ニュースで商標のお勉強「脱獄iPhone編」 | 弁理士kの 「ざっくりブログ」

弁理士kの 「ざっくりブログ」

弁理士試験(本試)をざっくりと解説します。
その他の所感をつれづれと


テーマ:

iPhoneに搭載されている基本ソフト「iOS」を不正に改造した状態のiPhoneを

ネットオークションで販売したとして商標法違反で逮捕されたそうです。

 

逮捕理由が

「脱獄したiPhoneはApple製品の商標が保証する品質を損ねるが、林檎のマークや外観がiPhoneそのものであるため検挙に至った」

 

一方で、

「(解釈が)恣意(しい)的すぎる」という声や「不正アクセス禁止法での検挙ではないのか」という声が巷で上がっているそうで・・・

 

商標法的に考えると

適用条文は商標法78条であり、侵害の発生があるか否かが論点、

商標法において侵害とは、権限なき第三者が・・・というか、

自他商品等識別力を害した状態での商標の使用が問題となる。

具体的には、パチモンに林檎のマークを付けて販売した場合は侵害です。

 

と言うことは、検察は脱獄したiPhoneがパチモンであるとの認識。

 

ここで、上に記載した「 脱獄したiPhoneはApple製品の商標が保証する品質を損ねる 」の

「商標が保証する品質」とは何かである。

この品質は、CPUの速度や、メモリーの量、バッテリーの強さなどなどの物理的な品質

ばかりでなく、サービスセンターに持っていけばなおしてくれると言う安心感、つまり

業務上の信用と言うことになる。

 

で、脱獄したら上記安心感が得られない。(これは取説などに記載があるはず)

だから、脱獄iPhoneはパチモンである。このロジックはうなずけないことはない。

 

では、これから脱獄iPhoneを売るにはどうすればよいか

混同防止表示をした上で販売すれば無問題。

林檎の上に、「脱獄済み」のシールを貼る。販売用の写真や文言に必ず

「脱獄済み」と記載する。

これで、商標法的にはOK。

 

しかし、これって誰得?

安物の革で作った鞄にビトンのマークを付けて販売するような

不正コピー品などとは話が異なり、

取得ルート正当な製品を改造して販売しているだけ

iPhoneの売り上げに貢献している訳ですし、

それやったら、ホンダの車を改造して販売している無限はどうなのか?とか

いろいろ疑問がわいてきます。(まあ、取説に改造禁止とは書いてないでしょうけど・・・)

弁理kさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス