも化けてしまうのが、ねんどろいど台座の恐ろしいところ。

 

ちょっと頭を働かせれば、

 

キーホルダーとしても大活躍!

 

大きいから大切な鍵を見失わない!!

 

お使いのキーリングと合わせてお試しください!!

 

 

大切なものの管理まで行ってくれる台座!

 

素晴らしきかな台座!

アメージング台座!

 

 

 

 

ということで、今日は台座の話をしてきましたが、覚えていただきたいのはこの2つ。

 

①台座のプロ意識はすごい。

②そんな台座が私は好きです!

 

 

この2つだけ覚えておいていただけると幸いです!

 

 

今度はいつかスケールフィギュアの台座の話をしたいです!

ねんどろいどとはまた違う、個性豊かな台座たち……いつになるか分かりませんが、お楽しみに!

 

 

以上、本日のらぼブログは営業部・ハルがお送りいたしました!

 

 

<次回予告>

今日紹介した台座にも勝るとも劣らない名裏方!

「figma 黒衣」出荷直前レビュー!

 

 

©2013 プロジェクトラブライブ!

© 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

 

グッスマらぼさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス