おやつは、15時に食べると太らないってホント?!

 

本当ですよ!美肌食専門家  SHOKOです。

美肌食

 

ダイエットや美肌のためにも、おやつの時間は15~16時をオススメしています。

 

■お客様からのよくある質問
  1. なぜ、15時におやつを食べても太らないの?
  2. 15時になると甘いものが欲しくなり、ガクッと体が重くなるのはなぜですか?
  3. どんなおやつ食べても太りませんか?

 

 

なぜ、15時におやつを食べても太らないの?

 

昔の人は、すごいと思う。理論が分かってなくても体で分かってた!?

 

『3時のおやつ』って言ってちゃんとそこでおやつ休憩していたもんね〜

 

でも、現代では、証明されている理由があるのだニコニコ

 

■15時におやつを食べても太りにくい3つの理由
  1. 体内時計遺伝子『BMAL1(ビーマルワン)』が弱くなるから
  2. 血糖値が下がるから
  3. 体温が上がるから
 
 
1、 体内時計遺伝子『BMAL1(ビーマルワン)』が弱くなるから

脂肪の増減に大きく関係する『BMAL1(ビーマルワン)』

 

BMAL1は脂肪の合成を促したり、血中のブドウ糖の量を増やす働きがあります。

 

このBMAL1の脂肪を蓄積する機能が

 

1番弱い時間帯が14~15時と言われています。

 

なので、この時間に食べると脂肪になりにくいので太りにくいと言われています。

 

15時におやつを食べても太りにくいんですよ。

 

 

 

2、血糖値が下がるから

 

血糖値を下げる役割をしているのが、インスリン

 

そのインスリンを分泌しているのが、膵臓

 

膵臓の働きが1日の中で1番活動的なのが、15時と言われています。

 

インスリン働きが活発になると血糖値が下がる

下矢印

体内で脂肪を分解して糖を作ろうとするので

 

15時は『痩せやすい時間』になります。

 

血糖値が下がると15時におやつを食べても太りにくいんですよ。

 

 

 

 

 3、体温が上がるから

 

人の体温は15~18時の間、人の体温は高くなると言われています。

下矢印

体温が高くなり、代謝が活発になり、消費カロリーも高くなり

15時におやつを食べても太りにくいんですよ。

 

 

15時になると甘いものが欲しくなり、ガクッと体が重くなるのはなぜですか?

 

 

血糖値が上がり、体温が上がるから!

 

眠くなったりする人も多いのもその理由なのですぞニコニコ

 

 

どんなおやつ食べても太りませんか?

 

15時におやつ食べても太りにくい時間では、ありますが・・・・・

 

 

ダイエット中や美肌のことを考えると

なるべくローカロリーで白砂糖が入っていないおやつを選ぶことをオススメします。

 

手作りするのもいいよね。何が入っているかわかるから

 

私が作って評判よかったスィーツはこちら

 

すりつぶしたカボチャに甘酒で味つけして、ノンカフェインコーヒーを間に入れる

下矢印下矢印下矢印

 

美肌食

 

 

 

本日の『美肌食知識』 知って得したら

ポチっと押してくださいませ。どくしゃになってね…

励みになります。

 

 

 

美肌食専門家  SHOKO でした。

 

メルマガ登録

 

もっと知りたいと思ったら、資格講座でお待ちしています。

美肌食マイスター
2018年 1月27日(土曜) 10:00~16:00
https://www.reservestock.jp/events/229688

ダイエットアドバイザー
2018年1月21日(日曜) 10:00~17:00
https://www.reservestock.jp/events/231524

プロ直伝 「体験美眉レッスン講座」

2018年1月12日(金) 10:30~12:00

https://www.reservestock.jp/events/229149
アンチエイジング*東京塾Choose 
顔郵便マーク東京都渋谷区恵比寿4-9-3東包ビル303

 

 

 

AD