Purely Belter
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

今季最終戦はドローも…8位でシーズンを終了!!(その2)

■周囲の予想を大きく上回る8位でフィニッシュ

2016年シーズン以来のJ1挑戦だったアビスパですが、開幕前は降格候補筆頭に挙げられていました。専門誌の順位予想を見るたびに、怒りの感情が芽生える一方で、「2011年と2016年もそうだったから仕方ないよな…」と思う気持ちもありました。私自身も、残留は大丈夫だと思っていましたが、まさか8位に入るとは思っていませんでした。

 

開幕戦の名古屋グランパス戦は、相手の手堅いサッカーに歯が立たず1-2で黒星スタート。スコア以上の差があったように思えました。第3節の横浜F・マリノス戦もやはり相手の強力な攻撃陣に苦しめられました。そんな中、大きな転機となったのが、第5節の鹿島アントラーズ戦だったでしょう。前半の相手DF関川郁万選手の退場や、試合終盤の相手ゴールの取消しなどにも恵まれましたが、過去の対戦成績でも圧倒されている難敵を相手に1-0で勝利しました。

 

今季の躍進を語るうえで欠かせないのが、第10節~第15節までの6連勝でしょう。FC東京を相手にホームで勝利すると、浦和レッズや柏レイソルといったチームを破り、一気に中位へと順位を上げました。その後一転して5連敗を喫した時期もありましたが、第26節ではホームで川崎フロンターレに今季初黒星を付け、第32節のヴィッセル神戸戦で、(敗れはしたものの)早々にJ1残留を決定させました。残り6試合は1勝5分と負けなしでフィニッシュ。3バックなど新たなシステムにも挑戦し、来季へ繋げる戦いを見せました。

 

■チームの躍進を支えた堅守速攻スタイル

長谷部茂利監督が就任した昨シーズンから、アビスパは堅守速攻をベースにチーム作りを進めてきました。昨季はそれが「J1昇格」という形で、今季は「8位」という形で実を結びました。

 

アビスパがJ1にチャレンジした2011年と2016年シーズンも、同様に守備をベースとした戦いを挑みました。しかし、今季のアビスパは、「攻撃を意識した守備」という点で、これまでとは大きく異なりました。相手がボールを持っているときでも必要以上にDFラインを下げ過ぎることなく、最終ラインから前線までの距離をコンパクトに保ちました。相手のパスミスやトラップミスがあった際には、逃さずボールを奪い、そこから人数をかけて一気に相手ゴールに迫りました。

 

このような戦い方はチームにしっかりと浸透しており、誰が試合に出ても、チームの力を落とすことなく戦うことができました。グループリーグ突破こそならなかったものの、YBCルヴァンカップでは厳しいグループを2勝2分2敗としました。またリーグ戦でもメンバーを入れ替えながら勝点を積み上げました。川崎を破った試合では、DFカルロス・グティエレス選手、MFカウエ選手、FW城後寿選手といった、出場機会が限られていた選手が躍動してサプライズを起こしました。

 

チームを上手くマネジメントした長谷部監督の手腕もさることながら、チームの約束をピッチ上で表現した選手たちのプレーも見事でした。すべての選手が素晴らしかったですが、とりわけ言及しておきたいのが、GK村上昌謙選手と、キャプテンの前寛之選手です。

 

村上選手は、開幕当初こそハイボールの処理に不安定さがありましたが、リーグ屈指の好セーブを見せる守護神となりました。村上選手のセービングによって勝点を拾った試合も多く、シーズンを通じてMVP級の活躍を披露しました。元コロンビア代表GKオスカル・コルドバを彷彿とさせるパンチングは、今後村上選手の代名詞になるでしょう。来季以降、キックの制度に磨きがかかれば、日本代表入りも夢ではないと思います。

 

また、キャプテンの前選手は、チームの心臓として攻守を支えました。守備面では正確な読みと鋭い出足で相手ボールを奪い、攻撃面では正確な長短のパスでチャンスを演出しました。中盤での冷静なプレーが魅力ですが、サンフレッチェ広島線で見せたミドルシュートのような意外性のある一発もありました。本日、「2021 Jリーグ優秀選手賞」の31名が発表されました。残念ながらその中に前選手の名前はありませんでしたが、個人的には、ノミネートされた選手と遜色ないプレーを披露したと思います。

 

■来季はJ1定着を目指す戦い…新たな選手補強は!?

今日J2とJ3の全日程が終了し、2021年のJリーグは全日程を消化しました。各チームは選手や監督の契約に関するリリースを行い、移籍関係のニュースも増えてきました。

 

アビスパは例年、こうした発表は比較的遅いですが、来季へ向けて動き出していることでしょう。レンタルで加入しているDF奈良竜樹選手やFWジョン・マリ選手の去就も気になるところですが、ジョン・マリ選手のSNSを見る限り、どうやら退団が濃厚のようです。一方で、アビスパの"キング"城後選手は来季も現役続行に意欲を示しており(日刊スポーツ「福岡ひと筋「キング」城後寿、18年目来季も現役続行に意欲「もっと上を」」)、2022年もピッチを走り回る背番号10を観ることが出来そうです。

 

今季のアビスパを支えた外国人選手ですが、何人かの入れ替えは行われるでしょう。ジョン・マリ選手の他、出場機会が減っていたFWブルーノ・メンデス選手もレンタル元に復帰するのではないでしょうか。また、グティエレス選手とカウエ選手は、出場機会が増えればさらにチームにフィットしそうですが、クラブはどのような決断を下すのでしょうか。DFドウグラス・グローリ選手、エミル・サロモンソン選手、MFジョルディ・クルークス選手、FWフアンマ・デルガド選手は残留へ向けて動いているでしょうが…。

 

いずれにせよ、来季はアビスパがJ1に定着するための重要なシーズンとなります。今季のアビスパの躍進を見て、「アビスパでプレーしたい」と思う選手が増えたのではないでしょうか。どのような選手が加わるのか、とても楽しみですね!!

 

FC東京戦に挑むアビスパのイレブン。来季はJ1定着へ大切なシーズンとなる!!

 

 

 にほんブログ村 サッカーブログへ

今季最終戦はドローも…8位でシーズンを終了!!(その1)

今日は、各地でJ1第38節が行われました。2月26日に開幕したリーグ戦も、いよいよこれが最終節を迎えました。昇格組ながら健闘したアビスパ福岡は、アウェーでFC東京と対戦。8位と9位の直接対決となり、アビスパは引き分け以上で8位が確定する試合でした。

 

■ゴールこそ奪えなかったものの随所に"らしさ"を見せたアビスパ

今季のアビスパの特徴は、ボールを奪ってからの素早く、かつ、分厚い攻撃。相手の攻撃をしっかりと耐え、相手の隙ができた瞬間を見逃さず、一気にシュートまで持ち込む…"攻撃のための守備"を徹底したシーズンでした。

 

この試合でも、FC東京のゴールをこじ開けるには至らなかったものの、随所に鋭い攻撃を見せました。前半4分の金森健志選手のシュート、5分の志知選手の左サイドの崩しは、いずれも相手のパスをカットしてから複数の選手が絡んでゴールまで迫ったもの。33分のフアンマ選手のミドルも、敵陣中央で相手MF安部柊斗選手からボールを奪ってからでした。

 

後半15分過ぎからFC東京にボールを持たれる時間が長く続きましたが、慌てることなくしっかりと耐え、チャンスを作らせませんでした。サイドからの単純なクロスはしっかりと弾き返し、相手が後ろ向きでボールを受けた際は複数の選手が素早く体を寄せてボールを奪うことができていました。こうした対応の積み重ねが徐々に流れをアビスパに引き戻し、試合終盤には相手ゴールに迫るシーンが増えました。

 

この試合でアビスパがヒヤリとしたのは、前半13分の森重真人選手のミドルシュートと、Gk村上昌謙選手の飛び出しが中途半端になりヘディングシュートを許したシーンくらい。FC東京に流れの中から崩されるシーンもなく、安心して観ることができました。攻撃面でも相手を上回る数の12本のシュートを放ち、そこまで持っていく場面でも"アビスパらしさ"が見えました。結果こそドローでしたが、内容ではFC東京に勝っていたと評価できるでしょう。

 

8位と9位の直接対決はスコアレスドロー。アビスパが8位でシーズンを終えた。

 

 

柏とドローも今季の目標を達成したアビスパ(その2)

■攻撃陣は不発も、守備陣は今季14試合目の完封

この試合でフアンマ選手とジョン・マリ選手を前線に置いたアビスパでしたが、柏のゴールをこじ開けることはできませんでした。長短のパスを駆使して攻撃を組み立てましたが、相手のCBコンビ、古賀太陽選手と高橋祐治選手がしっかりと対処していました。高橋選手は長身を活かして空中戦に競り勝っていましたし、古賀選手はフアンマ選手やジョン・マリ選手に体を預けられても体をぶつけて自由を奪っていました。

 

アビスパのツインタワーは封じられ、得意のセットプレーでもなかなかシュートに持ち込むことができませんでした。ただ、前半に見せたグティエレス選手のロングフィードからチャンスが生まれた点は好材料でした。最終ラインからの矢のようなボールは、相手DF陣を慌てさせることができました。特に、立ち上がりのフアンマ選手へのボールは、ゴールに結びつけば素晴らしいアシストになるところでした。

 

これまでもアビスパには、堤俊輔さんや岩下敬輔さんのように最終ラインからパスを繋げるDFがいましたが、グティエレス選手のようなライナー性のボールを蹴ることができる選手がいるのはとても大きいです。強かった時代のマンチェスター・ユナイテッドは、リオ・ファーディナンドが対角線上に鋭いボールを蹴る場面があり、攻撃の基点になっていました。次の試合でも、グティエレス選手のパスからスイッチが入る場面があるかもしれませんね。

 

守備陣は90分を通じて安定しており、今季リーグ戦14試合目の完封となりました。この試合は久しぶりに4バックで臨み、ドウグラス・グローリ選手とグティエレス選手がCBに入りました。相手FWのクリスティアーノ選手と武藤雄樹選手は、DFとの駆け引きが巧い選手ですが、そうした選手相手にも慌てることなく、DFラインをコントロールすることができていました。DFラインの層は厚く、誰が出ても、枚数が3枚でも4枚でも、クオリティを落とさないレベルに達していると思います。

 

■今季の目標である「勝点50、10位以内」を見事に達成!!

アビスパは今季の目標として、「勝点50、10位以内」を設定していました。開幕から苦しみながらも勝点を積み重ね、第10節から6連勝を記録。しかし、第17節から5連敗と勝てない試合が続きました。それでも第26節に王者・川崎を下して再び勢いに乗り、第32節のヴィッセル神戸戦で、他会場の結果によりJ1残留を決めました。

 

前節の横浜FC戦を1-1で引き分けたことで、アビスパの今季の勝点が50に到達し、今季の一つ目の目標をクリアしました。そして、今節の引き分けにより、残り2試合で11位のセレッソ大阪との勝点差が8に広がり、2つ目の目標である10位以内を達成することができました。

 

開幕前は降格候補の一つに挙げられることも多かったアビスパですが、余裕をもって残留を決め、"5年周期"という不名誉な記録を断ち切ることに成功しました。それだけでなく、王者に今季初黒星を付け、トップ10にも入ることができた…まだあと2試合残っていますが、今季のアビスパは、Jリーグファンに大きなインパクトを与えたのではないでしょうか。

 

この快進撃は、紛れもなく長谷部茂利監督の手腕によるものです。堅守速攻をベースにチームを作り、J1の強力な攻撃陣相手にも大崩れすることなく戦うことができています。決して守備一辺倒なのではなく、"攻撃につなげるための守備"である点を見逃せません。ボールを奪ってからの速い仕掛け、前線にボールを入れてからの組み立てがしっかりしており、数少ないチャンスをモノにした試合も多くありました。こうしたスタイルがチームに染み渡っていたため、メンバーを入れ替えても質が落ちませんでした。

 

さて、今季の目標を達成したアビスパですが、実はもう一つ達成しなければならない目標があります。現在アビスパは、「アビスパ福岡J1定着大作戦 ~みんなでつなぐアビスパの未来~」と題するクラウドファンディングを行っており(12月5日締切)、目標額を30,000,000円に設定しています。現在の支援金額は10,382,900円となっており、目標額まではまだまだ先は長いです。私も微力ながら支援させていただきましたが、こちらの目標も是非達成してほしいところです。

 

今季のトップ10入りを確定させたアビスパ。残り2試合の戦いぶりにも注目したい!!

 

 

 にほんブログ村 サッカーブログへ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>