マルタに住んでいます❗

マルタに住んでいます❗

アメリカ留学生活を経て、現在マルタに在住。
メキシコ、ジャマイカ、バハマ、プエルトリコ、
インド、中国、イタリア、オランダ、スペイン、
などなど各国を旅し、マルタにたどり着きました。
旅行、生活に関する情報を載せています。

こんにちは!

 

マルタの特産物の一つは、オリーブです。

こちらの温暖な気候は、オリーブ栽培にぴったりで、中心部から外れると、オリーブの木をあちこちで見かけます。

 

マルタのオリーブは、現在収穫の時期を迎えています。

そこで、先日お友達の畑でオリーブを収穫してきました。

 

 

こちらがお友達の畑。右の大きな木がオリーブ、左はバナナの木です。

バナナも育ってました!

 

 

 

沢山の葉に見え隠れする黄緑色の丸いのが、オリーブの実です。手で収穫します。

 

 

収穫後は3から7日間、月桂樹入りの水に浸けてアク抜きをします。また、お水は毎日交換します。

 

アク抜きが終了したら、オリーブを瓶に詰め、塩分約9パーセントの水に約3ヶ月間浸けて貯蔵します。

(生卵が浮く濃度の塩水が良いです。)

3ヶ月後には、塩水から取り出し、乾燥させた後にオイル漬けにします。

 

マルタ産のオリーブの実、オリーブオイルとも、お土産屋さんや地元の小売店で販売しています。

下記の2店は地元の特産物を加工販売しているお店です。

 

 

 

 

パンやピザ、サラダのお供にいいですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

 

今日はマルタの首都、バレッタにある雑貨屋さん Cekcik (チェクチック)のご紹介です。

 

こちらは、マルタ人アーティストにデザインされた洋服や雑貨、アンティーク小物、巻きタバコ関連、エスニック雑貨、トルコ製のランプや食器、などなど、様々なものが販売されています。

 

 

  

 

石造りのこちらの建物は、おおよそ17世紀ー18世紀頃に建築されたようですが、補修して現在はお店として使用されています。

 

マルタ人の店長さんは、とってもフレンドリーなナイスガイです!

心が奪われる雑貨に巡り合えるかも!な、お店です。

 

場所は 15 Melita St (メリータストリート) 

バレッタのバスターミナルから、ゆっくり徒歩10分くらいで到着します。

http://www.cekcik.com.mt/

 

 

 

10月になってから、マルタは日ごとに寒くなってきています。

日中は20度前後ですが、風の強い日は肌寒いので、薄手のジャケットがあると重宝します。

 

 

久しぶりのブログ更新です!

2019年から2021年初夏まで、ツアーガイドの学校に在籍し、晴れてツアーガイドの資格を取得しました。

マルタの観光地や、日々の暮らしについてお伝えします。

今日は、Rabatの地下墓地の写真をご紹介します。

ラバトは、マルタ島の北西側の地域で、Mdinaに隣接の町です。

この地域には数ヶ所、広大な範囲にわたり、地下墓地が存在します。
それらは、この土地に住む初期のキリスト教徒が埋葬されたと言われています。

この地域の地下墓地の中では、St Paul's Catacombsが一番大きな規模で、covid 19 の最中でも通常公開されています。場所はHal-Bajjada, Ir-Rabat(ハル バイヤーダ、ラバト)で、ラバトのバス停から徒歩10分くらいで到着します。 

 

https://heritagemalta.org/st-pauls-catacombs/

 

 

先週の週末は、通常は公開されていないこの地域の地下墓地の入場公開イベントがあったので行ってきました。






岩を削り、型取られた地下墓地の状態は非常に良く、現在でもオリジナルの彫刻を目にする事が出来ます。

また、一部の壁画は、ヴァレッタの国立美術館Muzaで公開されています。

初期のキリスト教徒達に使用された、芸術的で神秘的な地下墓地、お勧めです❗

先日、とても悲しいニュースがありました。

Gozo島にあるAzure Window アズールウインドウが崩壊しました。

 

http://www.telegraph.co.uk/travel/destinations/europe/malta/gozo/articles/maltas-famous-gozo-azure-window-arch-collapses-into-sea/

 

自然の侵襲などの影響によってできた岩のアーチのアズールウインドウは、観光客にも、マルタ人にとっても、大切で、美しい場所でした。

 

Game of Thronesのマルタ撮影の際にも、舞台のワンシーンに起用された場所です。

 

私自身も、Gozo島に行く際には、必ず訪れる場所で、様々な思い出のある場所でした。

大切な人たちと車で行ったり、その辺の別の観光客をヒッチハイクでお連れしたり!地元のマルタ人との交流もあったり。

初めて、Azure window の壮大な岩、その周りの海と、そこに沈む夕日を見た日は感動的なものでした。

 

マルタは小さな島で、どこも風の影響を受けやすい土地です。

特に冬場には、マルタの島に強い風が吹き、天気予報でも地元に住んでいると風の強さや向きを毎日確認します。

 

数年前から、アズールウインドウの崩壊は懸念されていましたが、まさかこんなに早く、この時が訪れるなんて、私は想像もしていませんでした。

昔は”Azure Windowが壊れちゃったら、Azure Pillar(柱!)になるのかしら? ”なんて、冗談を言っていましたが、笑い事では無くなりました。

 

私は幸運にも、あの美しいアーチを実際に目にしたことをありがたく思います。

 

自然によってつくられた、マルタの景色は、自然によって、また別の形になりました。

 

まだまだ、マルタには美しい景色も場所はたくさんあります。

いずれ、”今目にしている物”の形が変わってしまうかもしれません。

でも、それはきっと、ただの通過点で、その先には、また別の景色や未来があるのだと思います。

 

当たり前ですが、今のマルタは今しか見れないし、5年先、10年先のマルタはその時にしか見れません。

しかしながら、自然の力を私たちには操ることはできず、自然と共に生きて行くことになるので、今を楽しみ、感じたいと思います。

 

私は、まだマルタのことを4年程度しか知りません。

でも、この4年弱で、マルタはずいぶん変わったようにも思えます。

少し、ハイテク化している、ような気がするのです。

 

古く、懐かしさの残るマルタを感じたいのならば、思い立った時に、ぜひマルタに足を運んでみてください。

古い日本車もまだ走っています。

でこぼこの、舗装がイマイチの道路も、住んでいるとイライラしますが、そこがなんだか憎めないのです。

マルタ人の気の良さは、昭和時代のご近所さんのようですし、小さな〇〇商店のような、ミニマーケットも、日本の便利さを知っていると、若干不便ですが、ノスタルジックです。

 

今日はAruze windowを思って、過ごしたいと思います。

 

 


マルタランキング

マルタランキング

先日、マルタの東南方面をドライブしていて、景色が綺麗だったので、海沿いに歩いたところ、素敵な崖を見つけました。

 

 

 

一見、ブルーグロット風です

 

 

その辺の畑をかき分けて、探検していたので、知らなかった穴場を見つけた嬉しさがありました。

 

 

トンネルのようなところを見つけたので、入ってみると

 

奥には崖の隙間から海が見れました

 

マルタの地質は、ゴツゴツした岩の大地が多いですが、どこも海に近いので、探検すると、新しい発見があったりします。

こんな過ごし方もマルタの素敵なポイントです。

 

 

 


マルタ(海外生活・情報) ブログランキングへ
マルタ留学 ブログランキングへ