Purely Belter
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

首位・柏に完敗…残り5試合で全力を!!(その2)

■徐々に攻勢を強めた柏が4発を決めて快勝

試合の立ち上がりは、アビスパが攻守に良い形を作りました。攻撃面では2分に前川選手のパスを受けた松田選手がシュート。守備面では厳しくプレスをかけて柏の攻撃陣に前を向かせないよう対応できていました。

 

しかし、4分過ぎあたりから、徐々に柏がセカンドボールを拾うことができるようになりました。13分にはM.サヴィオ選手の左クロスをオルンガ選手が頭で狙うもわずかに枠外。直後のプレーではM.サヴィオ選手のグラウンダーの折り返しをオルンガ選手が合わせるも、アビスパDFがブロックしました。続く15分にはM.サヴィオ選手の右からのボールに瀬川選手がヘディングシュート、しかしこれはバーに阻まれました。

 

前半10分過ぎからの立て続けのチャンスメイクで攻撃の感覚を掴んだ柏は、25分に先制ゴールを奪います。三原選手からのロングボールを受けたM.サヴィオ選手がオルンガ選手に落し、オルンガ選手はDFを引きつけて、左サイドを駆け上がった江坂選手へ。ボールを受けた江坂選手が豪快に左足を振り抜き、柏がリードを奪いました。江坂選手はこれでシーズン二桁となる10ゴール目となりました。

 

その後も柏の攻撃が続きます。33分のオルンガ選手のシュートは、アビスパのGKセランテスがスーパーセーブで凌ぐも、36分には江坂選手のスルーパスに抜け出したオルンガ選手がゴールを決め、これで2-0としました。その後もM.サヴィオ選手や江坂選手を中心にアビスパゴールを脅かした柏は、2点をリードしてハーフタイムを迎えました。

 

後半に入ってからも柏の勢いは止まりません。4分には瀬川選手の左からのクロスを、篠原選手が胸で処理しようとするもトラップミス。これを逃さなかったオルンガ選手が強烈な左足シュートを突き刺し、あっさりと3点目を奪いました。試合下の4点目は33分でした。ロングボールをキープした瀬川選手が中央のM.サヴィオ選手へパス。これを受けたM.サヴィオ選手がコースを狙ったシュートを沈め、4-0としました。

 

■J2屈指の攻撃陣が大爆発 柏のJ1昇格は目前!!

チームの大黒柱であるFWクリスティアーノ選手を欠いての戦いでしたが、その不在を感じさせないほどの攻撃力を見せつけました。ケニア代表のオルンガ選手は、足元でボールを受けても、縦に抜け出しても、質の高いプレーを披露し2ゴールを決めました。

 

前線の選手は勿論、中盤やDFラインの選手も頻繁に攻撃参加し、柏は分厚い攻撃を仕掛けることができていました。M.サヴィオ選手は強靭なフィジカルを活かし、前を向いてからの積極的なプレーが光りました。特に印象的だったのが前半39分のプレー。アビスパDFのファウルを受けながらも逆に相手をなぎ倒して前を向いて攻め上がったプレーは衝撃的でした。

 

昨季は悔しい降格を味わった柏ですが、主力選手の移籍を最小限に抑え、豪華な布陣でシーズンを迎えることができました。そこにネルシーニョ監督の戦術が浸透し、ここまで攻守両面で安定した戦いを続けています。サイドの選手は時に中央に入り、空いたスペースを両サイドバックがオーバーラップ。中盤の選手はバランスを取りながら時に攻撃に顔を出す。個人としてもチームとしても質が高いです。

 

これで勝点を75とした柏は、次節にもJ1復帰が決まるかもしれません。次節の大宮アルディージャ戦に勝利し、2位の山形と3位の横浜FCが引き分け以下に終われば、柏のJ1復帰が決まります。その上で、6日に行われる大宮とアビスパの一戦で大宮が引き分け以下に終わると、柏のJ2優勝も決まります。次節決定するかは兎も角、これまでの柏の戦いぶりを見ると、J1昇格はほぼ100%決まったといえるでしょう。

 

■攻守に圧倒されたアビスパ 来季以降も苦戦は必至か

この試合のアビスパは、開始から3分間は攻守に良さが出ました。逆にいえば、残りの87分間は防戦一方となり、柏に圧倒されました。先日、レスター・シティがサウサンプトンに0-9で大勝する試合がありましたが、この試合がそうなってもおかしくありませんでした。それほど両者には差がありました。

 

昨季までとは一転、今季のアビスパが下位に沈むことになったのには多くの原因が考えられます。大きな要因として考えられるのが、あまりにも急に若返りを図ったことです。昨季限りで駒野友一選手と山瀬功治選手という元日本代表のベテラン選手が契約満了となり、DF岩下敬輔選手もレンタルで移籍。いずれもピッチ内外でチームの力になれる選手でしたが、今季のチームのプランには含めず、新天地を求めました。

 

逆に多くの若手選手が加入しましたが、率直にいって、J1昇格を目指すチームでレギュラーを獲得する力のある選手は、前川選手くらいでした。その他の選手も将来有望ではあるものの、現時点で即戦力とするにはあまりに厳しいものでした。案の定シーズン序盤から苦戦が続き、早々とJ1昇格の望みが消えました。少なくとも、駒野選手や山瀬選手から実力で定位置を奪うことのできる選手が出るまでは、彼らを残すべきでした。

 

勝利が遠ざかり下位に沈んだことで、チームは自信を失い、どのようなサッカーをすべきかスタイルを見いだせないままシーズンが終わろうとしています。昨季までの井原アビスパは、攻撃のバリエーションに乏しい感もありましたが、それでもリーグ屈指の守備陣は安心感がありました。また、その前のマリヤン・アビスパは、J1昇格争いにこそ絡めませんでしたが、攻撃的なスタイルを貫きました。今季のようなカラーのないアビスパはとても久しぶりのことです。

 

シーズンも残り5試合。昨日の試合で最下位のFC岐阜が敗れたことで、アビスパのJ2残留の可能性はかなり高くなりました。もっとも、今季が失望の多いシーズンであったことに変わりはなく、残り試合では、来季に繋がるパフォーマンスを見せてほしいところ。しかし、アビスパの課題は山積み。今オフもメンバーの入れ替わりが予想され、難しいチーム作りを強いられそうです。再びJ1の舞台で戦うアビスパを見たいですが…。

 

攻撃陣が爆発した首位・柏。J1昇格とJ2優勝のカウントダウンが始まっている。

 

 

 にほんブログ村 サッカーブログへ

首位・柏に完敗…残り5試合で全力を!!(その1)

26日はYBCルヴァンカップの決勝。白熱した一戦を制した川崎フロンターレが悲願の初優勝を果たしました。その翌日27日は、J2第38節の全11試合が行われました。

 

J2も残りわずかとなり、昇格&残留争いが熾烈を極めています。ここまで首位を快走する柏レイソルは、ホームでアビスパ福岡と対戦。1シーズンでのJ1復帰が目前の柏に対して、アビスパは今季の昇格の可能性はなくなっています。

 

 

■千葉ダービーを制して連敗をストップした柏

昨季は勝点39で降格。しかし、嘗てチームをJ1制覇に導いた名将・ネルシーニョ監督を指揮官に復帰させた今季は、序盤からしっかりと勝点を積み重ねてきました。この試合前の時点で勝点72、2位のモンテディオ山形に勝点差8をつけて首位を走っています。

 

第19節からの怒涛の11連勝で足場を固めた柏ですが、9月に入ってから少し足踏み。第35節にはアウェーで横浜FCに1-0、そして続く第36節にはホームで水戸ホーリーホックに2-3と競り負け、今季2度目の連敗を喫しました。それでも、前節はジェフユナイテッド千葉との千葉ダービーに0-3で快勝し、連敗をストップさせました。

 

この試合のスタメンは、GK中村航輔、DFは高橋峻希、山下達也、染谷悠太、古賀太陽。MFはマテウス・サヴィオ、ヒシャルジソン、三原雅俊、瀬川祐輔。FWはマイケル・オルンガと江坂任の2トップとなりました。ベンチにはGK滝本晴彦、DF鎌田次郎、川口尚紀、MF大谷秀和、手塚康平、FWガブリエル、細谷真大が入りました。

 

柏のヘッドコーチとしてネルシーニョ監督を支えるのは、昨季までアビスパを率いていた井原正巳コーチ。また、GK中村選手とDF古賀選手にとっても古巣との対戦になります。特に、GK中村選手は、2015年シーズンに好セーブを連発し、チームのJ1昇格に大きく貢献しました。

 

■昨季までとは一転…J2残留を争うアビスパ

2015年シーズンにJ1昇格。翌シーズンはJ1の壁に跳ね返されたものの、2017年シーズンは4位、そして昨季は7位と、アビスパは2シーズン連続でJ1昇格を争ってきました。

 

しかし、井原監督が去り、メンバーも大幅に入れ替わった今季は、序盤から苦戦が続いています。ファビオ・ペッキア監督はチームを上昇させることができぬままイタリアへと帰り、途中から指揮を執る久藤清一監督の下でも思うように勝点を積み上げることができていません。

 

今季のアビスパは、とりわけホームでの戦いで勝点を落とす試合が多くなっています。博多の森陸上球技場で戦った序盤戦は勿論、レベルファイブスタジアムが使用可能となった後も、ホームで敗れる試合が続きました。前節はホームでアルビレックス新潟に2-1で勝利したものの、内容的には苦しい試合でした。

 

アビスパは現在18位。既にJ1昇格の可能性はなくなり、J2残留のための戦いを強いられています。モチベーションを保つのが難しい中での試合ですが、来季へと繋がるパフォーマンスを見せなければなりません。この試合でアビスパに求められるのは、首位を叩いて、J1昇格争いを面白くさせることです。

 

この試合のスタメンは、GKジョン・アンデル・セランテス、DFはウォン・ドゥジェ、篠原弘次郎、實藤友紀。MFは石原広教、加藤大、田邉草民、初瀬亮、松田力、前川大河。FWは城後寿の1トップとなりました。ベンチにはGK杉山力裕、DF山田将之、輪湖直樹、MF鈴木惇、FWヤン・ドンヒョン、木戸皓貴、森本貴幸が入りました。

 

試合前に円陣を組むアビスパのイレブン。今季は序盤から苦戦が続く…。

 

 

いよいよ開幕…今季のニューカッスルの展望は!?

イングランド・プレミアリーグ19/20シーズンが開幕しました。金曜日に行われた開幕戦ではUEFAチャンピオンズリーグ王者のリヴァプールが、昇格組のノリッジ・シティに4-1で快勝。昨日の試合ではリーグ王者のマンチェスター・シティが大勝し、白星スタートを切りました。

 

ニューカッスル・ユナイテッドは、今夜ホームで開幕戦を戦います。相手はアーセナル、スタートから厳しい相手との試合です。今オフはクラブ売却騒動やら監督交代やらで、何かと騒がしかったニューカッスル。今季はどのような戦いぶりを見せてくれるのでしょうか…。

 

 

■チームを残留に導いた名将・ベニテス監督の交代…

シーズン終了後から話題になったのは、ニューカッスルのクラブ買収騒動。UAEの大富豪で、マンチェスター・シティのオーナーの従兄弟であるシェイク・マンスール・ビン・サイード・アル・ナヒヤーン氏がニューカッスルを買収するとの報道がありました。

 

今回は約490億円という具体的な金額が報じられ、5月下旬には秒読み段階との報道もあったため期待しておりましたが、結局いつも通り実現せず。ファンからの支持が著しく低いマイク・アシュリーが引き続きオーナーに居座り続けることとなりました。

 

ファン&サポーターを更に失望させたのが、ラファエル・ベニテス監督の交代。15/16シーズン途中から就任した名将は、16/17シーズンにチャンピオンシップ(2部相当)優勝を果たし、2シーズン連続でチームをプレミアリーグ残留に導きました。限られた戦力を上手く駆使し、選手の守備意識を高め、堅実な戦いを見せた指揮官の交代…非常に残念でした。

 

■エースの2人が抜けるも5人の実力者を獲得

昨季二桁ゴールを挙げたFWサロモン・ロンドンとアジョゼ・ペレスが相次いで移籍。ロンドンはベニテスの後を追って中国へ、ペレスはレスター・シティへと旅立ちました。彼らの代役としてチームに加わったのがブラジル人FWジョエリントン、昨季はドイツ・ブンデスリーガで7ゴールを挙げてブレイクしました。

 

DFラインにも新たな選手が加わりました。スウェーデン代表として昨年のW杯にも出場したエミル・クラフト、オランダ代表でも活躍したイェトロ・ヴィレムスが加わり、両サイドの層が厚くなりました。また、ウィングには、爆発的なスピードが売りのFWアラン・サン=マクシマンが加入しました。いずれも実力のある選手として、期待がかかります。

 

また、移籍市場の最終日には、嘗てニューカッスルでゴールを量産した元イングランド代表FWアンディ・キャロルの復帰が発表されました。193cmの長身を活かしたプレーが持ち味のキャロルは、10/11シーズン前半戦で11ゴールを記録。しかし、1月の移籍市場でリヴァプールへと移籍し、多くのファンを失望させました。その後は怪我に苦しみ、不本意なシーズンを送っていましたが、久々に"心のクラブ"へ戻ってくることとなりました。

 

■プレシーズンでの仕上がりはまずまず 開幕ダッシュなるか!?

ニューカッスルはプレシーズンでまずまずの戦いぶりを見せました。指揮官不在の中迎えたプレミアリーグ・アジアトロフィーでは、ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズに0-4で敗れるも、3位決定戦ではウェストハム・ユナイテッドに勝利。その後プレストン・ノースエンド(2-1で敗戦)、ハイバーニアンFC(1-3で勝利)と戦いました。

 

8月3日に行われたプレシーズン最終戦では、フランス・リーグ1のASサンテティエンヌに2-1で勝利。昨季リーグ1で4位と躍進した強敵を相手に勝利を挙げ、プレシーズンを締めくくることができました。スティーヴ・ブルース監督就任からまだ1か月足らずですが、シーズン開幕へ向けてまずまずの仕上がりと捉えてよいのではないでしょうか。

 

ニューカッスルの開幕戦の相手はアーセナル。昨季5位に終わったアーセナルは、トップ4に返り咲くために、積極的な補強を行いました。特に、フランスで大ブレイクしたFWニコラ・ペペ、多くのタイトルを獲得してきたDFダヴィド・ルイスの加入は、チームにとって大きなプラスとなるでしょう。主力の放出も最低限に抑えており、ウナイ・エメリ監督2シーズン目は期待が持てそうです。

 

アーセナルは、プレシーズン中に強盗被害に遭ったDFセアド・コシライナツとMFメスト・エジルの他、DFエクトル・ベジェリン、ディノス・マヴロパノスの欠場が濃厚。また、モハメド・エルネニーとFWアレクサンドル・ラカゼット、さらには新加入のペペも出場が微妙となっております。一方のニューカッスルも、DFデアンドレ・イェドリン、フロリアン・ルジェンヌ、MFクリスティアン・アツの欠場が予想されます。

 

両チームとも主力を欠いての試合となりそうですが、大切な開幕戦。特にニューカッスルにとっては、強豪相手にホームで勝点3を手にしたいところです。筆者が予想するニューカッスルのスタメンは以下の通り。DFラインは3バック、1.5列目にジョンジョ・シェルヴィーが入り、2トップはミゲル・アルミロンとジョエリントンになると予想します。

 

3シーズン連続の残留を目指すニューカッスル。開幕白星スタートなるか!?

 

 

 にほんブログ村 サッカーブログへ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>