縁切り神社

テーマ:
やっと…6年の関係を断ち切る気持ちになりました。

その気持ちになるまで6年。
6年かかりました。

引き戻されたり自分から戻ったり。
本当にどっぷり依存してました。

周囲の助言は私の耳にはまるで届かず、いざとなれば自分にはすっぱり断ち切る根性があると思っていた。

あは(´∀`o)そんな根性なかったわ汗

好きで好きでしょうがなかったし、少しでも離れると酸欠なったみたいに苦しかったううう

いつも包んで支えてくれた(´∀`o)

幸せだったラブ

だから離れられなかった。
いないと生きていけないって…心のどこかで思っていた。


でも世の中は…私達の生きている環境は普遍ではなく、いつでも流転している。

その運命の輪は、無情にも私達を引き離す事にしたみたいです。

遠くに行っちゃうんです。
もぅ、簡単には会えない。

それでもすがりつく事も考えた。
会えなくても気持ちだけは繋げときたいって思った。


でも…私には直接関係はないのだけど、私の周囲にいる方で最近、終わる決断を下した強い女性達がいた。
とても大事にしていたものを手離す悲しみ、辛さ、悔しさ。
本当に苦渋の決断だった事だと思います。
それでも自身達の幸せの為、発展の為に下した決断だった。

私は彼女達の決断にとても強い衝撃を受けた。

同時に私にも決断の時が来たのだと感じた。

環境が私達を引き離すのに私が依存していて良いのだろうか?
発展のない関係を、引き離された環境で続けていく事になんの意味があるのだろうか?

環境は私達を見離した。

今まで目を反らしてた。
でも…依存していた関係を直視する気持ちになった。

いろいろ…言葉にならない気持ちを繰り返して、そして決断することにした。


気持ちを強く持ちたい。

雨の中、一人で安井金比羅宮に行って別れの儀式をしてきました。

迷わずに安井金比羅宮に到着できて、雨だから行列もなく、すんなりと儀式を遂行できた。

環境はまるで終焉の為に整えられているみたいだった。


ならば…腹をくくって、今からの未来に向けて希望を持とうと思う。




free birdでしたあひる