こんにちは。
口話と手話で楽しむ石けん教室しゅわしゅわ しゃぼんの会
(一社)ハンドメイド石けん協会認定シニアソーパーの YUKI です。
 
 
私が初めて石けんを作った時の型は、
牛乳パックでした。
おそらく定番なのではないでしょうか。
 

手に入りやすい優秀アイテムですが、
型出しの時に、底の方の石けんがベトベトして、面倒くさいので、
2つ目からはアクリルモールドを購入しました(;^_^A
 
↓牛乳パックに石けんを持っていかれた図。。
 
少し前に、1つのオイルだけで石けんを作る実験をしたことがあります。

10種類以上のオイルを用意して、
それぞれ1つのオイルだけで石鹸を作ったことで
それぞれのオイルの性質や特徴が見えてきました。
 
型離れの良さもオイルによって全く違います。
 
※出てくる石けんは全て水分28%、鹸化率90%、
 全てトレースが出てから型入れしています。
 
 
ソフトオイルだったらどれも一緒ではないの?と予想していましたが、結果は大違い。
 
例えば・・・。
こちらの石けんは、ひまわりオイル100%。
型入れ2カ月後です。2ヶ月経っても底がベトベト(;^_^A
 
こちらはオリーブオイル100%の石けん。
型入れ2日後に、とても綺麗にはがれました。
底の×印がクッキリ綺麗!(*´▽`*)
 
牛乳パック型で、型入れから型出しまでにかかった日数
(全てオイル1種類だけで作った石鹸)

 

こんな結果になりました!

 

いかがでしたでしょうか?


オリーブやスイートアーモンドが

こんなに早いなんて、少し意外!


沢山作られている方でしたら、

予想できる内容かもしれませんね。

 

石鹸づくりは複数のオイルを

バランス良く配合することが大事。


牛乳パック型でアボカド、こめ、ひまわり等のオイルを使う時は

硬さに貢献するオイルも多めに配合すると

型出しがしやすくなりそうです。


 

いつまでも柔らかい石鹸の場合、

作った石鹸を粘土状にこねて

コンフェにして楽しみやすいですね。

私は、石鹸粘土を作る時は、

米油を多めに配合しています。


上記のデータは、他にも水分量の違い、季節、

きちんとトレースが出てから型に入れたかどうか等で変わってきますので、

石けん作りには、総合的な知識が欠かせないなとつくづく思います。

 

 

 newInstagram更新しています→Click!

 newFacebookはこちら→Click!

 new教室ホームページはこちら→Click!

 

ブログランキングに参加しています

素敵な石けんブログも、ここから沢山ご覧頂けます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへにほんブログ村

 

現在ご案内中の講座

 

口話と手話で楽しむ手作りアロマ石けん教室 しゅわしゅわ しゃぼんの会

 

東京中野区・東中野駅、中野坂上駅 が最寄りの石けん教室

 新宿駅から2~3駅、東京駅から30分ほどの場所です。

 
現在ご案内中の講座はハートこちらハートからご覧下さいませ。 
 

メール お問い合わせ・ご予約フォーム
rose* Q&A キャンセルポリシー

 東中野・中野坂上の美味しいお店・お買い物

 

★各地から生徒様にお越しいただいています★

東京都(千代田区、中央区、新宿区、渋谷区、文京区、板橋区、江東区、台東区、荒川区、江戸川区、足立区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、中野区、杉並区、練馬区、小平市、調布市、国分寺市)

埼玉県、千葉県、神奈川県、群馬県、栃木県、山梨県、島根県、静岡県、大阪府、岐阜県、愛知県、新潟県、茨城県、長野県、兵庫県、沖縄県、北海道、上海、マレーシア 等   等