国際臨床保育研究所BLOG〜辻井正→→勝山結夢〜

国際臨床保育研究所BLOG〜辻井正→→勝山結夢〜

保育の見直し、質向上、先生が楽になる保育理論…講座情報、講演情報、セラピー教具、ピラミーデ(ピラミッド・メソッド)

~辻井 正 新刊~

 

「続アクティブ・ラーニング 

       プロジェクト法(実践編)」 1,500円+税

 

セラピー教具

~発達障がいに早く気づいて早く支援してあげる~

ご注文はこちらから  


image



ここ3年くらいかなぁ。





福岡日程では、

必ずお話しさせてもらって、

先生方とも個別に何度も疑問点や

アイデアを共有させてもらって…





保育環境と保育自体のあり方、

もう一回見直そうって…




ずっと、

本当に地道に学び続けてくださった



古賀市立 鹿部保育所(ししぶほいくしょ)さん。




3月には、

別の幼稚園さんの視察もお受けいただいて…





私、心から嬉しかったんですよ。

こーゆーことが。


やらせてもらってて本当に良かったと

ニヤニヤしてしまうんですよ、こーゆーこと。



だって、

数年前は福岡県内の様々な場所での研修や

視察に足を運んでもらっていた保育所だったんですよ。



本当に地道にコツコツ学び、

実践されて、またつまづいて、お話しして…





この繰り返しをされ続けた。




だから、

確立されていったんだと確信しました。




だから、

学んでいこって。



昨日もそんなお話を先生方と確認。




今年度は

こーしよ、あーしよ、と慌ただしく研修計画を

保育所、事務局、私で立てましたおねがいおねがいおねがい




ありがとう。





あそびが豊かに用意されていて、

ケーキ食べたり、

蕎麦食べたり、

美味しい午前の時間だったよ。





今年度はプロジェクト保育、

しっかりと進めたいなと。




現場力、保育力確実に上がっていました。






右矢印インスタは右差しこちら







お申し込み開始キラキラキラキラキラキラ







NPO法人国際臨床保育研究所

本日は第2回目のオンラインでした爆笑




ご参加くださった皆様、
日曜日にも関わらず、ありがとうございましたイエローハーツ




そして、
5年間毎年、企画、主催をしてくださっています
静岡県静岡市のステキなおもちゃ屋
百町森さん、本当にありがとうございましたおねがいキラキラ

タグトイの世界を
今年は動画をふんだんに使ってお伝えしましたウインク



え?私知らなかったわ…


というそこのあなた!!!!!!



大丈夫ですアップアップアップ




なんと、
ご視聴(有料)できるようにしてくださるようですOK



昨年のものも、
ご視聴いただけます右差しこちらから






皆様、
お疲れ様でございましたアップアップアップ



師匠作



私作 本当に作ったんだよウインク




4月は緊張と疲れが溜まります。
ぜひ、たくさん遊んでくださいねおねがい









NPO法人国際臨床保育研究所

本日は朝から2回、



新年度初のオンラインでの講習会でした爆笑




主催は百町森(静岡の素敵なおもちゃ屋さん)。

関西からも足を運ばれる園さんが大変多いお店ですウインク




毎年、

国連の定める自閉症啓発デー(4/2)に合わせて

セラピー教具の展示と、お店にお伺いして


セラピー教具タグトイを

使った講座を毎年させていただいてましたアップアップアップ




しかし、昨年はコロナの影響で

オンラインという未知の世界をご提案してくださり…

(今思えば全てのオンラインのきっかけはここだったなぁ)




大変多くの方にご参加いただきました。





そして、

今年は更にパワーアップして皆様にお届けできることになりましたおねがいおねがいおねがい





その1回目が本日でしたアップ




ご参加くださった方々本当にありがとうございますラブラブ




昨日からのリハーサル、

オンラインの緊張感はやはり高いですが、





今回は事前に百町森さんへ行かせてもらい

解説動画、講座動画、タグトイ開発者ラリー博士の

動画、そこになんと保育現場での子どもたちのタグトイで遊ぶ動画と…



昨年は諦めたオンラインでの動画をたくさん使って学んでいただくと言うことを叶えてくださいましたおねがいおねがいおねがい




ですので、

すごく具体的且つ分かりやすくなっていましたキラキラ



百町森の皆さん、

本当にありがとうございますおねがい




「えー聞きたかったー」というそこのあなた!!



大丈夫です…




なんと…なんとなんとなんと…




🔷4/18(日)にも開催されます!!!!!!

→詳細はこちら






保育のことも遊びのこともお話ししていますイエローハーツ

是非、午前、午後どちらかをご参加くださいニコニコ




質疑応答のお時間もありますのでお楽しみにニヤリ





クリップインスタグラム右矢印こちらから


クリップLINEは情報が早くとどきます

お友達追加はこちら



関西は桜も葉桜になってきましたね。




NPO法人国際臨床保育研究所


皆様、

2020年度本当にお疲れ様でございました。



先生方からたくさん

メッセージや次年度のご自身のことなど

ご報告をいただいたここ数日…




お別れの多かった数日も

あっという間に過ぎ、

いよいよ新年度ですねキラキラキラキラキラキラ




2020年度は本当に、本当に

色んなことがあった一年でしたおねがいおねがいおねがい





これはタダごとじゃないんだと、

感じた昨年4月からコロナは猛威を

ふるい続けました…ショボーンショボーンショボーン




私も分からないけど、

先生方も未知の世界に近かった

オンラインをやるのか、やらないのか…



なんて悩んでいたのも昔のこと。




みなさま、分からないけど

「聴きたいからやってみるわ」とか

「先生のおかげで新たなことに挑戦できた」

なんてご連絡ももらい、



お申し込みは回を重ねるごとに

たくさんいただき、噂にもなっていったそうで…




チラシの案内を持って保育現場に

「このオンラインはとにかく良いから聴きな」と

現場を歩き続けてくれた東京の大好きな茂木さん。

本当にいつもありがとう。




そんなこんなで

試行錯誤で始めたオンライン保育講座も

気づけば全12回、

ご視聴接続台数はのべ5000台を上回り、

その字の通り、

日本全国が保育で繋がったオンライン保育講座

【春】【秋】【冬】でしたえーん



まさに

禍中有福(かちゅうゆうふく)。



【春】



【秋】





【冬】


【秋】から始めさせてもらった


Q &Aは、最初は皆様からの参加はあるのかなぁと

心配もしましたが私も先生方も使い方に慣れて

【冬】講座では終了後のQ &Aにも

たくさんの方がそのまま視聴してくださり

質問やらご意見などイキイキとしたやり取りまでできるようになりましたおねがいおねがいおねがい





学ぶ人の底力を肌で感じた12回でしたおねがい





そして7月はずっと念願だった

大寺先生をお呼びしてのオンライン講演会キラキラキラキラキラキラ



保育と学校を丁寧に、

エビデンスと情熱と共に

全国に伝えてくださいましたおねがい


🔷その時のブログはこちらより



本当に大好きな

保育と学校をご存知の大切な先生です。


大寺先生、とりあえず元気でいてください。




そして、保育園、子ども園、幼稚園、小規模保育園、

企業主導型保育園、発達支援施設、学童保育などの



現場学習は今までのようにはいかなくなったり

対策の徹底を毎回していただいたりとこれまでに

ない緊張感と手間とたくさんの人のサポートのもと

なんとか話をし、伝え続けることができましたおねがい




本当に柔軟かつ

ダイナミックな思考が

必要だと私も学びましたヒマワリ



同じ保育施設で、

部屋を分けてオンラインを繋いだり、

2部構成にして研修をしたり、

ソーシャルディスタンスのためとても

大きな会場で行ったり…




様々な知恵とアイデアに溢れていました。




そして、

何よりも現場の厳しさも、

時にどうにもならないことへの憤りも

いつも軌道修正をしてくれるのは

出逢った子どもたち、あの人たちの存在です。





はぁ、寂しいショボーン

新年度は居ないんだな、5歳さん…





なんてお顔の浮かぶあの人たちラブ

いつも遊んでくれてほんまにありがとう。

君達と過ごした時間が私を支えているから、

どうか倖せでいてください。




そして子どもたちをおくった先生方

、卒園児どんな気持ちでおくったのかな…



とか、


「小学校以降に勝山先生の

 話をもっとしてほしい…」




など、

おくる側の先生方の

想いを年々強く感じるようになりました。




もちろん現場の厳しさ、

きつさ、改善点は沢山あるのですが、

先日のブログにも書かせてもらいましたが




2020年度、みんなが踏ん張った一年。




本当に本当にお疲れ様でした!!



だから、

ご自身に、仲間に、

そして子どもたちに乾杯ロゼワインシャンパン


してくださいねーウインク


そして、

いつも外に出ていることが多い私への

問い合わせや、倉庫からの出荷や

書類の作成など…

あらゆるカバーを嫌な顔せず引き受け

て対応してくれているBJの皆様、いや…

仲間ラブラブラブラブラブラブ←いじられそうだ。


社内にいる時の慌ただしくも

気を抜けるずっこけ時間は本当に貴重です。

心よりありがとうございます。

またランチ行こーねウインクウインクウインク



そして新年度、

4/1から子どもが園に来るところも多く

走り続けている保育現場にやっぱり少しの

居心地の良さと保育の面白さを感じることが

できる学びを届けたいと心より思っております。



現場の保育者ってやっぱりすごい。



だから、

私も2021年度

みなさまと共に

大笑いしながら

シュールに保育の改革のお手伝いをしたいなぁと

自分と対話し誓った31日の今。夜中(笑)





またオンライン、現場、ブログ、インスタ、フェイスブックなどでお会いできることを心より楽しみにしております。




心からありがとう。



【境港市】




【現場に答えがある】




【人間その気になれば

 なんでもできると分かったオンライン】


だけど、ハプニングも大量でした。




【研修を繋いで行うという試み】

研修中、ネットが切れちゃうなんてこともあったけど、皆様メモを取る手を止めなかった。




【ほんでやっぱり息抜きは

 子どもたちに遊んでもらう時間】




【てへ、こちら初オンラインの日】




【緊張しかない数ヶ月だった】






そして、
3月の最後の最後まで一緒に遊んでくれた
山形県鶴岡市のりっしょう子ども園の月組クラスの
お友達ニコニコ


最後にみんなと何度もやった
【ココタキ】の時間は「これが最後か」と
寂しさを噛み締めたのも束の間、
いつも以上にボケ合い、揉め合い、笑い合った
時間で、私の一生の宝物です。
【最高に笑った、ココタキタイムは最後3歳も入ってもう何が何だかわからない状態になったね】爆笑爆笑爆笑


やっぱり、現場がいい。

だから、現場がいい。

だから学び続けたい。



どうぞよろしくおねがいしますニコニコニコニコニコニコ






🔷インスタ右差し右差し右差しこちらより






NPO法人国際臨床保育研究所

桜を撮ろうと、





みんな、

立ち止まってスマホ出して少し上向いて





パシャ。





と。





それ見てて思った。





みんな上向いてて、





なんかええ。




踏ん張ったやん。






この一年。




きっとどの現場も、どんな人も。




だから、

桜撮るために足止めて、

上向いてる人々みてたら、

やっぱりなんかええ。






ってやさしい気持ちで眺めてたら、








右後ろに

鳩が急接近していて大絶叫しそうだった。

(あ、、鳥類だけが苦手なのです)






桜さん、おかえり。

待ってたよ。






インスタグラム右矢印右矢印右矢印こちら





NPO法人国際臨床保育研究所



皆様、

こんにちはおねがい




あっという間の3月、

辞令や、新体制が本格的に発表されたところも

多く、皆様よりご連絡いただいております!!




きっとお忙しい1週間となるかと思いますが

体調管理、しっかりされてくださいねおねがい




そして、

今年もさせていただきます!!





毎年、

自閉症啓発週間に合わせて





お呼びいただいておりました

静岡県静岡市のステキなおもちゃ屋さん

百町森さんが、今年もセラピー教具タグトイの

展示と、オンライン講習会を開催されますアップアップアップ






右矢印右矢印右矢印詳細はこちら





今年は動画もたくさんみていただけるように
工夫してくださっていますおねがい



是非是非、
この機会をご活用ください爆笑



こちらのお申し込みは
直接百町森さんにてお願いしますメモ







右矢印インスタグラムは右矢印右矢印右矢印こちら





NPO法人国際臨床保育研究所

その人を支える。



と言う話にたまたま電話でなった。




「人の脳はゴシップが大好きなんだって」



って話から始まった話なんですが、




もともと私たちは、

太古の昔、目の前の人が自分にとって

良い人か、悪い人かを気にしないと

殺されるかもしれないという恐怖がつきまとった。



そんな時代には、

常に周りの人間が敵が味方かを

判断しながら人と話していた…




だからどの時代も

ゴシップはなくならなかった。

人間の住む世界では当たり前のこととまで言われる。


今もそうだけど。



と言う話をしていたら

電話向こうの先生が


「だったら、どうすることで

 そこから抜け出せるんだろうね。」と。



確かに。




その時

カルク博士の言葉を思い出した。



「今、自分の居る世界、

 ここだけが世界じゃないと知ること」


これ、想像力も創造力も含めて。


「今ここにないことやものを扱える力は

 特に今のようなSNSで人の経験を常に目にする

 時代において、生きる力の一つ」だと。



これ、現場でよく感じます。


見えないもの、ことを扱えるのは

実は生きていく上で、目の前に問題が

起きた時も、ゴシップのような情報によるストレス

なんかもしなやかにかわして生きていく力になること。




きっと皆さんにもありますよね。


誰かのライブかもしれないし、

誰かと過ごした時間かもしれないし、

一人で行った旅先かもしれないし…


そこから一瞬離れることのできる経験。




好きな場所も含め、

そんなのが

「世界はある意味広いんだ」

「けど狭いんだ」

みたいなことを感覚で

感じることで、

目の前のことが小さく見えたり考えたりする。




だから、

遊びの中で何か見立てたり、

人とやりとりしたり、絵本なんか見ながら

恐竜のこと語り合ったり、冗談に対して

同じようにそのことを楽しめたり…



って、実はすごく大切な力なんですよ。



だから、

保育室はそんなこともあって、


見える保育室であり、

見えないものを扱えるようになる。

(ある保育士さんの言葉)


必要があるわけですね。



見通しのない空間で、

こんな想像力は始まりにくいですよね。


長くなりましたが、

いつも思うこと、

電話とか雑談ほどこーゆー話になる点。笑


リラックスしているって大切だなぁと。



「これもう講演で話して欲しいよ」

と良くなるよね?笑


で、私はその話の時に、

タグの社長ラリーさん達に連れて行ってもらった

メキシコの海を思い出しました。


夕日)


漁に出る)笑

大量)だけど向こうの人魚にあまり興味がない。

ジュディとラリー 日本のみなさんへという写真笑

毎日これみてはため息ついてたなぁ


よーく見てね。笑 優勝したんだかんね。

こんな海)


10000キロを超えた先に

こんな綺麗な海があって、

不便さはあれど、

「地球て大きいなぁ」と思った。

「どこにも人は生きていてたくましい」と。



そして、 「なんとなく日本の自分を振り返れた」

なんこてこともあって、原風景というか、なんというか人を支えるのは本当にささいな瞬間なのだなぁと。



だから、

やっぱりたくさんの世界を

見てほしいと、実体験を意識して保育の内容作ってあげてほしいといつも研修でお話しします。




で、また戻る

怒涛の現実に。


でも

これもこれでまたいい。






チューリップ赤インスタグラムはこちら



NPO法人国際臨床保育研究所


金曜からの鹿児島、


もともと2月の予定でしたが、



様々な情勢の中、



一度延期になりました。



が、

昨日現地にて

お話しさせていただくことができましたおねがいおねがいおねがい



初日は

心悦認定こども園さんにてこの夏の大会のことで、

打ち合わせ…


藤谷園長はじめ、

職員の皆様のお顔を拝見してホッとした気持ちと、

「オンラインのおかげで、

 久々って感じがしないです」


というオンラインの力にも

気付かされ、とても貴重なお話を

聴かせていただきました。



この夏に向けて、

私たちはお願いすることしか

できませんが、保育のこと是非一緒に、

学校へも伝えていこうと確認。




お会いしたのは久しぶりでしたが、

あっという間に時間が過ぎました!!!!!!

ありがとうございましたキラキラ



そして、8月…

どうぞ宜しくお願いします。




その後、

オンラインをお受けいただいた

ある園さんにも寄らせていただき、

もう園は終わっていたにも

関わらず快く受けてくださり、

またまた今年度のオンラインの

ご感想などを聞かせてもらいこちらも

感謝と嬉しさで園さんを後にしました。





そして昨日は

土曜のお昼にも関わらず、現地研修と、

2拠点にてオンライン配信を同時にされ…




保育現場の先生だけでなく、

学校現場の先生のご参加もあり、

またいつもの私の研修とは違った雰囲気でした。


研修終了後、質問も会場から出していただき、

保育だけではない、高校の先生や特別支援学級の

先生など、“子どもに関わる大人”として課題や、

疑問を共有できました。



とても、大切な関わりだと私も見ていて感じました。


その後は本当に少しでしたが

皆さんと遊ぶ時間もあり、

気づけば

輪になってカードゲームを

遊んでしまいました!!!!!!




とても楽しく、笑いのある時間となりましたおねがい




終了後は、

アンケートやインスタグラムへのメッセージに

「再燃した、また保育頑張ります」

や、

「学校でも居心地感大切にしなければいけない」

「明日から遊んでみます」

「楽しくていいんですね」


などなど…



皆様からそれぞれの現場、立場を

振り返られながらの丁寧なご感想、ご意見、

想いを知り、

来させてもらえたことを

心より嬉しく思いながら読ませてもらいましたメモ




オンラインで視聴してくださった会場でも、

会場担当の中学校の先生が、

「参加者の方とカードゲームして遊びました」

とお聴きし、さらに嬉しくなりました爆笑爆笑爆笑



ご参加いただいた先生方、

本当にお疲れ様でございましたキラキラ




年度末に向けて、

お忙しい中、

わざわざ学びに足を運んでくださり

ありがとうございました。




そして、

何よりも、4年前の出会いから

継続して研究大会や、研修会などを、企画して

くださっている事務局の皆さんおねがいおねがいおねがい



先生方と出会い、

私は学校現場にも伝えたいことや感覚の似た方が

いることを知り保育現場にもそのことを伝えていきたいと日々思っております。



会場設営

試写、

音響、

温度調整などなど、



1番私が話しやすいようにと

沢山の方が動いてくださっていること、

本当に感謝いたします。



私のやり方を細かく理解、協力してくださり

話をしやすいようにしてくださいます。



いつも、

本当にありがとうございます。

本当に皆さん大好きです爆笑爆笑爆笑






会場)




オンライン配信テスト)



また会える日を楽しみにしています。






右矢印インスタグラムはこちら






NPO法人国際臨床保育研究所

奄美大島で、

第5回目の研修を

させていただきましたおねがい


それまでは全てオンラインで行い、
事務局さんの努力とご提案と徹底した対策のもと
対面で研修会が無事終わりました!!




龍郷町(たつごうちょう)の会館で、
準備、消毒、検温、舞台音響、
などなど、オンラインでは気づかないことを
現場でお話しすると感じますおねがい



私の話す2時間の前に
何人の方が動いてくださっているのか。
(もちろんオンラインもですが…)



現地の音響の方々も本当に良い方で、
丁寧に音の入出力のタイミングを確認してくださいました。


感謝いたしますキラキラ



日本全国、
保育現場の厳しさは怖いほど同じですねショボーン


しかし、

日本全国、
保育現場の学びへのエネルギーも強く同じですおねがい



保育士さんが足りない、
保育の見直し、
今の状況でどう行うかイメージできない…など。


たくさんお悩みもありますが、
学ぶことで【見方が変わる】と、
おっしゃっていましたおねがいおねがいおねがい


凄すぎる…


年度末にもたくさんの研修を
ご依頼いただいていること、つくづく思いました。


保育現場が1番学んでいる‼️
(これ絶対)


だから、
私も少しでもヒントになるようなこと、
もっと伝えていければなぁ。と思います。


こちらは本当に貴重な瞬間を見せていただきました‼️


海好きだなぁ。
入りたかったなぁ。


そして、ケンムンの住む島は魅力たっぷりの
いつか皆様にも訪れていただきたい神秘的な島です。







NPO法人国際臨床保育研究所