Destiny2(PS4) 感想 ~汚名返上なるか~

テーマ:

筆者は前作Destinyをプレイし、当時いたく落胆した者です。
参考: 当時の感想記事2014年のワースト3選定理由

はじめに、Destinyを語る上で、絶対に外せない話題である”10年計画”があります。
第一作目のローンチ前は、公のイベントなどで開発元のBangieが明言していた計画で、

10年遊べるゲームにする」と謳っていました。
ところが、
いざローンチされてみれば、すべてがスッカスカのスカゲーであり、どう考えても8千円のフルプライスに見合わない、

お粗末な内容でした。
にもかかわらずその後もアップデート(無料)ではなく、DLC(有料)と言う形で何度もユーザーから搾取するという、

実に見るに耐えない、浅ましいコンテンツでした。
(その後はDLCを買わないと、今まで遊べていた内容がロックされたりと、更におぞましい内容だったようです)

 

更にその後、なんと10年計画が消滅していた…あろうことか、そもそも無かったと言わんばかりの実態が、

判ったのです。(本当に呆れますhttp://doope.jp/2015/0946923.html

これは消費者に対するとてつもない裏切り行為ですが、
ここ十年ほどのゲーム業界では、こうした公約違反は
日常的に行われているので もう慣れましたよね?) 

新たな代表事例の一つになったなぁ、ぐらいの認識です。
約束事を見事に反故にするのは、もはやゲーム業界の十八番なので、
ビッグイベントの場で大げさに広報される内容や、トレイラーの内…はたまた、ゲームを予約する際の内容まで、

やっぱり信用できないのです。 (UBIとかね!)
という背景があるので、、本作の印象はマイナスの極みからのスタートです。

【操作性】
私が密かに重んじている項目。
前作と同様に、一般的なFPSライク。
ほとんどのコマンドは直感的で良い。ただし、
オートエイムは解除できない。(前作と同じ)
 だから!なんで!固定なんだあ!
エイムを引っ張られると、特に対戦においては致命的になるので、解除できる選択肢を用意してほしかった。
方向キーの上下と左ボタンのジェスチャーはなぜか固定。

右キーのみに、任意のジェスチャーを割り当て可能。 (どうせなら4つ任意にさせてくれよ)

【キャンペーン】
BGMは、壮大チック。もっと尖った感じでも良かったかも。
特別な演出が用意されているミッションは印象的で面白かったが、
ボス戦はほとんど前作とは変わっていない印象。(ビジュアル、倒し方)
前作の意味不明な(視聴者おいてけぼり)ストーリーからは改善されており、
意味不明な用語の頻度も減り、ムービーの多用によって感覚的な理解も深まるようには、なっている。
ストーリーは全13キャプター。
全部一気にやるだけならば、7時間前後のボリュームか。 (イベントムービー除く)

ストーリーとは別に「アドベンチャー」という、マップに点在する小ダンジョンを探索するサイドミッションが存在しており、
このアドベンチャーは惑星ごとに数個づつで30~40個ほどと推測。

【キャンペーン後】

ストーリーを最後までクリアすると、パトロール、ストライク、週間ナイトフォール、レイドがアンロックされます。
これらを通しでプレイすると30時間前後のボリュームか。


【レベリング】

設計上、誰でもストーリーとアドベンチャーを一通りやるだけで最大レベルである20に到達するようになっていますが、
本シリーズはレベルが20に達してからが本番。

レベル20に到達すると、前作でいう「光」値を上げて行くことになる。
(今作では「パワーレベル」と呼ばれ、レベル1から表示されている。

 ストーリーやアドベンチャーなどは、全てこのパワーレベルが難易度の目安になっている)
レベル20到達以降はレベル上げ作業と、難易度の高いミッションにチャレンジすることが目標となる。
私は、
なぜ最大レベルが20なのか、どうしても理解に苦しみます。
普通に最大レベルを999とかにして、それを上げていく方がシンプルだと思うのですが。

 

【武器・装備】

武器の外見の幅も、防具の幅も、増えているように感じます。

特に武器の方は、現代の武器の外見に近いモノが増えているので、個人的にうれしい変更でした。

…前作では、何度もレイドに挑戦して、光値の高い黄色がランダムドロップするのを祈るという作業=苦行で、

苦労が報われないことが多かったのですが、
今作で非常に良いのは、武器・装備を強化できることです。
前作では、好きな武器だけどレベルが上がるにつれて弱くなってしまい…ということが頻繁にありましたが

本作では紫武器や黄色武器を強化することができるので、
気に入った武器・装備を強化しながら、長い間使い続けることができるようになりました。
また、普通の雑魚がドロップする装備や宝箱からも少しづつ強い武器が出てくるような配慮(調整)がされており、

誰でも(重要!!)プレイを重ねると自然と強くなれます。(青武器は260で頭打ちですが)
このため、努力が素直に報われている感覚が得られ、満足度はとても高いと言えます。

せっかくレイドをクリアしたのに、またこれかよ…というような、報われない感じが強かった前作から、
非常に大きな改善が図られていると感じました。


【マップ】
前作は、狭い・浅い・何も無い という三重苦のようなマップでしたが、
各マップの広さは、前作の倍程度あるように感じます。
前作のようにマップの複数箇所に小さなダンジョンが点在している点や、
一定間隔で公開イベントが出現するなどは共通です
以前と異なるのは、
小ダンジョンの一番奥の小ボスを倒すと宝箱が毎回手に入る点や、
上記のような小ダンジョンを
探索するサイドミッションが存在している点です。
これを受けることで、順を追ってマップの探索ができて、宝箱も手に入るようになっています。
また、公開イベントの頻度もあがっており、イベント達成でも
宝箱が手に入ります。
この宝箱からは、紫や黄色も割りとドロップされるので、やる価値は高いです。
ただし、風景はわりと見慣れた感じ。


【報酬システム】
・マルチプレイにおいては、前作の初期(というほど短くもない)と全く同じで、
 勝っても負けても報酬がランダムという仕様。
 超頑張って成績1位でも、放置してビリでも、報酬が手に入る確立は同じという共産主義のような仕様。
 まさままさかの続投で、唖然とする仕様。狂気の沙汰ですよこれは。

・多くの方が言及されているように、敵のエングラムドロップ率が大幅に上がっています。
 また、マップに出現する小ボスを倒したり、公開イベントを達成したあとも、宝箱が出現しますので
 装備を入手する頻度・回数も数倍に上昇していると感じます。

 

・その他、キャンペーンのクリアや、マップでのチャレンジ達成など、細かいアクティビティがあるので、

 報酬を得られる頻度も、かなり向上しています。

 

【総括・まとめ】
現時点の内容で言えば、

着実に能力を強化してける達成感や、報酬の頻度が大幅に挙がったことでの満足感があり、

30時間以上は新鮮味を持って遊べる内容であり、フレンドもいれば、より充実した体験になるでしょう。
(二作目にして)フルプライスに見合った価値はあると考えます。

駄作/スカゲーの汚名返上は成った…と思います。いまのところは…

 

しかし、前作であった(非常識な)

DLCを買わないと今まで遊べていた内容がロックされないという保証は、どこにも無いのです。
記事冒頭をご覧頂ければ公式発言がどれほど信用に値しないかは十分ご理解頂けると思います。


購入に際しては、十分なリスクを覚悟した上で、自己責任で購入してください。
(買うのであれば、変な改悪がされない内にぱぱっと遊んですぐに売るとかね)

AD