.

.

...

日頃からソフトテニス部へのご声援ありがとうございます。

 

今回は10/31(土)・11/1(日)、京都府福知山市にて行われました、

「令和2年度 第34回 実業団リーグ」の結果をご報告させて頂きたいと思います。

下記ご覧下さい。

 

 

※「公益財団法人日本ソフトテニス連盟 大会結果」 参照

https://www.jsta.or.jp/competition_list?id=11&y=2020

 

 

                                                           

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の実業団リーグは夏の実業団選手大会が中止だったことにより、

今シーズン初めての団体戦となりました。

また、部の活動が再開されてからの2カ月間、

今大会の為に男女ともに練習に励んできました。

大会前日練習までも、選手全員の熱が入って練習に取り組むことができ、

大会当日では選手全員が気持ちを一つに臨むことが出来ました。

 

結果としては、男子が第8位、女子が2位となり、

女子チームに関しては12月末に行われる日本リーグ入替戦に出場します。

 

今大会において通常の大会運営とは異なる点があり、

様々な場面で規制がかかりその中での大会となりましたが、

いつも通りベストらしいプレーを忘れずにどんな相手にも立ち向かいました。

ただあと一歩のところで勝ちきれないという部分では、

今回のような結果につながっているのだと実感しております。

 

今大会で得た課題を残り少ない期間で調整し、

男女ともに次の大会に向けて、また1つでも多く勝利できるように、

日頃の練習から心身ともに精一杯取り組んで行きたいと思います。

 

今後ともソフトテニス部への御声援の程、宜しくお願い致します。