今日の昌人先生の車、ボンネットの中から何やらニャーニャー鳴き声がします。



社会人教室のために福泊コミュニティに行って帰ってもまだニャーニャー。



ニャんとエンジンの上に子猫が入っていたのです。



焼き猫にならなくてよかった・・・とほっと胸をなでおろしたのもつかのま、


ドコで入ったんだろう、ってことになりまして、



たぶん、円山アトリエの付近は猫が多いので、子どもでも生まれたんだろう、その仲の一匹が昨日の雷におびえて入っちゃったんだろう、ということになりました。



アトリエのベランダにダンボールに子猫を入れて待つこと5分、くるわ来るわ

これはもようがちがうから、親戚のおばちゃんかな?







そのうち、ニャンコ外に出る。


おかーちゃーん。




これがお母さんか?


二匹で子猫をかばうようにして・・・


「こわかったね」。


「どんな箱に入ってたの?くんくん、なるほど、牛乳もらったんだ」。



・・・・みたいな?




この子保護してくれてたの、おたく?






心配したんだからね!






で、なぜか離れたところから、ボス猫おじさんがじっと事の成り行きをみまもっていたのでした。