改革をするには覚悟がいりますね。

反主流派だったひとは、真っ先に消えていきます。

一瞬、消えていただきありがたいという思うのですが、それはあくまで一瞬です。

改革するということは、文化を壊すということでもあるので、

主流派だった人の一部が、反主流派になってしまいます。

またどっちつかずの集団は、環境が変わろうと、またどっちつかずになるので、

急激な改革を断行しようとするとき、この集団も消えることになります。

残るのは何分の1でしょうか。

こうしたケーススタディと、事務所経営の歴史を重ねると、

法則通りのことをくり返してきたことがわかります。

はじめに勉強しておくのだったと、今さら思うのですが、

このケースは、1991年から1996年のもので、これは、

まさに私が税理士になるときの時代と重なります。

つまり、テキストは現実の中にしかなかったということです。

よくぞここまで生き残って来たものだと、感慨深くなりました。

 

何を言っているのかわかりませんね。

学校の改革がいよいよはじまるという話です。

開校10年になろうとする若い学校ですが、

当初のコンセプトとは、かなり違った学校運営になっているという問題があるのです。

この会議の一員になって5年が経ちました。ずっと審議してきました。

そしてようやく、教育委員会に声が届きそうなところにまでこぎつけました。

「断られる勇気」を持ち続けてきた地元の識者たち。

その熱意に学校長が動かされ、改革ははじまります。

学校長が動かなければ、何もはじまりませんが、学校長は人事で動きます。

この土地から離れない地元の識者が、責任を取らなければなりません。

地域を育むことの重要性と責任と手法を、こうした機会に学んでいます。

 

*********************************************

庶民は現実の中に生きている。

その方々とともに生き、語らい、未来を思考する。

地域と学校を繋ぐことで、学校も地域も発展する。

yac@tkcnf.or.jp

03-5925-2205 

地域社会と経済を守り、いかにして未来を創造するか。

思いはその一点です。  山下明宏税理士事務所

*********************************************

 

今日お話した方は、大きな波の中を渡っているような方でした。

現役で学校を出て、国家公務員になり、4年間宮仕えをされました。
縁があり、民間で手腕を振るうことになり、そこから18年。

マネジメントの面白さを学びました。

その間、結婚もされ、安定の中で、20代、30代を過ごされました。

こうした都合20年の社会人経験を活かしたところで、心に火が着きました。

小さな会社に入り、その会社を上場させようとする野望です。

この話に奥さんは猛反対し、離婚となりました。

しかし彼は、野望をあきらめることなく、小さな会社に転職しました。

そこから、安定は崩れ、大波の谷間に落ちていくかのような日々がはじまりました。

還元から酸化へ。まさに絵に描いたように、大きな酸化が起こっています。

そんなご自身の有りさまを、正直に話してくれました。

酸化が起これば還元が起こります。大きさ酸化は、必ず大きな還元となる。

これは法則として、知る人は多いですが、しかしその渦中にある本人が、

そのことを信じ切れるかというのは、また別物です。

法則なのですから、信じ切ればよいのです。どれだけ大きな還元がやってくるか。

ただひたすら楽しみにすればよいのです。そうして酸化の真っ最中を楽しみ切る。

これができたら人生の達人ですね。

ゆえに、励ます友、仲間がどれだけいるかが、大切になるのです。

大きな友を得たこの方の人生は、40代で大酸化したあと、

50代60代は、転じて大還元の20年となることでしょう。

70代の入口に立ったとき、50年の社会人生活の中にあって、

苦しかったときは、たったの10年だけだった、となるのです。

お話を伺い、そんな気がしました。

 

山下明宏税理士事務所は、還元中であれ、酸化中であれ、

お客さまにとことん寄り添うことを信条とする会計事務所です。

 

すべては中小企業の「存続と成長と発展」のため!

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

言葉遣い一つでビジネスは変わる。そんな話を聞きました。

ビジネスの手前に、人間関係があります。

つまり人間関係が変われば、ビジネスが変わります。

その入口が言葉遣いだということでした。

しかし、言葉遣い一つでと言いますが、それを変えるのは大変です。

言葉は、言霊だからです。

その人の心の奥底にある傾向が、口先からあふれ出る音が言葉です。

ということで、言葉を意識して、たどたどしく、本来の自分の言葉でない言葉を使い、

これを無数に繰り返すことによって、元々の傾向性を変えてしまおう!というのが、

話をしてくれた方の言いたいことでした。

今回学んだのは3つ。

1.でも…

2.だって…

3.どうせ…

多くの人が日常使っていそうな枕言葉です。

これらは防御であり、自己正当であり、諦めの心から湧く言葉だということでした。

防御をやめ、自己正当化をやめ、諦めない心を作るには、

先ず、相手を承認する、その勇気を持つことだそうです。

「そうですよね。私もそう思いました!」という勇気です。

 

いま、決算を迎えるに当たり、

お客さまのさまざまなご要望をお聞きする場面が続いています。

大丈夫ですか?本気で仰っていますか?という内容が盛りだくさんです。

なぜ今ごろ、このようなことを言いだすのか。

経営のベテランとは言い難い発言の数々。

しかしそれもこれも、会計事務所にだから言えることばかりです。

といいます。からはじめましょう!

有り体に言えば、人格を問われてしまうような一言、一言。

これを取引先が、従業員が、世間が、金融機関が、そして税務署が聞いたらどうなるか。

商売は、確実に終わる方向に向きだすでしょう。

尊敬されていたはずの経営者像は、見事に消えてなくなるでしょう。

そして、決算とは、それほど、重要な締め切り作業なのです。

 

そこに正面から向き合い、「経営者の心にベルトを掛け」、

決算を確定させ、申告し、納税していただく。

終わってみれば、経営者は成長し、また一歩大きくなって、事業を営んでいく。

この儀式が、決算だとも、言えます。

この経営者の人格を鍛えていく決算業務を、

月次で展開していこうと願っているのが、山下明宏税理士事務所です。

お客さまのせいにして月次決算をさぼるか、

お客さまを指導して、月次決算を断行するか。

己自身の仕事にどう向き合ったか。その決算こそが、お客さまとの対話に表れます。

でも、だって、どうぜ…

この弱い自分を叩きだして、お客さまのために貢献します。

 

お客さまの成長が、私たちの成長です。

お客さまの喜びが、私たちの喜びです。

お客さまの成功が、私たちの成功です。

 

すべては中小企業の「存続と成長と発展」のため!

 

--------------------

資金調達にお困りの方、

借りたいけれど身動きが取れない方、

またお時間のない方、どうぞ当事務所へお問合せください。

またご参考に、以下の資料をお使いください。

当事務所のホームページに張り付けてある情報です。

 

https://www.ac-yamashita.jp/tkc-corona

 

山下明宏税理士事務所の経営資源すべては、

中小企業の存続と成長と発展のために投下されます!

 

------------------------------------------------

事務所一丸となって、お客さまの永続的繁栄に貢献します。

山下会計版、経営助言のバイブルがまた一段階進化します。

節税対策、資金調達、経営改善、資産形成、事業承継、

資産活用、相続対策などでお悩みの方、ご連絡ください。

https://www.ac-yamashita.jp/tkc-corona

 

初回のご相談は無料です。!↓!↓

メールによるお問合せは yac@tkcnf.or.jp

 

※現在、「緊急事態宣言」は解除されましたが、
感染拡大防止のため、引き続き、

職員は原則、自宅待機としております。

代表電話での受付は再開いたしました。

ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

------------------------------------------------

 

今日出会ったのは、干支が二回り違う青年でした。

そんな若者が事業をしています。

いえ、そのくらい私が太陽を回ったということです。

組織に馴染めないので独立したといいます。

なぜ馴染めないのか、勇気を出して突っ込んでみました。

その理由は、私の頭で理解できる範囲のものではありませんでしたが、

彼と同じように、そう感じている人が多いことだけは理解しました。

そして、その感情こそが正解であろうと、感じました。

理解はできないが、感じることはできるのでした。

そう、これは個人の心の問題ではないのです。

 

フリーランスが多くなっているのは、この青年の感性が1人だけのものでない証拠です。

しかし中小企業は非効率だということで、政府によって淘汰されてしまうかもしれません。

(もちろん、そうしようと思っても、そうならないであろうと確信していますが…)

中小企業を淘汰したらどうなるか。

フリーランスが激増するだけのことになると、私は感じています。

これから淘汰されるかもしれない中小企業政策が動こうとしている先に、

すでにフリーランス化は加速しているからです。

 

江戸時代でいう、いわゆる素浪人のような人が増えたらいい。

ある意味そんな気もします。江戸時代の多様性は実に面白そうです。

現代はフリーランスが、その多様性の主役かもしれません。

非効率を効率化しようと、単純に思えば思うほど、多様性が進んでしまう。

そんなことになるのが、世の中の面白さです。

 

フリーランスが有象無象する社会。

一件、無秩序のように見えて、実は、調和が取れている。

この姿こそが、究極のリス久マネジメントかもしれません。

彼が教えてくれたことは、これだけではありません。

またの機会にご報告いたします。

 

すべては地域社会の「存続と成長と発展」のため。

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

 

「スーパーシティ構想」 「対コロナ、AI重要」 「デジタル庁」 「5G」 「マイナンバー」 

「中小企業」 「中小企業基本法」 「事業承継」 「労働生産性」 「M&A 」…

 

市井の人々、そして中小企業を取り巻く環境は、静かに激変しているようです。

何が本当で、何がどう変わるのか。そしてその行く先は?!

それは、まだまったくわかりませんが、

日本の中小企業が、日本の経済成長の阻害要因である、という流れができつつあります。

中小企業を専門に会計指導してきた税理士に言わせると、

本当にそうだろうか…との疑問がわきます。

日本の中小企業は、政策によって無理やり作らされたものではありません。

自然にそうした形になったのです。自然にでき上った形というのが重要です。

製造業にぶら下がる中小企業。下請け、孫請け…

いわゆる系列と呼ばれる形がありました。

この形が経済的に良かったかは賛否両論あるでしょう。

しかし日本の中小企業は、この仕組みの中で生きることを選択してきました。

「受注金額は変わらない、しかし技術は年々磨け」

こうした条件の下、日本の中小企業は進化し、生き続けてきました。

大企業は、そうした文化を支えてくれた中小企業を裏切って、

海外の安い部品を調達するようになりました。

中小企業は、大企業に頼らない経営を選択せざるを得なくなりました。

ついこの間、そんな旋風が吹き荒れたばかりです。

大企業は本当に日本のことを考えているのか…そうした思いにさせられた出来事です。

 

今度は、政府が主役になって、また中小企業をいじろうとしています。

日本の風土ともいえる中小企業。日本企業の99%が中小企業であるという事実。

これを肯定的な視点でみなければ、政策を誤ってしまうと思うのは私だけでしょうか。

日本という国は、中小企業文化の国なのです。

 

会計人は、いま、中小企業を守るために、

単一の決算書を社会に定着させることに必死です。

単一の決算書とは、税務当局と、金融機関に、同じ情報が届くという仕組みです。

この仕組みを社会に定着させると同時に、地域に、資金力のある中小企業を、

いくつも誕生させることが、急務になって来たと、私は感じています。

少々の外圧、たまに起こる政府の失策、そしていつ来るかわからない自然災害…

こうした事態にビクともしない中小企業をいくつも誕生させることで、

環境に右往左往しない地域社会を作ることができます。

 

「会計が会社を強くする」のです。

中小企業の社長がその真理を掴む時代が来ました。

決算書は単一に、そして経営は多様に。

その社会を育む。それが会計人の使命であると自覚し、

私たちは、会計の普及に全力を注ぎます。

すべては中小企業の「存続と成長と発展」のため!

 

--------------------

資金調達にお困りの方、

借りたいけれど身動きが取れない方、

またお時間のない方、どうぞ当事務所へお問合せください。

またご参考に、以下の資料をお使いください。

当事務所のホームページに張り付けてある情報です。

 

https://www.ac-yamashita.jp/tkc-corona

 

山下明宏税理士事務所の経営資源すべては、

中小企業の存続と成長と発展のために投下されます!

 

------------------------------------------------

事務所一丸となって、お客さまの永続的繁栄に貢献します。

山下会計版、経営助言のバイブルがまた一段階進化します。

節税対策、資金調達、経営改善、資産形成、事業承継、

資産活用、相続対策などでお悩みの方、ご連絡ください。

https://www.ac-yamashita.jp/tkc-corona

 

初回のご相談は無料です。!↓!↓

メールによるお問合せは yac@tkcnf.or.jp

 

※現在、「緊急事態宣言」は解除されましたが、
感染拡大防止のため、引き続き、

職員は原則、自宅待機としております。

代表電話での受付は再開いたしました。

ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

------------------------------------------------

 

年内最後のセミナーとなります。

この一年を振り返り、来年を考える。その先の数年、数十年を展望する。

それが年末にやってくる大切なお仕事です。

この一年、財産はどれだけ増えたか。運用は上手く行ったか。

どこか問題だったか。そんなことを整理して、増減を書き留めましょう。

2020年は、コロナ禍で経済活動は、半ば止まりましたが、

歳月は人を待ちません。すべての人が、同じく歳を取って行きます。

築き上げた財産をどのように活かし、また分配するのか。

この作業だけは、毎年休むことはできません。

 

財産の目録を書き出したら、遺言書を書きましょう。

財産の管理は誰に委託するのか。

いざとなったとき、またその前に、どこに暮らしたいのか。

そして誰に世話になるのか。また何を、どれだけ譲るのか。

こうしたことを細かく書いていくのです。

はじめは書けないかもしれませんが、

一度書けば、徐々に詳細なものになって行きます。

積み重ねが、思考を深めてくれるのです。

 

そんなことで、このセミナーを毎年暮れに実施しています。

毎年同じ方がお越しになるのが理想です。

そうして新しい方も混じり、年々参加者が増えていく。

そんな風になることを願っています。

 

ソーシャルディスタンスには万全を期しております。

どうぞご安心ください。皆さまのお越しをお待ちしております。

 

お問い合わせはこちらへどうぞ

yac@tkcnf.or.jp

03-5925-2205

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

今週の会議は、継続MAS会議。

その冒頭に、顧問料について考えてみました。

そもそも顧問料とは何か。それを口にできるか。これは大変重要です。

実務家としての経験年数の多少が理解を深めるということは当然ですが、

時々刻々と、経営環境は変化します。これにともない業務範囲も変化していきます。

その点が理解できているか、これは経験年数というよりセンスの高低がモノを言います。

本来業務を正しく理解していないと、外部のレトリックにあっさり引っかかってしまいます。

コロナ禍の今、私たちは、お客さまを、どの方向へ導かなければならないのか…

そこを整理し、共有しました。

監査部は委任契約で、未来部は請負契約です。

監査部は指導を先として、未来部は教授を旨とします。

この二系統の業務を備えているからこそ、

お客さまの経営を「つなぎ」「浄化し」「鍛え」「そして計る」ことができるのです。

このような組織を備えた事務所が、巷にいったいどれだけあることでしょう。

 

監査部の顧問料は、上記の業務の前提、

すなわち「保証」と「開示」のための料金であることがわかります。

私たちの提供する業務は、すでに大きく進化しているのです。

その点を踏まえて、どこまで踏まえて現場に行っているのか、

その理解が、提供する業務の価値を決めてしまいます。

 

監査部の決算業務とは、モニタリング情報サービスの提供までを指す。

未来部の業務は、早期経営改善計画を必須とする。

その2点を業務命令として徹底しました。

 

すべては中小企業の「存続と成長と発展」のため。

 

--------------------

資金調達にお困りの方、

借りたいけれど身動きが取れない方、

またお時間のない方、どうぞ当事務所へお問合せください。

またご参考に、以下の資料をお使いください。

当事務所のホームページに張り付けてある情報です。

 

https://www.ac-yamashita.jp/tkc-corona

 

山下明宏税理士事務所の経営資源すべては、

中小企業の存続と成長と発展のために投下されます!

 

------------------------------------------------

事務所一丸となって、お客さまの永続的繁栄に貢献します。

山下会計版、経営助言のバイブルがまた一段階進化します。

節税対策、資金調達、経営改善、資産形成、事業承継、

資産活用、相続対策などでお悩みの方、ご連絡ください。

https://www.ac-yamashita.jp/tkc-corona

 

初回のご相談は無料です。!↓!↓

メールによるお問合せは yac@tkcnf.or.jp

 

※現在、「緊急事態宣言」は解除されましたが、
感染拡大防止のため、引き続き、

職員は原則、自宅待機としております。

代表電話での受付は再開いたしました。

ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

------------------------------------------------

 

 

この本をテキストでなくバイブルにして、

自社の会計を掘り下げている企業があります。

いよいよ、そうした時代がやってきました。

 

小さな会社には小さな会計がある。

そのことを一番しているのは小さな会社自身です。

小さな会社を非効率であると見る、マクロ的な思想があります。

果たしてそうでしょうか。効率を求めた代償が、コロナ禍だったのではないでしょうか。

グローバル経済と、日本は戦わなければなりません。

空中戦は、国会議員、官僚、業界団体の長および幹部、また学識者など、

優秀な人たちにお任せるほかありません。

実務家は、現場で、地で中小企業を守らなければなりません。

白兵戦です。当事者です。物理的な距離から、顧問を依頼できない企業が、

この本を頼りに生き残る経営を実践しています。

私たちの使命を、こうした実践者が教えてくれます。

 

飯塚「会計」の中に、山下「会計」がある。

飯塚「会計」があるから、山下「会計」が機能する。

山下「会計」が機能すると、会社は存続の方向へ進みだす。

山下「会計」が機能すると、会社は成長の方向を探りだす。

山下「会計」が機能すると、会社は発展の方向へ歩みだす。

飯塚「会計」は、山下「会計」を保証し、開示する。

この極意を、現場で積極的に展開してるのが、山下明宏税理士事務所です。

 

これから創業しようとする方。

フリーランスとして独立を考えている方。

合同会社と株式会社、どちらにしようか悩んでいる方。

事業を承継するお立場の方。

先ずは、この本をお読みください。

 

具体的なお問合せは、こちらへどうぞ。

03-5925-2205

yac@tkcnf.or.jp

 

すべては中小企業の「存続と成長と発展」のため!

 

 

 

 

 

 

「世間体ばかり、皆いつはりの世の中に、時雨降り行く…」

 

― 井原西鶴 ― その5 『日本永代蔵』巻一(五)

 

「世間体ばかりをかざって、皆偽りを通して暮らしている世の中に、

時雨だけは偽りなく 時節になると、降りはじめる…」

 

この一文を、神無月に読めることがありがたい。

「人の家にありたいものは、梅、桜、松、風と徒然草にあるが、

それよりあってほしいものは、金銀米銭であろう」と、

町人を諷した西鶴の、真の心が、ここにあるように思われる。

 

 

― 経営マインド58   ―

 

 

---------------------------------------

格言を企業経営の血肉に変えたい方はこちらへ

メールによるお問合せは yac@tkcnf.or.jp

お電話によるご相談は 03-5925-2205

担当 : 総務 山下がご案内いたします。

---------------------------------------

 

ついにやってしまいました。運動会!

1964(昭和39)年から町にできた体育会。

それ以来、毎年のように町内での運動会が開催されてきました。

1964年といえば、東洋初のオリンピック東京大会が開催された歳です。

当時、聖火ランナーだった中学生が、この大運動会の副会長を務めておられ、

今も元気で、現役です。今日の日を向かえるまでに、心筋梗塞、脳血栓、

そして食道がんを患い、すべて克服された不死身の体の持ち主です。

重病の方が、ご利益にあやかりたいと、この方の家まで会いに来られるといいます。

まさにこの町の生き神様です。

つまり、今年は特別な思いで迎えた年であり、運動会でした。予算も相当積立てきました。

しかしコロナ禍となり、夢ふたたびのオリンピックは延期となり、

密をさけるという観点から、他の地区では、恒例行事はすべて中止となりました。

この区で唯一、秋の大運動会を催したのは、この町だけです。昨夜は大雨で、

多くの人が中止だと思っていました。最終判断は、当日の朝6時。

グランドの状態と、その時点での天気で、校長が判断するとなっていました。

6時を待つまでもなく、大快晴の朝となりました。まさに秋の空。運動会日和。

主催者の執念を感じさせる青空でした。

コロナは自然ですが、この自然と向き合って、時には寄り添い、時には向かい合い、

生存の道を勝ち取ってきたのが人類の歴史です。

一端は、部屋に閉じこもり、静かにしましたが、一気に反転、攻めて運動会を開催する、、

こんな取り組みもありだなと、今日はつくづく感じました。

しかし単独ではできません。大会実行委員会の人たちをその気にさせ、

大会顧問を巻き込み、各町会の役員を説得する。

大会会長と副会長の入念な下準備があったのです。

そして、学校。敷地を提供してくれる学校長が首を縦に振らなければ実現はしません。

この区のすべての小中学校の校長の内、許可を出したのはここの校長だけでした。

もう皆さん、一丸なのです。すごい地域だな。この地域に住んでよかったな。

エネルギーというのは、こうやって起こすものなのですね。

大いに学んだ、楽しい一日でした。

 

*********************************
今週もお読みいただきありがとうございました。
山下明宏

yac@tkcnf.or.jp

*********************************