Purely Belter
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

激戦を制した静岡学園が24年ぶりの選手権優勝(その2)

■鉄壁の守備陣に穴を開けた静岡学園のアタッカー

この試合の両チームは対照的な戦い方でした。青森山田はカウンターやロングボールを駆使したシンプルな戦い、一方の静岡学園は細かなパスや個人技を活かして攻撃を組み立てました。

 

流石は「サッカー王国」のチームだけあり、静岡学園の攻撃陣がボールを持つたびにスタンドが大きく沸きました。ドリブルで複数の選手を引きつけたり、空いたサイドのスペースを上手く使ったりと、静岡学園の攻撃には様々なバリエーションがありました。

 

しかし、青森山田のDF陣は最後のところで蓋をし、静岡学園に決定機を作らせませんでした。サイドからクロスが上がっても、中央には常に3枚のDFが揃っていたため、しっかりと弾き返すことができていましたし、個人技に対しては何人もの選手が粘り強く体を当て、ボールを奪うことができていました。青森山田DF陣としては、「やられた」という感触はほとんどなかったでしょう。

 

青森山田は、ピッチ中央付近では思い切ってファウルで止める場面が幾つかありましたが、ディフェンディングサードではファウルなしにボールを奪うことができていました。しかし、前後半1回ずつ自陣の低い位置でファウルを犯してしまい、そこからのセットプレーで2点を失ってしまいました。何かい奪われても、自分たちの技術を信じて立ち向かった静岡学園の攻撃陣。その姿勢がファウルを誘い、ゴールへ繋がったのでしょう。

 

この試合唯一流れの中で生まれた、静岡学園の同点ゴールも見事でした。華麗な反転から左足を振り抜いた加納選手のプレーは言うまでもなく素晴らしかったですが、彼にパスを出したMF草柳祐介選手の判断も光りました。静岡学園の選手は高い位置でボールを持つと迷わず仕掛けるシーンが目立っていました。これに対して青森山田の選手は人数をかけて対処し、ボールを奪っていました。

 

おそらく、あの場面でも、青森山田のDF陣は草柳選手がドリブルを仕掛けてくると思っていたでしょう。青森山田は3選手ほどが草柳選手へ寄せていました。そんな中でDF陣が寄せきる前に逆を突く縦パスを入れたことで、加納選手はマーカー1枚を剥がしてシュートを決めることができました。草柳選手から加納選手へのパスはシンプルなものでしたが、とても大きなパスでした。

 

■今後も注目の高校サッカー…来年度の注目校は!?

高校年代のチームは、高体連に加盟する高校サッカー部のほかに、Jリーグの下部組織であるユースチームがあります。よく両者を比較すると、全体のレベルで言えば、ユースチームの方が高いのでしょう。しかし、今回の選手権で上位に入ったチームは、いずれもユースチームの強豪とも互角以上の勝負ができると思います。

 

一年を通して全国各地で行われている高円宮杯JFA U-18サッカーリーグでは、一時期ユースチームの強さばかりが目立っていました。しかし、近年は再び高校サッカー部が巻き返しており、高校生年代真の日本一を決定するチャンピオンシップでは、青森山田が名古屋グランパスU-18を下しました。また、プリンスリーグでも上位に入る高校サッカー部が目立ちました。

 

今年の高校年代のプロ内定者は84人、このうち高校サッカー部出身は24人となっています。ユース出身者と数の開きこそありますが、高校サッカー部はJリーグクラブという後ろ盾がなく、内部昇格が望めません。そんな高校サッカー部の選手が24人もプロの道に進んだということからも分かる通り、高校サッカーの注目度は上がっているといえるでしょう。

 

さて、来年度の高校サッカーですが、やはり青森山田が軸となることは間違いないでしょう。青森山田は中学生年代でも全国屈指の強さを誇っており、6年連続で全国中学サッカー大会の決勝にコマを進めています。中学から持ち上がったメンバーと高校から新たに加わったメンバーが融合し、毎年のように全国大会で上位進出を果たしています。

 

彼らを追うのが、前橋育英高等学校サッカー部(群馬県)や船橋市立船橋高等学校サッカー部(千葉県)といった名門校。いずれも本選手権では振るいませんでしたが、2年生や1年生も多く登録されていましたから、来年度が楽しみです。また、復権を目指す東福岡高等学校サッカー部(福岡県)、青森山田と同じく中高一貫教育を手掛ける日章学園高等学校サッカー部(宮崎県)や神村学園高等部サッカー部(鹿児島県)も上位を狙うことができるでしょう。来年度もハイレベルな戦いを見ることができそうです。

 

24年ぶりの選手権優勝を果たした静岡学園。「サッカー王国」復活を印象付けた。

 

 

 にほんブログ村 サッカーブログへ

激戦を制した静岡学園が24年ぶりの選手権優勝(その1)

今日は第98回全国高等学校サッカー選手権大会の決勝戦が行われました。昨年12月30日に開幕した冬の風物詩も今日が最終日。青森山田高等学校サッカー部(青森県代表)と静岡学園高等学校サッカー部(静岡県代表)がさいたまスタジアム2○○2で激突しました。

 

試合は青森山田が前半11分にセットプレーから先制すると、33分にはMF武田英寿選手がPKを沈めて2-0、早い段階で2点のリードを奪いました。しかし、ここから静岡学園の逆襲が始まりました。前半ロスタイムにセットプレーから1点を返すと、後半17分にFW加納大選手が反転から見事なシュートを突き刺して同点に。そして40分にDF中谷颯辰選手がこの試合2点目となる逆転弾を決め、試合を決めました。

 

最後までどちらに転ぶのか分からなかった今年の決勝戦。素晴らしい2チームによる、素晴らしい試合でした。それでは、この試合のポイントを幾つか振り返っていきましょう。

 

■いくつものパターン セットプレーを大切にしていた両チーム

この試合で生まれた5ゴールのうち、4ゴールはセットプレーでした。両チームのレベルが高かったゆえ流れの中からのチャンスが少なかったということがいえる一方、両チームがセットプレーの練習を丹念にしていたことの表れでもあるでしょう。

 

特に、青森山田は、コーナーキックとフリーキックで多くのパターンを用意しており、セットプレーがサッカーの得点源であることを意識したチーム作りをしているのだと感じました。また、「足」でのセットプレーのみならず、DF内田陽介選手のロングスローも相手の脅威となっていました。

 

思えば、"J2史上最強の3位"といわれた2015年のアビスパ福岡は、ゴールの半数近くをセットプレーから奪い、J1昇格を勝ち取りました。また、嘗てストーク・シティで活躍した元アイルランド代表DFロリー・デラップも、ミサイルのようなロングスローを武器に、プレミアリーグでインパクトを残しました。このように、セットプレーはチームにとって大きな武器となるのです。

 

Jリーグクラブの練習を見学しても、多くのチームは、基礎的な練習のほかは攻撃のパターン練習などがメインとなっており、セットプレーの練習にはあまり時間をかけていないように思えます。そんな中、青森山田や静岡学園は、おそらく毎日セットプレーの練習時間を確保し、トレーニングしているのだろうと思います。この試合をキッカケに、プロ・アマ問わず多くのチームがセットプレーを見直すようになるのではないでしょうか。

 

■組織的な守備で90分を戦い抜いた青森山田

2回戦で6ゴール、3回戦で4ゴールを奪っていることから、攻撃陣が注目を集める青森山田ですが、個人的には本当の強さは守備陣にあると思います。初優勝を飾った第95回大会、そして昨年の第97回大会のチームもそうでした。

 

今大会の青森山田の守備陣も、しっかりと組織された素晴らしい守備を披露しました。この試合では3失点を喫しましたが、個人のレベルが高い静岡学園の攻撃陣に対して粘り強く対処し、流れの中でのゴールは1点のみに抑えました。

 

青森山田は、両サイドバックはあまり攻撃参加をせず、守備に重点を置きます。また、ボランチも常に相手攻撃をケアしているため、相手の攻撃に対して素早く対処することができます。サイドバックの裏を突かれてセンターバックの1枚が外に引っ張り出された際は、逆サイドのサイドバックが中央に絞るため、中央には常に3枚のバックが揃っていました。

 

DFとして一番手薄になってはならないのがゴール中央。そこを人数をかけて埋めていたため、静岡学園はなかなかゴールをこじ開けることができませんでした。サイドに良いボールが入っても、青森山田のDF陣は中へのクロスを弾き返し、力強い中央突破に対しては、何枚もDFが身体を当ててボールを奪っていました。こうしたDF陣の強さ、粘り強さがあったからこそ、高円宮杯U-18プレミアリーグEASTを制し、本選手権でも決勝まで勝ち進んだのでしょう。

 

試合前に整列する両チーム。最後まで目の離せない、素晴らしい一戦となった。

 

 

首位・柏に完敗…残り5試合で全力を!!(その2)

■徐々に攻勢を強めた柏が4発を決めて快勝

試合の立ち上がりは、アビスパが攻守に良い形を作りました。攻撃面では2分に前川選手のパスを受けた松田選手がシュート。守備面では厳しくプレスをかけて柏の攻撃陣に前を向かせないよう対応できていました。

 

しかし、4分過ぎあたりから、徐々に柏がセカンドボールを拾うことができるようになりました。13分にはM.サヴィオ選手の左クロスをオルンガ選手が頭で狙うもわずかに枠外。直後のプレーではM.サヴィオ選手のグラウンダーの折り返しをオルンガ選手が合わせるも、アビスパDFがブロックしました。続く15分にはM.サヴィオ選手の右からのボールに瀬川選手がヘディングシュート、しかしこれはバーに阻まれました。

 

前半10分過ぎからの立て続けのチャンスメイクで攻撃の感覚を掴んだ柏は、25分に先制ゴールを奪います。三原選手からのロングボールを受けたM.サヴィオ選手がオルンガ選手に落し、オルンガ選手はDFを引きつけて、左サイドを駆け上がった江坂選手へ。ボールを受けた江坂選手が豪快に左足を振り抜き、柏がリードを奪いました。江坂選手はこれでシーズン二桁となる10ゴール目となりました。

 

その後も柏の攻撃が続きます。33分のオルンガ選手のシュートは、アビスパのGKセランテスがスーパーセーブで凌ぐも、36分には江坂選手のスルーパスに抜け出したオルンガ選手がゴールを決め、これで2-0としました。その後もM.サヴィオ選手や江坂選手を中心にアビスパゴールを脅かした柏は、2点をリードしてハーフタイムを迎えました。

 

後半に入ってからも柏の勢いは止まりません。4分には瀬川選手の左からのクロスを、篠原選手が胸で処理しようとするもトラップミス。これを逃さなかったオルンガ選手が強烈な左足シュートを突き刺し、あっさりと3点目を奪いました。試合下の4点目は33分でした。ロングボールをキープした瀬川選手が中央のM.サヴィオ選手へパス。これを受けたM.サヴィオ選手がコースを狙ったシュートを沈め、4-0としました。

 

■J2屈指の攻撃陣が大爆発 柏のJ1昇格は目前!!

チームの大黒柱であるFWクリスティアーノ選手を欠いての戦いでしたが、その不在を感じさせないほどの攻撃力を見せつけました。ケニア代表のオルンガ選手は、足元でボールを受けても、縦に抜け出しても、質の高いプレーを披露し2ゴールを決めました。

 

前線の選手は勿論、中盤やDFラインの選手も頻繁に攻撃参加し、柏は分厚い攻撃を仕掛けることができていました。M.サヴィオ選手は強靭なフィジカルを活かし、前を向いてからの積極的なプレーが光りました。特に印象的だったのが前半39分のプレー。アビスパDFのファウルを受けながらも逆に相手をなぎ倒して前を向いて攻め上がったプレーは衝撃的でした。

 

昨季は悔しい降格を味わった柏ですが、主力選手の移籍を最小限に抑え、豪華な布陣でシーズンを迎えることができました。そこにネルシーニョ監督の戦術が浸透し、ここまで攻守両面で安定した戦いを続けています。サイドの選手は時に中央に入り、空いたスペースを両サイドバックがオーバーラップ。中盤の選手はバランスを取りながら時に攻撃に顔を出す。個人としてもチームとしても質が高いです。

 

これで勝点を75とした柏は、次節にもJ1復帰が決まるかもしれません。次節の大宮アルディージャ戦に勝利し、2位の山形と3位の横浜FCが引き分け以下に終われば、柏のJ1復帰が決まります。その上で、6日に行われる大宮とアビスパの一戦で大宮が引き分け以下に終わると、柏のJ2優勝も決まります。次節決定するかは兎も角、これまでの柏の戦いぶりを見ると、J1昇格はほぼ100%決まったといえるでしょう。

 

■攻守に圧倒されたアビスパ 来季以降も苦戦は必至か

この試合のアビスパは、開始から3分間は攻守に良さが出ました。逆にいえば、残りの87分間は防戦一方となり、柏に圧倒されました。先日、レスター・シティがサウサンプトンに0-9で大勝する試合がありましたが、この試合がそうなってもおかしくありませんでした。それほど両者には差がありました。

 

昨季までとは一転、今季のアビスパが下位に沈むことになったのには多くの原因が考えられます。大きな要因として考えられるのが、あまりにも急に若返りを図ったことです。昨季限りで駒野友一選手と山瀬功治選手という元日本代表のベテラン選手が契約満了となり、DF岩下敬輔選手もレンタルで移籍。いずれもピッチ内外でチームの力になれる選手でしたが、今季のチームのプランには含めず、新天地を求めました。

 

逆に多くの若手選手が加入しましたが、率直にいって、J1昇格を目指すチームでレギュラーを獲得する力のある選手は、前川選手くらいでした。その他の選手も将来有望ではあるものの、現時点で即戦力とするにはあまりに厳しいものでした。案の定シーズン序盤から苦戦が続き、早々とJ1昇格の望みが消えました。少なくとも、駒野選手や山瀬選手から実力で定位置を奪うことのできる選手が出るまでは、彼らを残すべきでした。

 

勝利が遠ざかり下位に沈んだことで、チームは自信を失い、どのようなサッカーをすべきかスタイルを見いだせないままシーズンが終わろうとしています。昨季までの井原アビスパは、攻撃のバリエーションに乏しい感もありましたが、それでもリーグ屈指の守備陣は安心感がありました。また、その前のマリヤン・アビスパは、J1昇格争いにこそ絡めませんでしたが、攻撃的なスタイルを貫きました。今季のようなカラーのないアビスパはとても久しぶりのことです。

 

シーズンも残り5試合。昨日の試合で最下位のFC岐阜が敗れたことで、アビスパのJ2残留の可能性はかなり高くなりました。もっとも、今季が失望の多いシーズンであったことに変わりはなく、残り試合では、来季に繋がるパフォーマンスを見せてほしいところ。しかし、アビスパの課題は山積み。今オフもメンバーの入れ替わりが予想され、難しいチーム作りを強いられそうです。再びJ1の舞台で戦うアビスパを見たいですが…。

 

攻撃陣が爆発した首位・柏。J1昇格とJ2優勝のカウントダウンが始まっている。

 

 

 にほんブログ村 サッカーブログへ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>